6669941_2273217057_85large

○○の街、△△市
○○にはたいていその土地の名産や名所、自然が入ったりすることが多いけど
はじめて見ましたブライダル都市、こんなキャッチーな形容詞、全国探してもココだけでしょう。
一瞬にしてハートをわしづかみされました、高砂市です。

6669941_2273217015_149large

駅前から激しく渋い商店が連なり、わたくしを迎えてくださいました。
駅を出た第一印象が街を予想させ、見たことのない光景に旅情を感じます。

6669941_2273217017_139large

商店街を裏から見た様子がこちら。
いつまでも残っていてほしい、高砂の宝ですね。

6669941_2273217055_23large

駅から徒歩10分ほど歩くとたどり着いたのがこのステキなアーチ。
商店街への入り口です。

6669941_2273217054_14large

アーチの中をのぞくと

6669941_2273217051_162large

細い路地のその奥で、わたしを待ち伏せているかのように
猛烈に存在をアピールしている大きな看板。
今までこんなにドキッ!とする商店街あったでしょうか?!
平成29年、高砂センター街!

6669941_2273217050_211large

入り口では歴史のありそうな酒屋さんが、中で角打ちができそうな雰囲気。

6669941_2273217049_7large
6669941_2273217048_87large

あらいや食料品店の看板には
今日もお買物はと書かれた矢印がついてる!!
ステキ!!

6669941_2273217047_16large
6669941_2273217046_11large
6669941_2273217036_104large

角のオシャレなお店はパン屋さんでしょうか。
店内もさぞかしハイカラなのでしょう。

6669941_2273217041_165large

そして高砂センター街とつながっているのが高砂銀座商店街。
センター街の次に銀座、ここはまさしく高砂の中心地。

6669941_2273231112_175large

銀座商店街の入り口をご覧ください。
どうですか?この様相。
凱旋門みたい!!

6669941_2273217043_226large
6669941_2273217042_166large

播磨環境管理センターに支えられた柱と
かつては夜ともなるとネオンで光っていたであろう銀座商店街の文字。
その上には播州信用金庫の文字と、てっぺんには信用金庫のシンボルマークまで掲げられ、
この土地での権威を表しています。

6669941_2273217019_16large

商店街を抜けると目の前には国鉄高砂駅跡の遺構があり、
銀座商店街はまさに駅前から始まる商店街だったという証拠。

6669941_2273217022_68large
6669941_2273217021_244large

遺構のそばには梅ヶ枝湯という激渋な銭湯も。

6669941_2273217020_17large

その裏側はもっとカッコイイ。

6669941_2273217040_176large
6669941_2273217038_222large

銀座商店街には、時と場合によってシャッターが開きそうなお店が並び
かつての面影を存分に残す。

6669941_2273217037_254large6669941_2273217025_183large
6669941_2273217034_89large

反対側の入り口も、どんな具合か見てみましょう。

6669941_2273217030_180large
6669941_2273217028_227large
6669941_2273217027_185large

おおお!!!
こっちはあっちと違って
マツバプロパン、マツバ練炭の2本柱が支えるマツバ商事株式会社が、単独で凱旋門をスポンサー。
てっぺんにはマークらしいものは見当たりませんが、以前はなにかしらあったのでしょうか。

6669941_2273263884_190large

そしてこっちの商店街を抜けると現れるのがココ。
白玉だんごのような丸くてかわいい街灯が連なる間に、大きくて貫禄のある本町商店街のアーチ。
淡い水色に赤い文字も、青空に映えてすばらしい。

6669941_2273217031_165large

ここにもブライダル都市の名が刻まれ、
夜になったらギラギラと輝きそうなネオン管が見えます。
こうゆう大きなアーチは老朽化が進むと、落ちたらヤバイということでとっとと撤去されがちなんだけど、残っていてくれてありがとうございます。

6669941_2273217024_163large

さて、高砂駅から商店街の間にはサンモール高砂という、高砂市でもっとも古いショッピングセンターがあったので立ち寄ってみましょう。

6669941_2273217254_207large

サンモール高砂は1976に開業。
スーパーマーケット、専門店、カルチャースクールが集まったモール形式で、さらに高砂ハイツという分譲マンションと接続。

6669941_2273217217_117large6669941_2273217251_100large

マンションの住人は雨に濡れず、サンモール内だけですべてが揃ってしまう超絶便利な居住空間。

6669941_2273264530_34large

しかし文化のデストロイヤー、イオンが到来したためでしょうか、サンモール内の店舗は次々に撤退、閉業。
そしてついにサンモールショッピングセンターも、2017年12月9日で閉鎖されてしまいました。

6669941_2273217209_161large

訪れたこの日は閉鎖されるわずか2週間前。
閉店間際の様子をお届けします。

6669941_2273217223_91large

サンモールのサンをあらわす太陽のオブジェと、モールのMをかたどったような門が、サンモールの入り口。

6669941_2273217225_25large

ガラス張りの大きな窓と高い天井、吹き抜けの空間や屋外のエスカレーターは、当時としては前衛的でオシャレなつくりだったのでは。
ここには2015年まで西友が入り、食料品、日用品、衣料品、家電まで揃えていたもよう。

6669941_2273217212_212large6669941_2273217214_150large
6669941_2273217227_97large

ショッピングセンターとマンションの間からは、サンモールという名にふさわしい日差しがたっぷり降り注ぐ。

6669941_2273217219_7large

柴田最正堂の店内の棚には、ゴンチャロフ、モロゾフ、本高砂屋、神戸風月堂など、神戸を代表する名菓が並び、兵庫県に来たんだなあという情趣を感じる。

6669941_2273217221_171large

屋根のある中央部は広い吹き抜けとステージまであって、ご当地アイドルのコンサートや地元ラジオの公開収録にぴったりの空間。

6669941_2273217249_213large
▲フェンスの形が独特でおもしろい。

6669941_2273217243_49large
6669941_2273217245_225large
6669941_2273217230_171large6669941_2273217232_71large

西友と専門店街を結ぶ渡り廊下には、花のようなかたちのエレガントなフェンスも。

6669941_2273217240_245large
6669941_2273217238_33large

2階で唯一営業していた中華料理の白鳳。
モール内にはほとんど人が歩いていないのに、ここだけは次から次へとお客さんが来る人気店。
「12月で出て行かなきゃなんないんだけど、まだ移転先決まってないんだよ~
 お客さんが自転車で来れるくらいの距離がいいんだけどね。」と話していたけどどうなったのかな。


高砂銀座商店街

住所: 兵庫県高砂市高砂町鍛冶屋町




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村