6669941_2257578350_89large

こちらは2012年まで東京、船の科学館の横で展示されていた羊蹄丸。
羊蹄丸はかつて、青森と北海道の函館を結んでいた青函連絡船のひとつ。
その羊蹄丸の中がまるごと博物館になっていました。
現在はいなくなってしまったのですが、ここには以前、
めちゃくちゃすごい世界が広がっていたのご存知??

6669941_2257578348_198large

まず序盤にコレ。
2匹仲よく並んだイルカの乗り物。
これに乗ると

6669941_2257578349_34large

壁の画面に海の映像が映し出され
わたしたちの乗ったイルカが合成で登場!
まるでイルカに乗って海を泳いでるみたい~!!
すごい~!!おもしろい~!!

そんなチープな小手先の仕掛けにはしゃいでいるとその奥には

6669941_2257578346_109large

うわあああああ~!!!
なんだこれ~~~!!!
船の中に街がある~!!!


6669941_2257578342_213large

これらは青函ワールドと名付けられ、
昭和30年代の青森の街をめちゃくちゃリアルに再現。
薄暗い街にぼんやり光る灯り、大量に並ぶりんごや魚。
そしてちゃんと人形が音声でしゃべるんだから!
本当に昭和30年代の青森の街に自分がどっぷりタイムスリップした感覚が味わえて
本当に本当に楽しいテーマパークでした。

6669941_2257578345_16large
6669941_2257578343_98large6669941_2257578341_232large
6669941_2257578340_77large

北海道へと渡る人
北海道から来た人でごった返す青森の街。
人びとの表情や動きが今まで見たことないくらいにリアルで
そのたたずまいからその人たちの生活や思い、
一生懸命生きている姿が手に取るようにわかります。

6669941_2257578339_220large
6669941_2257578337_144large

戦後の貧しい時代に、重い重い荷物を、こどもを抱えながら歩く人々。

6669941_2257578776_202large

人形はすべて等身大で
柵もないからこうして近づいて写真を撮ることも可能。
これってすごくないですか??
わたしも当時の青森の人々にまじってみました。
人形があまりにもリアルすぎて
どれが人間でどれが人形か、
人形かと思って近づいたら人間だったとか、
とにかくめちゃくちゃ楽しかったんです。

6669941_2257578338_60large

こちらは有名なまちこ巻きをする女性。
甲板から海とか人とかカモメとかを眺めているのでしょうか。
どこかさみしそうな、哀愁漂う、絶妙な表情をしている女性です。

6669941_2257578336_43large

こちらは船内の食堂で寝込んでしまったリアルすぎる酔っ払い。
薄暗い中に突然現れてめちゃくちゃビックリしました。

6669941_2257578335_51large

青函連絡船には電車が丸ごと乗ることも可能で
再現された電車の車両の中までもリアルに作り込まれているこだわり。
すごい、すごすぎる。

6669941_2257578334_246large
6669941_2257578333_150large

青函ワールドのフロア以外にも、船室では船内の生活が事細かに再現されていて
何周でも見たいくらいめちゃくちゃ楽しい場所でした。
しかし2012年に羊蹄丸は解体され、
青函ワールドの一部が青森にある八甲田丸にお引っ越し!!

6669941_2257578279_100large

というわけでやってきましたこちらが
青森港に浮かぶ八甲田丸です。
この船も羊蹄丸と同じように昭和39年から昭和63年まで
青森と函館を結ぶ青函連絡船として働いていた実物です。

6669941_2257578331_54large

早速船内に入ってみると
あーーー!!!見たことある人形だ~!!!

6669941_2257578330_130large

このリアルな表情と動き
ほかのどこを探しても見つからない唯一無二の存在感。
残っててくれてありがとう・・・!!

6669941_2257578295_145large

そして引っ越してきた青函ワールドはこちらから。
またあの世界を体験することができるのかな・・・

6669941_2257578329_95large

入ってみるとこう。
あれ・・・??
ああ、こんな感じ??
なるほどなるほど。

6669941_2257578326_34large

見覚えのある人形
聞き覚えのある声(音声も同じものが流れている)
ああ、こんなだったかな・・・??

6669941_2257578325_74large
6669941_2257578324_246large

でも、でも、
でもでもでもでも
やっぱり違う・・・!!!

この人形たちはあの青森の街の世界にいなきゃ
全然意味ないよ・・・!!


6669941_2257578323_194large

こんなのあったっけ??と思うような
ごちゃまぜのコーナーも。

6669941_2257578317_54large

というのも
あの広がっていた青森の街のジオラマは
それぞれ分解され、バラバラに展示されているのです。
広さも違うしお金もかかる
まるっきり同じものを再現しようなんてムリなのはわかってるけどけどけど・・・

6669941_2257578321_151large
6669941_2257578319_13large

上に掲げられていた看板は床に降ろされ
壁にかかっていた照明や看板は集めて並べられている。
これじゃ博物館と同じじゃん。
見やすいけど、リアルさは1ミリもないでしょ??

6669941_2257578316_247large
6669941_2257578315_122large
6669941_2257578314_122large

あの見た世界とまったく違う。
悲しい、けど仕方がない。

6669941_2257578313_236large
6669941_2257578312_231large

船内で寝込んだ酔っ払いは今でもまだ眠っていた。

6669941_2257578310_94large
6669941_2257578308_128large

りんご市場の様子。
羊蹄丸のときは屋根に雪が積もっていたり
薄暗い時間や天気で
青森独特のシバレル寒さが表現されていたけど
ここではどうだろう??

6669941_2257578304_170large

リンゴ市場の向かい側には青森駅の様子をギュッと凝縮。

6669941_2257578303_29large

人形の背景には、羊蹄丸の写真が貼り付けてあるんだけど、
まったく光景が違って完全に別世界。

6669941_2257578302_106large
6669941_2257578300_112large
6669941_2257578306_80large

一番端っこには例の、まちこ巻きの女性もいた!!!
しかし同じ人形のはずなのに、全然哀愁がない・・・

6669941_2257578307_234large

甲板のてすりがないため、不自然な体勢を維持。
あなたがいる場所はココじゃないよ・・・

6669941_2257578299_40large
6669941_2257578296_57large

入りきらない人形たちは廊下に立たされて再現。
同じものでも、背景や空間が変わるだけで
感じるものがこんなに違うものかね・・・。

6669941_2257578298_155large

着物に囲まれる女性の表情が見事。
こんな顔したマネキン、見たことないよ~

6669941_2257578293_81large

ほかの展示エリアにまで進出。
空いたスペースにお邪魔するかたちに。

6669941_2257578291_128large

おにぎりをほおばる女性。
ほっぺが赤くなるほど寒い外からやってきて
おなかぺこぺこだったのでしょうか
いそいでがっつき、くちのまわりにたくさんのごはん粒が。
ひとりひとりにドラマがある、すばらしい人形たち。
もっとどうにかならないのかな~

6669941_2257578288_108large
▲船長、機関長と一緒に記念撮影できるスポット。

6669941_2257578287_100large
6669941_2257578284_72large

操縦室にも入ることができる。

6669941_2257578281_240large

青函連絡船には電車が丸ごと入ることができて
人が乗る普通の車両から、郵便や貨物など
いくつかの車両が乗れる珍しい船。

6669941_2257578280_81large

がっつりエンジンルームもドヤ顔で披露。
メカ好きにはたまらないでしょうこの光景。
同じものが大量に並んでいてカッコイイね!

6669941_2257578286_13largeBlogPaint

甲板からの眺め。
ここから函館港までおよそ3時間50分かかっていた青函連絡船。
今では新幹線で2時間の距離。
昔は移動するのにいちいち時間と体力が必要だった時代、
でもそれだけドラマがあったでしょう。
冬の寒空、雪の降る中、ここから北海道へ帰る人たちが
じっとこらえながら船が出るのを待っている情景が目に浮かびます。

それでは歌っていただきましょう。
津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車おりたときから
青森駅は 雪の中
北へ帰る人の群れは誰も無口で
海鳴りだけを きいている
わたしもひとり 連絡船に乗り
こごえそうなカモメ見つめ泣いていました
ああ~~~
津軽海峡冬景色~~~~~~~

ありがとうございました!!

6669941_2257578338_60large


青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

住所: 青森県青森市柳川1丁目112-15
TEL: 017-735-8150
営業時間: 4月~10月 9:00~19:00
       11月~3月  9:00~17:00
休館日: 4月~10月 なし
      11月~3月 毎週月曜日
公式サイト: 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
※羊蹄丸時代の青函ワールドなどが見られる
青函ワールドジオラマ残し隊もチェック!!




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村