6669941_2272640664_230large

11月23日
今日は、八百萬(やおよろず)の神様が
この、蒲田の地に集まり
年に1度の神様のおまつりがある

ということでやってまいりました。

6669941_2272640667_46large

大田区民ホール前に行くと
遠目でもわかるそれっぽい方々が準備中。

6669941_2272640666_110large

大田区役所前ではなんと!!
雲に乗った神々が、行列をなして待機中!!
こんな光景、見たことない!!

6669941_2272640665_205large

このおまつりは
神命大神宮(しんめいだいじんぐう)という
天照大御神(あまてらすおおみかみ)様を
主祭神として祀る神社のおまつり。


6669941_2272640606_112large

ルートは、JR蒲田駅を午後1時にスタートしたあと、
環八通りをグイグイ進み、
およそ2時間かけて神命大神宮の本宮にゴール。
どこで待機するか、事前にルートを歩いて決めておこう。

6669941_2272640663_19large

午後1時
JR蒲田駅周辺で待っていると
キタキタキタキタ!!!
八百萬の神さまが、世界平和への玄関口として
この地、蒲田をまず清め、発展へとつなげるための行列だ!!

6669941_2272640662_31large
6669941_2272640661_93large

まずは、巫女さんぽい人や、見るからに偉そうな人、
すり足で粛々と担がれるお神輿など、前座的要素の集団が通過。

6669941_2272640658_111large

そのあといよいよ八百萬の神さまたちのお出まし。
特になんのBGMもなく
ガラガラと音を立てながら、台車で運ばれる神さまたち。

6669941_2272640659_109large

神さまといえどココは蒲田の一般道。
信号が赤になれば止まり、青になったら進む。


▲神様の様子を動画でもご覧ください。

6669941_2272640655_137large
6669941_2272640654_196large

神さまの後ろには、このまつりの見どころ、
日本の各地に伝わる神話の世界を再現した巨大な山車が登場。

6669941_2272640653_75large

まずはこちら、言わずと知れた
天の岩戸開き

6669941_2272640652_208large

天の岩戸に隠れた天照大御神(あまてらすおおみかみ)を、なんとか引っ張り出そうとしているシーン。
山車の上では、天手力男命(あまのたぢからおのみこと)が岩戸を必死に開こうと踏ん張り、
その前では天宇受売命(あめのうずめのみこと)が舞い踊っています。

6669941_2272640651_77large

さらにその前では神々が楽器を演奏したりして
賑やかに騒いでいるシーンを再現。



さらに時折、岩戸を開けようとしている天手力男命(あまのたぢからおのみこと)が
ウオオオオオオオ!!!!!と叫ぶところも必見。
一瞬たりとも見逃せない神代行列。

6669941_2272640650_253large

続いては天孫降臨。
電飾もチカチカ光っている大がかりな山車の上には
さまざまな神様が並んでいます。

6669941_2272640649_190large

1ミリたりとも表情を変えない、直立不動の神さまたち。
こちらから手を振ったって、振り返すことなどしてくれません。

6669941_2272640648_131large

煙を巻き上げながらやってきたのは
やまたのおろち

6669941_2272640647_253large

八つの頭の大蛇が、グワングワンと首を振っていて
その大がかりな仕掛けは有名テーマパークのパレードさながら。

6669941_2272640646_140large
6669941_2272640645_112large

太刀を振りおろし、大蛇を退治する須佐之男命(すさのおのみこと)。
その隣には櫛稲田姫(くしなだひめ)も見守り、隅々まで見逃せない!!

6669941_2272640644_82large

続いては、草薙の剣。
遠征を命ぜられた日本武尊(やまとたけるのみこと)は
妻である弟橘姫命(おとたちばなひめのみこと)と東へ向かっている途中、
敵に草の中へと誘われ、四方から火をつけられると、
日本武尊は剣で草をなぎ倒し、敵をやっつけましたとさ。

6669941_2272640642_109large

そこから草をなぎ倒した剣を、草薙の剣と呼ばれ
三種の神器のひとつとされています。

6669941_2272640640_111large

こちらは天女の羽衣。

6669941_2272640638_98large

舞台は静岡県にある三保の松原。
日本新三景のひとつになり、国の名勝でもあるわけだけど
山車には、三保の松原から見える富士山の方を意味する世界遺産の文字が。

6669941_2272640637_244large

山車には天女と、羽衣がひっかかった松。
天女の足元には羽衣を隠した漁師
と、登場人物全員が登場し、物語をワンシーンで見事に再現。
天女の背後にはしっかりダイヤモンド富士に虹もかかっててめでたい!

6669941_2272640636_130large
6669941_2272640634_241large

さあさあこちらは誰もが知ってるかぐや姫の登場だ。
山車全体を竹で囲んでたり、大量の花がちりばめられたりで
とにかく装飾の手が込んでいる。

6669941_2272640632_54large

山車の後方には天女を従えた、月に帰ろうとしているかぐや姫。

6669941_2272640631_206large

山車の中央には、おじいさんとおばあさんも座っている。

6669941_2272640635_86large

山車の前方では、小さいこどもがおじいさんのコスチュームで竹を割っている演出も。

6669941_2272640633_67large

こどものタイミング次第で竹がパカッ!と開き
中にはかぐや姫が入っている!!という仕掛けも!!

6669941_2272640630_128large

随分日本人離れした顔立ちのかぐや姫。

6669941_2272640628_136large

まだまだ続くよ、お次は
因幡の白うさぎと大黒様だってさ。

6669941_2272640627_24large

山車には実写のウサギやサメ、お花畑の画像が貼られ
神話だというのに、妙に現実味のあるムードが漂う。

6669941_2272640626_145large

山車ではサメとウサギの着ぐるみが手を振っていて
今までの神様と違い、明るくごきげんな雰囲気。

6669941_2272640624_34large
6669941_2272640623_216large

こちらは海彦山彦乙姫さま。
この話はのちの「浦島太郎」のもととなった神話だそう。

6669941_2272640622_176large

続いては悪者退治と書かれている、誰がどう見ても桃太郎。

6669941_2272640621_128large

その御一行がこちら。

6669941_2272648820_242large

鬼を退治してお宝を持ち帰っているシーンでしょうか
死んだ魚のような目で一点を見つめ、覇気を失った桃太郎。
後ろをついている犬やサルも、なんだか居心地悪そうで
全体的に気まずい空気が流れています。

6669941_2272650292_113large

さらにその後ろには赤鬼と青鬼が。
お宝を取られて精神的ダメージが大きかったのでしょうか。
かなり落ち込んだ様子で、トボトボとあとをついていきます。

6669941_2272640619_193large
6669941_2272640618_245large

神代行列の最後部は、神聖な雅楽やおごそかな舞ではなく
賑やかなブラスバンドとバトントワラー
最後まで見たら先回りをして行列を追いかけよう。
だって、何度も何度も繰り返し見たいから!!

6669941_2272640617_227large

さて、再び行列の先頭にたどり着きました。
すべての神様を隅から隅まで
静止画と動画、両方で抑えよう。

6669941_2272640616_229large
▲下からあおるとまさに、雲に乗っているようでカッコイイ神々。


▲神々の様子、今度は動画でも。


▲一番グッと来る山車はどの神話かな?お友達と話あってみよう!

6669941_2272640614_219large

途中、神々は
国道15号、第一京浜を横断。
交通量の多い環八通りを練り歩くことに。

6669941_2272640613_150large
6669941_2272640615_15large

どれだけ渋滞の原因になろうと
どれだけ好奇の目にさらされようと
一切表情を変えることなく、動揺しない神さまたち。

6669941_2272640612_30large
6669941_2272640611_214large
6669941_2272640609_157large

JR蒲田駅から出発しておよそ2時間。
ついに神命大神宮本宮に到着。

6669941_2272640608_177large

なんの放送や合図もなくジワッと終わり、
空気を読んで山車から降りる神々。

6669941_2272640607_106large

蒲田の地に神々が集まり
なんとなく終わった神代行列。
さすが2時間も歩くと神様たちもヘトヘトの様子。
楽しかった!お疲れさまでした!!


神命大神宮 神代行列

日時: 毎年 11月23日(祝)
時間: 午後1時スタート
場所: JR蒲田駅から神命大神宮本宮まで




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村