6669941_2237042346_92large

飛田新地

ココは今でも現役稼働中の遊郭街
昔の雰囲気を今でも色濃く残していてまるで異空間
ずらーっと並ぶ「料亭」の入り口にはライトアップされた美しい美女が
ニコーッと手招きをしていた。

見た感じまるでキャバクラのおねーちゃん。
めっちゃかわいい!!
普段、パネルマジックに騙されている男性たちにとっては
目の前の女の子とデキるっていうだけで興奮するんですって。
女の子の手前にはエプロン姿の客引きのおばはんが
「お兄ちゃん!お兄ちゃん!おっきいで!若いで!!」と声をかけてくる。

裏通りへ行くと年齢層があがり、
おばはん、おばはん、巨乳、おばはん・・・
キレイに化粧してキレイな服着て
薄幸感を漂わせながら非処女の貫禄を見せつける。
こっち見ながらニコニコしてる感じが、その辺にいる占い師みたい。

さらにその奥、その名も妖怪通りへ。
わ!!
どう見てもBBA(ババア)や!!
熟練のワザで骨抜きにしてしまうテクニックの持ち主たちが勢ぞろい。
BBAたちはあつかましくもバッチリメイクをしているし、
ライトも後ろから前から下から横から
めいっぱいに浴びているので、キレイっちゃキレイ・・・かな。

モテすぎたイケメンが一周回って
たどりつく境地なのでしょうか。
それとも単なる敬老意識?
天井のシミでも数えていれば、なんとなくやり過ごせそうです。

夜ともなると人が増え
唯一ある公衆トイレには長蛇の列。
1度コトを済ますともらえるアメちゃんを舐めながら
今見てきた世界を武勇伝的に話す男たち。
タクシーで乗り付けるおじさんや
興味本位で挑戦する若者たちで溢れ
大変賑わっていました。

ただ女性だけで歩くことは 
ダメ!!ゼッタイ!!



そんな飛田新地にある
大正初期に建てられた妓楼が料亭になった
鯛よし百番 で宴会をしてきました!

6669941_2237054060_177large

外観も内装も当時からそのままでとにかく豪華絢爛
見所がいっぱいありすぎてウハウハニヤニヤしっぱなし!!

6669941_2237042356_55large
▲広い玄関では女将さんが出迎えてくれる。

6669941_2237042350_176large

入り口にある顔見世の間
昔々は実際に女性が並んでたわけだけど
写真ができてからはパネルで選ぶシステム。
今も変わってませんね。
ココも当時は白黒の写真が貼ってあったんだそう。

6669941_2237042358_234large

喫煙スペース兼待合い所の向かいにあるのが

6669941_2237042372_241large

こちらは日光の間と呼ばれ
日光東照宮の陽明門がリアルに再現。

6669941_2237042385_210large

中は応接室になっていて、客が待つ部屋として使われていました。
こんな部屋に通されたらソワソワしっぱなしだよね。

6669941_2237042384_27large
6669941_2237042382_164large
6669941_2237042376_16large
6669941_2237042378_37large
▲天井には龍の絵が描かれている。

6669941_2237042373_113large

階段は京都の三条大橋風味だったり、

6669941_2237042360_149large

広間へ続く橋は住吉大社の太鼓橋だったりと
とにかく全国の建築の寄せ集め。
いいとこ取り!

6669941_2237042194_103large
 
とにかく壁からふすまから豪華過ぎる装飾の数々・・・

6669941_2237042193_66large

傷みは激しいものの、当時のままの姿が見られるなんて最高!

6669941_2237042361_33large

ココは清浄殿という名のトイレ

6669941_2237042396_68large

中に入ると天井に豪華な絵が。
感動の連続!!

6669941_2237042388_119large
▲2つ目の階段

階段も出入り口もINとOUTで別々。
他の客と鉢合わせないようにね。
今のファッションホテルにもあるシステムですね。

6669941_2237042395_178large

2つ目の階段には鳥居がくっついていて印象的。

6669941_2237042387_176large
▲出口専用扉

6669941_2237042370_187large

中庭にある大きな石は
手前が男根を、奥の石は女陰を表しているとか。
すべての装飾に意味があると思うと
ワクワクしてくるし、こうゆう知識って
スッと覚えられますね。

6669941_2237042365_215large
▲2階から中庭をのぞむ。

6669941_2237042394_26large
▲2階の廊下も意匠が凝っていて見どころいっぱい!!

6669941_2237042390_110large
▲それぞれの部屋がまるで一軒家のようなたたずまい。

6669941_2237042368_33large
▲宿場町のような絵が描かれている、随分手の込んだ部屋。

6669941_2237042392_55large
▲部屋の入り口に井戸のような装飾。

6669941_2237042363_211large

昔は1階で宴会がおこなわれ
2階で情事がおこなわれたんだそう。

6669941_2237042389_213large

いまでは、会社員の宴会から学生のコンパ、
闇取引みたいなことまでおこなわれているのでしょうか、
めちゃくちゃにぎわっていました。

6669941_2237042364_183large
▲2階の部屋はどの部屋もこんな感じ。

6669941_2237042211_63large

今回はなんと
1階の豪華な部屋、2部屋ぶち抜きで
宴会が開催されました!!
やったー!!!

6669941_2237042207_55large

1階の「ぼたんの間」「鳳凰の間」
部屋中いたるところの意匠がめちゃくちゃ豪華!!
人気があるので早いうちに予約しよう。
※別のお客さんが入っているときは部屋の中を見ることができません。

6669941_2237042206_164large
▲ぼたんの間のぼたん

6669941_2237042195_166large
▲鳳凰の間の鳳凰

6669941_2237042398_192large
▲ぼたんの間の外側

6669941_2237042209_246large
▲ふすまの裏側

6669941_2237042203_82large
6669941_2237042196_6large
▲隅から隅まで感動の連続!!

6669941_2237042199_221large

メニューは会席と鍋料理のコースのみ。
おひとり3000円からとかなりリーズナブルなので
忘新年会や宴会など、気軽に利用してみよう。

飛田新地ではカメラ絶対禁止だけど
鯛よし百番は写真撮影OKなので
レトロな雰囲気好きな人はぜひ1度行ってみて!!


鯛よし百番

住所: 大阪市西成区山王3-5-25
TEL: 06-6632-0050
営業時間: 17:00~23:00
定休日: 月曜日 (12月は営業)



ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村