6669941_2267592620_134large

天下のミシュランガイドで星1つ獲得しました!!
と豪語するからくりミュージアムにやってまいりました。

6669941_2267592621_87large

からくりミュージアムというからには
からくり人形がメインなわけなんだけど
高山まつりでおなじみの屋台からくりが
ここでは年中見れるというなんともありがたい施設。

6669941_2267592581_12large

またの名を獅子会館という
からくりなの??獅子なの??どっち??
と、不安になる要素も含むからくりミュージアム。

6669941_2267592618_24large
▲とりあえず中に入ってみよう。

6669941_2267592610_247large

中に入るとババーン!!
ちょっとした舞台の前には整然と並ぶイスが
団体客ウエルカム状態。
しかしちょうど団体客が出払ったタイミングだったので
今回はわたしと他4名(赤の他人)で観覧することに。

6669941_2267592605_78large

舞台の周りにはいかにも動きそうなからくり人形が待ち構え
まだかな?まだかな?と期待を募らせる。

6669941_2267592616_215large

はじまるまで少々時間があるので
周りに置いてある獅子頭を見学。

6669941_2267592615_83large

これが獅子会館の名前の由来である獅子頭。
ここには全国の獅子頭が約300点展示されていて
その顔つきや大きさはさまざま。

6669941_2267592612_166large

しかしこれといって説明はないので
考えるな、感じろ!の精神でふむふむ知ったかぶりをしよう。

6669941_2267592604_20large

さて、いよいよ始まりました!!
からくりミュージアムのメイン、からくり人形実演のはじまり。
あれ?この人もからくりで動いてるのかな?
みたいなお姉さんの説明で小気味よくスタート。

6669941_2267592603_213large

まずはこちら棒からくりというもので
コミカルな弁慶の動きと、軽妙に橋杭を渡る牛若丸が見どころ。



その様子がこちら。
一体どうやって動いているの??と
こどもから大人までわくわくするからくり。
いやあ、からくりってほんと、おもしろいですね。

6669941_2267592600_233large

続いては放れからくりというもの。
角兵衛獅子が見事に空中ブランコで渡っていく様子。



こちらも動画で。
最後の着地まで目が離せません。
去り際に手を振るかわいらしさも憎い演出。

6669941_2267592599_69large

そしてこちらは、からくりの中でも操るのが難しいとされる糸からくり。



大黒様が打ち出の小槌を振るうと、壺が割れて色鮮やかな花が出現。
大黒様の面も獅子に変わり、獅子が華麗に舞い踊る様子。

6669941_2267592598_232large

そしてこちらは文字書きからくり。
恵比寿様が実際に文字を書くというのだから驚き。
縁起のいい文字を書いてくれるんだって。
なんて書いてくれるのかな~??

6669941_2267592597_169large

差し出された紙にゆっくりと文字を書く恵比寿様。
一体どうなってるの~??

6669941_2267592596_94large

実は恵比寿様の下でおっちゃんが一生懸命
恵比寿様の手を動かしていたのでした~!!
とネタバラシ。
にしてもスゴイ。

6669941_2267592594_123large

できました~!!!
と書かれたのはめでたい「寿」の漢字。
この文字はお客さまにプレゼントされるので
しあわせになりたい人は力づくでも必ず手に入れよう。

6669941_2267592593_180large

最後は有名な茶運び人形。
お茶碗を手に乗せると、重さでからくりが動きだし
お客さまの前まで進み、お茶碗を取り除くと止まる。
再びお茶碗を乗せるとくるりと反転し、元の位置に帰る。
これぞ日本の伝統、匠のわざ、おもしろいな~!!

6669941_2267592592_102large

からくり人形の上演が終わると、さっさと舞台が明るくなり出口へと誘導。
次の部屋にも再び、大量の獅子頭が雁首を揃えて整列。
ココが獅子会館でもあることを忘れさせない仕組み。

6669941_2267592591_88large

全国各地の獅子頭がありがたそうに並べられるも
からくり人形の楽しさに気を取られ、全然頭に入ってこない獅子頭たち。

6669941_2267592590_203large

よく見ると全部違うんだよ~
もっと見てってよ~

6669941_2267592589_173large
6669941_2267592587_209large
6669941_2267592586_162large

お気に入りの獅子頭を見つけてみよう。

6669941_2267592584_93large

出口ではお疲れさまでした~!!
とガッチリお客さまを待ち構えるおみやげコーナー。

6669941_2267592583_197large

その端っこでは、自分で操作ができるからくり人形が!
これ、団体で来てたらパリピが独占しちゃうやつ~!!

6669941_2267592582_204large

あたりには誰もいないのでここぞとばかりに挑戦してみました。
わーい!!おもしろーい!!

高山観光のついでに立ち寄ってみて!


飛騨高山獅子会館からくりミュージアム

住所: 岐阜県高山市桜町53-1
TEL: 0577-32-0881
営業時間: 9:05~16:25
定休日: 年中無休(冬期休館あり)




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村