6669941_2242853065_84large

マネキンと歴史好きのみなさんお待たせしました。
NHKの隣にあるまじめスポット
大阪歴史博物館の登場です。

6669941_2242853001_217large

まじめな入り口から入り、まじめな受付でお金を払ったら
エレベーターに乗り、10階からスタート。
大阪歴史博物館は、てっぺんが霞むくらい高層の建物の中でも
10階から7階がメインということを覚えておこう。

●10階 古代フロア

6669941_2242853060_87large

10階に降りたつともうそこは奈良時代。
この歴史博物館や、すぐそばの大阪城のあるあたりにはかつて
難波宮(なにわのみや)という都があったそうで、
そのときの様子を原寸大で復元。

6669941_2242853054_189large
6669941_2242853050_155large
6669941_2242853061_136large

ここは、宮殿でもっとも重要な建物である大極殿のところ。
直径70センチの巨大な朱色の円柱が立ち並び、
あたりには天皇に仕える官人たちをマネキンで再現。

6669941_2242853049_157large

こちらは宮廷で実務にあたった女官のみなさま。
大極殿に登場した天皇の姿を隠すために、うちわのようなものを
かかげていたそうな。

6669941_2242853056_84large
6669941_2242853055_59large
▲集中力を失いよそ見をしている女官も。

6669941_2242853053_137large
▲天皇の近くに仕える役人はふてぶてしい表情。

6669941_2242853045_56large
▲難波宮(なにわのみや)のジオラマ。

6669941_2242853046_233large
▲歴史の教科書のプロローグ部分で出てくるような土器。

●9階 中世近世フロア

6669941_2242853038_70large

9階に降りてくると次は、江戸時代の大阪シーン。
水都と呼ばれた活気ある大阪の街を体験できる。

6669941_2242853040_6large

多くはジオラマ形式で再現されていて
人の動きや家の造りなど、当時の生活が手に取るようにわかる。

6669941_2242853039_53large
▲街に宣教師がやってきた。

6669941_2242853036_242large
▲銅を精錬する銅吹所

6669941_2242853035_139large
▲船場の街並み

6669941_2242853034_117large
6669941_2242853031_172large
6669941_2242853028_134large
6669941_2242853026_5large
6669941_2242853025_5large

●8階 歴史を掘る・特集展示フロア

6669941_2242853023_28large

8階には「なにわ考古研究所」というスペースが登場。
原寸大に再現した発掘現場で、調査の方法や遺構、遺物の見方を学ぶことができる。

6669941_2242853022_123large
▲バラバラになったカケラから土器を復元してみよう!

●7階 近代現代フロア

6669941_2242853011_33large

最後の7階では、大正末期から昭和初期の大阪の街を再現。
当時ひときわにぎわった心斎橋筋、道頓堀などの街角を
雰囲気そのままに切り取ってリアルに再現。
ガヤガヤとした街の音がいまにも聞こえてきそう!

6669941_2242853019_170large

しかしここにいるマネキンのすべては

6669941_2242853017_70large6669941_2242853009_174large

カラダが真っ白!
塗料の節約でしょうか。

6669941_2242853013_101large
6669941_2242853012_222large

公設市場の再現。
人間のカラダ以外にはすべて色が塗られ、リアルに作られています。

6669941_2242853016_197large

本物の人間がまじっても、どれがマネキンでどれが人間か
わからないくらいリアル。

6669941_2242853008_4large

ショーウインドウの洋服を見ながら
母にねだっている娘。
物語が見えます。

6669941_2242853005_245large
▲まぶしいほどに輝く歌舞伎小屋

6669941_2242853003_207large
▲最近ではめっきり見なくなった好景気の象徴ネオン。

6669941_2242853020_222large

電車に乗っているシーンでは
電車と服さえも塗られていませんでした。

6669941_2242852999_131large

なんと、歴史博物館の地下には本物の遺跡が残されていて
当日申込みで遺跡ガイドに参加できます。
歴史好きはぜひ体験してみては。

6669941_2242853043_20large
▲すぐそばにある大阪城とセットで行くと吉。


大阪歴史博物館

住所: 大阪府大阪市中央区大手前4丁目1-32
TEL: 06-6946-5728
開館時間: 9:30~17:00
休館日: 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入館料: おとな 600円
公式サイト: 大阪歴史博物館




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村