天然記念物、カブトガニの繁殖地である岡山県笠岡市には
世界で唯一、カブトガニにスポットをあてた
カブトガニ博物館があるってことでやってきました。

6669941_2250476802_187large

一般的には水族館で展示されている一種にすぎないカブトガニだけで
ひとつの施設を作っちゃうってことは結構こじんまりとしてるのかなー
なんて思いながら到着したらコレよコレ。
シルバーメタリックでドーム型をしているこのカッコイイ建物こそがカブトガニ博物館。
建物自体が実は、カブトガニの形をしているという超こだわりっぷりですが
近づいてもピンとこない仕上がりに。

6669941_2250565298_27large

カブトガニ博物館には、みうらじゅんが「ゆるキャラ」という単語を生み出す
ずっと前から、カブニというマスコットキャラクターが在籍。

6669941_2250476795_243large

え!!!
カブニが結婚!?
いつの間に!!!
なにこの“久しぶりに会った後輩がわたしを差し置いていつの間にか結婚してた”
みたいな衝撃!なんかくやしい~!!!

6669941_2250476794_43large

しかもなに!?
こどもいるじゃん!!!
もぉ~!!!

6669941_2250476792_147large

それはさておき、カブトガニ博物館の中はこんな感じで
広くてキレイで新しい館内に、ゆったりとしたペースで展示がされています。

6669941_2250476793_83large

早速こちらがカブトガニ。
カブトガニとひとことでいっても種類がたくさんいるようで
こちらはアメリカカブトガニ

6669941_2250476791_2large
6669941_2250476789_69large

隙間を埋めるように魚類も展示。

6669941_2250476786_219large

カブトガニと名前に“カニ”がつくものの、カニの仲間ではなく
クモやサソリの仲間なんだって。
へえ~へえ~

6669941_2250476784_20large

このバカデカイくちはムカシオオホホジロザメというサメで
全長16メートルにもなるもっとも巨大なサメ。
こんなのに出くわしたら一瞬でパクリだよね~
しかし今から約200万年前に絶滅したってことだからもう安心。
よかった~

6669941_2250476778_11large
▲昔から姿を変えていない生きた化石と呼ばれている生物いろいろ

6669941_2250476776_161large
▲カブトガニに関するありとあらゆる情報がいろんな角度から説明されまくっている。

6669941_2250476783_81large

壁際の展示をふむふむ見ているとカブニから
後ろも見てね!説明文も読んでね!と隅々まで見逃さないためのアドバイス。

6669941_2250476780_69large6669941_2250476781_83large

いたいた、これが大昔からほぼほぼ進化していない
生きた化石と呼ばれるカブトガニ。
前にいるのがメス、後ろから攻めているのがオス。
ツガイはこうして2匹セットでひきずりながら移動するようです。

6669941_2250476779_159large

順路上に置かれた記念スタンプ。
なにこれ?ミジンコ?と思いきや
これは昔の人が描いたカブトガニの絵。
昔の人はカブトガニを魚だと思っていたようで
ヒレが描かれているのが特徴。

6669941_2250476741_18large
▲つがいのカブトガニ

6669941_2250476775_206large

さて、カブトガニ博物館一番の目玉がこの
カブトガニのマリオネット。

6669941_2250476771_78large

それがこちら。
ギョッ!!!
めちゃくちゃリアルな上に超巨大。
見やすくてわかりやすいね~

6669941_2250476773_32large

ボタンを押してレバーを動かすと
節足動物特有の足がワシャワシャ動くよ!!


▲節足動物の足がリアルに動く様子を動画でご覧ください。

6669941_2250476769_169large6669941_2250476765_194large6669941_2250476758_123large
▲カブトガニのカラダについてあらゆる角度から根ほり葉ほりしつこく解説。

6669941_2250476768_244large
6669941_2250476766_153large

カブトガニの血液は青色をしているよ。
みんなのカラダの中には何色の血が流れているかな?
比べてみよう。

6669941_2250476764_100large

カブトガニにはセロファン紙のような薄いエラが
1体に百数十枚ついているよ。
それを1枚1枚並べてみました。

6669941_2250476752_219large

博物館の後半は、やはりカブトガニ一本では厳しかったのでしょうか。
こどもにも人気の恐竜ゾーンへ。

6669941_2250476749_227large

世界で初めて魚を食べたとされるバリオニクスという恐竜。
タイミングさえあえば、動いたり吼えたりするんだそう。

6669941_2250476756_183large
6669941_2250476755_73large

記念スタンプも恐竜推しに。
恐竜の方がバラエティ豊富だもんな~

6669941_2250476753_76large
6669941_2250476745_120large

博物館の中央はカブトガニシアターになっていて
カブトガニをテーマにした映像を見たり
クイズを出題されたりして徹底解説。

6669941_2250476739_134large

最後のスタンプを押してスタンプラリー完成!
おめでとう!!

全部押したらなんかもらえるのかな?と思いきや
そのスタンプラリーはおみやげとしてもってかえってね♪

6669941_2250476798_209large

おみやげも充実しているので見ておこう!

6669941_2250476736_92large
▲マステ女子が泣いて喜ぶ人気のマスキングテープ

6669941_2250476718_241large
▲わたしはカブトガニが脱皮した殻を購入。

6669941_2250476738_147large
▲おりがみで作ったカブトガニをいただきました~!!かわいい~!!

6669941_2250476735_152large

カブトガニ博物館の隣は、実物大の恐竜が展示されている恐竜公園。

6669941_2250476734_227large

恐竜たちは学術監修を受けたというめちゃくちゃ精度の高いもので本格的!
皮膚のシワ、筋肉のつき方など精密に再現。
こりゃすごいや!!

6669941_2250476733_55large
6669941_2250476730_150large
▲いまにも動き出しそうな表情にビクビク

6669941_2250476727_122large

やっぱり一番人気はティラノサウルス。
チビッコも率先して前に立ち、撮って撮って~とポーズを決めています。

6669941_2250476726_142large
▲芝生までカブトガニのかたちをしているよ~!!ぬかりないな~

6669941_2250476725_251large

自販機に描かれたカブトガニ。
缶・ペットボトルを入れる穴が、目みたいになっちゃってる・・・

6669941_2250476722_73large
6669941_2250476723_156large

カブトガニの折り方。
みんなもおりがみでカブトガニを作ってみよう!


カブトガニ博物館

住所: 岡山県笠岡市横島1946-2
TEL: 0865-67-2477
開館時間: 9:00~17:00
休館日: 毎週月曜日、年末年始
     ただし春休み、夏休み、GW中は無休
入館料: おとな 520円




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村