P4243328

黒石駅から車で20分ほど。
青森の激渋温泉、温湯(ぬるゆ)温泉です。
国道から脇に入るといきなりのアーチ。
なにこのウエルカム感、最高じゃない??

P4243322

裏側にも書かれた手書きの温湯温泉。
このアーチをくぐりにわざわざ来る価値あるよね。

P4243398

温泉街自体はさほど広くない、こじんまりとした雰囲気。
川のせせらぎと鳥のさえずりしか聞こえない、とても静かな温湯温泉。
やっぱりこうゆうところが落ち着く~!

P4243381

温湯温泉は古くから湯治(温泉地に長期滞在して温泉療養をおこなうこと)で有名な湯場のようで、細い路地沿いに並ぶ宿は「客舎」と呼ばれるもの。
客舎とは、湯治客が米などの食料、布団まで持参して長く滞在する湯治宿泊施設で、自前の風呂を持たず一つの共同湯を複数の施設で維持しながら、湯治客に「通い湯」をしてもらう形態。
現在では通常の旅館と変わらないシステムで営業するものの、今でも寝具持込可など湯治客を大事にしているお宿が多いようで。

P4243304

これはスゴイ!
温泉街でひときわ存在感のある白泰商店。

P4243314

コンビニもスーパーもない温泉街ではこうゆうお店は貴重。

P4243311

このあたりでは、窓の横に額縁みたいなスペースを持つ建物をよく見たんですが、なにかの習わしでしょうか。
デザインが凝っていてすごくカッコイイ。

P4243317

キリスト看板やオロナミンCが、さらに建物のレベルをあげる。

P4243319

お買い上げのお客様にゴールデンスタンプを差し上げてるようで、貯めたらなにがもらえるのかな?

P4243316

食料品、日用品はもちろん、塔婆も売ってるようでこれは頼もしい!

P4243318

白泰商店の向かいのこちらでは、おみやげとかも売っていたんでしょうか。
最近は小さな温泉街だと、おみやげが道の駅に集約されてしまって、レトロなおみやげ屋さんってなかなかないんだよね。

P4243331

手描きで力強く書かれた標語で防犯意識を高める。

P4243337

こちらは信用金庫の廃墟。
柵つきの窓がものものしい雰囲気。

P4243298P4243297

もともとはなにかお店をやっていたようなところに、いまはオシャレなカフェがオープン。

P4243291
P4243295

タイルがかわいい白戸百貨店は店内どんな感じだったのかな~

P4243288

急におなかが痛くなっても安心、薬局も営業中。

P4243360

ここにも温泉街のコンビニのような役割を果たす、酒たばこの土岐商店。

P4243377

土岐商店から美しいカーブを描く建物がのび

P4243356
P4243357

土岐客舎へと続いていました。
土岐商店とは中でもつながってるのでしょうか。

P4243347

こちらは別館のような、ここも土岐。
どれも味わいのある建物ばかりです。

P4243372

土岐商店の向かいにも雰囲気のある建物。

P4243374

壁には温泉客舎 後藤の文字が。

P4243366

すぐそばにはなにこれ!!
めちゃくちゃカッコイイんだけど~!!

P4243367

こちら、盛萬客舎の窓の横に額縁みたいなスペース。
どうやら屋号を書くみたいだけど、ステキすぎてしばらく見とれてしまいますね。

P4243378

小綺麗な共同浴場、鶴の名湯朝4時から22時まで営業。
入浴料はおとな200円と激安でイイ湯に浸かれると大人気。
これは1日に何回も入りたくなっちゃうな~!

P4243369P4243395

さて、今回宿泊したのはひときわ目立つこちらのお宿、飯塚旅館。

P4243394
P4243389

こちらにもほら、屋号が書かれたイカつい看板がカッコイイ~!!

P4243403
P4243400
P4243401

外観は歴史を感じる雰囲気ですが、内装は改装してるようで、清潔感のあるフローリングときれいな壁に模様替え。
ぬるゆといっても温泉自体は熱めのイイお湯。
朝食もついてるので安心です。

P4243307

静かな温泉街にレトロな建物が並ぶ温湯温泉。
共同浴場に入りながら散策にぜひ訪れてみて。


温湯温泉

住所: 青森県黒石市温湯鶴泉79(鶴の名湯)




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村