6669941_2259305377_123large

木曽川をせき止めてダムを作ったおかげで誕生した
岐阜の景勝、恵那峡にやってきました。

6669941_2259305378_248large

恵那峡が誕生したのが大正9年。
それまでこのあたりは大きな岩がゴツゴツした急流だったところ、
水力発電にぴったりの地形と、豊富な水量に着目した福沢桃介大井ダムを作りました。
大井ダムは日本で初めての、水力発電用に作られたダムでもあります。

6669941_2259305448_95large

福沢桃介はあの、1万円札でおなじみの福沢諭吉の次女の婿養子であります。
福沢桃介は諭吉パパに留学や就職など多くの力添えをしてもらうと
のちに電気事業でブイブイいわすようになり「電力王」と呼ばれるまでに大成。

6669941_2259305376_3large

するといつの間にやら福沢桃介は、日本で初めての女優「川上定奴(さだやっこ)」
「パートナー」と称し、いつでもどこでも一緒に行動するようになります。
大井ダム建設に関しても難工事を極めるも
川上定奴の援助が功を奏し、苦難を乗り越え完成したとのこと。
援助ってなに?
パートナーっていうか愛人でしょ?
と、うがった見方をしてしまうわたし。

6669941_2259305475_166large

大正9年から続く観光地、恵那峡はいまでも人気で
次から次へと観光バスがじゃんじゃん乗り付ける歴史ある名所。
中でも注目なのがこの回転展望レストラン シルバーレイク

6669941_2259305474_25large

中に入ると素敵なゴージャスぶり!!
じゅうたん、壁、手すり、そして階段
すべてがパーフェクトなザ☆昭和。

6669941_2259305473_239large

文化会館か芸術センターのような、高級で特別な雰囲気。
レトロがただよう階段は、一段一段しっかり踏みしめて登りたくなる。

6669941_2259305472_151large

そしてのぼりきるとジャジャン!!
現在は無料休憩所になってるんだけど、かつてはここが
回転展望レストランでした。

6669941_2259305468_88large

その証拠にこのレール。
レールの外側がクルクルと回転していたんですね。

6669941_2259305471_35large

窓の外には美しい恵那峡の景色!!

6669941_2259305470_240large

マッサージチェアも置かれ、マッサージしながら景勝美を堪能できるなんて最高!!

6669941_2259305466_164large

さて、恵那峡に来たらぜひとも乗ってほしいのが遊覧船ですよ。
年がら年中30分に1本運行してるんだから、めちゃくちゃヤル気あります。

6669941_2259305465_83large
6669941_2259305464_183large6669941_2259305462_218large

恵那峡遊覧船乗り場の周りにはおみやげ屋さんも充実。
遊覧船出発時間までおみやげでものぞいていこう。

6669941_2259305439_174large

特に最近売れ筋なのがレトロなおみやげ。
売れないから捨てようと思ってたけど
レトロ好きな人がたまに来ては大量買いしていくからと
倉庫から出てきた掘り出しものたち。

6669941_2259305445_83large

お盆になぜかハスキー犬が貼り付けられた恵那峡グッズ。

6669941_2259305461_147large

わたしも買った!恵那峡の景色が描かれたペナント。
ピンクとブルーの2色をご用意。

6669941_2259305444_188large

これも即買い!!
色褪せて元々なに色だったのか不明な
恵那峡紙袋!!!

6669941_2259305442_222large

2000年まで恵那峡を渡っていた世にも珍しい丸いゴンドラも描かれている貴重な逸品。
この疾走感、たまらん。
買います!!!

6669941_2259305463_166large6669941_2259305460_21large

いよいよ恵那峡遊覧船出発の時刻。
乗り込んでみましょう。

6669941_2259305459_32large

川から眺める恵那峡の景色はまた格別。
春はさくら、秋は紅葉が楽しめるのでぜひ乗ってみて。

6669941_2259305457_17large

船の中にはバスガイドも兼業している東鉄観光のガイドさんが
恵那峡の見どころや歴史を解説してくれるのでわかりやすい!

6669941_2259305450_99large
6669941_2259305449_195large

片道10キロ、往復およそ30分のクルージングは
意外と高速でビュンビュン飛ばしながら
次から次へと奇岩や自然を眺めていく非日常体験。



それではここで、クルージングの様子をご覧ください。

6669941_2259305458_211large
▲獅子岩(左)と金床岩(右)

6669941_2259305455_228large
▲屏風岩

6669941_2259305452_218large
▲岩が3つ重なって「品」の字のように見えるから品の字岩

6669941_2259305451_97large
▲アマゾン川のように雄大で穏やかな付知川

6669941_2259305454_10large

美しい景色を眺めると心洗われるな~

6669941_2259305375_72large

ところで、おみやげ屋さんで見かけたグッズにも描かれていた
2000年まで動いていた丸いゴンドラ。
恵那峡のこっちとあっちをつないでいたロープは今でもかかっていて
いつでも復活できる予感。

6669941_2259305374_55large

2000年までは、こっち側の遊覧船乗り場から、
あっち側の恵那峡ランド(現 恵那峡ワンダーランド)へロープウエイで行けたのでした。
現場には、いまだ残るロープウエイの面影。
当時のものが現場で見られるうれしさに感動!
※現在でも恵那峡ワンダーランド内に当時のロープウエイがそのまま保存されています!!これは必見!!

6669941_2259305431_170large

恵那峡を存分に楽しんだ最後は
恵那のえき、天界苑に寄っておきましょう。

6669941_2259305429_146large
6669941_2259305424_30large

ドライブインである天界苑には
ちびっこが遊べる遊具をはじめ
ときにはイベントが開催されたりもする様子。

6669941_2259305420_124large

店内には食堂とおみやげスペース、足湯もある。

6669941_2259305381_226large
▲激安中古DVDや本まで売っている。

6669941_2259305422_176large
▲タイ人が1年かけて廃材で作った作品も。

6669941_2259305385_166large

2階には無料休憩所珍宝館もある!とのことなので
矢印の方向へのぼってみましょう。

6669941_2259311327_143large
隕石あります!とおおげさにアピール。これは見なくちゃ!

6669941_2259305394_80large
▲2階にあがると待っていた兵馬俑

6669941_2259305417_103large

こ、ここが珍宝館!?
たしかに見る限り珍宝だらけ・・・!!

6669941_2259305415_171large
▲2億年前の恐竜のたまごと恐竜の化石

6669941_2259305412_57large
▲古代エジプト文明副葬品レプリカ

6669941_2259305406_183large
▲紙のように薄い!世界一薄い食器

6669941_2259305404_248large
▲世界のスプーンと世界のマッチ

6669941_2259305402_250large
▲ナポレオン時代のフランス製燭台。

6669941_2259305414_46large
▲見るからに珍品

6669941_2259305386_206large

あれ?そいえばあれだけアピールしてた隕石ってどこだろ??
と探してみると

6669941_2259305392_32large

足元にあった!!
置く場所がなくなってきたのでしょうか、床に置かれる隕石。

6669941_2259305388_26large
6669941_2259305387_88large

日本ではここだけ!!と得意げに置かれたNASA認定の大隕鉄は
恐竜の化石の隣、大きな座布団の上に鎮座ましまし。

6669941_2259305396_86large
▲珍宝館の隣には、お弁当も広げられる無料休憩所。

6669941_2259305384_231large

天界苑からは隣の恵那峡ワンダーランドにもつながっていて
動物とふれあえる広場や池、小川などのお散歩コース経由で
恵那峡ワンダーランドへも入場可能。

6669941_2259305383_219large

天界苑のトーマスは人気だったのかな??
残念ながらいなくなってしまったことを伝えるひらがな。

6669941_2259305382_181large

その隣には希望をあたえる助言も加えられていました。
気が利く~!


恵那峡遊覧船のりば

住所: 岐阜県恵那市大井町奥戸2709-104
TEL: 0573-25-4800
定休日: 年中無休
公式サイト: 恵那峡遊覧船



天界苑

住所: 岐阜県中津川市蛭川5735-211
TEL: 0573-45-3838
公式サイト: 天界苑




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村