筑波山の登山客でにぎわい、観光バスが列をなす
筑波山つつじヶ丘駐車場

P5255239

ここにあるのが
北関東屈指の有名珍スポット
ガマランドです。

P5255244

どうですか?このド迫力
ロープウェイだのトイレ休憩だの、筑波山そっちのけで気になって仕方がないゴチャゴチャ感。
これは寄らずにはいられないでしょ??

P5255249P5255248

まずは遠巻きで観察してみよう。
ドライブインのようなおみやげコーナーの横には
バカにデカイガマガエルが待ち構えていて、
なにやら遊具が並ぶプレイコーナーと、山の上にもカエルがいるなーって。
こっち見てんなーってことがわかる。

P5255256

近くでよく見ると
筑波山名物の“ガマの油売り口上”をひたすらアピール。
それにちなんでここもガマランドって名前なわけね。

P5255262

ほおづえをついてこっちを睨みつけているガマガエル。
おみくじとか洞窟とかガマの油売りとか、まわりの雑音が多すぎて願いに集中できないよ~

P5255259

ありがたそうなものはなんでも飾っちゃうよくばり気質のガマランド。
いいね!

P5255264

ここに来たら必ずみんな体験するのがこちらの
ガマ洞窟。
連れ込み宿の入り口のようなビニールのビラビラが、怪しさを際立たせています。

P5255265

ガマ洞窟への入場券は隣のおみやげコーナーで販売。
このおみやげコーナーもまたレトロでいい感じなんだな~。

P5255266P5255267

なんといっても目につくのが天井からぶら下がる看板。
どれもこれも初めて見る名産品に旅情を掻き立てられます。

P5255436

在庫処分のようなショーケースにはかわいい人形が陳列。

P5255435

カゴの中にはなぜかトラの置物が捕らえられていた。

P5255268P5255269P5255272

ケース内の空いたスペースも有効活用していていとおしい。

P5255273

さて、いよいよお待ちかね。
おたのしみ・・・
ミステリーゾーン ガマ洞窟
へ。

P5255274
▲入場券はおとな1枚500円

P5255275

入り口で出迎えてくれたのはカエルじゃなくてなぜかラスカル。
「無事通れればどんな災害でもまぬがれるでしょう」(通ってみてネ ラスカルより)
だってさ。

P5255276

中に入ると早速、ひとの家のようなファンシーな玄関。
ぬいぐるみがいたりお花が咲いてたりして、ほんとに怖いのかな~??

P5255283

ガマ洞窟というだけあって、実際に洞窟の中をグイグイ進む。
壁には蛍光塗料で書きなぐったようなイラストが描かれ、
天井からは不燃物のようなものがぶら下がり、文化祭級のクオリティにホッ。

P5255285

足元では「あれ?さっきまで誰か寝てた?」みたいなフカフカの布団で平衡感覚を狂わせる。

P5255300

巨大イノシシはコッチと書かれた標識に導かれ入ってみると

P5255304

ちょっと開けた空間に到着。
奥にある檻を覗いてみると

P5255308

ドデカイ!!
筑波山で捕らえられた大イノシシじゃ!!

P5255313

捕まった大イノシシは剥製になった挙句
いのしし明神として祀られてるってわけ。
猪突猛進とかけまして、入試突破、合格祈願
さらに家内安全にまでご利益があるそうな。

P5255320
P5255336

なにかが動いたり音が鳴ったりすることは一切なく
最初から最後までずっと「無」。
無の中で人形が立ってたりぶら下がってたりしているので
こっちから見つけてこっちが勝手に驚くという、能動的なお化け屋敷。

P5255364

なぜかこの一角だけクオリティが高く、本気度が違う。
緩急がすごいな。

P5255369

あれ?まだここはガマ洞窟じゃなかったのかな??

P5255376

それにしても暗い。
ほぼ真っ暗。
懐中電灯を持ってないと、仕掛けにすら気づかれないレベル。

P5255386P5255394P5255401

暗闇の中では畳み掛けるように、薄気味悪いマネキンがこっちをガン見。
ヒィ~ッ!!こっち見んな~!!

P5255380

真っ暗な檻の中をのぞくと、なにかをぐるぐるに巻かれたいぬがいた。

P5255407

続いては通路の半分を占める巨大なカエル!!
出た~!!!
これがガマ洞窟のラスボスか~!!

P5255426

ひんやりした風がスーッと入ってきて
わーっ!!なに!?と思ったら出口でした。

P5255448P5255449

おみやげコーナーの2階は食堂になっていて
団体客が来たら営業するのかな?
レトロな雰囲気ですごくいい。

P5255471

そしてその上にはチビッコお目当ての遊具コーナー

P5255462P5255456

しかし、どれもこれも動く様子がなく、荒れ放題で残念。

P5255467P5255468
P5255475

無料ジャンボすべりだいも休止中。
せっかくいろいろ遊具があるのに、使えないなんてもったいないな~

P5255474

崖を水色に塗り、
カエルの置き物を座らせた
神秘 ガマの滝。
土砂降りの雨が降れば多少雰囲気が出るのでは。

P5255476

こちらが遠くからでもハッキリ見えた
日本一のガマ明神。

P5255479

ガマ明神の前からは田園風景が一望できて最高!

P5255477

ふと手すりを見ると、なにやらメッセージが。
「日本ではじめて空をとびました。今屋上でちょっと一休みです。会って下さい。」

P5255480

どうゆうこと???
と、下を見ると

P5255482

屋根の上には巨大なカエル!!
の上にシマウマ乗ってる!!

なにこれ!?ナゾすぎて怖い!!

P5255485


ガマ洞窟

住所: 茨城県つくば市筑波1
TEL: 029-866-1480
休園日: 12月、2月、9月の木曜日
営業時間: 9時~17時
入場料: 大人500円、子供200円




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村