P8110000

珍スポットのメッカである愛知県の中でも、5本の指に入る珍度を誇るのがココ、風天洞。
入り口から見てわかるように、ここの特徴はとにかく大量に押し寄せる仏像の多さ。
これだけ多くの仏像に囲まれたら、ここに来るだけで一生分のご利益を獲得できること間違いなしだ。

P8110002

風天洞は山の中にある。
入り口からいかにもありがたそうな仏像が並び、導かれるまま山道を登ろう。

P8110004

しばらく歩くと、信楽焼きのタヌキが並ぶタヌキ大明神がお出迎え。
しょっぱなからタヌキを神扱いするあたり、期待が高まるでしょ?

P8110032

まずは最初の見どころがこちら、
十二支守り本尊。
ズラリ並んだ赤い門にはそれぞれ十二支の神が祀られてるってわけなんだけど

P8110033
P8110034

防空壕のような横穴の中には、干支にちなんだ壁画と守り本尊。
しかし像のクオリティーに比べると、壁画がなんともチープすぎる。

P8110054

さらに門の上には
じぇじぇじぇ!!!
カラダは観音、頭はケモノのの半獣人だ!!!

P8110054

牛と寅の半獣人

P8110095

頭もカラダも精巧に作られていてめちゃくちゃリアル。
本来、こどもを携えたやさしく美しい女性のお姿に、頭だけケモノに変えることで、こんなに強くてたくましい珍妙な姿になるのかと絶句。

P8110119
P8110129

あらゆる仏像が溢れかえる境内。

P8110134

この地方最大の六地蔵尊。
ご利益も最大!

P8110127

2つ目の見どころはここのメインでもある風天洞。
平たく言うと、洞窟めぐりだ。

P8110158

風天洞の入り口に着くと誰もいない。
しかしご安心ください。
しばらくすると人が来たことを感知して、どこからともなくお寺の人がやってくるシステム。

P8110160

ひと通り説明を受け、「暑いからこれ持ってって」と、うちわと懐中電灯を持たされ洞窟へ。
気が利く~!!

P8110228

洞窟は全長500メートルある、巨岩を積んでできた巨岩窟。
一体これどうやってできたの!?と不思議すぎて結構マジでスゴイ。

P8110401

通路は狭く、急な階段もあるので、滑りにくく歩きやすい靴で行くべし。
外は30℃を越える猛暑日でも、さすが洞窟の中は涼しいな~

P8110289
P8110303

洞窟の中にも、隙間を埋め尽くすように大量の仏像が並ぶ。

P8110307
P8110376

洞窟でのメインアトラクションは七福神めぐり。
黄金に輝く七福神をめぐって、ご利益を残さずゲットしよう!

P8110257

さらに洞窟内ではビッグイベント
お金を洗うと何倍にもなって返ってくるという銭洗いコーナーも設置。
一見ドブのようなこの水でお金を洗うことで、ドブに捨てるようなことにならないでしょうか。

P8110262

銭洗いコーナーの前では、あらゆる神が踊り狂うクラブ状態。

P8110337P8110356

柱に仏面がびっちり張り付いた、泣く子も黙る魂の作品、風天神。

P8110413

出口へ導くチベットの神。

P8110431
P8110446

洞窟が終わってもまだまだ止まらない、山を埋め尽くす大量の仏像。
一体ここはどこ??夢の中かな??

P8110447

順路の矢印に導かれるまま、続いてはこちらの小屋へ。

P8110457

中に入ると
うわーーーーー!!!すごい!!!
歴代天皇の肖像画だ!!!

P8110460

さらにその下には、大量生産された聖徳太子像!!!
その数およそ8千体あるらしい。
一体なにが作者を狂わせたのだろうか・・・

P8110468

なぜかアクセント的に、黄金の聖徳太子像が紛れ込む。

P8110472

こんな調子でひたすらずっと続く。
なんなんだここは。

P8110505

なんの説明もないまま、ひたすら肖像画と聖徳太子像で埋め尽くす空間。

P8110486

時々、服の色が塗ってない天皇がいるのはなんなんでしょうか。

P8110503

現在のラストを飾るのは、平成天皇。
ここにこれからも歴代天皇が肖像画として追加されていくんですね。

P8110517

肖像画コーナーが終わるとまたいろんなものが置かれたカオスの部屋へ。

P8110522

2階もどうぞと上がってみると、
あ!!この人形は!!
延命山大聖寺大秘殿にいた裸弁天!!
ここにいたんだ~!!
延命山大聖寺大秘殿は風天洞と同じ経営者が営んでおり、2014年に閉館しました。

P8110609

最後にここ一番の名物スポット、楊柳(ようりゅう)観音へ。

P8110619

それは岩の底に描かれた観音様を、寝ながら拝むという珍しいスタイル。

P8110637

その観音像が描かれている岩がコレよ。
マジ!?デカすぎない!?これどうやってつくったの!?

P8110623

寝拝みスペースには、体の悪いところと同じところにおふだを貼って治癒を願う仏様も。

P8110648
P8110672

ほかにもまだまだ境内には仏像が溢れ、日当たりのいい場所にいる仏像は、洗濯物干し場としても利用。

P8110675

こちらは世にも珍しい、交通安全を祈願する自動車観音。

P8110681

手には聖火とハンドルのようなものを持ち

P8110679

ロイスロイスと書かれた車の上に乗っているようだ。

P8110776
P8110778

それがこちら。
後ろの緑に同化して見えにくいけど、ハッキリ右手にはハンドルのようなものを持ってるぞ。

P8110684

こっちには男女陰陽石なんてのもあるって。

P8110774

それがこちら。
よっ!待ってました!!
やっぱり珍スポットにはコレがなくっちゃ~!!


岩戸山観世音寺 風天洞

住所: 愛知県豊田市大蔵町横手山5
TEL: 0565-64-2279
参拝時間: 8:30~16:30
入洞料: 1000円




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer

★サポートお願いします!
いつもありがとうございます!
記事を気に入って下さった方、「寄付してあげてもいいよ」という方がいらっしゃいましたら、Amazonギフト券による投げ銭システムでサポートお願いいたします!



●記入方法

図1

①金額は空白欄に自由に書きこんで下さい。15円から設定可能です。
②配送はEメールを選択。
③受取人はpandalion2000@yahoo.co.jpです。
※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてあるのでご注意ください。
④贈り主・メッセージは自由です。
⑤数量はです。
⑥あとはカートに入れてAmazonのお買い物と同じ要領です。

よろしくおねがいいたします!!