P8045405

刃物の町、関市が誇る
世界レベルのあらゆる刃物を作る
フェザーによるフェザーの博物館
フェザーミュージアム
久しぶりに来たな~懐かし~なんて思いながら入館すると

P8045409

え?
なにこれ??

P8045408

思ってたのと全然違う!!
いつのまにかリニューアルしてた~!!

P8045411

以前は地場産業を紹介する地に足を付けた博物館だったのに
平成28年にリニューアルしていて
めっちゃくちゃおしゃれになってた~!!
しゃらくせえ~!!!

P8045413

相変わらず入場無料の館内に入ると
こちらはまさに企業のショールーム的に洗練された、美しいフェザーヒストリーのコーナー。

P8045415

製品第一号から最新製品まで1つ残らず全部展示。
こうゆうのって記念で作られたものだけちょろっと展示されてる場合がほとんどだけど
フェザーは全部保存してあるし全部見せたい。

P8045418
▲フェザーは日本企業で初めて、安全カミソリ製造を開始。

P8045420
P8045422

エピソードもただ文字を並べるだけじゃなく
写真やイラストを交えながら子供でもわかりやすく解説。
これはおとなでもうれしい工夫。

P8045429

ヒゲに生きる男性社員たちは、よりよい品質保証のため自らヒゲそり試験を行う当然の義務があるため、全男子社員に対し家庭におけるヒゲそりは厳禁!会社で剃れ!とのお達し。

P8045438

昭和感のある写真で購買欲を高める、女性用のカミソリはフラミンゴに見えるから製品名は「フラミンゴ」

P8045441

少女向け雑誌の付録にありそうな、かわいいカミソリ「プッチーニ」
これなら学生カバンに忍ばせても、かわいいねって褒められそう。

P8045423
▲安全カミソリのケースは今でも使いたいくらいカッコイイデザイン。

P8045443

そして2018年以降は、フューチャーへの期待をもたせるガラ空きスペースに。
これからここに商品が埋まるってわけか~夢あるな~

P8045444

新聞広告やテレビCMなどで話題になった広告物。

P8045453

もっと、もっとフェザーの商品、見て!!
と、上に並べるだけじゃなく、横の引き出しにもギッシリ展示。
こんな台、画材屋さんでしか見たことないぞ。

P8045460

雑誌の後ろに載ったフェザーの広告もひとつひとつ全部見てほしい!から、縮小して並べたり、ファイルに閉じたりして全部保存してある。

P8045462

こっちは全国の鉄道沿線に設けられたフェザーの野立て看板。
どの位置に立ってるのか、細かい場所もきっちり書いてある。

P8045469

外科用のメスは国内シェア1位のフェザー

P8045472

毎年10月第三土曜日は運動会を開催し、人間関係良好のホワイト企業をアピール

P8045467
▲テーブルは替え刃の形でインスタ映えを狙う。

P8045476

こちらは替え刃で替え刃を描いた替え刃の壁。

P8045480

近くでよく見たらほんとだ!全部替え刃だ!

P8045485

壁に描かれた文字を映すとFEATHERの文字が出現。

P9139820
▲リニューアル前のフェザーミュージアム

以前のフェザーミュージアムは主に
刃物と床屋の歴史を、実際に使われていたものを展示しながら解説し、
ところどころ漂う昭和感とB級臭が見どころでした。

P9139799
▲リニューアル前のフェザーミュージアム

しかもその品々はこうしてロープ一本隔てただけで、貴重なものを間近に観察できました。

P8045497

しかし現在はこう。
大量の収蔵品はガラスの向こう。
これじゃ近づいて見られないし、写真も反射してうまく撮れないよね~

P8045487

ガラスの奥にはスッカスカの棚も。
まだまだ並べる余地あります。

P8045502
P8045514
P8045516

しかも、道具ひとつひとつには名前も解説もなにもなく、ただ似たようなもの同士がキレイに並べてあるだけ。
おしゃれを追求しすぎた結果でしょうか、文字を排除した結果これがなんなのか、ノーヒントで考える超難問。

P8045508

ガラスの前には解説用のタッチパネルがあるんだけど、文字がないため同じ見た目のものを探すのに一苦労。

P8045503

カミソリの持ち手が楽器になってる!
誕生日プレゼントにピッタリのおもしろグッズかな?

P8045491

あ!リニューアル前のフェザーミュージアムにもあった
わき毛を剃る美女の像があった~!!

P9139809
▲リニューアル前のフェザーミュージアム

あのマネキンがひっついてたパーマの機械はどこにあるんだろう?と探していると

P8045518

あった!!
ガラスの向こうにパーマの機械あった!!
けどマネキンおらず、写真で解説かよ~

P9139816

どうですか?
写真なんかじゃなく、こうしてマネキンが実際にパーマをあててるところを間近で見た方が、
こたつのコードみたいなのにつながったクリップでひとつひとつ熱をかけるんだな~ってことがよくわかるよね??
絶対こっちの方がイイに決まってる!!

P8045528

こちら、精神と時の部屋みたいな真っ白の空間では、シェアナンバー1を誇る外科用の刃物を展示。

P8045483

いろんな「切る」シーンが永遠と流れるスクリーン。
まるでNHKかのような無駄のない作りこまれた映像に引き込まれる。

P8045556

こちらはいろんな「切る」をテーマにした展示スペース。
とにかく隅々までデザインがシャレとるな~!!

P8045544

けずり「切る」、はさみ「切る」とはどんな動きをするのかな?
レバーを動かすことで「切る」動きを拡大して、切れる仕組みを見ることができるという展示におとなの方が感心。
わかりみが深い~!!

P8045542

ちびっこならずとも参加したくなるクイズコーナー。
ただ文字と画像が出るだけじゃない、おしゃれなデジタルテクノロジーは、チームラボが作ったのかな?ってくらいすこぶるアーティスティック。

P8045532

「切るのアート」を体験してみようのコーナーでは

P8045533

用意されている紙を機械に差し込んで

P8045536

レバーをギュッと降ろすと

P8045537

丸い穴が開くというアート。
レベルが高すぎてちょっとなにいってるかわかりません。

P8045574

週末には意識の高いファミリーが集まるおしゃれ空間に変貌してしまったフェザーミュージアム。
関市観光のアクセントに取り入れてみては。


フェザーミュージアム

住所: 岐阜県関市日ノ出町1-17
TEL: 0575-22-1923
開館時間: 9:30~16:00
休館日: 火曜日




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村