BQ ~B-spot Explorer~

全国の名所から、変わった観光スポット、おもしろいお店、珍しいお祭り、レトロな街並み、懐かしい商店街、公園遊具、文化遺産など、おもしろおかしいスポットめぐり。

西日本編一覧はコチラから地図から探すスポットはコチラからオススメ度:★★:ついでに寄ってみて★★★:普通に魅力的なスポット★★★★:かなりオススメ!★★★★★:ココが最大の目的地!!【北海道】感動!!ロボットサブちゃんに会おう!! 北島三郎記念館 ★★★★★ ... 続きを読む
higasi

西日本編一覧はコチラから
地図から探すスポットはコチラから

オススメ度:
★★:ついでに寄ってみて
★★★:普通に魅力的なスポット
★★★★:かなりオススメ!
★★★★★:ココが最大の目的地!!

【北海道】
感動!!ロボットサブちゃんに会おう!! 北島三郎記念館 ★★★★★
絶景!!異空間パラダイス!! レトロスペース坂会館 ★★★★★

ミステリーがすぎるダイナミック霊園 真駒内滝野霊園 ★★★
珍スポット出身涅槃仏 佛願寺 ★★

ふれあえすぎる動物園 ノースサファリサッポロ ★★★
崖の上の別天地 ランプ城 ★★★★

当然だけどクマだらけ のぼりべつクマ牧場 ★★★

北海道で一番古い水族館 室蘭水族館 ★★★

登別温泉で地獄まつりに遭遇 ★★★

流氷に触れてしばれる体験 オホーツク流氷館 ★★
神秘!!神の子がいる池!? 神の子池 ★★★★
情報誌に載るB級スポット シゲチャンランド ★★★

旅行客の足跡ビッシリ 北浜駅 ★★
監獄の生活を完全再現! 博物館網走監獄 ★★★★★


【青森】
北海道への玄関口 青森駅前を歩く ★★★
そうじゃないよ・・・メモリアルシップ八甲田丸 ★★★

年中ねぶたが見れるスポット ねぶたの家ワ・ラッセ ★★
パンダが自転車に乗ってる店 千葉自転車商会 ★★★★
スリルと興奮!オートバイサーカスを見に行こう! ★★★★★
登録有形文化財でスターバックスコーヒー ★★★
ドラマチックな終着駅 中央弘前駅 ★★★★
津軽三味線に聴き惚れる 津軽藩ねぷた村 ★★
オリジナル定食を作ろう 弘前中央食品市場 ★★★
レトロモダン建築探訪@弘前市 ★★★
壺が並ぶレストラン セーブル ★★★
三沢基地と寺山修司の街 三沢の市街地を歩く ★★★

消える昭和、続く昭和 十和田観光電鉄三沢駅 ★★★★
元遊郭の旅館に泊まろう! 新むつ旅館 ★★★★

陸奥湊の朝市で朝食を食べよう! ★★★

人が作った、空がもっとも遠い場所 八戸キャニオン ★★
温泉街を味わう@温湯温泉 ★★
多くのみなさまにマジ感謝 津軽こけし館 ★★★

黒石市の観光スポット 中町こみせ通りを歩く ★★★
まじで?キリストは日本に来ていたの? キリストの墓 ★★
日本最古のピラミッド 大石神ピラミッド ★★

名曲を熱唱! Y.C.M吉幾三コレクションミュージアム ★★★
立佞武多が間近で見られる 立佞武多の館 ★★
一冊も読んでなくてすみません。 太宰治の生家「斜陽館」  ★★★

【秋田】
秋田の至宝、伝説のデパート 木内百貨店 ★★★★★
贅を尽くしたラグジュアリー空間 赤れんが郷土館 ★★★
竿燈の実演を見よう ねぶり流し館 ★★★
レトロの宝庫 川端角のレトロ博物館 ★★
港町にあるレトロな食堂 港の銀水 ★★★
道の駅あきた港 ババヘラアイスとうどん自販機 ★★★
秋田のローカルパン たけや製パンを食べよう ★★★
秋田一の繁華街 川反通りを歩く ★★★
濃厚あんかけチャンポンを食べよう チャイナタウン ★★

【岩手】
日本一のガラスショップ サハラガラスパーク ★★★

【宮城】
東北最強珍スポット! 細倉マインパーク ★★★★★
2番目にデカい巨大仏 仙台大観音 ★★★★
伊達政宗の生涯を再現 みちのく伊達政宗歴史館 ★★★
見応えめちゃくちゃある! 松島レトロ館 ★★★
珍百景でもおなじみ! 高橋さんちのこだわり街道 ★★★

山の中でモフモフ体験 蔵王キツネ村 ★★★
なつかしの玩具盛りだくさん 白石人形の蔵 ★★★

【福島】
女の子たちあこがれの城 リカちゃんキャッスル ★★★★
てんこ盛り昭和羅漢 東堂山満福寺 ★★★

宇宙人とふれあおう! UFOふれあい館 ★★★
UFOふれあい館のすぐ隣! 小手神社 ★★★
伝統人形発祥の地 高柴デコ屋敷 ★★

観光地にある隠れ秘宝館 道六館 ★★★★

ケチくせえこと言ってねえで金使っちゃれ! 東北サファリパーク ★★★★★
コンクリ像で町おこし! カッパ村 ★★★
フラミンゴを見ながら優雅にお食事 メヒコ ★★★
世にも珍しいきのこ岩 浄土松公園 ★★

かわいすぎるご当地公園 赤ベコ公園 ★★★
築100年越え!スゴイぞ! 本宮映画劇場 ★★★★
サクッと体験、重要文化財 さざえ堂 ★★★

骨董品屋の2階は街 昭和なつかし館 ★★★★
芦ノ牧温泉の立ちよりスポット ★★★
A級スポットでB級に遭遇 大内宿 ★★★

【ストリップ】 温泉街に残る奇跡 芦ノ牧温泉劇場 ★★★★★

【茨城】
山の上のミステリーゾーン 筑波山ガマ洞窟 ★★★★
ギネス認定!! 世界一の牛久大仏 ★★★
レトロ自販機で弁当を買おう!! あらいやオートコーナー ★★★

みんなおいでよ!お願いだから 東筑波ユートピア ★★★
味わい深い街 土浦の駅前探訪 ★★★

【栃木】
オトナもはしゃぐ動物園!! 宇都宮動物園 ★★★★★
ミニチュアで世界旅行 東武ワールドスクエア ★★★★

【閉館】 ココだけはハズセナイ!! 鬼怒川秘宝殿 ★★★★★

剥製&マネキンのワンダーランド!! 平家狩人村 ★★★★★

米のとぎ汁流すべからず 源三窟 ★★
那須塩原でピラミッド体験!! ピラミッド温泉 ★★★★★
機関車と仏像の融合 那須SLランド ★★★
学習系秘宝館 性神の館 ★★★★★
栃木の地下神殿 大谷資料館 ★★★
アジアンテイストのスペシウム光線 アウカナ仏 ★★
《小ネタ集》那須高原は珍スポットがいっぱい!! ★★★
可動式!!鉱山テーマパーク 足尾銅山観光 ★★★

なでれば子宝!!子孫繁栄 おなで石 ★★★
子孫繁栄!!霊験あらたか 鶏頂山神社 ★★
玉付き仁王尊 仁王尊プラザ ★★
生姜愛を存分に浴びよう!! 岩下の新生姜ミュージアム ★★★

【群馬】
ヘビを見て、ヘビを喰う ジャパンスネークセンター ★★★★
森の中の神殿 薮塚石切場跡 ★★★
楽しい“性活”始めよう!! 命と性ミュージアム ★★★★★
人間国宝に会いに行こう!! 珍宝館 ★★★★★

元気の出る精力剤あります!! 浅見薬店 ★★★
酒とたばこと宝くじ 石川酒店 ★★★
俳優津川雅彦が買ったガチの古城 ロックハート城 ★★★
パワーみなぎるトラッシュ茶屋 若旅民具茶屋 ★★★
健脚で挑戦!!日本一のモグラ駅 土合駅 ★★★★
シャクナゲと夢のファンタジー 赤城寺 ★★
ダシが効いてる厚手の布 ひもかわうどん ★★★

【ストリップ】 終末物件 伊香保銀映に行ってきた! ★★★★★


【千葉】
ジャングルの中のレストラン レインフォレストカフェ ★★★★
ゴージャスな宮殿で風呂に浸かろう!! クアパレス ★★★★

プッシュホン型すべり台あります!! 柏公園 ★★★
柏にそびえるガチの城 シャトー・ド・コーマル ★★★

そのまままるごと団地を作っちゃいました! 松戸市立博物館 ★★★
必見!!!観音浄土めぐり 平野山高蔵寺(高倉観音) ★★★★★
海に続く電柱 江川海岸 ★★★★

木更津の新迷所 変な花屋 ★★

ミシキー広場に集まろう!2017 ★★

秘境のおいしいケーキ屋さん クインズケーキ ★★★★
開放的!世界一広いトイレに行ってみた。 ★★★
JAXAで宇宙開発を学ぼう! 勝浦宇宙通信所 ★★★

ジャングルパレスで大ジャングル風呂に入ろう ★★★
ボウリングのピン活用法 法螺貝山観音寺 ★★★
レトロ自販機好き集まれ!! 24丸昇 ★★★
【閉館】恐竜がチラつく水族館 犬吠埼マリンパーク ★★★


【埼玉】
地下神殿見学ツアー 首都圏外郭放水路 ★★★★

現役!屋上遊園地 丸広百貨店 ★★★

小江戸川越の名物スポットでフォトジェニックな風景探し ★★★


【東京】
【23区内の東側(品川区、大田区、目黒区、世田谷区、中央区、港区、江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、台東区)】

秋葉原 ヤバすぎる自販機コーナー ★★★★★
名物!!手動で自動の自販機 立石バーガー ★★★★
お肉は好きですか? お肉の情報館 ★★★

セクシー女優とハメ撮り自由 上野オークラ劇場 ★★★

シリコン製の彼女に会いに オリエント工業 ★★★★★
みんな大好き! ランチパック専門店 ★★★
密輸、ダメゼッタイ! 東京税関情報ひろば ★★

全部見るのに6時間以上!! 国立科学博物館 ★★★★
招き猫発祥の地は2ヶ所あった 今戸神社・豪徳寺 ★★★
似顔絵ビッシリ!!! にがおえコインランドリー ★★
レトロな商店街を歩こう@京成立石 ★★★

海産+剥製 江戸屋海産・椎名 ★★
銀座の恋の招きネコ コイコリン ★★
【閉店】創業昭和6年の社交場 銀座の大人の遊園地 白いばら ★★★

おっぱいお尻を見ながらランチ 中国茶房8六本木店 ★★★
夢見るアンドロメダ姫 青樹亜依 ★★★

へたうまハンドメイド神社 上神明天祖神社 ★★★
石になったキャラもんが眠る 居木神社 ★★

小便小僧のいる駅 ★★
最後の屋上遊園地 東急プラザ蒲田 ★★★
年に一度、神様の行列 神命大神宮神代行列 ★★★★★

レトロな甘味処で昭和を満喫 福田屋 ★★★
新生蝋人形館! マダムタッソー東京 ★★★
高架下のDEEPスポット 西銀座JRセンター ★★★★
珍建築探訪 @新橋 ★★★
斜め上を行くエンタメ寺院 築地本願寺 ★★
レトロ好き集まれ! 台場一丁目商店街 ★★★
【珍グルメ】 コーヒーラーメン亜呂摩 ★★★
日本一おもしろい居酒屋 かがや ★★★★★

ハチャメチャ店主のいる店 ZAKURO ★★★★★

欲望の追求 快楽の進化 性の祭典 PINK TOKYO 2014 ★★★★
世界最大同人誌即売会 コミケに行ってみよう ★★★
【ストリップ】 ストリップの殿堂 浅草ロック座へ行こう!! ★★★★★


【23区内の西側(新宿区、渋谷区、中野区、千代田区、豊島区、足立区、北区、荒川区、文京区、板橋区、練馬区、杉並区)】
バイブ見ながら酒を飲む!! 秘密の花園バイブバー ★★★★★
新宿大人の夢の国 ロボットレストラン ★★★★★
隕石を買いに行こう!! 宇宙村 ★★★★
駒込病院近くの自販機がスゴイ ★★★★
国立競技場内にも入れるよ!! 秩父宮記念スポーツ博物館 ★★★
オニが出たぞー!! 舎人いきいき公園 ★★★
ゾウの滑り台はこちらです。 飛鳥山公園 ★★★
街のすきまの2頭のゾウ あかぎ児童遊園 ★★★
キリンづくしのキリン公園 ★★
トリッキーなゾウが目印 代々木大山公園 ★★
斬新過ぎるニュータイプ ばなな公園 ★★

日本一コスパ抜群の学食 東洋大学白山キャンパス ★★★
お尻拭きおかわり自由 一蘭 ★★★

元祖お化け屋敷居酒屋 赤羽霊園 ★★★★★
【珍祭】 見世物小屋を見に行く 花園神社酉の市 ★★★★★

パクチー料理とフクロウカフェ パクチーバル8889 ★★★★★

【23区外】
リアル下水道に潜入!! ふれあい下水道館 ★★★★
第2のディズニーランド サンリオピューロランド ★★★★
【珍祭】 性器神輿を見に行こう!! ムサビ祭 ★★★★★

【神奈川】
九龍城、徹底的に再現!! ウェアハウス川崎店 ★★★★
横綱級のレトロ商店街 小向マーケット ★★★
川崎の市場めぐり@亀甲マーケット ★★★
高架下のレトロ駅 国道駅 ★★★
川崎の市場めぐり@稲荷市場 ★★★
川崎の市場めぐり@昭和マーケット ★★★
ラーメン以外の見どころに注目 新横浜ラーメン博物館 ★★★
【珍祭】 日本一の性神祭!! かなまら祭 ★★★★★

【山梨】
山梨の人はよくしゃべるぅ人だ イオン空間トルエ ★★

とにかくめでたさが売り!! 宝石庭園 信玄の里 ★★★★
怪しさ満点!! 宝石の森 ★★★★
宗教施設ですか?いいえ、テーマパークです。 幸せの丘ありあんす ★★★★

カチカチ山は実在した!! カチカチ山ロープウェイ ★★★
ファンシーの街 清里駅前を歩く2016 ★★★

山梨にあるスイス ハイジの村 ★★★
遭遇!!珍スポット 骨董屋風林火山 ★★

日本一の渓谷美 昇仙峡 ★★★

観覧自由!!入場無料!! 山梨県鳥獣センター ★★
億千万年前の輝き クリスタルサウンド ★★★
ふらっと立ち寄り 愛宕神社 ★★
世界特許取得パン!! 松栄堂 ★★★

私設秘宝館 桃丘コレクション ★★★★

昔秘宝館、今ドン・キホーテ ドン・キホーテいさわ店 ★★

おまけなんでも付けちゃう!! ジュースのわたなべ ★★
トンネルを歩こう 大日影トンネル遊歩道 ★★★
絶景!!露天風呂 ほったらかし温泉 ★★★

子宝!安産!性神神社東の長 夫婦木神社 ★★★★★
夫婦木神社とセットで行こう!! 夫婦木神社姫の宮 ★★★★

【閉店】アツイ店主とほうとうの店 みさか路 ★★★

【長野】
ジャンプ台で選手気分 白馬ジャンプ競技場 ★★★★
ビューティフル!!ワンダフル!! ビーナスライン ★★★★★
とにかく聴いて!ガイドの話 山下清放浪美術館 ★★★★
道路で遊ぼう!! 道の真ん中に異空間 ★★
必見!!恐竜たちとおとぎのひろば 茶臼山恐竜公園 ★★★★
これが戸隠忍者だ!! 戸隠流忍法資料館 ★★★★
温泉に入る猿に会える 地獄谷野猿公苑 ★★★

宿泊料はお布施です。 ラブホテルを経営する宗教法人 ★★
日本三大車窓のひとつ 姨捨駅と姨捨棚田を見に行こう ★★
小粒ながらも無数の性神 男石大明神 ★★★
日本唯一!!ハチの芸術館 蜂天国 ★★★★


【新潟】
新潟のソウルフード、イタリアンを食べよう ★★★
街中に現る巨大仏 弘願寺 ★★★
燕市に行ったらロンドンに行こう ★★★
長岡駅前と純喫茶シャルラン ★★★

御神体にまたがる花嫁 ほだれ祭り ★★★


【静岡】
みんなのあこがれ!伊東へ行くならハトヤに泊まろう! ★★★★★
必見!ハトが乱舞するディナーショー サンハトヤ ★★★
伊豆のものまね&発明王 かもめ次郎に会いに行こう ★★★
こんな万華鏡見たことない! アトリエロッキー万華鏡館 ★★★
世紀末感満載 怪しい少年少女博物館 ★★★
伊豆随一のカオス空間 まぼろし博覧会 ★★★★
手作り!!地獄体験と秘宝展 伊豆極楽苑 ★★★★★
さすってまたぐトイレの神様 明徳寺 ★★★
伊豆の発明王!! 江川坦庵 ★★
日本初!珍の宝庫 沼津港深海水族館 ★★★

レトロな商店街を歩こう@沼津駅前 ★★★
歴史に残らない城 熱海城 ★★★
エロスの殿堂 熱海秘宝館 ★★★★★

伊東で泊まるならココ!! ケイズハウス伊東温泉 ★★★★★
伊東へ行ったらココへ行け!! 東海館 ★★★★
見どころは植物園とレッサーパンダ 熱川バナナワニ園 ★★★

怒涛の解説を聞け! 日本仮面歴史館 ★★★
ゆる顔大菩薩 八幡野観音 ★★★

稲取温泉の朝市へ行こう! ★★★★★
【珍祭】 2000年前から伝わる奇祭 稲取温泉どんつく祭り ★★★★★
1杯飲めば3年長生き! 伊豆オレンヂセンター ★★★
日本のゴールドコースト 土肥金山 ★★★
新東名高速SAがキレイ過ぎて興奮した件 ★★
B級スポットと呼ばれがち 竜ヶ岩洞 ★★★
冬限定!ユリカモメ密集駅 浜名湖佐久米駅 ★★★★
天竜浜名湖鉄道 駅トイレいろいろ ★★★

【閉店】浜松にあるサッポロ サッポロ街 ★★★
日本三大砂丘 中田島砂丘 ★★★

ここだけ次元がゆがんでる! サマンサ・マーサ ★★
【ストリップ】 ニッポンのワザ ~匠に会いに行く~ ★★★★★
【ストリップ】 熱海、銀座劇場で夢を見る ★★★★★



ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

東日本一覧はコチラから地図から探すスポットはコチラからオススメ度:★★:ついでに寄ってみて★★★:普通に魅力的なスポット★★★★:かなりオススメ!★★★★★:ココが最大の目的地!!【愛知】【愛知県西部・名古屋市内】≪中区・中村区・西区・北区・東区・千種区 ... 続きを読む
nishi

東日本一覧はコチラから
地図から探すスポットはコチラから

オススメ度:
★★:ついでに寄ってみて
★★★:普通に魅力的なスポット
★★★★:かなりオススメ!
★★★★★:ココが最大の目的地!!

【愛知】
【愛知県西部・名古屋市内】
≪中区・中村区・西区・北区・東区・千種区・名東区・守山区≫

ピンクの妖精レディーモモに誕生日を祝ってもらいました! ★★★★
ついに閉店!みんなの思い出 うめや ★★★
レトロな商店街を歩こう@名古屋 ★★★★
ハリボテを見に行こう!! 円頓寺商店街七夕まつり ★★★★★
最新無料デートスポット 名古屋市上下水道局下水道科学館 ★★
名古屋の市場めぐり@西区・北区 ★★★
レアエスカレーターのメッカ 名古屋 ★★★★
どうなっちゃうの?名古屋駅裏 ★★★★
名古屋最大の遊郭街 中村遊郭跡を歩く ★★★★
地球を叩く 日本唯一のバチ職人 ★★★
フルーツサンドでパーティーしよう サンモリー ★★★
かわいすぎる喫茶店 ポッポ ★★★
名古屋で一番ハートフルな神社 晴明神社 ★★★
名古屋大仏と眠り弁天 桃巌寺 ★★★★
レトロモダン建築探訪 文化のみち ★★★
街の中でくるくるうずまく 黒川インター ★★
あの岡本太郎が作った梵鐘がある。 久国寺 ★★
《小ネタ》 シルクドソレイユ in 大曽根 ★★
インスタ映えするウインナーコーヒー ★★★
名古屋一のDEEPスポット 新今池ビル ★★★
教えたいけど教えたくない最高の名店 カレー幸 ★★★★★
悪いことしたら謝りに行こう ごめんなさい地蔵 ★★
大須に珍パワースポット爆誕! 億萬石 福の神 ★★★
日本唯一チベット寺院 強巴林 ★★★

≪中川区・港区・南区・緑区・熱田区・天白区・瑞穂区・昭和区≫
かわいいがすべて揃った 喫茶ボン ★★★
かつての漁師町を歩く 下之一色 ★★★★
港に山積みされた信号機の墓場 ★★★★
名古屋穴場的スポット 滝の水公園 ★★★★
犬の詰所 若葉児童遊園地 ★★
名物甘口スパ マウンテン ★★★★
名古屋の市場めぐり@瑞穂区 ★★★
名鉄堀田駅がカッコイイから降りてみよう ★★★
【珍祭】 A級神社でB級祭り オホホ祭り ★★★

【愛知県西部・名古屋市外】
泊まって浸かってくつろいで 尾張温泉 ★★★
神様の湯 永和温泉みそぎ湯 ★★★
極楽をこの世で拝める寺 善光寺東海別院 ★★
美しすぎる映画館 シネラマパワー ★★★
扉の向こうは異空間 庭園喫茶フレンド ★★★
しだれ飾りに酔いしれる 萩原商店街 ★★★★
いちご茶漬けを食べに行こう!! ニューヨーク ★★★
西の果てにそびえる城 喫茶真珠貝 ★★★★
個人建立&所有では最大級!! 布袋大仏 ★★★
百万遍のありがとう お菓子の城 ★★★★
モンキーパークとモンキーセンターは別料金です。 ★★★★
かわいすぎるフォトジェニックシティー #犬山城下町 ★★★
犬山市で見つけたレトロスポット ★★★
370年の伝統!! 犬山祭り ★★★★
桃太郎は愛知出身だった!? 桃太郎神社 ★★★★★
祝!進化するチン百景! パブレスト百万ドル ★★★★
性神界のキング! 田縣神社 ★★★★★
性神界のクイーン! 大縣神社 ★★★
田縣神社豊年祭の楽しみ方まとめ ★★★★★
【珍祭】 クレイジーフェス!! 田縣神社豊年祭 ★★★★★
【珍祭】 白いヴェールに包まれた女性器祭り 大縣神社豊年祭 ★★★
おっぱいがいっぱい!! 間々観音 ★★★★
お城に入院!? さくら総合病院 ★★
ノスタルジック無料体験 昭和日常博物館 ★★★
愛岐トンネル一般公開 ★★★★
見た目も中身も最高の喫茶店 ドラゴン ★★★
ねえ!見て!かわいい木がいるよ!! 春日井市交通児童遊園 ★★★
住宅街に鬼ヶ島発見!! 鬼ヶ島公園 ★★★
これは便利!! ドライブスルー公衆電話 ★★★
コンクリート像100体をめぐる巨大宗教テーマパーク 五色園 ★★★★
すべてナゾは解けぬ 毛受兄弟と身代わり弘法 ★★
薬局、電波放ちがち ウオズミ銀座薬局 ★★★
なんで!?愛知にめんたいこ!? めんたいパークとこなめ ★★
かわいい巨大まねき猫 とこにゃん ★★★
世にも珍しい水色の鳥居 恋の水神社 ★★★
感動のカケラと必見歌舞伎茶屋 吉浜人形 ★★★★
かわいい遊具が目白押し 竜田公園 ★★★
あまーい焼きいも専門店 丸じゅん ★★★
人形小路雛めぐりを歩いてみよう ★★★
だまし絵みたい!上から見るとアレに見える公園 ★★★
松坂屋のレトロなお歳暮カタログを発見 ★★★★

【愛知県東部】
豊田のおみやげならコレ!! クラウンもなか ★★★
豊田のおみやげにピッタリ!! 自動車もなか ★★★
ひとりでも飲みたい! ペアクリームソーダ ★★
ご利益ワンダーランド!! 風天洞 ★★★★
刈谷のレトロ遺産 刈谷浴場跡とジャルダン ★★★
刈谷市の公衆トイレがとにかくかわいい! ★★★★
廃線跡と廃線駅 西中金駅 ★★
ガン封じと日本最初の千仏洞めぐり 無量寺(ガン封じ寺) ★★★
復活!!おかえり!!竹島ファンタジー館 ★★★★
超絶!!ステキすぎる銭湯 龍城温泉 ★★★★
まさかの無料動物園 岡崎東公園 ★★
激渋駅ビル 岡ビル百貨店 ★★★★★
激安遊園地 岡崎南公園 ★★
日本でココだけの涅槃像!! 一畑山薬師寺 ★★
スペイシーな喫茶店 喫茶丘 ★★★
花街に残るアーケード 松應寺横丁 ★★★
村長は、エロくない! ネオキタロー村 ★★★★
たまたま似ているだけです。 村の便利屋さん ★★
1年中トリエンナーレ 佐久島 ★★★
スマートボール専門店@豊橋 ★★★
レトロかわいい!!ローカルパンの店 ボン千賀 ★★★
ココはおとなのおもちゃ箱!! 原田玩具店 ★★★
女の子たちの宝箱!! アンティーク雑貨ちひろ ★★★
猫舌でも安心な自動販売機を発見!2016 ★★★
公園遊具の横綱はココ! 万場調整池 ★★★★
【閉館】 県下一の仏像系珍スポット!! 延命山大聖寺大秘殿 ★★★★★
【閉館】 蒲郡ファンタジー館
【珍祭】 天下の奇祭!! てんてこ祭り ★★★

【岐阜】
今すぐ行くべき!レトロ好きは必ず満足するステキな街並み岐阜市まとめ ★★★★★
繊維問屋街の裏がスゴイ!! ★★★★
駅前巨大パラダイス 金津園 ★★★★★
レトロかわいい&かっこいい街@岐阜 ★★★★
街の安全を見守る鬼いろいろ ★★★
日本三大仏のひとつがこんなところに!! 岐阜大仏 ★★★
とにかく知ってほしい!黒野城の歴史 二ノ丸資料館 ★★★
タイヤアートと光る家 赤坂スポーツ公園前 ★★★
おしゃれすぎる集合住宅 ハイタウン北方 ★★★
ココにもあった!!浦島太郎伝説 乙姫公園と稲荷神社 ★★★
パトロール中のマネキンに遭遇 ★★
色とりどりの帽子を奉納 御首神社 ★★
ひょうたんに心奪われた男 ひょうたん会館 ★★★
お子様連れに大人気! 養老ランド ★★★★
レトロ好きにオススメ!養老の滝で流しそうめん ★★★★
日本三名泉 下呂温泉で珍を探す ★★★
レトロ建築で町おこし 日本大正村 ★★
肩ぶつからないようにして歩く デコトラ撮影会 ★★★★
花木センターの奥でフェスできます 鳩吹稲荷 ★★★
踊れ!国内最大級!ダンシングヒーロー盆踊り ★★★★★
陶磁器と日本一暑い街 多治見駅前を歩く ★★★
中山道宿場町 馬籠・妻籠 ★★★
願い事は天狗に頼め 古井の天狗山 ★★★
レトロゲーム遊び放題! 岐阜レトロミュージアム ★★★★
全力野口五郎推し! 旧名鉄美濃駅 ★★
駅舎がコンビニ! 長良川鉄道関口駅 ★★
陽気なオヤジの下ネタ焼肉 ニュー関 ★★★
地球と地下を考えよう 地球回廊 ★★★
ピラミッドの前で愛を誓おう! 博石館 ★★★
渓谷に残る夢の国 恵那峡ワンダーランド ★★★★
ダム建設のちの景勝 恵那峡に行こう ★★★
日本一の性神岩 桃山公園 ★★
つちのこを生け獲りしよう!! つちのこ館 ★★★
城とプラネタリウムの融合 藤橋城 ★★★
岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 ★★★
歴女のデートスポット 関ヶ原ウォーランド ★★★★★
水と銀行のまち 大垣駅前を歩く ★★★
絶景すぎる!フォトジェニックなひまわり畑 ★★★★
昭和の街並み再現系最大級 高山昭和館 ★★★★
からくり人形を存分に堪能 からくりミュージアム ★★★
せんべい作りで爆笑体験! 夢工場飛騨 ★★
神様を巨木で一刀彫! 飛騨開運乃森 ★★★
古民家で癒されよう 匠の館森の水族館 ★★★
お宝と神秘にウットリ 飛騨大鍾乳洞 ★★★
ツキノワグマ99% 奥飛騨クマ牧場 ★★★
定番の写真を撮りに行こう! 世界遺産白川郷 ★★
紅葉の穴場スポット 曽木公園 ★★★★
モミジとあなと石仏と 穴弘法 ★★★
日本版トイストーリー♪ 郡上八幡福よせ雛 ★★★

【富山】
レトロ好き垂涎!! 日本海食堂 ★★★★
富山の誇る最強珍スポット おおざわの石仏の森 ★★★★
富山の誇る最強珍スポット2 ふれあい石像の里 ★★★★★
富山のユニクロ トムトムで買い物しよう!! ★★★
すぐにでも旅に出たくなる!富山地方鉄道の駅7選 ★★★★
アートすぎる地獄極楽体験 まんだら遊苑 ★★★★
感動と興奮!! 黒部ダムとアルペンルート ★★★★★
最高20m!! 雪の壁 ★★★★
ホタルイカ祭りで目玉を飛ばそう!2015 ★★★
富山の神秘を体験 ほたるいかミュージアム ★★
ご存知ですか? スーパーしまかわ ★★
蔵と大仏のまち 高岡駅前を歩く ★★★
世相を映す鏡 かかしまつりを見に行こう! ★★★
野菜のポテンシャルを引き出せ! つくりもんまつり ★★★
【閉店】ハンバーガー自販機あります ドライブイン頼成山 ★★★
交差点の気になる看板 矢形舟温泉 ★★★
小矢部市へメルヘン建築を見に行こう! ★★★★
45番目の恋人の聖地 クロスランドおやべ ★★★
ピンクのバスでラーメンを食べよう バスラーメン喜龍 ★★★
氷見のホットスポット 勘右衛門母母座 ★★★★
ハットリくんに会える街 氷見を歩こう ★★★

【石川】
北陸随一の珍スポット!! ハニベ岩窟院 ★★★★★
マネキンで当時を再現 尾小屋鉱山資料館 ★★★
駅近観音ユートピア 観音院加賀寺 ★★★★★
メルヘンな公園遊具の世界 加賀市中央公園 ★★★
まるでアレっぽい!! しいのき迎賓館 ★★
金沢発トレンドスイーツ 焼きたてメロンパンアイス ★★★
キミはヤッホー茶漬けを知ってるか? お茶漬け志な野 ★★★★★
日本唯一!車で走れる砂浜 千里浜なぎさドライブウェイ ★★★★
UFOを見に行こう!! コスモアイル羽咋 ★★★★
【閉館】 七福神センター

【福井】
広い!デカイ!スゴイ! 越前大仏 ★★★★
経営者募集中!! ワンダーランド ★★★
民話×公園遊具 若狭総合公園 ★★★★

【三重】
タイムスリップ!! 木曽岬温泉 ★★★★
駅直結のレトロ遺産 桑栄メイト ★★★★
桑名に行ったらアイスまんじゅうを食べよう ★★★
レトロな商店街を歩こう@桑名市 ★★★
なんでこんなところに!? オーストラリア記念館 ★★
巨木に逢いに行こう 長太の大楠 ★★★
あの!ルーブル美術館のガチ姉妹館!! ルーブル彫刻美術館 ★★★
オールラウンドのご利益寺!! 大観音寺 ★★★★
山奥で光のお・も・て・な・し イルミネーションファンタジー ★★★
暗いけど明るい商店街 三和商店街 ★★★★
大四日市まつりで大入道を見よう! ★★★
ねむけをさます!モーレツ紅茶を飲みに行こう! ★★★★
忍びのものに会いに行こう 伊賀流忍者博物館 ★★★
津観音寺の門前町がすごい。 ★★★
レトロな商店街を歩こう@伊勢市 ★★★
伊勢市で見つけたレトロスポット ★★★
参道入り口で貫禄のたたずまい 若草堂 ★★★★★
週に2時間の限定公開 樋口友好ミュージアム ★★★
熱い社長のコレクション 万協フィギュア博物館 ★★★
龍宮城で鳥羽湾めぐりとイルカ島 ★★★★
日本唯一!!ガリバーの滑り台 市民の森公園 ★★★
女性の願いを叶えてくれる! 神明神社の石神さん ★★★
絵描きと真珠と灯台の街 大王崎 ★★★★
海の軽井沢 賢島でエスペランサに乗る。 ★★★
アッパークラスが集う街 志摩地中海村 ★★★
磯釣り気分でひとやすみ 純喫茶 磯 ★★★
絶品!!サンドイッチ 鞍馬サンド ★★★

【滋賀】
たぬきたぬきたぬきがいっぱい!! たぬき村 ★★★★
滋賀のサグラダファミリア!! 佐和山遊園 ★★★★
仕留めた動物を剥製にしました! 滋賀サファリ博物館 ★★★
昭和モダン建築に泊まろう 青年の城 ★★★
草津駅前から消えたアーケードを見る ★★
レトロな商店街を歩こう@大津市 ★★

【奈良】
矯正展に行ってきた~奈良少年刑務所~ ★★★
圧巻の性コレクション 東洋民俗博物館 ★★★★
奈良で一番古い商店街 椿井市場 ★★★
日本唯一!宗教都市、天理に行ってきた。 ★★★★
ココが日本のタイガーパークガーデン 信貴山朝護孫子寺 ★★★
七色ダムの廃墟 発電所跡に行く ★★★★★
おもちゃ箱をひっくり返した古民家 Minca465 ★★★★
レトロな商店街を歩こう@下市口駅前 ★★★★
レトロな商店街を歩こう@御所駅前 ★★★

【京都】
マネキンと絵馬に歓喜! 壹銭洋食 ★★★★
京都に現れたレトロの新星 秘密基地 ★★★★
祈れば巨万の富を得る!! 御金神社 ★★
おかめ伝説 千本釈迦堂 ★★★★
京都タワーの地下に温泉!? ★★
京都の怪しい占い屋で来年の運勢を占ってもらおう ★★★
妖怪に会える商店街 妖怪ストリート ★★★
1200体の羅漢像が並ぶ 愛宕念仏寺 ★★★★
サクラとアフロの名所 金戒光明寺 ★★★
珍建築を見に行こう 顔の家 ★★★
とにかくチャーハン食べて!! チャーミングチャーハン ★★★
激レアレトロ自販機が並ぶ ドライブインダルマ ★★★★
コンクリートプラント寺!? 中風寺奥の院 ★★★★
レトロな商店街を歩こう@福知山 ★★★
節分祭でラブレターを買う 須賀神社 ★★★
オニに遭遇!! 廬山寺 ★★★

【大阪】
飛田新地で誕生日パーティー ★★★★★
風変わりな慰霊塔 冥応寺 ★★★
日本一の山 天保山 ★★
街の真ん中で巨大獅子に遭遇!! 難波八阪神社 ★★★
待ち合わせ・ご宿泊に!! 道頓堀ホテル ★★
ひとりでも泊まりたい! ホテル富貴 ★★★★★
駄菓子屋併設のレトロ空間 白泉堂 ★★★
マネキンを見に行く大阪歴史博物館 ★★
銭湯跡をリノベーション 山本モータープール ★★
時が止まった家族が棲む 靭公園 ★★
手作り城郭 小阪城 ★★★★
ハンドメイドパラダイス!! 城山オレンヂ園 ★★★★★
リアル地獄体験 全興寺 ★★★★
税金で作った魅惑のアート 舞洲ゴミ処理場 ★★★★★
おとぎ話のリアル像 龍眼寺 ★★★★
考察!!イヌぞり遊具の味わい方 新金岡団地 ★★★★
飛行機が頭上を舞い降りる 千里川堤防 ★★★
寝屋川のジャングル ミスターシャボーン東大利町店 ★★★
《小ネタ》 天王寺の立ち寄りスポット ★★★
おっぱいお尻を見ながらランチ 中国茶房8心斎橋店★★★
【閉館】 負の遺産・・・ なにわの海の時空館
日本一長いカウンター居酒屋 天山閣 ★★
ドキッ!!仏像だらけの純喫茶 篝&煌 ★★★
カラッと揚げたて!! ウーパールーパー ★★★
隠れてない隠し味 サンモリッツ ★★
カネがない、マル屋へ行こう!! コーヒーショップマル屋 ★★★★
からだの悩みから恋の悩みまで 三井薬草園薬局 ★★★

【和歌山】
和製ジュラシックパーク地獄付き!! 小原洞窟恐竜ランド&極楽洞 ★★★★★
海に浮かぶバブルの遺産 ホテル川久 ★★★★
元祖ハネムーンスポット 和歌浦 ★★★
ぶらくり丁へ行ってみよう!! ★★★
遊郭跡を歩く 天王新地 ★★★
パンツと人形が集まる神社 淡嶋神社 ★★★★
万物の根源 陰陽の接合 白浜美術館&歓喜神社 ★★★★
レトロな商店街を歩こう@新宮 ★★★
くじらのすべてを知り尽くそう くじらの博物館 ★★★★

【兵庫】
レトロな商店街を歩こう@杭瀬 ★★★
レトロな商店街を歩こう@阪神尼崎駅前 ★★★
レトロな商店街を歩こう@神戸市中央区 ★★★
あったら便利♪ 焼肉のタレ自販機 ★★
神戸の住宅地に くび地蔵 ★★
明石海峡大橋のてっぺんに登ろう!! ★★★★★
これぞ!!THEパラダイス!! 淡路島ナゾのパラダイス ★★★★★
あのベッカムさまもやってきた!! 静の里公園 ★★
国宝級!! 太陽公園 ★★★★★
裸でサックス吹く男 黒川さんを見に行こう!! ★★
姫路駅前に残る昭和を探しに行こう ★★★
レトロな商店街を歩こう@姫路駅前 ★★★★
悲報!昭和の遺産、回転展望台手柄ポートが閉店します! ★★★★★
レトロな商店街を歩こう@山陽網干駅前 ★★★
レトロな商店街を歩こう@高砂駅前 ★★★★
レトロな商店街を歩こう@加古川駅前 ★★★
自称エンターテイメントテンプル 須磨寺 ★★★
メルヘンワンダーランド 御立交通公園 ★★★
日本三大仏の三番目はわいや!! 兵庫大仏 ★★
巨大○○○○に触ってみよう!! 害虫防除博識館 ★★
手塚治虫は宝塚で育った 手塚治虫記念館 ★★

【岡山】
期待感募る参道が魅力 最上稲荷 ★★★★
キングレコード歌手 うちだよしはるの店 ★★★
閲覧注意!!情熱のリアル博物館 つやま自然のふしぎ館 ★★★★
キットで作ろう!おっぱい絵馬 軽部神社 ★★
鬼も立ち食いするうまさ!! 鬼びっくり饅頭 ★★★
水族館気分が味わえる喫茶店 コーヒールームキャッスル ★★★
レトロな商店街を歩こう@倉敷市玉島 ★★★
玉島天満で見たバス停の墓場 ★★★★
美しすぎるクリームソーダ 西洋乞食 ★★★★
レトロな商店街を歩こう@笠岡駅前 ★★★
世界で唯一! カブトガニ博物館 ★★★

【広島】
レトロな商店街を歩こう@尾道 ★★★★
コンクリ仏がひしめくダンジョン 源宗坊寺 ★★★★★
毒ガスとウサギの島 大久野島 ★★★★
瀬戸内海一の珍寺!! 耕三寺 ★★★★★
戦艦ヤマトはココからうまれた! 大和ミュージアム ★★
アゴ入り!だしの自販機増殖中 だし道楽 ★★★
陽気な楽しい街 プレージャータウン ★★
超絶A級スポットでB級スポットに遭遇 厳島神社 ★★★
耳の神様に聴いてもらおう 大山神社 ★★★
《小ネタ集》 因島立ち寄りスポット ★★
エロスと恐怖の世界 喫茶伴天連 ★★★
遊郭跡に泊まろう!! 一楽旅館 ★★★★
おいしい惣菜あります! デリカショップフジイ ★★
わき見運転ダメ!!ゼッタイ!! 交通安全少年少女 ★★
ココは広島のパラダイス!! 安福寺 ★★★★★
わに料理を食べに行こう!! フジタフーズ ★★★
巨大なタイヤの恐竜に会えるぞ! 横浜ゴム尾道工場 ★★★★

【山口】
必見!!めくるめく女将劇場 西の雅常盤 ★★★★★
年中お祭り騒ぎのテーマパーク いろり山賊玖珂店 ★★★★
日本一自販機コーナー 観音茶屋 ★★★
仲よくしてネ 自販機コーナー鉄明館 ★★★
山口県でムー発見!! 美川ムーバレー ★★★
ふるさと創生事業で誕生!! でかまるくん ★★
100種類のソフトクリームがある光景 むさし ★★★
天然記念物のシロヘビに会えるよ 白蛇神社 ★★
パンツ3枚で景品券1枚! モノハウス ★★★
手作りおっぱい絵馬で祈願 川崎観音 ★★★
東洋一の神秘 秋芳洞&秋吉台 ★★★★★
日本一のホットスポット 麻羅観音 ★★★★

【香川】
必見!!耳なし芳一ばりの部屋 へんこつ屋 ★★★
レトロな商店街を歩こう@坂出 ★★★
前衛的空中都市 坂出人工土地 ★★
アーティスティックなお米屋さん 食事処こめや ★★★
バブリーな黄金の塔 ゴールドタワー ★★
平家物語を蝋人形で再現 高松平家物語歴史館 ★★★

【愛媛】
霊場中ナンバー1の珍寺 石手寺 ★★★★★
顔のある寺 萩生寺 ★★
東洋のマチュピチュ マイントピア別子 ★★★
古い町並みで人形が働く 商いと暮らし博物館 ★★★
錦鯉と廃墟の楽園 りんりんパークー ★★★★
日本一海に近い駅 下灘駅 ★★★★
キングオブ秘宝館!! 多賀神社凸凹神堂 ★★★★★
《小ネタ集》道後温泉周辺小ネタ集 ★★★★

【高知】
常識に囚われないおとこの店 ゆず庵 ★★★
弥生人も住んでいた神秘の宮殿 龍河洞 ★★★
無料の遊具エリア、強気の有料ゾーン 創造広場アクトランド ★★★
高知のソウルフード 田舎寿司を食べよう ★★★
高知でサンゴを買う 日本サンゴセンター ★★★
レトロ自販機あります コインスナックプラザ ★★★
セルフビルドの九龍城 沢田マンション ★★★★
レトロな商店街を歩こう@高知市 ★★★
土下座でお願い!来て! 桂浜水族館 ★★★

【福岡】
4000万のタコ遊具!! 和布刈公園 ★★★
街中にそびえる廃墟 志免鉱業所竪坑櫓 ★★★
にわかのお面でモザイク処理 松田ネーム刺繍店 ★★
雰囲気最高!レトロ商店街 柳橋連合市場 ★★★★
レトロでモダンなショッピングセンター サンセルコ ★★★
レトロな商店街を歩こう@吉塚 ★★
これぞB級スポット! 鬼塚子宝観音 ★★★★
ブロンズ製涅槃像世界一! 南蔵院 ★★★
門に隠れるマリア像 宝山寺 ★★
むせかえるような愛と縁 祖聖大寺 ★★★★
妄想を現実にしたパラダイス 不思議博物館 ★★★★
福岡のジュラシックパーク 香椎造園 ★★★
ゲン担ぎのオンパレード 一蘭太宰府参道店 ★★★
北九州黒崎・八幡のおすすめスポット ★★★★
レトロな商店街を歩こう@北九州若松 ★★★
小倉の行っておきたい名物スポット ★★★
ママは現役90歳 老舗スナッククラウン ★★★
異文化角打ち初体験! 魚住酒店 ★★★
レトロな市場でクリームソーダ 喫茶ひぐち ★★★★
ニッポン伝統の技 こてえ美術館 ★★★★
炭坑節発祥の地 田川市石炭歴史博物館 ★★★
レトロな商店街を歩こう@田川伊田駅前 ★★★
レトロな商店街を歩こう@久留米 ★★★
ココはスゴイ!!充実珍スポット!!! 久留米成田山 ★★★★★
《閉店》 久留米のローカルパン キムラヤ ★★★
世界一キケンな鳥もいる 久留米市鳥類センター ★★★
カエルづくしのフォトジェニック寺 如意輪寺 ★★★
インスタ映えを狙いに 土橋市場 ★★★★
隣のパワーが強すぎる だざいふ遊園地 ★★★
恋する乙女は必見☆ 恋木神社 ★★★

【大分】
軍歌酒場に行ってみた。 ★★★★
【閉館】 さよなら別府秘宝館
イケメン揃いの金鉱山 鯛生金山 ★★★★

【佐賀】
【閉館】 ありがとう!!嬉野秘宝館 ★★★★★
森とリスとウルトラマンの遊園地 メルヘン村 ★★★★
武雄温泉の道祖神 さやんかみさん ★★
フォトジェニック鳥居を見に行こう! 大魚神社の海中鳥居 ★★★★
日本三大稲荷のひとつ 祐徳稲荷神社 ★★★
入場無料!バブルの遺産 有田ポーセリンパーク ★★★
佐嘉神社横!鶴乃堂本舗の肉まんじゅう ★★★
レトロな商店街を歩こう@佐賀駅前 ★★★

【長崎】
炭鉱の島 池島へ行ってきた。 ★★★★★
カメに乗って平和を祈る 長崎観音 ★★
これぞ!!文明の利器 斜面移送システム ★★
次の世界遺産はコレだ!! 軍艦島上陸ツアー ★★★★
珈琲に取り憑かれた男 スコーコーヒーパーク ★★★
奇跡の屋上遊園地 佐世保玉屋 ★★★★★
海上自衛隊と米軍の街 佐世保駅前を歩く ★★★
九十九島で遊覧船に乗ろう! ★★★

【熊本】
熊本の秘密基地 河原町繊維問屋街 ★★★★
カラフルなテントが魅力 子飼商店街 ★★★
熊本一の性神神社は2つで1つ 弓削神社 ★★★

【Spot of cool Japan】
Drink while watching the vibe!! Vibe bar ★★★★★
Unique room is popular Hotel Fuki ★★★★★

【体験記】
【花火】 濃霧で花火
【ラフティング】 ライフジャケットで命拾い
【大阪】 さんまちゃんに会ってきた!!
【ストリップ】 女性にこそストリップをオススメしたい理由
【愛知】【閉館】 ストリップ劇場に行ってきた
【愛知】【閉館】 ストリップ劇場に行ってきた2
【岐阜】【ストリップ】 大人の階段駆け上がる
【岐阜】【ストリップ】 大好きなあの人
【福島】【ストリップ】 温泉街に残る奇跡 芦ノ牧温泉劇場
【群馬】【ストリップ】 終末物件 伊香保銀映に行ってきた!
【静岡】【ストリップ】 ニッポンのワザ ~匠に会いに行く~
【静岡】【ストリップ】 熱海、銀座劇場で夢を見る
【東京】【ストリップ】 ストリップの殿堂 浅草ロック座へ行こう!!
【岐阜】【ストリップ】 華麗なるマンパワー
【大阪】【ストリップ】 こんなことあるんですね!!
【岐阜】【ストリップ】 会いたかった!!
【ガッタンゴー】 廃線をマウンテンバイクでいく
【鮎つかみどり】 やらせでしょうか?いいえ、演出です。
【裁判傍聴】 ひとつの事件から人生を感じる
【洞窟探検】 地球の鼓動が聞こえる!!
【洞窟探検2】 闇の世界で超非日常体験

【ネタ】
ウサギの飼い方
次の問いに答えなさい
次の問いに答えなさい2


ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

珍好きのみなさん誰でもご存知高知の有名珍建築、沢田マンション(通称:沢マン)にやってきました。沢田マンションとググッてみれば、千も万も超える検索結果が出てくるほど書かれに書かれ、撮られに撮られた物件ですから、もういまさら解説はいいでしょう?基本情報をあっ ... 続きを読む
P6213372

珍好きのみなさん誰でもご存知
高知の有名珍建築、沢田マンション(通称:沢マン)にやってきました。

P6213285

沢田マンションとググッてみれば、千も万も超える検索結果が出てくるほど
書かれに書かれ、撮られに撮られた物件ですから、もういまさら解説はいいでしょう?

P6213294

基本情報をあっさり紹介いたしますと、沢田マンションとは
●建築ド素人の夫婦2人が設計図なしで建てたセルフビルドマンション。
●部屋数およそ70、現在100人以上が入居。
●1971年から建設開始、現在の規模になったのは1985年ごろ。
●増築に増築を重ねた外観などから、日本のサクラダファミリア、九龍城と呼ばれている。


P6213291

見れば見るほど複雑なかたちをしていておもしろい。
まるでこどもが描いた伝説の生き物のような自由度。
素人なのに、逆に素人だから固定概念なしで作れたのかも。

P6213387

実物を目の前にするとその圧倒的な存在感でぶっ倒れそうに。
しばらくポカン顔で立ち尽くしてしまいました。

P6213299

沢田マンションの家賃は1室2万円台~5万円台。
高知市内の相場より2~3割格安。

P6213296

もともとは母子家庭など困窮状態にある人々の入居が優先だったところ、近年はその建築に魅了された意識の高い若者の入居が増加。
マンション内には事務所やお店、ギャラリーなどもできて、いろんな人が出入りしやすい環境。

P6213295

マンションの入り口には野菜や果物の無人販売コーナー。
ここを通る人は必ず手を伸ばし、中を確認するほどの人気。

P6213302

こちらはインテリア的に置かれた発動機コレクション。
製材機を動かし、発動機を動かし、地下水をくみあげるポンプを動かしと、マンション建設におけるさまざまな場面で活躍してきたもので、コレクションは40台に及ぶ。

P6213303

沢田マンションといえばやっぱりこのスロープ。
立体駐車場のように取り付けられたスロープは、車や自転車に乗りながら2階、3階まであがることができる。
さらにマンションを突っ切り裏手に回り、4階、5階へもつながってるとか。
そしてスロープの下、暗闇につながる真っ暗な穴を入れば地下駐車場もある。
こんなマンション、いままでもこれからもココだけ!

P6213346

1階で店を構えるオシャレカフェ「藁屋」
同じ並びにはギャラリーやリラクゼーションスポットもある。

P6213287

そしてもうひとつ、ひときわ目を引くのがこのリフト。
もちろんこれも手作りで、資材などを屋上まで運ぶのに便利。

P6213377
P6213353

リフトの下には地下への隠し階段のようなものが出現。
忍者屋敷のようなつくりにワクワクが止まらない!
奥は多目的ホールと書かれたスペースにつながっていて、以前、合気道の道場として使われていたとのこと。

P6213333

マンションの中も白を基調としたおしゃれ空間。

P6213335

注意書きは壁に直書きスタイル。

P6213342
P6213341

各部屋のドアが個性豊かで、間取りも含め部屋は2つとして同じものはないことを物語っている。

P6213337
P6213340

マンション内には坂あり段差ありカーブありと難所が続き、増築したことがよくわかる。
どこへ行けばどこにつながっているのかまったくわからない白亜の迷宮。

P6213326

迷ってる最中にめぐりあったコインランドリー。
洗濯を待つためのベンチも設置。

P6213309

意識の高いこの場所にピッタリのお店
オーガニック、ナチュラル、手仕事をコンセプトにした雑貨、エコロジー、ファッションの店「Nossa Bossa」

P6213331

上階の通路には自転車も停めてあり、乗ったままスロープでくだって買い物に行ける!

P6213308

2階の裏手には車も駐車。
上階の玄関先まで車で行けちゃうってすごい便利!

P6213330

マンションなのに緑豊かな沢田マンション。
スロープの脇では柿が実り、そこかしこで季節の花が咲いていて、外壁には土が盛られ家庭菜園もできる。

P6213306
P6213307

裏側は明かり取りでしょうか。
鉄格子むき出しの箇所がいくつもある。

P6213328

こちらはほぼ通路全体がむき出し鉄格子。
下の階丸見えで歩くのがこわい!

P6213322

裏手の通路を歩いて4階へ

P6213315

4階にはなんと、池もあって滝もある!!
ここ、4階ですよ!

P6213319

さらに屋上では動物を飼っていたり畑が広がっていたりと、1970年代に作られたとは思えぬアバンギャルドな発想。
見える赤いクレーンももちろん自作。

P6213384

ちなみに沢田マンションは現在の法律では「違法建築」とされてるわけなんだけど
もろもろの理由で黙認されている治外法権物件。
高知を訪れたら一度見学に行ってみて。


沢田マンション

住所: 高知県高知市薊野(あぞうの)北町一丁目10-3




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

どこまでも続くターコイズブルーの海石灰のように真っ白い砂浜こんなに美しいのに潮の流れが速いため遊泳禁止の桂浜にやってきました。桂浜の波打ち際にあるのが、最近話題の桂浜水族館。開館は1931年、今年で87年目という老舗中の老舗。桂浜水族館では毎日ことあるご ... 続きを読む
P6213019

どこまでも続くターコイズブルーの海
石灰のように真っ白い砂浜
こんなに美しいのに潮の流れが速いため遊泳禁止の桂浜にやってきました。

P6213022

桂浜の波打ち際にあるのが、最近話題の桂浜水族館。
開館は1931年、今年で87年目という老舗中の老舗。

P6213123

桂浜水族館では毎日ことあるごとにイベントを開催。
お客さんを呼び込む努力を惜しみません。


しかし最近「お客さんがいなさすぎる水族館」として話題に。

P6213062

その原因のひとつともいわれているのが
マスコットキャラクターの路線が個性的すぎる問題。

P6213074
P6213071

考えに考え、努力に努力を重ねた結果、判断能力を失ったのでしょうか、誕生したのがこのキャラクター。
夜中にでも思いついたのかな?ってくらい独特。

P6213031P6213049

館内はこんな感じで、イイ塩梅にレトロ。
壁にはそれぞれいろんな魚が泳いでいて、中央にはウミガメが泳いでいます。

P6213043

ひとが近づくだけで近づいてくるウミガメ。

P6213094

ウミガメにはエサをあげることができる。
せっかくなのであげてみよう。

P6213098

切り身を見せつけるだけでこの形相。
這いあがってくるんじゃないか?ってくらいえげつない強欲。

P6213032

桂浜水族館イチオシの魚、アカメは目が赤く光るから。
その姿をより間近で見てもらうために、頭上にも拡大して設置。

P6213035

水槽の前には「楽しい」や「ありがとう」など、なにやら意味深な単語が書かれた石が置かれ、魚に集中できない。

P6213041

丁寧に手描きで作られた解説。絵もうまいしわかりやすい!

P6213055

まるで教室の壁のようにびっしり貼られた手作りの歴史探訪コーナー

P6213056

空いてるスペースを埋めるために写真や文字で彩りを添える工夫。

P6213110

あれ??
水槽の外でも放し飼い??
もしかして脱走してる??
と、近くにいたスタッフの人に捕まえてもらうと
「これは侵入ですね。仲間にします!」
とまさかの野良カニだった!!
海のそばだから勝手に入ってきちゃうんだなあ。

P6213092

2階にはクジラとイルカの骨格が展示。

P6213077

不思議なかたちの瓶に入れられたクジラの胎児。

P6213076

わあああ!!!
これは!!
珍スポット好きにはおなじみの!!
クジラの生殖器!!

P6213075

この標本は水産会社の冷凍庫に長く保管されていたものを標本展示したとのこと。
しかも雌雄両方あっただなんて、なにその会社、秘宝館??

P6213068P6213107

魚以外にも、カワウソやペンギン、カピバラなど哺乳類もいる。

P6213105

さらにはこんなに広いプールもあって、トドとアシカのショーも見られるってスゴくない??
なのに雨だからでしょうか?
ショー開始5分前になっても全然人が来ない。
桂浜に呼びかけても全然来ない。
え?なんで誰も来ないの?
もしかして客はわたしだけ??

P6213116

そののち、お客さんは徐々に増え
無事、両手で収まるほどの人数で観覧。
めでたしめでたし。

P6213149

さて、桂浜の駐車場そばには、昔ながらのおみやげ屋さんがひしめいていて、レトロ好きは必見!

P6213143
P6213140
P6213138

1階はおみやげ、2階には食堂を構え、団体客をウエルカムできる万全の体制な店ばかり。
この日はたまたま閉まっているものの、お祭りの日や行楽シーズンなどはちゃんとオープンするよとのこと。

P6213145
P6213147
P6213150

サンゴに龍馬にかつおのタタキ
旅情を掻き立てる名産品の文字にジーン。
どこで買ってどこで食べようかな~?
こんなにお店があるとめちゃくちゃ迷うな~

P6213135

相当な人数が入りそうな桂浜演舞場。
どんな演目が催されていたんでしょうか。

P6213151

おみやげエリアでひときわ新しいこの建物。
これこそ珍スポット好きの間でおなじみだったあの
とさいぬパーク。
改装する前がこちら

P8108364

あ~!アレね!!
と、ご存知の方も多いでしょう。
そうなんです、このインパクトのある看板が目印だったとさいぬパークは
2017年5月19日、突然閉館してしまったのです。

P8108365

中でも人気があったのは、全国で唯一だった闘犬の実演。
鼻息荒く暴れ狂う闘犬の勇姿は、鳥肌が立つほど凄まじかったそう。
しかし闘犬は、動物を大切にする団体など外部からの難癖によって肩身が狭くなり追いやられるように。
(この日は時間の都合で残念ながら見ることができず。ぐやじい~!)

P8108387

今ではこの、犬を連れて歩く外人の写真とともに、闘犬そのものもなかったことにされているとさいぬパーク。
ここにいた闘犬たちはいったいどこへ行ってしまったんでしょうか。


桂浜水族館

住所: 高知県高知市浦戸778  桂浜公園内
TEL: 088-841-2437
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 無休
公式サイト: 桂浜水族館




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

スタイリッシュな新しい駅舎と、レトロな路面電車が同居する南四国の大都会、高知市の玄関口、高知駅にやってきました。高知駅周辺にも、ツウ好みの商店街があるということでご紹介します。まずは高知駅から1.3キロさえんば商店街こちらは片側式のアーケードですが、なか ... 続きを読む
P6213498

スタイリッシュな新しい駅舎と、レトロな路面電車が同居する
南四国の大都会、高知市の玄関口、高知駅にやってきました。
高知駅周辺にも、ツウ好みの商店街があるということでご紹介します。

P6213435

まずは高知駅から1.3キロ
さえんば商店街

P6213439

こちらは片側式のアーケードですが、なかなかレトロで味のあるお店が並んでいるので注目。

P6213437
P6213441
P6213451
P6213444

商店街の並びに、さえんば市場と書かれた看板を発見

P6213448

もしや?と中をのぞくと、奥まで通路が続いていて、いかにも市場の様相。
営業しているのは入り口の八百屋さんだけだったけど、残っていてくれてサンキュー

P6213454

続いて、連続したアーチが魅力のあたごまち。
このアーチが見たくて高知に来たって人も多いのでは?!ってくらい美しい。

P6213475
P6213473

ここもアーケードは片側式。
レトロなお店も数多く並んでいるので要チェック。

P6213457
P6213461

サンプルケースの中からぬいぐるみがウエルカムしているカフェアイランド

P6213556

残念スポットとして有名なはりまや橋があるあたりが高知随一の繁華街エリア

P6213521

はりまや橋のそばには、巨大な全蓋式のアーケードを持つ大きな商店街が続いているので、一気に見て回ろう。

P6213551
P6213524

違う名前の商店街が連続的に続く。

P6213525

道幅も広く天井も高い。
並んでいる店は個人商店から全国チェーンまで新旧いろいろ。

P6213522

中でも目を引くのは高知の名産、サンゴの店。

P6213523

まるでパチ屋のような、ネオンがギラギラするであろう看板が最高。

P6213552
P6213553
P6213574
P6213571

サンゴの店は店内もレトロでステキ。

P6213562
P6202982

商店街を1本奥に入れば、飲み屋街や風俗街も寄り添っていて、理想的な街のつくり。

P6202943
P6202935

雰囲気のある小路も揃ってていいなあ。

P6202950

商店街の一番奥には、市場が集まっているエリア。

P6202953

ここにあるのが高知の有名スポット、ひろめ市場。

P6202955
P6202971

中には魚介類をはじめ、いろんなお店が密集していて
各店で買ったものをここで食べられるという、いわゆるフードコート。
友達や同僚と来ている地元の人はもちろん、観光客、ひとりで来てる人もいて、めちゃくちゃ賑わっているぞ。

P6202960

高知に来たら当然、かつおのたたきっしょ~!!
と、おのぼりさんのわたしはミーハー気分で注文。
かっこつけて、まずは塩で。

P6202962

これ、食べて見たかったんだよね~!!
なんだと思う??
ウツボだよウツボ~!!
これもやっぱりたたきでいただくと
ゼラチン質のプニプニとした独特の食感と、あっさりとした鶏肉のような身。
噛めば噛むほどうまみがジュワ~ッと広がって、一度食べたらやみつき~!!
帰りに買って帰ったほど。おすすめです!

P6213526
P6213527

こちらもはりまや橋のそばの商店街。

P6213534

この商店街の周りにまたイイ雰囲気の路地が続いていて、穴場的空間。

P6213535
P6213538

まだまだ昭和の面影が強く残る高知の商店街、いいな~!

BlogPaint

高知市内の主要スポットはだいたい路面電車で行けるので便利。
ぜひ「ごめん」」「ごめん」と謝りながら走る路面電車に乗って出かけよう。


ひろめ市場

住所: 高知県高知市帯屋町2-3-1
TEL: 088-822-5287
営業時間: 8:00~23:00(日曜日は7:00から)



さえんば商店街



あたごまち




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

創造広場アクトランドは、8つの展示館と、いろんな遊具が楽しめるテーマパークで、アクトランドの「act」は“行動する”の英語「act」よりもっと深い意味、Art Culture Technology の頭文字。8つの展示館というのは龍馬歴史館、世界偉人館、ニーオアフリカンギャラリー ... 続きを読む
P6202356

創造広場アクトランドは、8つの展示館と、いろんな遊具が楽しめるテーマパークで、
アクトランドの「act」は“行動する”の英語「act」よりもっと深い意味、
Art Culture Technology の頭文字。

P6202357

8つの展示館というのは
龍馬歴史館、世界偉人館、ニーオアフリカンギャラリー、絵金派アートギャラリー、世界モデルカー博物館、世界クラシックカー博物館、ボンネットバス博物館、KUMA'Sコンテナギャラリーの8つ。
もともとここには龍馬歴史館しかなかったそうで、そこをとある建設会社の社長が買い取り、今の形になったそう。
龍馬歴史館も含め、博物館の内容はもしかして社長の趣味から生まれたものかな?

P6202363

まるでお城の門のようなゲートをくぐり、中へ入ると

P6202366

いろんな形の遊具がいろいろ。
しかもこれらはすべて無料で遊べるというから、休日には家族連れで大賑わい。

P6202372

リアルな恐竜が並ぶ前には、わざわざベストショットと書かれ、撮影スポットを教えてくれている。

P6202365P6202368

遊具スペースにはやたら鉄のかたまりが並び、建設会社がバックについていることをアピール。
めちゃくちゃ危なそうですが、これも遊べるんでしょうか。

P6202386

遊び疲れたら広い休憩所でお弁当も食べられる。

P6202387

さて、休憩所の隣に並ぶのが有料の展示館エリア。

P6202388

入館料はというと
アクトランドイチオシ、メインの龍馬歴史館はおとなひとり1500円。
それ以外7館の展示館は
1館につき1000円
1館につき1000円
しかも1度出たら再入館できません。
1日パスポートにいたっては5000円
全部で8館しかないのに5000円です。
ドエライ強気、次来たときまで営業してるかな~

P6202389

というわけで、歴史には特別興味ありませんがとりあえず龍馬歴史館へ入館。
入るやいなや精巧にできたロウ人形がお出迎え。

P6202398

龍馬歴史館はご想像の通り
歴史を動かした土佐の偉人、坂本龍馬の生涯をロウ人形を使って解説。

P6202429

それぞれのシーンは区切られ、説明書きと、音声でも解説してくれる親切設計。
これなら龍馬のことよく知らなくても結構楽しめるなあ。

P6202415

ロウ人形はもちろん、大道具小道具すみからすみまでよくできていて、こりゃ建設会社社長も買い取りたくなる気持ちもわかるなあ。

P6202424
P6202425

皮膚のたるみやシワなど、いまにも動きそうなくらいめちゃくちゃリアル。
髪の毛はなんと、似た素材のものではなく、本物の人間の髪の毛が使われているのだそう。

P6202433

こちらは坂本龍馬誕生のシーン。
多くの兄弟に囲まれ、まるでキリスト生誕かのようなもてはやされっぷり。

P6202437

左は次姉、真ん中は長姉、右は母。
長姉と母は激似ですが、次姉は腹違いでしょうか。

P6202440

生まれてまもない龍馬たん。
#1歳
#赤ちゃんのいる生活
#成長記録
#幸せ時間
#小さな彼氏

P6202471

こちらは姉が、泳げない龍馬を近くの川に連れて行き、竹竿の先に結んだ縄を体にくくりつけ、日々水泳の練習をさせているシーン。

P6202468

グオングオン機械音を立てながら、淀まないように水が循環し、川を再現。

P6202467

感情をなくし、遠い目をした無の表情。

P6202512

龍馬が成長するに連れ、誰かが死ぬシーンが増加。

P6202518
P6202532

死ぬ人は決まって、スポットライトを浴びている。

P6202554
P6202558

こちらは薩長同盟成立のシーン。
この人見たことある!と思ったらあれ?西郷隆盛じゃん。

P6202574

こちらは2階まで作ってシーンを再現。
この施設を作った人の本気度がうかがえる。

P6202587

歴史を知らないわたしでさえもどっかで見たことあるお約束のシーン。

P6202613

そうそう、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をしたんだよな~とマメ知識を挟んだあと

P6202622

うわあ!!なにこれ!!
部屋の中に船がある!!
随分壮大なスケールになってきたぞ~!!


P6202627

お察しの方もおられるでしょうが船上にいるのは海援隊のみなさん。
今までにない、光と音の大スペクタクルステージは必見。

P6202645
P6202642
P6202641

おのおのがしゃべりだし、最後には龍馬の決め台詞
「ニッポンの 夜明けぜよ~!」が飛び出すぞ。

P6202648

天井が星空にも変わり、ムード満点。
わたしひとりだけでこんな贅沢を味わっていいんでしょうか。

P6202685

最後には坂本龍馬と一緒に写真が撮れる撮影コーナーも。

P6202688

奇面組のような顔の龍馬に会えるのは全国でもココだけ!

P6202708

さて、せっかくなのでもう1館行って散財。
世界偉人館です。

P6202769

中に入ると、龍馬歴史館のマネキンと同じ人が作ったマネキンがずらり。

P6202724

歴史上の人物から世界の政治家、有名人が、リアルなロウ人形となって登場。

P6202721

おお!
これは世界三大美女のひとりといわれるクレオパトラだ!

P6202726

クレオパトラがどんな顔だった思い浮かばないけど、
なんかちょっとあれ?こんな顔だったかな??

P6202739

続いてはもうお分かりですね、楊貴妃です。

P6202740

おばさんっぽさがあふれ出ている楊貴妃の
あれあれあれ??シースルー越しにパイオツが丸見え!!
ってことは

P6202743

えっ!ちょっと!
肝心なところがよく見えんよ!
なんとかハラリとならんか~

ではいよいよ3人目は・・・

P6202749

モンロー!!
小野小町じゃなく、モンロー!!


P6202752

ロウ人形を作らせたら誰でも100%作りよるモンローが、小野小町を差し置いて登場。
よく見る顔だけにその出来栄えの良さは妙に納得。

P6202756

しかも、モンローに近づくとセンサーが反応し、
ソヨ~ッとやさしい風が下からあがり、スカートが若干サワ~ッと揺れる演出。
どこまでこだわっとんじゃい。


創造広場アクトランド

住所: 高知県香南市野市町大谷928-1
TEL: 0887-56-1501
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 無休




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

高知県で唯一生き残るなつかしの自販機があるのがこちらコインスナックプラザ壁にはここで買える商品のラインナップ中に入ると壁に埋め込まれる形で整列した自販機たち。レトロ好きのランチの定番うどんそば、ラーメン自販機も健在その隣にはトーストサンドお菓子やおにぎり ... 続きを読む
P6213426

高知県で唯一生き残るなつかしの自販機があるのがこちら
コインスナックプラザ

P6213394

壁にはここで買える商品のラインナップ

P6213396

中に入ると壁に埋め込まれる形で整列した自販機たち。

P6213400

レトロ好きのランチの定番
うどんそば、ラーメン自販機も健在

P6213398

その隣にはトーストサンド

P6213402

お菓子やおにぎりが買える自販機も。

P6213403

のぞくと中には賞味期限短めのいなり寿司や助六も入っていて
ちゃんと需要があるんだぞという自信が見える。

P6213408

うどん自販機に関しては山口県の観音茶屋や、京都のドライブインダルマを見ていただくとして、
今回はトーストサンドにチャレンジ。

P6213409

メニューは2択。
チーズを表しているのでしょうか?
マジックペンで色が塗られたチーズ

P6213410

色が褪せすぎてなにがなんだかわからないハム。
あなたならどっちを選ぶ??

P6213413

今日はなんとなく、おハムな気分
というわけでハムをプッシュ

P6213414

出てくる間、トースト中のランプが点灯。
中では、小さいおじさんが一生懸命焼いてくれてるのかな??

P6213417

しばらくすると
ゴトンッ!!と音がして

P6213418

中をのぞくと出てきた~!!

P6213419

手に持てないくらいアッツアツ!!
銀紙に包まれることで薬物感のあるトーストサンド。

P6213420

そっと包みをはがすと
わあ~!!
ちゃんとトーストされてる~!!

P6213421

中をのぞくと
ハムだ~!!
1.5枚分のハムだ~!!


P6213423

さらにハムの下には
レタス!!
気休め程度のレタスが入ってるよ~!!
レタスなんて書いてなかったのに!なんとなく得した気分!!

P6213431

道行く車を見ながら食事が楽しめるカウンター席に座って食べよう。

P6213429

手が汚れても安心、手洗い場までついていて気が利いている。

P6213432

俗っぽさを高める指名手配犯のポスターでも眺めながら小粋にランチと決め込もう!


コインスナックプラザ

住所: 高知県高知市比島町丁目16-7




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

三重の真珠、長崎のベッコウ、そして高知のサンゴは昭和にもてはやされた三大宝石と勝手に呼んでるんですが高知に来たらぜひともサンゴを買いたくてやってきました。日本サンゴセンターです。外観からしてすごくいいでしょう?ドライブインのごとくやたらデカイ建物デカデカ ... 続きを読む
P6213233

三重の真珠、長崎のベッコウ、そして高知のサンゴ
昭和にもてはやされた三大宝石と勝手に呼んでるんですが
高知に来たらぜひともサンゴを買いたくてやってきました。
日本サンゴセンターです。

P6213234

外観からしてすごくいいでしょう?
ドライブインのごとくやたらデカイ建物
デカデカと掲げられた歓迎〈サンゴ〉WELCOME
昭和の時代なら観光バスがじゃんじゃん乗り付け、OLや主婦がこぞって買いあさっていたことでしょう。

P6213230

高知に来たらどこにでもいる坂本龍馬も大理石で作られ、お客様をお待ちいたしております。

P6213228

外観を堪能したら早速店内に入ってみましょう。

P6213168

「いらっしゃいませ~資料館へどうぞ~」
と案内されたのが宝石サンゴ資料館
35と書いてサンゴの杜は、35のお宝を入場無料で拝観できるありがたい資料館。

P6213170
P6213171

まず最初は、サンゴ礁を形成する造礁サンゴのコーナー
浅い海に生息していてイソギンチャクに近い存在。
近年、環境汚染などからサンゴが白化してサンゴ礁が衰退しているといわれているのがこのタイプ。

P6213173

続いて宝石サンゴのコーナー
宝石になるサンゴは深海に生息していて、研磨して加工できるくらいものすごく固い。
1年に2~6mmほどしか成長しないため、高価で取引されるってわけ。

P6213174

続いてこちらは宝石サンゴの原木を観賞用に加工したもの。

P6213176

まるで盆栽のようなたたずまい。
こんなの置いてある家、見たことないなあ~

P6213179

片隅にはまた違ったタイプのお宝も置かれ
金持ちの家の居間っぽさを演出。

P6213218

そしてこちらは宝石サンゴの彫刻コーナー

P6213181P6213185

高価な宝石サンゴを大胆に彫刻。
よく見かける“オヤジがガラクタで作った工作”とは真逆の位置にある作品です。

P6213182

サンゴでできたいぬ、かわいい!!

P6213190

のちに藤井聡太氏の愛用品になりそうな、サンゴでできた将棋の駒

P6213204

天皇皇后陛下が見学、おてざわりされた推定成長年数1200年の宝石サンゴ。

5555

美しい真っ赤なクジャクの後ろになにか横たわってる?
なんだろう?

P6213200

本体価格150万円の値札がついてる!
なにあれ!?
もしかして、ディルド??

P6213208
P6213211

今にも羽ばたきそうな鋭い眼光のタカ。
広げた翼の羽1枚1枚までも精密に再現。

P6213215

当然あるよね
あると思うよね
サンゴでできた坂本龍馬。
こちらは粉状にしたサンゴでできたタイプ

P6213216

そして一番のメインはこの巨大なホワイトライオン

P6213194

白サンゴを基調に、桃色サンゴ、黒サンゴ、赤サンゴを約150キロ使用。

P6213196

眼球は純金、ひげは象牙でできているという贅の極み、ガチのお宝。
なんでも鑑定団だったら、スタジオへいくレベル。

P6213226

サンゴを堪能したあとはもちろん、お待ちかねの宝飾売り場。
ネックレスやブローチ、指輪やタイピンなど、いろんなアクセサリーを取り揃え。

P6213227

サンゴってもっと昭和なイメージがあったけど
意外とトレンドにあった今風のデザインなんだな~なんて眺めていると
「魔除け厄除けの意味もあるんですよ。
 最近では中国人の方がよく団体でいらっしゃるんです。」
「へええ、じゃあ大きな観光バスがいっぱい来るんですね?」
「船で。」
「船で!?」


P6213221
▲中国人向けと思われるその名も「J RED」

「サンゴは白やピンクがある中で、赤が一番値打ちがあるんです。
 中国の方は赤が好きなので、赤が一番よく売れるんですよ。」
「なるほど!中国人って縁起担ぐの好きだし、赤が好き。
 だから赤いサンゴが人気なんだ~!
 日本人だったら白かピンクが好きだもんな~」

P6263599

というわけでわたしも
アクセサリーになりきれなかったサンゴのきれっぱし詰め合わせを購入。
これで厄、追い払うぞ!

★★★おまけコーナー★★★

P6213237

日本サンゴセンターのすぐそばにはひときわ目立つ船の形のドライブインがあるので立ち寄っておこう。

P6213242

駐車場に面する1階部分には、何軒かの食事処が並び
どこに入っても高知名物が食べられる仕組み。

P6213240

1階の中は、高知名物がなんでも揃うおみやげ屋。
2階は団体専用のレストラン。

P6213238

奥ではかつお節製造実演工場なんてのがあって
いかにもツアー客が押し寄せるお立ち寄りスポット。

P6213241
▲ズラリと並んだツアー名。めちゃくちゃ来てる。

P6213265

せっかく高知に来たんだからカツオのたたきを食べようと
並んだ食事処の中から土佐タタキ道場へ。

P6213245

ここではなんと
カツオのたたき体験ができる!!

P6213248

はいこれ持って!
はいここに入れて!
と、あれよあれよとカツオがたたきへと変貌。

P6213251

できたらまたたく間にその場で切ってくれて

P6213254

はい!できた~!!
焼きたてのカツオのたたき!!
絶対うまいに決まってる!!

P6213260

まずはかっこつけて塩で食う。
その次はポン酢で。
めっちゃくちゃうまい!!
最高でーす!!


日本サンゴセンター

住所: 高知県高知市仁井田187-3
TEL: 088-847-3535
開館時間: 10:00~17:00
定休日: 年末年始




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

高知県には田舎寿司と呼ばれる魚を使っていない寿司があるというお話。それはよくある街のスーパーや道の駅で簡単に手に入るらしく旅の上級者としてはやはり、観光ガイドがおすすめする郷土料理や、観光協会が生み出したB級グルメなんかより、地元の人が食べるソウルフード ... 続きを読む
P6202353

高知県には田舎寿司と呼ばれる
魚を使っていない寿司があるというお話。

P6202838

それはよくある街のスーパーや道の駅で簡単に手に入るらしく
旅の上級者としてはやはり、観光ガイドがおすすめする郷土料理や、観光協会が生み出したB級グルメなんかより、地元の人が食べるソウルフードが食べたいところ。

IMG_20180620_165437

売っているのはいわゆるデリカテッセンコーナーが多いのでしょうか。
周りには全国どこでも買える助六寿司や、ちらし寿司なんかと肩を並べているところを発見。

IMG_20180620_171456

田舎寿司とは、作る家庭によって味や乗せる具も違うようで、それぞれ個性が出るものらしく、
スーパーでもそれぞれ、売ってる田舎寿司の内容が違っていました。

P6202837

好みの田舎寿司を求めてスーパーや道の駅を回ったところ
ようやくこちらで理想的な田舎寿司を発見。

P6202840

落ち着いて食べるためにホテルへと帰ってきました。
こちらが今回買った田舎寿司です。
欲しい田舎寿司が2パック見つかったので、2パック買いました。
このあと夕食を食べに行く2時間前です。

P6202864

こちらは田舎寿司(大)
気になるのは右上のこんにゃく、
こんにゃくの寿司!?
そんなのアリなの??

P6202853

そしてもうひとつはたまご巻きセット。
たまご巻きとこんぶ巻きに挟まれた赤いヤツは一体なんだ!?

P6202868

では早速気になるこんにゃくから。
しょうゆで味つけされたこんにゃくがおいなりさんのような形になってるの初めて見た。

P6202867

ひっくり返すとこう。
味が染みたこんにゃくにさっぱりとしたシャリが絶妙にマッチしてアリ中のアリ。
ちなみにシャリに使われるお酢は、ユズ酢らしい。
さすが高知!

P6202876

続いてこちらは太刀魚。
魚ではないといいつつもたまに、サバや太刀魚などデリカテッセンチームに入るメンバーも参加。

P6202871

こちらはフキ。
白菜っぽく見えるけど、食べたらフキだった。

P6202881

定番のこんぶ巻き。
昆布に味がついてるので中身がなにもなくてもおいしい。

P6202877

こちらはしなちく。
めちゃくちゃやわらかく煮込んであって、しなちくのポテンシャルを引き出していた。

P6202874

そして、好きなものは最後に食べる派のわたしが最後に食べたのがみょうがの梅酢漬け。
みょうががシャキシャキしていてめちゃくちゃおいしい。
これあと2~3個食べたかった。

P6202883

そしてナゾの赤いヤツ。
正体は寒天でした。
デザートだったんですね。
ほかにもいろんな種類の田舎寿司があるので、スーパーを回って食べ比べてみよう。


今回田舎寿司を買ったのは
サンシャインフレッシュパワー介良(けら)
住所: 高知県高知市介良286




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

え!?まじ!?日本観光百景第3位!?南国の秘境、龍河洞にやってきました。ここには2000余年前の弥生時代、先住民族が洞窟の中で生活をしていた跡が見つかったんだって。のちのち出てくるので覚えておこう。広い駐車場の周りには昭和なみやげ屋や食堂が並び大型バスで ... 続きを読む
P6201816

え!?まじ!?
日本観光百景第3位!?
南国の秘境、龍河洞にやってきました。

P6201817

ここには2000余年前の弥生時代、先住民族が洞窟の中で生活をしていた跡が見つかったんだって。
のちのち出てくるので覚えておこう。

P6201818
P6201819

広い駐車場の周りには昭和なみやげ屋や食堂が並び
大型バスでじゃんじゃんツアー客が乗り付けていることがわかる。

P6201820
P6201821

平日朝の雨だからでしょうか
ほとんど人がいない上に、お店も半分以上閉まっている状態。
日本観光百景第3位だというのにおかしいな~

P6201833

入り口までは急な階段または便利なエスカレーターに乗って。

P6201844

龍河洞は全長1キロ
まず序盤はこんな感じで。
はいはい、よくある鍾乳洞って感じね。

P6201852

しゃがまないと通れないくらい天井の低い場所や、横向きでしか通れない狭い場所、
さらに洞窟の中には川が流れているため、頭上も足元も注意して歩こう。

P6201936

こちらは龍河洞最大、11mの鍾乳石
これになるまで15万年もかかってるんだとか。

P6201983
P6201987

中盤になってくるとライトアップにも力が入るほど
見応えのある鍾乳石がわんさか出現。

P6201989
P6201996

道も広く、天井も高くなってきて、見やすくなってきた。

P6202011

高さ6m、幅2mの裏見の滝。
滝の裏側に回って見ることもできることから裏見の滝。

P6202055

細い階段がいくつも続き、上へ上へと登っていることを実感。
最終的には高さ80mまで登るため、覚悟しておくように。

P6202073

後半になってくると畳み掛けるようにダイナミックな鍾乳石が乱立。

P6202083

見上げるとマリアさまとお釈迦さまに見えるという鍾乳石が。
ああ、なるほどね~わかるわかる。

P6202100

そして峠をのぼりきると
見えてきた超巨大空間。
うわあああああああ!!!
自然の壮大さに鳥肌立つ!!!

P6202115

今まであんなに狭い道ばかりだったのに、急にどうした!?ってくらいスケールのデカさ。
これ写真じゃ全然伝わらないけど、めちゃくちゃスゴイのよ。
流れる川の轟音、
頭上で羽ばたくコウモリ、
出口から吹きつける風、
そんな場所にわたしひとり。
ぜひ体感してほしい!!

P6202137

奥に進むと出ました!
高知といえば欠かせない坂本龍馬が龍河洞にもいるって!?

P6202140

それがアレ。
ああ、なるほどなるほど~

P6202150

そしていよいよ出口に近い終盤は
2000年前に弥生人が住んでいたとされるエリアへ。

P6202157

こちらがKami-no-Tuboと呼ばれる壺。
弥生人が2000年前、水を受けるために持ってきた壺がそのまま岩の一部になり、化石のようになってしまった奇跡の壺。
この周りには、いくつか壺の破片が見つかったのだそう。

P6202175

出口に近い平坦な広場は、外から光も差し込み、雨水の侵入もないため
弥生人の主な生活の場として使われていたようで、ここからは多くの矢じりや土器が出土。

P6202186

出口を出たら今度はのぼってきた高さを降りること5分。

P6202190

めちゃくちゃ雨が降ってますが、龍河洞博物館にも寄っておこう。
無料だから。

P6202192

中に入るとどことなく漂うレトロな雰囲気で、
龍河洞のなりたちや鍾乳石ができる仕組みなどを解説。

P6202226

特にこの地球の歴史コーナーが素晴らしいんだからもう。

P6202197
P6202199

地球ができてから生命が誕生し、人間が生活するまでの様子を模型で再現してるんだけど
どれもこれも表情や動きがすごくイイ。

P6202200
P6202202

動物や植物のひとつひとつが手作りで、そのすべてに愛を感じる。
しかもガラス越しじゃないからすごく近くで見られるのもいい。

P6202205

立体的に壁から飛び出しているマンモス。
迫力も見事だな~

P6202245

2階では洞窟内に生息する生物の標本や、実際に出土した土器などを展示。

P6202247

住んでいたとされる弥生人の像は隅っこに。

P6202248

こちらの弥生人は進化したてでしょうか。

P6202260

最後は尾長鶏をごらん下さい。

P6202265

こちらが珍鳥センター。
ケージには高知特産の珍しい軍鶏や地鶏などニワトリの仲間がいろいろ。

P6202283
P6202286
P6202299
P6202302P6202279

中でも一番の見どころは特別天然記念物、尾長鶏。

P6202267

尾長鶏はもともと尾が長い品種なんだけど
より長くするために
こうした止箱という狭い飼育箱で尾羽を痛めないようにして育てるのだそう。

P6202269

え!?これ生きてるの!?
と、よく見たら生きてました。
尾羽を長くするために、こんな狭いところで身動きが取れないまま育てられるなんて。
動物の飼育に厳しい団体に目をつけられないといいけど。


龍河洞

住所: 高知県香美市土佐山田町逆川1424
TEL: 0887-53-2144
営業時間: 8:30~17:00(12月~2月は16:30まで)
定休日: なし




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

大津駅から1キロほど離れた浜大津には琵琶湖に面した大津港、シネコンやアミューズメント施設がある大津の中心市街地。そんな街の中心、浜大津にも全蓋式のアーケード商店街がある!ということでひときわ目立つ薬のヒグチを中心に、商店街をご紹介します。まずは薬のヒグチ ... 続きを読む
P6161565

大津駅から1キロほど離れた浜大津には
琵琶湖に面した大津港、シネコンやアミューズメント施設がある大津の中心市街地。

P6161566

そんな街の中心、浜大津にも全蓋式のアーケード商店街がある!
ということでひときわ目立つ薬のヒグチを中心に、商店街をご紹介します。

P6161607

まずは薬のヒグチの向かい側にある丸屋町商店街。

P6161572

商店街にはそこそこレトロなお店が並び、そこそこの人通りで賑わっている様子。

P6161577
P6161598
P6161594
P6161588
P6161580

古い店の間には、新しいスーパーマーケットも入って買い物にも便利。

P6161573P6161576

小路のような役目を持つ丸屋町プラザには、小さなスナックや食事処が軒を連ねる。

P6161574

床や天井の老朽化が激しそうですが、営業してるのでしょうか。

P6161586

反対側の入り口はまた違った雰囲気。

P6161603

丸屋町商店街の向かい側には
菱屋町商店街がご対面。
なにあれ?入り口になんかいるよ??

P6161606

な、なにこの娘たち!?
人間なの?アニメなの??どっち??

P6161610
BlogPaint

菱屋町商店街は丸屋町商店街に比べて、道幅も広くアーケードも大きいためか、明るくてゆったりした雰囲気。

P6161621P6161629P6161643
P6161641
P6161624

レトロなお店も営業中。
人通りが少ないときは、広い通路にも商品を並べて有効活用。

P6161620
P6161617

こちらでは、空いてるスペースを貸し出すことで有効活用。
大津の街には一寸たりとも無駄がありません。

P6161625P6161626

中でも目立ったのが整体や鍼灸院の多さ。
お疲れぎみの人が多いのでしょうか。

P6161635

自転車のYAMADAYAさんの2階がかわいい。

P6161628

子供用品を売っていたやまだ屋さんは
こどもの成長にともない現在は婦人服へと業務転換。

P6161630

空いた店舗や土地の有効活用例でありがちな、まちなか交流館。

P6161631

こっちは空いた土地からマンションへと生まれ変わった例。

P6161648

こちらにも大きめのスーパーマーケットがあり
ここに来るだけですべての買い物が済んで便利。

P6161652
P6161653

菱屋町商店街と接続する形でいつの間にか、ながら商店街へと突入。

P6161656
P6161655

商品の多くは箱に入ってるんでしょうか。
箱が山積みにされた果実店いわみ

P6161657
P6161658

ベルマーク入れを片手に持つ大名が目印
くちに出していいたい店名、タニムメ

P6161661

商店街の入り口にあった薬のヒグチ
1327店作るのが目標のよう。
そのハンパな数字にはどんな意味があるのでしょうか。

P6161664

こちらには新しい建物にコインランドリーとパソコンの修理屋さんが入居。

P6161666

近所の常連さんで賑わってそうな喫茶店。

P6161669

喫茶店の横にはなにやら意味深な木彫りの置き物が。

P6161675
P6161673
P6161679P6161676P6161687

こちらが反対側の入り口。
3つの商店街は1本の道でつながっていて、商店街の端になるにしたがって人通りも少なくなっている印象。
せっかく長くて広いアーケードがあるのに、人がいないなんてもったいないなあ。

P6161693


丸屋町商店街

住所: 滋賀県大津市中央1丁目2-29



菱屋町商店街

住所: 滋賀県大津市長等2丁目10




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

東海道と中山道が接する宿場町として栄えた滋賀県草津市にやってきました。大津市に次ぐ滋賀県下2番目に人口の多い街、京都まで電車で30分、大阪まで1時間という利便性もあって駅周辺には真新しいホテルやマンションが乱立し、続々と再開発が進んでいる様子。そんな草津 ... 続きを読む
P6161486

東海道と中山道が接する宿場町として栄えた滋賀県草津市にやってきました。

P6161476
P6161479

大津市に次ぐ滋賀県下2番目に人口の多い街、
京都まで電車で30分、大阪まで1時間という利便性もあって
駅周辺には真新しいホテルやマンションが乱立し、続々と再開発が進んでいる様子。

P6161531

そんな草津駅前には、
Tの字にのびるアーケードがある
という情報だけをたよりにやってきたんだけど。
早速見つけましたよこれが情報のアーケードです。

P6161489

全蓋式のアーケードは、晴れの日には開放され、雨の日には屋根ができるのでしょうか。

P6161494

しかしあれ??
アーケードはわずか、数十メートルで終わり。
Tの字にアーケードがあるはずなんだけどなあ?
ここじゃないのかなあ??

P6161498

アーケードのない道を歩いてみると
駅前だというのにポッカリ空いた空間が出現。

P6161501

ムムムッ!!!
いままさにここでは高層マンションを建設中。
もしかして、これを作るためにアーケードや商店街がなくなったのでは??

P6161502
P6161504

アーケードのあった道をまっすぐ進むと
あれ!?ここにもアーケードがある!!
Tの字のアーケードは一体どこにあるの??

P6161509P6161545

アーケード街は人も車もじゃんじゃん通る、交通量の多い道で、なかなか落ち着いて街を見てられない。

P6161551
P6161517

よく探すと、レトロなお店や看板を発見。
これこれ、こうゆうのを探してるんですよ。

P6161511

それにしてもやけに人が多いなあ?
よく見るとみんな、スマホを見ながら立ち止まっている人ばかり。
なにこれ?デリヘルと待ち合わせかな??

P6161514
P6161515

アーケード街がまるで鶯谷のような光景に一変。
わかってるよ、ポケモンGOでしょ?

P6161529

それはそうとTの字のアーケードはどこにあるんだよ~?とウロついていると
あ!最初に歩いてきたアーケードが
不自然にちぎれてる!!

P6161527

あれ??
なにも支えていない支柱が並んでる!!

P6161542

足元を見ると
アーケードがある部分と同じ色の道路が続いてる!!

P6161561

ここには確実に、アーケードがあったに違いない!!

P6161563

建設中の高層マンションを上から。
東京や大阪に近い街の駅前はいま、通勤圏内だからとガンガン再開発され随分景色が変わってしまったよう。
しかしかといって画期的に街が発展したのでしょうか。
街の様子を見ると、不憫でならんよ。

P6161563 - コピー (2)

帰ってから調べたところ
やはりマンション建設現場の周りに、Tの字にのびるアーケードがあった模様。
次々となくなっていくアーケード、消える前に早く見に行こう!!


きたなかアベニュー商店街

住所: 滋賀県草津市大路1丁目15-38




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

名古屋駅から電車で25分。名古屋のベッドタウン、桑名の駅前には桑栄メイトをはじめ、昭和の物件がまだまだ営業中。レトロ好きにおすすめしたい街歩きスポットをご紹介します。まず駅前で一番のフォトジェニックスポットがこちら。銀座商店街見てよこの連なった銀座街のア ... 続きを読む
P6047086

名古屋駅から電車で25分。
名古屋のベッドタウン、桑名の駅前には桑栄メイトをはじめ、昭和の物件がまだまだ営業中。
レトロ好きにおすすめしたい街歩きスポットをご紹介します。

P6047087

まず駅前で一番のフォトジェニックスポットがこちら。
銀座商店街

P6047088

見てよこの連なった銀座街のアーチ。
しびれるでしょう??

P6047089

反対側から見ても同様に美しい銀座商店街。
夜ともなるとアーチが光るのでお見逃しなく。

P6047096
P6047097

アーチに書かれた個性的な文字も、ひとつひとつ見とれるほどかわいい。

P6047100

大通りに面する反対側の入り口には、大きなネオンの看板で煌々とアピール。

P6047145

銀座商店街の向かいあたりにあるのが
桑名一番街

P6047146

現役のレトロなお店が並び、地元の人に愛されている証。

P6047147

しかし商店街の半分は、ごっそりキレイなマンションが建っていて、昔の面影は一切わからず残念。

P6047154
P6047156P6047153
P6047152

懐かしい雰囲気のファミリーレストラン、エンシュウヤ。

P6047148

サンプルを眺めてみると
オムレツラーメンや納豆ラーメンという珍しいメニューを発見

P6047149

独特の色と形をしたクリームソーダが気になる。

P6047150

店内は、昔ながらの雰囲気で落ち着く。

P6047151

早速気になるクリームソーダを注文。
出てきたのがこちら。
ですよね。

P6047184

一番街の隣は飲み屋街になっていて
連なる看板が美しい光景が広がっています。

P6047166P6047193

キャバクラや、名古屋の老舗キャバレー花園も営業中。

P6161383
続いて、名物観光スポット、七里の渡しや、アイスまんじゅうで有名なマルマンの近くにある寺町通り商店街。

P6161386

こちらは観光スポットの近くということもあり、桑名市も力を入れているらしく、明るく新しく小綺麗な雰囲気。

P6161405
P6161402P6161403

アーケードは新しそうなものの、お店はどれも歴史のありそうなところばかりで、しかもその多くは営業中というのがうれしい。

P6161408P6161463
P6161411
P6161414
P6161407P6161398
P6161387

看板や装飾テントの文字やかたちがどれも個性的でおもしろい。
これが商店街の良さ~!

P6161400

商店街はカーブしていて奥の方が見えないため
どうなっているのかわからない、歩くたびにワクワクする仕組み。

P6161417
P6161419

ワーク&カジュアルの日永屋には
桑名の主婦たちを紫外線から守る農帽子が、いろんな色やカタチで展開中。

P6161390

一番感動したのがこちらのお菓子屋さん。

P6161393
P6161394

壁沿いのケースや天井からぶら下がる看板が昭和のままでステキすぎる!!
こうゆうお店で進物を買いたいものですね。

P6161430


銀座商店街

住所: 三重県桑名市有楽町44



エンシュウヤ

住所: 三重県桑名市寿町2-476-64
TEL: 0594-22-4792
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 無休



寺町商店街

住所: 三重県桑名市北寺町、南寺町
定休日: 月曜日




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

はまぐりがWi-Fiを飛ばす街、桑名にははまぐりのほかに、アイスキャンディーが有名と聞いてやってきました。まずは1軒目。トビラにデカデカとアイスまんじゅうフルーツと描かれた新栄堂さん。早速どれにしようかな?と選ぶ余地があまりないシンプルなお品書きに動揺。アイス ... 続きを読む
P6161426

はまぐりがWi-Fiを飛ばす街、桑名には
はまぐりのほかに、アイスキャンディーが有名と聞いてやってきました。

P6047210

まずは1軒目。
トビラにデカデカと
アイス
まんじゅう
フルーツ

と描かれた新栄堂さん。

P6047212

早速どれにしようかな?と選ぶ余地があまりないシンプルなお品書きに動揺。
アイスまんじゅう、抹茶アイスまんじゅう、アイスフルーツミカン、アイスフルーツパイナップルの四択から

P6047211

ファンシーなパッケージで選んだアイスフルーツミカンをチョイス。

P6047213

店を出るやいなやレイプのごとく乱暴にパッケージをひっぺがし
あらわになったアイスキャンディーをガブリとむしゃぶりつくわたし。
気温30度で食べるアイスキャンディーはみるみる溶けていき
ポタリポタリとしたたるアイスをジュルルッとすすってはまたしゃぶりつく。
シンプルにうまい!何本でもいける!!

P6047341

続いて2軒目
マルマンさん。

P6047342

こちらにも
アイスまんじゅう、フルーツ、コーヒーのアイスキャンディーのお品書きが
ほのぼのとしたイラストで描かれていて、店内に入る前からじっくり選ぶことが可能。

P6047347

まずは、中身が丸見えのパッケージに入れられたフルーツから。

P6047351

手元をご覧ください。
これ、よくあるアイスの棒ではなく
割りばし。
割りばしがアイスキャンディの斜め下から突き刺さるかたちで支えているという
いかにも家で作った手作り感に泣ける。

P6047357

中身はフルーツという漠然とした名前なだけあって、パイン、バナナ、みかんと3色入ってるのが特徴。
一度に3つの味が楽しめるという欲張り仕様がなんともうれしい。

P6161444

そしてもうひとつ。
これが桑名のアイスまんじゅう。
アイスまんじゅうというと、ミルクアイスの中にあんこが包まれたおいしいやつを想像されるでしょうが、桑名のソレはアレと違う。
むしろこっちが発祥という説もあるんだとか。

P6161455

フルーツ同様、透明のビニールをはがすと
アイスの型から引っこ抜いた形跡がもろにわかるいびつなスタイルに
割りばしが突き刺さったお決まりの状態で登場。

P6161457

アイスをガリガリと食べていくと、中からギッシリ詰まったあんこがお目見え。
スッキリとした甘さでくどくない。
サイズも手ごろで何本でもいけちゃうなこれは!

P6047216

というわけで3軒目。
見るからに老舗感を存分に放つ寿恵広(すえひろ)さん。

P6047271

ひときわ目立つアイス饅頭ののぼりを見ると
結構おなかいっぱいだけどもうアイス饅頭食べたくなってきたな~

P6047260

店内に入ると待ってました!!
冷ケースに入ったアイスキャンディーが選び放題!!

P6047229P6047230

パッケージがとにかくかわいいとインスタグラムでも評判の寿恵広さんのアイスキャンディーを撮っていると
「ありがとうね~どんどん撮ってって~」
と、もてなしてくださいました。
ありがたいですね。

P6047245

昔から変わらないパッケージは、今見てもどれもかわいい。
アイスキャンディーはドリアンと名付けられていて
「なんでドリアンって名前なんですか?」
「今でこそドリアンってみんな知ってるけど、昔は高級で珍しいものだったから、それで。」

P6047251

まずはシンプルなノーマルドリアンから。
サクサクしたミルクアイスのやさしい味と、キンキンに冷えたミカンとパインがなつかしい。

P6047254

そしてこちらが名物のアイス饅頭
アイスのエッジ部分に刺さった棒を持ち、食べてみようと噛みつくと
かっっっっった!!!
まったく歯が立たないくらいめっちゃくちゃ固い!!!
お店の人「10分くらい待ってから食べるとちょうどいいですよ(笑顔)」

P6047258

溶かしながらなんとか食べ進めると、中からは大きな大納言小豆がゴロゴロ。
豆の味がしっかりする!
なのにさっぱりしていて後味スッキリ。
飽きの来ない味ですね。
もう1本いっちゃおっかな~?


新栄堂

住所: 三重県桑名市新矢田2丁目72-5 
TEL: 0594-22-0222



マルマン

住所: 三重県桑名市京町33
TEL: 0594-22-1243
定休日: 無休



寿恵広(すえひろ)

住所: 三重県桑名市三ッ矢橋11 
TEL: 0594-23-1466
定休日: 水曜日




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

桑名駅に降りたったら必ず立ち寄っておきたい昭和の遺産。青空にあわせたさわやかな水色の壁が美しい桑栄メイト。改札を出たら無意識に吸い込まれるといわれる桑栄メイトは、雨に濡れる心配がない駅直結。桑名駅を利用する人にとっては通り道でもあるなじみの光景がコレって ... 続きを読む
P6046990

桑名駅に降りたったら必ず立ち寄っておきたい昭和の遺産。
青空にあわせたさわやかな水色の壁が美しい桑栄メイト。

P6046991

改札を出たら無意識に吸い込まれるといわれる桑栄メイトは、雨に濡れる心配がない駅直結。
桑名駅を利用する人にとっては通り道でもあるなじみの光景がコレって最高じゃない?

P6046992

入り口を入るとそこは2階。
通路の両側には飲食店がズラリと並ぶ食堂街。

P6046996

2階のそれは「味の街」と、うまい比喩表現が名付けられていたり、
バス乗り場にいたっては、バスの絵のみで表示。
こんなにわかりやすく、味わい深い案内板はなかなかないのでは。

P6046993

駅への連絡通路でもあり、食事処でもあるため
朝から晩まで人通りが絶えない味の街。
並んでるお店もその筋の名店ばかりで、とにかくスゴイんだから。

P6047000
▲行列のできる絶品餃子の老舗、新味覚はお持ち帰りもできる。

P6047002
▲桑名の名産、はまぐりをはじめごはんのおともが勢ぞろい、ずいほうしぐれ。

P6047005
▲待ち合わせにぴったりなパーラー花の看板がかわいい。

P6047015
▲敬老会御用達の雰囲気漂う和洋菓子の十一万石

P6047016
▲食品サンプルが広々と並ぶ喫茶店、ルール

P6047434
▲桑名に吹く南アジアの風、インドネパール料理のエベレスト

P6047464
P6047467
▲キレイに並んだカウンター席と、のれんの奥のちょうちんが気になる居酒屋ぱいいち。

P6047433
▲オーガニックを提案してそうなナチュラル思考のおしゃれカフェも誕生し、レトロな駅ビルでも新陳代謝がおこなわれるイイ傾向。

P6047020

中でもいまでは絶滅危惧種のレッドリスト、ハンバーガーチェーンドムドム
東海圏で唯一、ココで生き残っているのだからスゴイ。

BlogPaint

ここにしかないプレミア感からか
主婦や会社員たちのランチタイム
学生の下校時間には満席になる人気のドムドム。

P6047021

店舗は年々減少し、2018年現在、全国で35軒であるドムドムバーガーが
満を持して2017年末に発売開始した新メニュー
厚焼きたまごバーガーを購入。
持てないくらいアッツアツの玉子焼きは、誰にも媚びず実力で勝負するドムドムらしさが反映された一品。

P6047014

自動トビラに描かれた模様もレトロでかわいい。

P6047038

桑栄メイトのご案内はこちら。
少々空き店舗はあるものの、ほとんど埋まっている人気物件。

P6047035

地下1階から4階までは店舗が入り、5階6階は住宅という無駄のない作りはまさに躍進のメイト。
ここは桑名の最先端なのです。

P6047034

地下へと続く階段には
かつては電球がビカビカと光り、おとなたちを誘っていたであろうドデカイ矢印が健在。

P6047043
P6047049

地下のスナック飲食街は、昼時だからでしょうか?
とてもしずか。

P6047057
P6047060

ほかの階段にも、ビュビュッとのびる矢印でお客様を誘導。
電球が点いてるところ見たかったな~

P6047062

コインロッカーにはどこの子かな?
赤ちゃんの写真がダイナミックに貼り付けられていて、どこのロッカーに入れたか忘れない工夫。

P6047066

1階は名店街になっていて、ブティックや呉服、化粧品や時計屋さんなどが入居。

P6047069
P6047064

看板にはあじさいの造花が飾られ、季節感を演出。
さすが桑名のマダムをおもてなしするだけあります。

P6046999
P6047053

床も壁も案内表示も、すみずみまでレトロが詰まっている桑栄メイト。
ずっと変わらずこのままでいてほしいな~

P6047006


桑栄メイト

住所: 三重県桑名市桑栄町2




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

ナゴヤの女磨きおしゃれマガジン月刊ケリー8月号にナビゲーターとして参加させていただきました!!今回のテーマはカフェ&パンTRIPわたくしは名古屋から気軽に行けるおすすめのカフェを紹介させていただきました。タイトルはノスタルジー好きのレトロ喫茶でタイムトリ ... 続きを読む
ナゴヤの女磨きおしゃれマガジン
月刊ケリー8月号
ナビゲーターとして参加させていただきました!!

kellytop

今回のテーマは
カフェ&パンTRIP
わたくしは名古屋から気軽に行けるおすすめのカフェを紹介させていただきました。

P6233595

タイトルは
ノスタルジー好きのレトロ喫茶でタイムトリップ
まさにわたしにピッタリなページ!!
そこでわたくしは喫茶のうむさんをご紹介。
編集の方による美しい写真と引き込まれる文章をぜひご覧ください。

P6233593

今回は、感情を無くしたようなシンプルな塩顔が特徴の似顔絵が目印。

P6233596P6233597

ほかにも名古屋で人気のレトロ喫茶も紹介されているので
ノスタルジー好きは要チェック!!

公式サイト: 月刊ケリー



名古屋の玄関、名古屋駅の表側とされる桜通口は一歩でも東京に近づこうと近年、再開発の連続ですっかり洗練されたピッカピカの街へと変貌してしまいました。一方こちらは駅裏とされる太閤口。新幹線口とも呼ばれ、新幹線のホームから見える光景がこちら。これが、地方から名 ... 続きを読む
P5214903

名古屋の玄関、名古屋駅の表側とされる桜通口
一歩でも東京に近づこうと近年、再開発の連続で
すっかり洗練されたピッカピカの街へと変貌してしまいました。

P5214904

一方こちらは駅裏とされる太閤口。
新幹線口とも呼ばれ、新幹線のホームから見える光景が

P5214905

こちら。
これが、地方から名古屋にやってきた人々が見る
むき出しの名古屋、駅裏です。

P5214906

この、いろんな色と文字がごちゃ混ぜになった
いかにも駅裏らしい雰囲気が昔から好きでした。

P5214907

が、しかし。
近い将来やってくるリニア新幹線建設のため
この大好きな駅裏一体が再開発でぶち壊されるとのこと。
これは大変だ!!!

P5214909
P5214910

と言ってる矢先
駅裏に巨大な工事現場が爆誕!!
これこそまさにリニア新幹線の工事ですよ。

P5214911

どこまでなくなるのか?
いつなくなるのか?
わからないけどとにかくいますぐ見に行かなくちゃ!!
そんなわけで今回はこの
人情と欲が入り乱れた名古屋駅裏をご紹介します。

P5214912P5214917

このあたりはかつて名古屋のドヤ街といわれ
格安の旅館やビジネスホテルが集まるエリア。

P5214916

その狭間で多くの風俗店が寄り添う形で
持ちつ持たれつのイイ関係を築いている街。

P5214913
P5214914

歴史のありそうな質屋の隣では
同じ屋号のディスカウントショップが。

P5214915

名古屋国鉄会館という渋いビルには
名城観光という名古屋らしい名前の旅行会社が入居。

P5214918
P5214920

昔ながらの旅館には近年、電波を発する物件が産声をあげ、かわいいとインスタグラムで話題に。
生まれたてのこどもさながら、頻繁に様子が変わっているため、定点観測が必要です。

P5214921P5214922

このあたりは名古屋では珍しい、市場が密集しているエリア。
名古屋駅から徒歩3分の距離でこんな場所があるのか!と多くの人は驚くレトロな街並み。

P5214923
P5214924
P5214925

どの店も現役で最高。
駅のそばに市場という光景は姫路駅前にも似ていて、姫路に行った気分も味わえる。

P5214926P5214927
P5214928
P5214929

アジア色の強い雑然とした雰囲気!
これが駅裏の良さ~!!


P5214937
P5214943
P5214933P5214934

このあたりは味のある渋い建物が並んでいて
思わず見とれてしまうほどウットリする光景ばかり。

P5214944
P5214945

駅西銀座に続く通り。

P5214946
P5214947

映画好きに人気の映画館、シネマスコーレ

P5214948
P5214949

この人情味溢れるスバラシイ光景がなくなるなんて、ウソでしょ??

P5214959

ここにもあるんですね。
ゴチャゴチャした街の中で唯一、澄んだ空気が流れる椿神社。

P5214961

椿神社の向かい側。

P5214962
P5214963

すごくないですか?
すぐそこ、名古屋駅ですよ?

P5214952
P5214954
P5214953P5214955

2018年5月31日をもって営業を終了してしまった椿魚市場。
ここもリニア新幹線工事の影響でしょうか。

P5214964

椿神社前から続くレトロな商店街、駅西銀座。

P5214967

この商店街にもかつてこのようなアーケードがずっと続いてたんですが

P5214968

最近はアーケードも、古い建物も次々と消え
味もにおいもなにもしない無味無臭の街並みへと変化。

P5214970
P5214971P5214972
P5214973

それでもまだまだ現役のお店も営業中。

P5214994
P5214969P5214974
P5214981

銭湯もある。
もちろん現役。

P5214986

色とりどりのタイルがかわいい新宿荘。

P5214995

パンクな人物がマーキングをしてしまった銭湯跡。

P5214998

駅西銀座から名古屋駅の方へ。

P5215008
P5215009
P5215010P5215007

アーケードの下では多国籍な店が軒を連ね
あれ?パスポート持ってたっけ?と不安にある街並み。

P6046867

大手の塾も立ち並ぶこのエリアは昔、赤線だったことから風俗店も多く、もっとも欲にまみれたディープスポット。

P6046868
P6046871
P6046873

この街も少しずつ、ひっそりと、着実に、更地や工事中が増えている真っ最中。
いましか見られないかもしれない名古屋駅裏の景色を、今のうちにしっかり見ておくように!!


名古屋駅裏

住所: 名古屋市中村区椿町




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

筑波山の登山客でにぎわい、観光バスが列をなす 筑波山つつじヶ丘駐車場 ここにあるのが 北関東屈指の有名珍スポット ガマランドです。 どうですか?このド迫力 ロープウェイだのトイレ休憩だの、筑波山そっちのけで気になって仕方がないゴチャゴチャ感。 ... 続きを読む
筑波山の登山客でにぎわい、観光バスが列をなす
筑波山つつじヶ丘駐車場

P5255239

ここにあるのが
北関東屈指の有名珍スポット
ガマランドです。

P5255244

どうですか?このド迫力
ロープウェイだのトイレ休憩だの、筑波山そっちのけで気になって仕方がないゴチャゴチャ感。
これは寄らずにはいられないでしょ??

P5255249P5255248

まずは遠巻きで観察してみよう。
ドライブインのようなおみやげコーナーの横には
バカにデカイガマガエルが待ち構えていて、
なにやら遊具が並ぶプレイコーナーと、山の上にもカエルがいるなーって。
こっち見てんなーってことがわかる。

P5255256

近くでよく見ると
筑波山名物の“ガマの油売り口上”をひたすらアピール。
それにちなんでここもガマランドって名前なわけね。

P5255262

ほおづえをついてこっちを睨みつけているガマガエル。
おみくじとか洞窟とかガマの油売りとか、まわりの雑音が多すぎて願いに集中できないよ~

P5255259

ありがたそうなものはなんでも飾っちゃうよくばり気質のガマランド。
いいね!

P5255264

ここに来たら必ずみんな体験するのがこちらの
ガマ洞窟。
連れ込み宿の入り口のようなビニールのビラビラが、怪しさを際立たせています。

P5255265

ガマ洞窟への入場券は隣のおみやげコーナーで販売。
このおみやげコーナーもまたレトロでいい感じなんだな~。

P5255266P5255267

なんといっても目につくのが天井からぶら下がる看板。
どれもこれも初めて見る名産品に旅情を掻き立てられます。

P5255436

在庫処分のようなショーケースにはかわいい人形が陳列。

P5255435

カゴの中にはなぜかトラの置物が捕らえられていた。

P5255268P5255269P5255272

ケース内の空いたスペースも有効活用していていとおしい。

P5255273

さて、いよいよお待ちかね。
おたのしみ・・・
ミステリーゾーン ガマ洞窟
へ。

P5255274
▲入場券はおとな1枚500円

P5255275

入り口で出迎えてくれたのはカエルじゃなくてなぜかラスカル。
「無事通れればどんな災害でもまぬがれるでしょう」(通ってみてネ ラスカルより)
だってさ。

P5255276

中に入ると早速、ひとの家のようなファンシーな玄関。
ぬいぐるみがいたりお花が咲いてたりして、ほんとに怖いのかな~??

P5255283

ガマ洞窟というだけあって、実際に洞窟の中をグイグイ進む。
壁には蛍光塗料で書きなぐったようなイラストが描かれ、
天井からは不燃物のようなものがぶら下がり、文化祭級のクオリティにホッ。

P5255285

足元では「あれ?さっきまで誰か寝てた?」みたいなフカフカの布団で平衡感覚を狂わせる。

P5255300

巨大イノシシはコッチと書かれた標識に導かれ入ってみると

P5255304

ちょっと開けた空間に到着。
奥にある檻を覗いてみると

P5255308

ドデカイ!!
筑波山で捕らえられた大イノシシじゃ!!

P5255313

捕まった大イノシシは剥製になった挙句
いのしし明神として祀られてるってわけ。
猪突猛進とかけまして、入試突破、合格祈願
さらに家内安全にまでご利益があるそうな。

P5255320
P5255336

なにかが動いたり音が鳴ったりすることは一切なく
最初から最後までずっと「無」。
無の中で人形が立ってたりぶら下がってたりしているので
こっちから見つけてこっちが勝手に驚くという、能動的なお化け屋敷。

P5255364

なぜかこの一角だけクオリティが高く、本気度が違う。
緩急がすごいな。

P5255369

あれ?まだここはガマ洞窟じゃなかったのかな??

P5255376

それにしても暗い。
ほぼ真っ暗。
懐中電灯を持ってないと、仕掛けにすら気づかれないレベル。

P5255386P5255394P5255401

暗闇の中では畳み掛けるように、薄気味悪いマネキンがこっちをガン見。
ヒィ~ッ!!こっち見んな~!!

P5255380

真っ暗な檻の中をのぞくと、なにかをぐるぐるに巻かれたいぬがいた。

P5255407

続いては通路の半分を占める巨大なカエル!!
出た~!!!
これがガマ洞窟のラスボスか~!!

P5255426

ひんやりした風がスーッと入ってきて
わーっ!!なに!?と思ったら出口でした。

P5255448P5255449

おみやげコーナーの2階は食堂になっていて
団体客が来たら営業するのかな?
レトロな雰囲気ですごくいい。

P5255471

そしてその上にはチビッコお目当ての遊具コーナー

P5255462P5255456

しかし、どれもこれも動く様子がなく、荒れ放題で残念。

P5255467P5255468
P5255475

無料ジャンボすべりだいも休止中。
せっかくいろいろ遊具があるのに、使えないなんてもったいないな~

P5255474

崖を水色に塗り、
カエルの置き物を座らせた
神秘 ガマの滝。
土砂降りの雨が降れば多少雰囲気が出るのでは。

P5255476

こちらが遠くからでもハッキリ見えた
日本一のガマ明神。

P5255479

ガマ明神の前からは田園風景が一望できて最高!

P5255477

ふと手すりを見ると、なにやらメッセージが。
「日本ではじめて空をとびました。今屋上でちょっと一休みです。会って下さい。」

P5255480

どうゆうこと???
と、下を見ると

P5255482

屋根の上には巨大なカエル!!
の上にシマウマ乗ってる!!

なにこれ!?ナゾすぎて怖い!!

P5255485


ガマ洞窟

住所: 茨城県つくば市筑波1
TEL: 029-866-1480
休園日: 12月、2月、9月の木曜日
営業時間: 9時~17時
入場料: 大人500円、子供200円




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

茨城でもっとも有名な大仏さま 牛久大仏にやってきました。 牛久大仏は、茨城も、日本も さらには世界をも認める 世界一大きな青銅製大仏立像としてギネスに認定。 これはスゴイ!! 牛久大仏の足元はお花畑が広がっていて その光景はまさに浄土!! 季節によって ... 続きを読む
P5266548

茨城でもっとも有名な大仏さま
牛久大仏にやってきました。

P5266529

牛久大仏は、茨城も、日本も
さらには世界をも認める
世界一大きな青銅製大仏立像としてギネスに認定。
これはスゴイ!!

P5266564

牛久大仏の足元はお花畑が広がっていて
その光景はまさに浄土!!

P5266583

季節によって咲く花も変わり
しかもお花摘みもできるという
もうここ、極楽じゃん!!

P5266572

牛久大仏の高さは台座も含めて120m。
重さは4000トン。

P5266556

左手のひら18m
顔の長さ20m
目の長さ2.5m
くちの長さ4m
鼻の高さ1.2m
耳の長さ10m
人差し指7m
と、超越すぎて実感できない大きさ。

P5266726

さらに牛久大仏は、胎内に入ることもできる。
大仏のかかとあたりにある入り口から靴を脱いで中へ。

P5266605

中に入ると扉が閉まり、それと同時に真っ暗に。
1分間の瞑想がはじまり、心を穏やかにすると

P5266609

目の前にはお釈迦様が!!
なにこれ!アトラクションみたい!

P5266619

さらに奥へ進むと虹色の光がゆらめく空間へ。
ここはどこ??
ヘブン???

P5266630

2階は70席ある写経スペース。
静寂な空気の中で集中して写経をおこなえば
妬みそねみ恨みつらみなど
日頃抱えるストレスも解消されることでしょう。

P5266710

約3400体の胎内仏は誰もが圧倒される輝き。

P5266632

こちらは牛久大仏の紹介エリア。
牛久大仏は青銅製でできていて、将来(50~100年後)は右のように青く変化するんだとか。

P5266637

これは牛久大仏右足親指の実物大模型。
高さ160cm、幅160cmのビッグフット。

P5266635

牛久大仏の顔を掃除しているシーン。
ヒィ~ッ!コワイ~!!

P5266640P5266646

牛久大仏が誕生するまでをパネルで紹介。
どデカイ部位が地上で作られてるところ、見てみたかったな~

P5266644

まるで高層マンションを作っているかのような建設シーン。

3

完成当初の牛久大仏。
まわりになにもないから、小学6年生で160cmくらいある成長早いクラスメイトみたいに突出感バリバリある。

P5266665

エレベーターに乗って地上85m、牛久大仏の胸あたりに到着。

P5266675P5266676

牛久大仏の心の隙間を表す細い窓からは、
天気次第で富士山やスカイツリーが拝めるんだとか。

P5266719

牛久大仏で行われる初詣「修正会(しゅしょうえ)」や、お盆追悼法要「万燈会(まんとうえ)」では
無数の灯籠や花火が大仏と一緒に見られて、とても幻想的。
これは見てみたいな~

P5266723

牛久大仏の足元には
リスとウサギの小動物公園も併設。

P5266737

中では、放し飼いされたウサギと触れ合えたり

P5266756
P5266745

ミニイノシシに、ヤギもいる。

P5266733

さらにサルの曲芸もやってる!!

P5266771

そのかたわらには、かわいい遊具も発見。

P5266519

駐車場への道の途中にはしっかりと土産屋も充実。

P5266524P5266791

ここでしか買えない限定お菓子もいっぱい。

P5266521

いろいろある中でやはり、信頼の大仏直営店が選ばれるのでしょうか。

P5266803


お花摘みに写経、動物もいてショーもあるなんて
大仏だけじゃない牛久大仏はもはや、エンターテイメントスポットですね。


牛久大仏

住所: 茨城県牛久市久野町2083
TEL: 029-889-2931
営業時間: 9:30分~17:00(土日祝日は17:30まで)
       10月から2月は16:30まで
拝観料: 800円
休業日: 無休
HP:牛久大仏HP




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

東京駅から常磐線で1時間土浦にやってきました。ここは水戸街道の宿場町として栄えていたようでいまでも土浦城跡のそばには古い町並みが残されています。時代劇に出てきそうな雰囲気のある建物から歴史のありそうなカッコイイお店まで点々と残る水戸街道沿い。ほかにも土浦 ... 続きを読む
P5255234

東京駅から常磐線で1時間
土浦にやってきました。

P5255882

ここは水戸街道の宿場町として栄えていたようで
いまでも土浦城跡のそばには古い町並みが残されています。

P5255877P5255896P5255904P5255879P5255911

時代劇に出てきそうな雰囲気のある建物から
歴史のありそうなカッコイイお店まで点々と残る水戸街道沿い。

P5255958
P5255957P5266073

ほかにも土浦駅前で気になるレトロな建物や

P5255969

連なる照明が美しいモール505日本一長いショッピングモールだそうで
その距離いわずもがなの505m!
しかも3階建てにもなっていて、相当な数の店舗が入れるものの

P5255977

入れ替わりも多いようで、書き換えられていたり、撤退していたりとゴーストタウン化が止まらない様子。

P5255966

モール505と並行してのびる高架はなんだろうと調べると
こちら、土浦ニューウェイという新交通システムで
1985年に開催されたつくば万博にあわせて作られたものなのだそう。
しかしこれもまた利用する人はほとんどいないようで、土浦の闇は深そうです。

P5255932
P5255936

新しそうな建物が並ぶ隙間には
昔ながらの商店街に遭遇。

P5266074P5255918

入り口の看板はなくなってましたがこちらは土浦名店街。
昭和32年にできた商店街で、かつてはここも人で相当賑わっていたもよう。

P5255948
BlogPaint

現在でももちろん絶賛営業中のお店も。

P5266081P5266083

野菜くだものなんでも揃ってる園部青果店

P5266085
P5266086

野菜が描かれた看板がかわいい。

P5255919

駅が近づくにつれ飲み屋さんや飲食店が増えてきたさくら通り。

P5266063

霞ヶ浦にそそぐ、満々と水をたたえる桜川

BlogPaint

桜川のそばにあるさくら町きらら通りが実に味わい深いので注目。

P5265992
P5265996P5266056

このあたりは土浦でもっともにぎわいを見せる歓楽街で
スナックやバー、クラブや居酒屋が密集。

P5266001
P5265999

中でも特に風情があるのがこのあたり。

P5266009
P5266014

原色多めのチカチカする景色に迷い込むと、桃源郷に来たのかと誰もが浮かれた気分に。

P5266019

特に土浦の店はどれも、センスを感じる名前ばかりで趣深い。

P5266004P5266027
P5266031

よくできてる大きなテントが色あせてきてしまってるのがもったいない。

P5266051
P5266037
P5266010
P5266065

このあたりは早い所だと朝8時過ぎには稼働しだす街。
ボーイが立ち始めると写真が撮れないので早朝散策がおすすめ。


土浦名店街

住所: 茨城県土浦市川口1丁目1



モール505
住所: 茨城県土浦市川口1丁目3





ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

「最近、動物を扱う人気テレビ番組「天才!志村どうぶつ園」で、日本一客が来ない動物園として有名になり、それ以来お客さんがエサを持ってきてくれたりして賑わってるらしいですよ。」とレンタカー屋のおねえさんにまさかのB級スポット情報を教えてもらいやってきましたこ ... 続きを読む
P5255237

「最近、動物を扱う人気テレビ番組「天才!志村どうぶつ園」で、日本一客が来ない動物園として有名になり、それ以来お客さんがエサを持ってきてくれたりして賑わってるらしいですよ。」
とレンタカー屋のおねえさんにまさかのB級スポット情報を教えてもらいやってきましたこちらが
東筑波ユートピア。

P5255548

駐車場からユートピアのテーマソングが鳴り響くものの
営業してる?ってくらい人も獣も気配を感じませんが大丈夫でしょうか。

P5255870
P5255866

あたりを見渡すとマスコットキャラクターかな??
ネズミのツガイや

P5255872

野性味あふれるサルの看板。
これはいい塩梅ですね。

P5255873

ユートピアには第6駐車場まである広大な敷地にあって
これならテレビの影響でお客さんが増えても安心。

P5255551

年中なにかしらのイベントが開催中で、何度も来たくなるであろう東筑波ユートピア。
お客さんがいないなんて本当でしょうか。

P5255550

早速、まねき猫のミーちゃんが迎える無人の受付を通ると

P5255554

チープな電飾がチカチカする階段が登場。
これは!!
漂うB級感に気分がアガる~!!

P5255860
P5255858

入り口っぽいところにたどりつくと
当園はセルフサービスなので自分でチケット買ってねという珍しいシステム。

P5255859
P5255861

たまたまスタッフの方がいたので話をきくと
現在サルのショーがやっていないので1200円→1000円に。
さらに魔法のカード、JAFを差し出すと1000円→600円になりますだってラッキー!!
いいことしかないJAFは必ず入っておこう。

P5255836

お客さんが持ってきてくれたという山積みのエサ。
茨城の人はやさしいですね。

P5306805

さて、手渡されたパンフレットを持っていよいよ入園。
キャットピアとは?ウサギカフェなんてあるの??
動物の写真を合成して作られた表紙が期待を募らせる。

P5306807

パンフレットを開けるとユートピアの地図。
広大な敷地の中、動物園エリアはマルで囲ったこのあたりだけ。

P5306809

ギュッとまとまりすぎて位置関係がよくわからないのでとりあえず散策してみましょう。

P5255566

動物園エリアに入ると見慣れた動物がお出迎え。
いぬです。
東筑波ユートピアでは、いぬと無料でお散歩することが可能。
「家でいぬが飼えない」「いぬと散歩するのが夢」など、普段いぬと触れ合えない人にとってうれしいサービス。

P5255567
P5255757

いぬ小屋の前でこっちを見ながらじっと客を待つ姿はまるで赤線地帯のよう。

P5255758P5255754

スッカラカンになったエサの皿を蹴散らしながら、つながれたリードを限界まで伸ばし、
ギャンギャンに吠えながら「散歩に連れてってくれよ」と猛烈アピール。

P5255576
P5255577

ひとが近づくだけでなにかを期待する目で駆け寄ってくるいぬたち。
その目にはSOSと書かれてるように見えたのはわたしだけでしょうか。

P5255587
P5255593

空間を埋めるように立てかけられた青空写真館とは
十二支を描いた顔ハメ看板。

P5255606

後半、置き場所がなくなってきたのか、まとまって置かれる始末。

P5255559
P5255561P5255600

動物はほかにもサルやイノシシ、ヒツジとも遭遇。
これなら干支にちなんだイベントもこなせそうです。

P5255801

園内のほとんどは坂道の多い森の中。
結構体力を消耗するので歩きやすい靴で挑もう。

P5255604

パンフレットにも書いてあったウサギカフェがココ。
かわいいウサギが「まってるよ!」と呼びこんでいるので入ってみると

P5255603

え?ここ?
なんか、思ってたのと違う・・・。
奥にある木でできた台におとなしいウサギがいるだけという予想を超える展開。
「想像してたのと違う」だなんてこっちの勝手な都合を押し付けるのはただのワガママ。
これが正真正銘のウサギカフェです。

P5255749P5255744

ヤギやポニーといった大きめの動物もいる。

P5255746

近所で捕らえられた感のあるタヌキ

P5255684

なんの説明もない鳥

P5255752

ふれあえそうもないツキノワグマまでいる。

P5255556

飼えない動物は人形でカバー。

P5255785

森の中ではいつから置かれているのかわからない霞んだ水槽で川魚展も開催。

P5255791

こちらは休憩所資料館と書かれた建物。

P5255611

中はロッジになっていて、どこでどう休んでいいのか考えさせられる雑然とした雰囲気。

P5255610

部屋の片隅には行き場を失ったジョーバも。

P5255619

ロッジの2階は1泊2000円で宿泊もできたらしい。

P5255613

さらにロッジ内には
以前ここで飼育されていたという動物の剥製も集合。

P5255634

電気が点かない暗闇の中をのぞくと
大量の防腐剤がぶちこまれたガラスケースの中に、ツルやトラなど動物たちがギッシリ。

P5255620

ほかにもチョウの標本や骨の骨格標本

P5255627

ミシシッピワニ

P5255633

壁には大きな、筑波山とサルが描かれた壁画が。

P5255652

さらに奥へと進むと
あれ?ココ入ってきて大丈夫なとこ??
と不安になる空間に遭遇。

P5255664
P5255660

つきあたりには
「幸福の白ヘビ様」と書かれた白ヘビ神社を発見。

P5255663

その隣には、わざとらしく隠された
授かり神様の文字
これはもしや・・・?
ワクワクしながらシャッと幕を開けると

P5255667
P5255671

なんでこんなところに!!
木の割れ目にビッシリと小銭が挟まれた
授かり神様が横たわっておりました。

P5255708

ほかにもユートピア内にはありがたそうな神様を散りばめ
動物園に付加価値をつけることに成功。

P5255701

動物供養碑の隣には
あなたの願いを叶える聖地と書かれた願いの鐘。
天に召された動物たちが願いを叶えてくれるのでしょうか。

P5255713

森の中をショートカットできるジャンボすべり台。

P5255810

唐突に現れたなんの説明もない看板には

P5255815
P5255813

ピストルを持つクマが描かれていておっかない。

P5255822

歩いていると、あれ?ウサギがいる。
野生?じゃないよね??

P5255825

あれ?こっちにも。
本来いるはずのない檻の外にいるウサギたち。
逃げ出してきてるのかな??

P5255847

ユートピア名物企画、お猿の劇場がココ。
おサルのマジックショー、見たかったな~

P5255846

サルの調教がいかに大変かを解説する看板。

P5255849

空いたスペースには、チビッコ向けの遊具も置かれている。

P5255853

パンフレットにも書かれていたキャットピアがこちら。

P5255851

部屋に入るやいなや、大量のネコに歓迎される
ネコ好きにはパラダイスであるキャットピア。

P5255857

扉を開けるとチャンス!とばかりに、ゾロゾロと部屋から出たがるネコたち。
そんなに逃げ出したいのかよと、かわいそうな気持ちに。

P5255805

平日だったからでしょうか、テレビの影響を感じないほど空いていたユートピア。
お客さんが少ないからかどの動物もさみしそうな表情。
動物好きのみなさん、ぜひともふれあいに来て!!
おねがいします!!

P5255807


東筑波ユートピア

住所: 茨城県石岡市吉生2730-3
TEL: 0299-43-6656
営業時間: 9:00~17:00 ※冬期の平日は16:30まで
定休日: 年中無休
公式サイト: 東筑波ユートピア




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

首都圏で活躍する女性向けおしゃれ情報誌30周年を迎えました「Hanako」最新号にナビゲーターとして参加させていただきました!!今回のテーマは動物園と公園。わたくしは首都圏の公園にあるコンクリート動物を紹介させていただきました。ひとりで公園の楽しみ方BY YOURSEL ... 続きを読む
首都圏で活躍する女性向けおしゃれ情報誌
30周年を迎えました「Hanako」最新号
ナビゲーターとして参加させていただきました!!

hanko-1157-00

今回のテーマは動物園と公園。
わたくしは首都圏の公園にあるコンクリート動物を紹介させていただきました。

P5245227

ひとりで公園の楽しみ方
BY YOURSELF
CONCRETE ANIMALS

P5245223

アメフトでもやってたかのような妙に首の太い似顔絵が目印。

P5245220

ほかにも酒場ライターのパリッコさんや

P5245224

キノコ公園でおなじみのとよ田キノ子さんも参加しているよ。
ぜひ本屋さんで探してみてね!!

※Hanakoは第2第4木曜日発売!
店頭にあるうちに早く見つけてね!!

公式サイト: マガジンハウスHanako

知らなきゃ通り過ぎてしまう国道沿いの古民家。Minca465にやってきました。道路からだと建物の全貌がよく見えず、一見、あれ?結構狭いのかな?な印象ですが●レトロな雑貨がたくさんある。●カフェもやってる。という2つのヒントだけでのこのこやってきたわけなんだけどこ ... 続きを読む
BlogPaint

知らなきゃ通り過ぎてしまう国道沿いの古民家。
Minca465にやってきました。
道路からだと建物の全貌がよく見えず、一見、あれ?結構狭いのかな?な印象ですが

P5144181

●レトロな雑貨がたくさんある。
●カフェもやってる。

という2つのヒントだけでのこのこやってきたわけなんだけど
ここが想像以上にスゴかったのでとりあえず入ってみて。

P5144188

雨ざらしの外にまでモノが溢れちゃっている古民家。
レトロなのれんをくぐって

P5144247

ギュウギュウにモノで囲まれた通路を進むと

P5144423P5144281

うわあああ!!なにこれ!!
レトロなモノの物量がスゴイ!!

外からではわからなかったけど、中はめちゃくちゃ広い!!

P5144283P5144418
P5144279
P5144272
P5144238
P5144198P5144277
P5144415
P5144397

古民家や中庭には細かくジャンルごとにブースで分かれていて
古道具、家具、アメリカ雑貨、おもちゃ、食器など1日では見きれないものすごい量。

P5144344

ここは築90年の古民家を再利用して、ブースやエリアごとにいろんなお店が集結。
レトロなものだけじゃなく、手作り雑貨やガーデニンググッズなどいろいろ、本当にいろいろある。

P5144392P5144206
P5144207
P5144213

置かれているもののほとんどは売り物なので、レトロ好きは目を皿のようにして吟味しよう。
え?!これ売っちゃっていいんですか?!と逆に心配してしまうほど、お宝が山のように眠っている。

P5144233
P5144240
P5144258
P5144266
P5144274

しかも値段を見ると結構安い!!
こうゆうのってレトロ好きなら買うだろうと、足元見てくるところあるから、こうゆうお店は本当にありがたい。

P5144255
P5144401

奥の奥まで続く古民家。
おばあちゃんちを思い出させるにおいと雰囲気で、ノスタルジーをかみしめよう。

P5144420P5144422

そして古民家の奥に現れた、ひとの気配のするこっちがカフェスペース。

P5144320
P5144295

入ってみるとこっちもスゴイ!!
レトロなモノに囲まれてめちゃくちゃソワソワする!!

P5144325
P5144331

こっちも部屋ごと、エリアごとに置かれているものが違っていて、見やすいしおもしろい。
“レトロな雑貨に囲まれてカフェランチ♪”なんてこざかしい都会のまちカフェとは本気度が違う。
数も種類も圧倒的!!

P5144337
P5144315
P5144313
P5144303
P5144300
P5144354
P5144360
P5144388
P5144306

まさかの2階もある。

P5144368
P5144381
P5144289
P5144285

カフェスペースにはおなじみのテーブル筐体席も。
形の違うイスとテーブルをあわせて、おしゃれのセンスも抜群。

P5144351

しこたま楽しんだあとはランチをいただきます。
この日は焼きカレー。
こうゆうおしゃれなカフェの味ってあまり期待できないよね~なんて思ったら
ビックリするほどハチャメチャにうまい!!
広い古民家でレトロなものに囲まれておいしいごはんまで食べられちゃうなんて最高じゃないですか!!
またお宝探しに行きます!!


Minca465

住所: 奈良県香芝市畑465
TEL: 0745-27-8541
営業時間: 11:30~17:00
定休日: 水曜日
P5144179




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

奈良の観光名所、吉野への入り口といわれる下市口駅へやってきました。ここからはさまざまな観光スポットへとつながるバスの重要ポイントのようで、ウエルカム感が駅前から炸裂。下市町は「手形発祥の地」らしいですが隣接する大淀町は「躍動の町」とのこと。いったいぜんた ... 続きを読む
P5144619

奈良の観光名所、吉野への入り口といわれる下市口駅へやってきました。

P5144622

ここからはさまざまな観光スポットへとつながるバスの重要ポイントのようで、ウエルカム感が駅前から炸裂。

P5144623
P5144624

下市町は「手形発祥の地」らしいですが
隣接する大淀町は「躍動の町」とのこと。
いったいぜんたいどうゆうことでしょうか?

P5144618

駅前からのびる商店街の入り口には
商店街の名前かと思いきや、防犯モデル地区をアピールするアーチが掲げられ、安心安全の街を強調。

P5144616
P5144615

商店街の歩道には、日差しと雨から身を守るアーケードも完備。
これならお買物もしやすいですね。

P5144617

声に出して読みたい店舗の名前も連なり、商店街を盛り上げる。

P5144634

商店街を進むと現れるのがレトロな木造の建物。
下渕マーケット

P5144637

車道から下渕マーケットの中をのぞくと広がっている、ハッとするような異空間。
思わず声をひそめ、忍び足になり、ていねいに見ていこうと慎重になる。

P5144663
P5144706
BlogPaint

まずは外周を観察。
下渕マーケットはL字型のようになっていて、一部住居にもなっているもよう。
いかがでしょうか?
ご査定ください。

P5144659

ではいよいよ中に入ってみましょう。

P5144666
P5144674P5144681

店の痕跡を残す場所はすべてシャッターを降ろしていて、営業している様子はひとつもありません。
しかしテレビの音がするなど人の気配はビンビンにします。

P5144694
P5144668
P5144671

唯一なに屋さんかがハッキリわかる御菓子のデパート。
現役時代に訪れてみたかったな~

P5144675
P5144680

新緑の季節を感じさせるほど足元から頭上まで自然が押し寄せているマーケット内。

P5144669

上ばかり見ているとズルッ!とあやうく滑りそうに。
よく見たら前日の大雨のせいで地面がドロドロ。

P5144647P5144648

もう一方の入り口からの眺め。
テーラークワヤマの看板が健在。

P5144650
P5144655P5144653
P5144725
P5144728

こっちの通路には、お店があった面影が残っていて
なに屋さんだったのか目をこらしながら想像するのが楽しい。

P5144729

見上げると、テントがあった名残や照明、木造のベランダも見えてうっとり。

P5144685
P5144651

壁に貼られた緊張が走る標語にドキッ
こうゆう街に遭遇するとついつい邪推してしまいがち。

P5144734
P5144735

さて、駅前から伸びていたアーケード商店街を進み、清流吉野川を渡りましょう。

P5144736

ここからは手形発祥の地であり
箸のまちであり
三宝のまちでもあるという下市町のスタート。

P5144745

国道沿いは数多くの店が連なるメインストリート。
レトロな建物がたくさん残っているので見ていきましょう。

P5144742

商店街らしくかわいい照明が街をいろどる。

P5144751P5144749P5144823
P5144763
P5144769
P5144770P5144796
P5144773
P5144777
P5144784

昭和の雰囲気を残すすばらしい建物がたくさん残っていて散策が楽しい!
歩いてる人は地元の人ばかりで観光客は見当たらない様子。
もっとレトロ好きなカメラ女子がいてもいいのにな~。

P5144802
P5144780

川沿いに建てられた民家は独特のたたずまい。
川が増水する日は心配です。


下渕マーケット

住所: 奈良県吉野郡大淀町下渕209




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

ずいぶん趣のあるJR御所(ごせ)駅は明治時代に創建された当初の駅舎。このことからもわかるように御所市は、古いものを大切にする歴史ある街。御所駅のすぐそばにあるのがドカンとそびえるアーケード新地商店街夜になったら輝くのかな?看板いっぱいに大きなネオン。道幅 ... 続きを読む
P5144512

ずいぶん趣のあるJR御所(ごせ)駅は明治時代に創建された当初の駅舎。
このことからもわかるように御所市は、古いものを大切にする歴史ある街。

P5144578

御所駅のすぐそばにあるのがドカンとそびえるアーケード
新地商店街

P5144455

夜になったら輝くのかな?
看板いっぱいに大きなネオン。

P5144531
P5144533

道幅も広くアーケードも高い広々とした商店街。
人通りも交通量も多くまさにここは御所のメインストリート。

BlogPaintP5144544

絶賛営業中のお店もある中、新しい家や駐車場に様変わりしたところも。
商店街ができたころのスタメン状態が見てみたかったな~

P5144473
P5144472

スタメンを紹介する同じかたちの看板が連なり、当時の面影を今に伝える。

P5144459

かわいい看板、喫茶ベル

P5144471

いつの間にか倒産していたタカラブネ

P5144492

かわいい花柄、進物用品、台所用品の小田宇。

P5144487

タイルや窓など隅々までかわいいおしゃれの店、ウエダ洋品店

P5144500

シンプルな店構え、レナウンショップ

P5144536

街のコンビニ、パンのヤマザキ

P5144563
BlogPaint

文化財級のたたずまい、杉本硝子は同時に衣料品も取り扱う。

P5144575
P5144462

商店街でひときわ目立つパチンコ屋、トーカイホール

P5144494

商店街の中には環濠もある。

P5144498

環濠とは、集落の周囲にめぐらせたお堀のことで、奈良盆地に見られる特殊な形態。
雨が少ない土地に水を蓄えて利用していた名残なんだって。

P5144547P5144476

反対側の入り口にも同じネオン看板。

P5144484

御所は、街道の交接点として栄えていた街。
歴史のありそうな街並みが続いていて、歴史好きも楽しめそうな雰囲気。

P5144558

アーケードと交差するように商店街はのびる。

P5144540
P5144509P5144510P5144505
P5144521

御所駅の駅前からアーケード商店街に続く狭い路地にも、小さなお店が連なる。

P5144527

トーカイホールの看板がこっちにも。

P5144442P5144449

新地商店街のそばには末広商店街という小さな商店街も。

P5144445

アーケードは可動式で、晴れてる日はこうして開ければ日差しが降り注ぐ。

P5144447
P5144450

昔ながらのお店から、新しくオープンする店まで入り混じってるもよう。

P5144600
P5144590

JR御所駅のそばにある近鉄御所駅。
街に掲げられた標語は、この街が抱える問題を表しています。
街歩きをする際は、この街がどんな街なのか想像するヒントになるので、声に出して唱えていこう。

P5144596

JR御所駅から近鉄御所駅までの間もお店が連なり、乗り換え客にも便利な道。

P5144588

味の店、菊屋はどんな店だったんでしょう。


新地商店街

住所: 奈良県御所市新地町




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

秋田には、いまでも残る伝説の百貨店があると知りやってきました。その名は、「木内百貨店」創業は1889年(明治22年)。秋田久保田藩、武士の家柄だった木内俊茂さんが木内商店をはじめたのがきっかけ。1910年(明治43年)に秋田で初のショーウィンドー付の店舗を開き1932年 ... 続きを読む
秋田には、いまでも残る伝説の百貨店があると知りやってきました。
その名は、「木内百貨店」

P4140708

創業は1889年(明治22年)。
秋田久保田藩、武士の家柄だった木内俊茂さんが木内商店をはじめたのがきっかけ。
1910年(明治43年)に秋田で初のショーウィンドー付の店舗を開き
1932年(昭和7年)、合資会社木内雑貨店を設立して法人化。
1951年(昭和26年)、百貨店の営業を開始。
1955年(昭和30年)、鉄筋コンクリート3階建てに増築し
1957年(昭和32年)には県内初のエスカレーターが誕生。
エスカレーターガールまでいたというもてなしぶりに市民がわいた
1972年(昭和47年)、売り場面積を2倍に拡大し、屋上には展望台と遊園地、3階には玩具売り場と大食堂。
観覧車もあるお子様遊戯場に、お子様ランチや台のついたソフトクリームが人気で、秋田県内から買い物客を集めに集めた盛況ぶり。
全盛期は昭和40年代〜昭和50年代。
従業員約400人で年商130億円。
「秋田の三越」と呼ばれ、木内の包装紙がとにかくもてはやさたという。

P4140720

修学旅行で必ず訪れるスポット。
高級品しか置いていない。
ハレの日(特別な日)におめかしをして出掛ける場所。
こどもは親に連れてってもらえば自慢になり、贈答品はここでと誰もが決めていた。
開店には入り口両側に従業員が並んでご挨拶。
木内の従業員ともなるとものすごくステータスがあり、容姿端麗の秋田美人しか採用されなかったという。
秋田の女性は高校卒業して木内に就職し、ハタチそこそこで寿退社することがゴールデンコース。
秋田を代表する、キラキラと輝くみんなのあこがれ、ステータスのかたまり、それが木内百貨店。

P4141234

バスはもれなく停車する木内前。

P4140739
P4140738

細かいことをいうと現在は百貨店協会を脱会しているので「百貨店」ではないようですが、
木内が百貨店っていうのなら百貨店に間違いありません。

P4140733

そんな木内百貨店にはいまでは考えられないようなウワサがあり

消費税をとらない
お釣りがピン札

ということ。
これはなんとしても確かめたい!!

P4141237

開店時間10分前にギリギリ到着。
扉の前にはわたししかいないので、わたしを迎えるためのオープニングです。



盛大に歓迎されると聞いてましたが迎えてくれた従業員はひとりだけ。
待っているのは小者のわたしだけですから、こんなものでしょう。

P4140742

木内百貨店には定休日がある。
かつては毎週木曜日であり、それにあわせて周りの店も木曜日休みにしていたほどだとか。
しかしいつしか水曜、木曜休みになり週休2日制に。
さらに最近では水木に加え、日曜日までも定休日に!!
シフト制にしないのは「いつ行っても同じ従業員がいる安心感」からとの話ですが、週3日も休んで大丈夫なんでしょうか。
17時で閉店というのもお役所仕事っぽくて格式があります。

P4141241P4141194P4141193

売ってるものは高級品ばかりとの話ですが、たしかにブランドものが多く「安くはない」といった印象。
ぐるぐる何度も品定めしましたが、どれもこれもミセス向けといいますか、なかなか手軽に買えるものは見当たりません。
もちろんかわいいハンカチやオシャレな傘も売ってますが、今回は少しかさばったもの、かつ名古屋まで持って帰れるものを買わないと。
包装してもらい、紙袋に入れてもらうのが狙いですから。

P4141221

従業員のみなさんは紺色ひざ下丈のジャンバースカート。
お客もミセスなら従業員もミセスという話も、実際はミスからミセスまで、秋田美人は幅広くいらっしゃいました。

BlogPaint

ここが伝説の百貨店といわれる理由のひとつに従業員全員が木内の人」
現在の百貨店はほとんどテナント頼りで、家賃と一部売上をいただくことで百貨店が成り立っているわけですが、本来百貨店とは百貨店が仕入れ、百貨店の従業員が売っていました。
木内ではいまでも木内が仕入れ、木内の人が販売しているようです。

P4141242

ピカピカに磨かれた床
つきあたりが見えないほどに長い通路
天井にも壁にも照明が光り、鏡の柱でさらに明るさを増幅。
店内を歩くだけで優雅な気分に浸れます。

P4141227

ところどころ白い壁で覆われているところが。
ここの奥には上の階へ行ける階段やエスカレーターが隠されているのでしょうか。

P4141213
P4141216P4141220

木内の気品を表す、エレガントでステキな照明に注目!!
何種類かの照明が同居しています。

P4141181
P4141232

外からガラス越しに見るとさらに美しさが増す照明。
見とれてしまいますね。

P4141186

化粧室にはちゃんと、パウダーコーナーも完備。
鏡の脇には生花が添えられています。

P4141188

ここの壁だけなにやら飾りがついています。
特別コーナーでしょうか。

P4141179
P4141183
P4141187

お釣りはピン札
をたしかめるためにはなんとしてもなにか買わなければ!と念入りに見て回った結果、化粧品といえば資生堂!コーナーで石鹸を買うことに。

P4141196
P4141198

このあたりなら愚民のわたしでも手が届きそう・・・!

P4141200P4141201

「これください!」
「千円でございます。」
表示価格以上の請求もなく、税金なしのきっちり千円。
※ちなみにクレジットカードは使えません。

お釣りをもらいたいがために
「一万円でお願いします!」
「ではお釣りは…」
と出てきたのがなんと
本当にピン札…!!
五千円札はないのでしょうか。
なぜか全部千円札です。

P4172283

全部ピン札。
もしかして…とよく見たらやっぱり
すべて通し番号で揃ってる!!

P4172279

そしてもちろん
あげる相手もいないのに
「包装してください。あと紙袋も…」
と図々しくいただきました。

BlogPaint

丁寧に包装してくださるお姿も実に美しい。

P4141208
P4141210

達成感のあまり、その場で撮ってしまいました。
これがステータスの象徴か…!!
感無量。

P4182288
P4182285

いま見てもオシャレな紙袋と包装紙。
普段使いすれば一躍人気者に。

P4141484

名入りのテープはもちろん、キレイに名前が入る位置でカット。

P4182289

かぐわしい香りを放つ資生堂の花椿石鹸。
これでカラダを洗えば誰もが振り返るでしょう。

P4140712

かつてはこの覆われた部分が展望台になっていて、
その上にはデッカイ木内の看板が立っていた。
屋上にはお子様遊戯場という遊園地があったっていうんだからまさに夢の国。

P4140706
P4141172

奥行はゆうに100メートルは超える長さ。
とにかくめちゃくちゃ広い。

P4151556
P4151562

隣には木内の納品口も。
4階建てのやたら巨大な施設です。

P4152274

バリケードまで木内オリジナル。
なんともいとおしい。

P4152264

閉店時間はあっという間に訪れシャッターが閉まってしまった木内の裏側。

P4151546

3階には大きなカーテンが見え、豪華な印象。

P4151575

現在は1階のみの営業になっていて、定休日も増え縮小傾向にあるようですが、せっかく昔の木内がそのまま残っているのだから、いまこそ木内百貨店の2階3階を復活させるときなのでは。
秋田市のチカラでなんとかよみがえらせていただきたいですね。
必ず再び秋田の星になると思うのになあ。

P4141432

秋田に行ったら必ずまた買い物に行きます!!

★★★★★★★★★★

さて、この記事のことをツイッターでつぶやいたところ、想像以上の反響があり驚いております。
これほどまでに多くの方の思い出に残り、木内を知らない方の心も動かす百貨店がほかにあるでしょうか。
1階にあった噴水ジュースと呼ばれる生フルーツジュースが絶品だったこと、1階には食料品が、3階には玩具売場があったこと、大食堂ではホットケーキやアイスクリームを食べたお話や、お子様ランチには木内の旗が立っていたこと、もちろん屋上遊園地の話や、かつては床がじゅうたん張りだったことなど、貴重なお話がもりだくさん。
そこで、お寄せいただいた記憶や思い出と反響をモーメントでまとめましたのでご覧ください。



木内百貨店

住所: 秋田県秋田市中通1-3-1
TEL: 018-833-0131
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 日曜・水曜・木曜




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

遠くから見てもひときわ存在感のあるゴツイ建物は青森銀行の前身、第五十九銀行の本店。ちなみに五十九ってのは全国で五十九番目にできた国立銀行って意味で、ほかにも数字が入った銀行はいまでもときどき見かけるけど、あれはそうゆう意味なんですって。この建物は明治37 ... 続きを読む
P4232563

遠くから見てもひときわ存在感のあるゴツイ建物は青森銀行の前身、
第五十九銀行の本店。
ちなみに五十九ってのは全国で五十九番目にできた国立銀行って意味で、ほかにも数字が入った銀行はいまでもときどき見かけるけど、あれはそうゆう意味なんですって。

P4232558

この建物は明治37年(1904年)に建てられたもので、建築当時のまま残っている大変貴重なもの。

P4232644

中に入るとまずは客だまりと窓口。

P4232650
P4232573

奥には広々とした営業室。
今は創業時の資料や昔の貨幣、紙幣などが展示。

P4232654

2階へあがる曲がり階段は、大株主だけが使用するってだけあって上質な優雅さをもち、
ロビーを広く使えるなど工夫もこらした一級品。

P4232600

2階にあがるとこちらは小会議室。

P4232602

この部屋の天井がすごい。
金唐革紙(きんからかわがみ)と呼ばれ、和紙にスズ箔とうるしを使って、17の工程を手仕事で仕上げたという、平たくいうとめちゃくちゃ手間がかかったもの。

P4232607

隣は公民館くらいの広さはありそうな大会議室。

P4232610

この部屋の天井もさっきの金唐革紙。
これだけの広さの紙作るのには相当日にちかかったんでしょうけど、いかんせん天井にあるからよく見えないよ~
壁紙の分も作ってほしかったな~

P4232625

さらにこちら、「漆喰(しっくい)の天井をご覧ください」とのヒントが書かれた第二応接室。

P4232626

シンプルでオシャレな部屋に入り、上を見ると

P4232628

これが漆喰の天井か~!!

P4232638
P4232640

降りる階段もこれまた上質で優雅なカーブを描き、見る人が見ればどこもかしこも唸る箇所ばかり。

P4232721

続きましてこちらは旧弘前市立図書館。
明治39年(1906年)に建てられたもので、昭和6年まで市立図書館として使われていたもよう。

P4232792

奥行はあまりなく、結構小さめな建物。
八角形の2つの塔と赤い屋根、緑のふちどりがかわいい!

P4232743
P4232748

1階は、旧市立図書館の形態を復元し、当時の関係資料も展示。
2階には、地方出版物や同人誌の紹介、ビデオによる文学碑めぐりのコーナーが展開。

P4232731
P4232738

旧弘前市立図書館のすぐ隣にあるのが

P4232658

旧東奥義塾外人教師館(きゅうとうおうぎじゅくがいじんきょうしかん)。
こちらも平たくいうと、東奥義塾という青森で初めてできた私立の高校に招かれていた英語教師の宿舎。

P4232785
P4232783

英語教師の宿舎がこの豪華さよ。
どんだけもてなされていたのでしょうか。

P4232768
P4232780

アメリカのホームドラマにでも出てきそうなメルヘンな部屋の数々。
こんな、エアコンが効かないくらいだだっ広い部屋に住んでみたいな~

P4232776

これは本当に当時からあったんでしょうか?
廊下にブランコがついてる!!
これは誰もが描く夢でしょう。

P4232764

さらにここの裏手には
なにこれ!ミニチュアがたくさん並んでる!

P4232664
P4232665

どうやらこれらは弘前市にある、またはかつてあった有名な建物で
実物の10分の1の大きさで作られているみたい。
それぞれには説明書きもあってわかりやすい。

P4232671
▲旧弘前市役所

P4232685
▲旧弘前郵便局

P4232661

建物だけじゃなく、人もいてよりリアリティのあるものも。

P4232662

人と比べるとやたらデカイ、弘前のカブトムシも発見。

P4232698

こちらは明治39年(1906年)に創業された菊池薬局。

P4232714

壁にはアルフォートみたいな看板が大量に並び、細かい絵や文字まで完全再現。
実物は一枚板をくりぬいて金箔が貼ってあったのだそう。

P4232707

こちらは「角み」呉服店。
3階建ての洋館はバルコニーや八角塔がある白亜の造りで、当時はあたりの商店を圧し、外装では市内店舗の洋風化を推進する役割を果たしていたらしい。

P4232681

こちらはかくは宮川デパート。
弘前市の中心部に東北で初の本格的なデパートとして大正12年(1923年)にオープン。
弘前で随一の高さであった4階建ての洋館で、エレベーターと食堂があるのが珍しく、大盛況。
しかし昭和53年(1978年)、建物の老朽化のため閉店してしまったそうで、実物見てみたかったな~

P4232679
P4232695

ショーウインドウも再現されていて、作者のこだわりを感じる。

P4232718

これらの建物のほとんどは残念ながら現存しておらず、実物を見ることができないものばかり。
でもこうやってカッコイイ建物がミニチュアでも残ってるのはありがたいな~


旧五十九銀行本店(青森銀行記念館)

住所: 青森県弘前市元長町26



旧弘前市立図書館

住所: 青森県弘前市下白銀町2-1




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

弘前の繁華街、土手町にやってきました。道の両側には飲食店から衣料品、百貨店から銀行まであらゆる店が並び、ここに来ればすべてが揃うメインストリート。すぐそばにはレトロ好きに人気の終着駅、中央弘前駅や、見逃せない看板が目白押しの歓楽街も広がっているので要チェ ... 続きを読む
P4232442

弘前の繁華街、土手町にやってきました。
道の両側には飲食店から衣料品、百貨店から銀行まであらゆる店が並び、ここに来ればすべてが揃うメインストリート。

P4232445

すぐそばにはレトロ好きに人気の終着駅、中央弘前駅や、見逃せない看板が目白押しの歓楽街も広がっているので要チェック。

P4232541

屋上になにかが不時着しそうな個性的な形をしている中三百貨店。

P4232535

おいしい和菓子と洋菓子も売ってる、老舗中の老舗、開雲堂。

P4232529
P4232522

中土手魚菜センターには、新鮮で安い野菜や肉、魚がいっぱい。
次から次へとお客さんが入ってきて大賑わい。

P4232519

花飾りがかわいい土手町の通り沿いでランチをするなら、オススメなのが

P4232538
P4232446

弘前中央食品市場。
通り過ぎてしまいそうなくらい控えめな扉をガガーッと開けると

P4232448

外からではわからない奥行!!
通路の両側に並ぶお店がお客さんを待ち構えています。

P4232473
P4232481

昭和47年に誕生したという弘前中央食品市場。
なつかしい雰囲気そのままで今でも営業してくれてることに感謝~!

P4232452

中にあるお店はこんな感じ。
入り口あんなに狭かったのに、意外と広い市場内。

P4232463

ふむふむと馴染みの主婦ばりに品定めをしていると
「ごはんはまだ?食べていったら?」といわれ、聞くと
おかずとごはんを買ってココで食べられるんだって!
こりゃいいや!!

P4232482
P4232467

1人前に小分けされたおかずや、1本から買える焼き鳥、1個から買えるコロッケなど、好きなものを好きなだけ買えるシステム。
こんなとこ会社の近くにあったらOLたち大喜びだよね~

P4232510

ココで一番人気の大学いもは秋から冬のみの営業。
寒いときに来たらゼッタイ食べたい!!

P4232460
P4232479

ごはんは中華そばがおいしいこちらで買える。
ごはんも食べたいけど中華そばも食べたい・・・!!
苦渋の選択を迫られながらしぶしぶ中華そばは次回へ持ち越すことに。

P4232506

市場内の空きスペースを活用して誕生したイートインコーナー。

P4232470

できました~!
インスタ映えを無視したわたしなりのランチ!!
茶系が多いのが特徴です。

P4232486

あまった空きスペースにはねぷた祭りの映像が流れ、旅情を掻き立てる。

P4232456

今日はお留守かな?
手作り弁当を作っているなちゅらさんのスペースは若者にウケそうなオーガニックな雰囲気。

P4232491

反対側の出口を出るとまた違った顔を見せる弘前中央食品市場。
次は大学いもと中華そば食べに行きます!!


弘前中央食品市場

住所: 青森県弘前市土手町85-1
TEL: 0172-35-0144
営業時間: 8:30~18:30
定休日: 木曜日




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

弘前公園のすぐそばにある観光スポット、津軽藩ねぷた村。いかにも観光バスで乗り付けました的なザ・観光客でごった返す津軽藩ねぷた村には、広い駐車場とキレイなトイレ、豊富なおみやげと名産品の実演販売、さらにご当地グルメを堪能できる食事処までついてなんでも揃って ... 続きを読む
P4232423

弘前公園のすぐそばにある観光スポット、津軽藩ねぷた村。
いかにも観光バスで乗り付けました的なザ・観光客でごった返す津軽藩ねぷた村には、広い駐車場とキレイなトイレ、豊富なおみやげと名産品の実演販売、さらにご当地グルメを堪能できる食事処までついてなんでも揃ってる立ち寄りスポット。

P4232407

奥ではなんと
津軽三味線の生演奏が聞ける!
わたしもれっきとしたおのぼりさんのひとりなので早速入ってみることに。

P4232410P4232309

有料区域へガガーッと入っていくと、広々とした空間にデッカイねぷたが置かれていて、中央でおにいさんが解説中。
あんだけ外に人が溢れていたのに、中は随分と空いていてこれは見やすい!
ラッキー!

P4232291

わざわざ遠くから来たんだから当然最前列で見るっしょ~!
と食い入るように解説を聞くわたし。
ねぷたまつりの解説は1日中何度も繰り返しおこなわれていて、聞いてないとはいわせないシステム。

P4232293

太鼓や笛を鳴らしてまつりの雰囲気を演出。
さらに太鼓叩いてみたい人~!とお客さんも参加できて一体感も高まる。

P4232306

流れるように舞台が準備され、続いては津軽三味線の生演奏。
くぅ~!!カッコイイ~!!
和食レストランのBGMとは違ってやっぱり生は迫力がありますな~
とこんな一連の流れを休憩ほぼなしでおこなわれているので、いつ入ってもなにかが聞ける状態。
観光客にとって時間をムダにさせない最高のパフォーマンス。

P4232295

解説と三味線を堪能したら、ねぷたをじっくり見学しよう。
弘前のねぷたは扇形をしていて高さは5~6m。
ほかにも青森のねぶた五所川原のねぷたとどこがどう違うかな?
比べてみよう。

P4232297
P4232324

反対側にはへこんだ部分に女性の絵が描かれていてやわらかい雰囲気。

P4232328
▲いまでは見られなくなった昔のねぷた。

P4232337
▲こどもたちが持ち歩くこどもねぷた。

P4232313P4232315

あまりにも多い同じ質問はQ&Aコーナーにひとまとめ。
まずはこれを見てから、もっと知りたいことがあれば質問しよう。

P4232344

ねぷたの絵を描くねぷた絵師になるには、弟子入りするか独学で学ぶかどっちか。
こうゆう絵も時代とともに変わったり、アバンギャルドなヤツが出てきたりするのかな~

P4232376

こちらは青森に伝わるねぷた&ねぶたの分布図。
八戸、十和田、三沢あたりの右側をのぞく、ほぼほぼ全域に広がる似たようなまつり。
これだけ数と種類があるのになぜ右側にはひとつもないのか・・・確執があるのでしょうか。

P4232375

場所によって、ね「ぷ」たになったり、ね「ぶ」たになったり。
人形型、扇型、立佞武多、混合、さらにハネトありなしとかバリエーションいろいろ。

P4232371P4232369P4232381
P4232380

どのねぷた&ねぶたまつりも8月上旬に開催されていて、一週間くらいかけて各地のまつりを見て回る人もいるんだとか。
まつり好きにはたまんないね~!

P4232384

ねぷたまつり情報コーナーのすみには

P4232390
P4232388

胸元が少々はだけたグッドルッキングガイ!!
こんなイケメンが参加してるなら全国から女豹が集まるでしょ~!

P4232397

後半は見逃せない、津軽三味線全国協議会加盟会主たちのご紹介へ。

P4232399

伝説ともいわれる超有名人は大きなパネルで紹介。
知らない人ばかりで勉強になりますっ!敬礼!!

青森名物がぎゅぎゅっと凝縮された津軽藩ねぷた村は観光客なら必ず立ち寄ろう。


津軽藩ねぷた村

住所: 青森県弘前市亀甲町61
TEL: 0172-39-1511
営業時間: 9:00~17:00(12月~3月は16:00まで)
定休日: 年中無休




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村