荻窪駅から徒歩6分
レトロ好きなら誰もが憧れる宿
西郊ロッヂングに泊まってきました。

PA121334

暗闇に浮かび上がる登録有形文化財。
暗くてよく見えなくてもその重厚な貫禄はわかるもんですね。
西郊ロッヂングは昭和5年に建てられた、もともとは高級下宿屋。
この、よく写真で見る西郊ロッヂングと書かれ、銅版葺きドームを掲げたこの館は昭和13年にできた新館。
現在は賃貸マンションとして貸出中。

PA121332

新館の隣にあるこの純和風な入り口が、泊まれる文化財。
西郊ロッヂングの本館、旅館西郊(せいこう)。

PA121326

昭和5年に建てられた本館は、もともと洋館としてスタート。
少しずつ手をいれて現在ではその面影もわからないほど和風の旅館へと大変身。
隅々にまで行き渡る意匠の数々が素晴らしいと、建築好き、レトロ好き、日本好きの外国人まで幅広い人気。

PA121342

高級そうな門を開けると、背筋が伸びる入り口がお目見え。
「こんばんわ~」と入ると、とてもやさしそうな女将さんが迎えてくださいました。

PA121400
PA121416

入ると桜の寄せ木で作られた広い床。
赤いじゅうたんが敷き詰められた階段と、煌々と光る洋風の照明が高級感を演出。

PA121398

玄関の隣には、洋間の高級下宿屋時代の名残がうかがえるロビー。
かつては食堂として使われていたのだそう。

PA121402

大きなマントルピース(※)の中ではガスストーブが焚かれていたんだとか。
装飾タイルは大正~昭和初期にかけてヨーロッパで流行っていたもの。
その隣、ケース入りの人形を乗せる台として使われているのは、戦前に販売されていた電気蓄音機。
かつてはラジオやレコードが流れ、戦時中は軍歌も流していたという。
めちゃくちゃしれっと貴重なものが置かれていて緊張が走るロビー。
※マントルピースとは、居間やホールの壁につくりつけられた、装飾をもつ暖炉。

PA121422
PA121353

「西の郊外だから西郊。
最初は全部洋間の下宿屋だったからロッヂングと名付けました。」

お話好きの女将さんが、おそらく何万回も説明してるであろう西郊の見どころや歴史を、丁寧に話してくださいます。
ロビーには西郊が掲載された本や雑誌がいっぱいあるので、じっくりお勉強しよう。

PA121357

今回泊まったのは菊の間。
1泊素泊まりで7000円。
部屋の位置や広さ、装飾によって値段が違う。

PA121360

天井や柱、欄間に意匠がほどこされ職人技が光る。
部屋の作りはそれぞれ違っていて、粋な遊び心が存分に味わえるのがポイント。
荷物を置いたら早速館内を散策してみよう。

PA121378
PA121434
PA121431
PA121385
PA121387
PA121389
PA121423PA121428

旅館西郊は“コの字”型にできていて、真ん中は50坪ある広い庭。
部屋のどこからでも庭が見えるようにできている。

PA121430

こちらが隣接する賃貸マンションの西郊ロッヂング。
現在12部屋あり、常に満室状態。

PA121438

めちゃくちゃ古そうなカミソリとシャンプーの自販機

PA121446

浴槽は意外と今風で清潔に保たれています。

PA131448

翌朝
夜には見えなかったものが見えるチャンス
早起きして散策しよう。

PA131449
PA131453

夜とはまた違う朝の廊下。
夜には気づかなかった細かい意匠が見えてきて楽しい。

PA131470

夜は見えなかった50坪の庭園。
周りは背の高いマンションばかり建っているのに、ここだけは自然豊かな癒しスポット。

PA131466

朝になったら空いてるお部屋をご覧になってと、女将さんのはからいで
他のお部屋も見せてくれることに。
やったー!!

PA131508

以前は各部屋に残っていたマントルピースが唯一残っているお部屋。
ここにはクローゼットがあって、ベッドがあって、各部屋に電話もつながっていたんですよと丁寧に解説をしていただきました。

PA131523

こちらはもっとも装飾に手の込んだ「松の間」

PA131524

奥の部屋の天井は船底。

PA131517

手前の部屋の天井は網代と、異なる意匠。
随所にこだわりを感じる素晴らしいデザイン。

PA131534

庭を臨む大きな窓ガラスは、ほとんどが戦後の改修当時のもの。
近くで見ると、表面が波打っていることがわかる。

PA131538

藤棚や小池、石灯篭もある庭園には、季節によってさまざまな花が楽しめ、春には桜、秋には紅葉も。

PA131507

窓のフチには細かい装飾もあって油断できない。

PA131590

建物の素晴らしさはもちろん、女将さんのやさしさに居心地の良さを感じる旅館西郊。
最近は団体での宴会・同窓会・大広間での古典芸能・お芝居・コンサートも開かれ、
宿泊だけでなく、イベントにも使われるんですって。
まずは東京の宿泊に一度利用してみては。


旅館西郊

住所: 東京都杉並区荻窪3-38-9
TEL: 03-3391-0606
料金: 1泊素泊まり1名6500円~




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer

★サポートお願いします!
いつもありがとうございます!
記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃいましたら、Amazonギフト券による投げ銭システムでサポートお願いいたします!



●記入方法

図1

①金額は空白欄に自由に書きこんで下さい。15円から設定可能です。
②配送はEメールを選択。
③受取人はpandalion2000@yahoo.co.jpです。
※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。
④贈り主・メッセージは自由です。
⑤数量はです。
⑥あとはカートに入れてAmazonのお買い物と同じ要領です。

よろしくおねがいいたします!!