北関東屈指の有名珍スポット“ガマ洞窟”

6669941_1791059070_158large_20130903220551a06.jpg

ココはいわゆるドライブイン
筑波山でレジャーするまえ、したあとに
フラッと寄る定番休憩所なんです。

6669941_1994106367_150large.jpg

ゴチャゴチャしてるなぁー!!!
このまとまらない感じ、いいね!!珍スポしてるね!!!
なんとも懐かしい雰囲気が実にムラムラワクワクするでしょ!?

6669941_1994106366_153large.jpg

筑波山はあの、傷薬として有名なガマの油が名物で
いたるところにガマの油売りの看板。
の横には、奉納だの、みくじだの、ガマの前にはボウリングのピンまである始末。

6669941_1994106361_220small.jpg 6669941_1994122170_48small.jpg

では早速、話題のガマ洞窟
入り口はココ

6669941_1791059100_224small.jpg

ラブホテルの駐車場みたいな入り口を抜けると
中はこんな感じ

6669941_1994106358_67small.jpg

誰かにもらったみやげものでいっぱいになった人ん家の玄関
みたいなかなり雑多な空間
結局、ココってなんなの???

なぞが解けないまま暗い洞窟を進むと
岩肌の向こうに網で囲まれた個室の中には「猪明神」
あれ?ガマ、どこいった??

6669941_1994106354_208small.jpg

なに?奉納?神社でしょうか?
いいえ、ココはお化け屋敷です。

6669941_1994106613_60small.jpg

しかも手作り感100%!!
実に文化祭レベルな出来ばえは、中学生カップルのデートにピッタリ。

6669941_1994106612_195small.jpg

ブニブニしたやわらかい床に足を取られ、
上からぶら下がってるナニか、床に置きっぱなしのナニかに
集中力をさえぎられながら 真っ暗闇でなんにも見えない
道というか通路を一歩一歩進む。
どっかから漏れてくる光と、気になるあの子の腕が頼り。
ひんやりした風がスーッと入ってきて

きゃーっ!!なに!?と思ったら出口だった。

6669941_1791059098_197small.jpg

そして屋上には、誰がどう見ても完全なる廃墟
デパートの屋上か、田舎の遊園地みたいな光景
昭和で時が止まってる・・・

6669941_1994106609_247small.jpg 6669941_1791059088_62small.jpg

ちびっこひとりも遊んでおらず、
わたしたち大のおとなたちだけがキャッキャとはしゃいでいた。

6669941_1994106604_199small.jpg 6669941_1791059081_26small.jpg

ときおり、草むらに紛れるようにおかしなオブジェが隠れていたり
ふと柵の向こうを眺めると、屋根の上には巨大なカエル!!!
の上にシマウマ乗ってる!!

なにこれ!?ナゾすぎて怖い!!!

6669941_1994106605_70small.jpg 6669941_1994106608_y67small.jpg

「日本ではじめて空をとびました。今屋上でちょっと一休みです。会って下さい。」

何回読んでも、なに言ってんのかわかんない。

最後におみやげ屋さんに寄ると

6669941_1994106611_166small.jpg

空いてる空間を埋めるスペース
展示、雑!!

駐車場に書いてあった看板
もうココすべてが・・・

6669941_1994106610_94small.jpg


ガマ洞窟

住所:茨城県つくば市筑波山つつじヶ丘
TEL:029-866-1480
休園日:12月、2月、9月の木曜日
営業時間:9時~17時
入場料:大人500円、子供200円




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村