1

犬山市にある遊園地。
日本モンキーパーク
愛知県にお住いなら行ったことあるよって方も多い施設。
現在も土日ともなると家族連れで賑わってるほど定番のレジャースポット。

2

しかし、道路を挟んで隣にあるモンキーセンターの方は行ったことあるよって人、少ないのでは。
わたしもかつてはモンキーパークでしこたま遊び倒してきたすじ。
しかしモンキーセンターの方には一歩も足を踏み入れてこなかったんだよね。
あれ?それってただ別料金だからかな?
みんなのご家庭では両方入らせてもらえてたのかな?

3

そんな、モンキーパークとは別料金のモンキーセンターがこちら。
入り口からどことなく昭和の雰囲気が漂って良し。
おとなになった今だからこそ、存分に楽しめる場所なのかも。

111

モンキーセンターとはその名の通りサルしかいないサル専門の動物園
60種900頭ものサルを見ることができ、その規模は世界最大!
さらに、たびたびニュースに出てくるめちゃくちゃ賢いチンパンジーがいる
京都大学霊長類研究所がモンキーセンターの隣にある。
サル好きの間では知らない人はいないスゴイ施設なのだ。

4

園内に入るやいなや目に飛び込んできた名物企画
冬の風物詩、たき火にあたるサルが開催中!
曲芸とかおやつタイムとかではなく、たき火にあたるサル。

6

というのもサルは本来、火を怖がるんだけど
ココにいるサルは屋久島に生息するニホンザルの亜種、ヤクニホンザル。

5

サルのたき火シーンは絵的には地味なパフォーマンスですが
ヤクニホンザルは屋久島に5000頭ほどしかいない絶滅危惧種だし
火を怖がらないサルとして世界中から注目を集める大変貴重なサルなのである。

15

こちらはヒヒの城。
アヌビスヒヒというヒヒが70頭もいるとのこと。

10

サルの中にはエサをあげられるものもいる。

11

こちらがアヌビスヒヒ70頭。
わりと大きいサルがこんなにいると結構な迫力。



ではここで、アヌビスヒヒ70頭による反時計回りをご覧ください。

13

歩き疲れたのか休憩をはじめるヒヒも。

14

真ん中はメス、両隣はオスのドリカム状態。
性器丸出しでひなたぼっこする姿はなんともほっこりとした和やかムード。

9

周りを水辺に囲まれた島にはリスザルが放し飼い。
野性味あふれる自然な姿のリスザルが見られるよ。

7

茂みを見ているとガサガサなにかが動いてる!

8

目が慣れてくると、あ!いた!!
あそこにもいた!!
リスザル、めちゃくちゃいる!!

16

モンキーパーク&モンキーセンターのゴミはサルが回収。

27

サルに導かれモンキーセンターの奥へ奥へ。

2829

モンキーセンター後半は動物園らしく、ガラス越し&檻越しのサルたちを見学。

30
31
32

どのサルも、個室ビデオの看板持ちスタイルで待機。
ゆるぎなく不動。

33

人間に見られている意識が高いサルは
ヒトが近づくとみずから近づいてきたり、顔を寄せてきたりすることも。

17

知らないサルばかりでこどもが飽きてきたときも、
この看板を見たらモチベーションあがるでしょう。
サル界のスター、ゴリラとチンパンジーはモンキーセンターの一番奥、アフリカセンターで待ってるよ!

2619

こちらはレトロな雰囲気が残る南米館。

21

扉を開けると南米を再現した暖かい空気と独特のにおいが充満。
小さなサルが大きな檻の中でギャンギャン駆けまわっている。

20

さすがサル専門の動物園にはサル大好きな人が働いているのでしょう。
サルの見どころや特徴の解説、
疑問をその場で解決させてくれる、ていねいでわかりやすいガイドシートも完備。
そう、南米館はくさい。

23
22

小さいサルはめちゃくちゃかわいい。

18

ゴリラとチンパンジーもいるよ!

34

ロープで仕切られた広場にやってくるとカメラを持っている人が。
なにを撮っているのかな??

35

その先には放し飼いされたワオキツネザルがいた!!
え!え!檻も柵もないよ!こっち来ちゃうんじゃない!?

36

来たーーー!!
やっぱり来たーーー!!
サルには触らないでくださいっていうわりには
向こうの方からこっちに近づいてくるんですけど!
こっちが遠慮しちゃうくらい積極的なんですけど!!

37

お待たせしました!
やっと着いたよアフリカセンター

39

いたーーー!!!
ジャングルにたくさん
チンパンジーいたーーー!!!

38

そして室内には、モンキーセンターのメイン、ゴリラもいたーーー!!
名前はタロウ。
ドイツ出身の1973年生まれ。
寝転がっていたところでわたしと目が合うと、スックと立ち上がり、この姿に。
スゴイ、さすが霊長類。
わたしより仕事への意欲が高い。

44

モンキーセンターの端にはかつて、モンキーセンターとモンキーパークを結ぶスカイダンボという乗り物がありました。

41

現在、乗り場だけは残り、スカイダンボは撤去。
わたしも好きでよく乗ってたんだけどな~

42

スカイダンボのそばにあるココが、かつて犬山遊園駅からつながっていたモノレールの駅。

43

2008年12月で営業は終了してしまい
犬山遊園駅~成田山~ココまでのレールも撤去。

45

が、しかし
駅の裏側へ回ってみると

46

あーーーーー!!!
モノレールが残ってるーーー!!!
これは感動!!!!!


47

これこれ!!
これに乗るの楽しみだったんだよね~~~!!
よみがえる~~~!!!

48

このサル柄のシートもなつかしい~!!
すごい!うれしい!!残っていてくれてありがとーーー!!
※ちなみに可児市にある湯の華アイランドの駐車場にもモノレール車両が保存されています。

51

ここまで来たら思い出を探しに、モンキーパークにもやってきました。

58

サンリオのキャラクターが集結したコーヒーカップ

57

遊園地の花形、豪華2階建てメリーゴーラウンド

62

乗り物より、描かれたキャラが気になるキディランド

55

モンキーパーク側のスカイダンボ乗り場も健在。

63

屋内型のゲームコーナー

61

屋根には見覚えがあるような複数のキャラが混ざったドラゴン。
店の名前はドラゴンスクエア!!

50

あれ!?この乗り物は
養老ランドで見たフォミューラーワンによく似てる!!

4960
59

端々に描かれた絵のテイストがまさにそっくり!!
これは後世に伝えたい文化遺産ですね。

56

コレあったな~!!と懐かしいものもあれば
こんなのあったっけ??と見覚えのないものも多く
記憶の答え合わせが楽しくてあっという間に閉園時間。

111111

最後にコレだけは見ておこう!!
モンキーパークにはあの世界的に有名なTARO OKAMOTOが作った作品があるぞ!!

52

それがこちら!!
こ、これは!!
あの、大阪万博の太陽の塔にそっくり!!

53

そうです。
こちらは大阪万博の1年前に作られたその名も
「若い太陽の塔」
太陽の塔あっての若い太陽の塔です。
太陽の塔より1年若いんですからね。

54

結果、モンキーセンターとモンキーパークはどっちも楽しい!!
片方だけといわず、両方行こう!!


日本モンキーセンター

住所: 愛知県犬山市官林26
TEL: 0568-61-2327
営業時間: 季節や曜日で変動するため公式サイトで確認してください。
公式サイト: 日本モンキーセンター



日本モンキーパーク

住所: 日本モンキーセンターの隣
営業時間: 季節や曜日で変動するため公式サイトで確認してください。
公式サイト: 日本モンキーパーク


ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村