上野の国立科学博物館へ!!
みんな、行ったことある??

さすが国立!!ってだけあって、ココの見学所要時間は
ざっくり見ておよそ6時間
コレ、マジなんだって。
じっくり見たら1日かかるくらいめっちゃくちゃ広い!!

まずは大抵いつもなにかしら行われている特別展
このときは「深海展」でした。

6669941_2003850825_240small.jpg 6669941_2003849668_64small.jpg

深海を探索する方法や深海で見つかった魚
名物は巨大イカ、ダイオウイカ

6669941_2003849667_100small.jpg 

おみやげコーナーにも実寸大の
ダイオウイカぬいぐるみが山積み!

6669941_2003849664_234small.jpg

特別展を見るだけでも1時間~1時間半
それからもっとも広い地球館

地球館内の大部分は化石のオンパレードで
思わず、わぁっ!!!と声がもれちゃうくらいすんごいド迫力!!

6669941_1791059129_228large.jpg

だって、人間の数倍もある巨大な生物が
化石になってじゃんじゃんよみがえってるんだもの。
人間なんて、ちっぽけな生き物なのだ。

6669941_1995452049_223small.jpg

中にはキバとかツノとかがめちゃくちゃ巨大化してる生き物も。
デカイやつほどモテたんでしょうきっと。
進化の基本ってそんなとこだから。

6669941_1995452039_122small.jpg

もうこれとか、キバ、邪魔じゃない??
進化の方向性コレでよかったのかな??

6669941_1995452038_66small.jpg

こちらは、どっかで会ったことありますよね?と
目を疑っちゃうような、おさかなくわえてドラ猫追っかけてそうな大昔の人間

6669941_1995452034_167small.jpg

ありとあらゆる地球生命体を展示

6669941_1995452019_93small.jpg 6669941_1995452014_15small.jpg

小学館の図鑑シリーズか、はたまたデアゴスティーニか!?
ってぐらい種類豊富でなんでも揃ってる!!
コレ1種類ずつ毎号届いたらすごい年数かかるなぁ!!
 
6669941_1995451997_144small.jpg

昔の日本コーナー
こちらはツボや経絡が書いてある小さいおじさん

6669941_1791059122_58small.jpg

こちら、昔のお医者さんが勉強に使ってた
木でできた骨。
積み木感覚で体の仕組みがわかるんだねぇ

6669941_1995451995_218small.jpg 6669941_1791059117_54small.jpg

そしてガラスケースに収められた動物たち・・・

と、ココまでが地球館
この時点で4時間半経過してた・・・

かなり疲れたと思うけど、まだまだあるよ!!
最後に忘れないで!!

おみやげコーナーの手前にあるエレベーターに乗ってあがって
日本館!!

6669941_2003831467_89small.jpg 6669941_2003831446_126small.jpg

ココは、旧国立科学博物館の本館
天井やステンドグラスがとても美しい!!

今は日本のいろいろが展示されていて
日本で見つかった化石のいろいろから

6669941_2003831469_202large.jpg

日本人の今昔をリアルな人形で再現

6669941_2003831448_50small.jpg 6669941_2003831457_117small.jpg

この人形たち、バッチリ顔認証するほど
超リアルでたぶん夜中動いてるなーって思うくらい。

6669941_2003831458_97small.jpg

ほかにはさまざまな日本の動物が紹介されていて
イノシシの歯って真横に生えてんだなーとか

6669941_2003831466_206small.jpg

日本の犬の例として
“秋田犬(ハチ)”

6669941_2003831462_61small.jpg

ハ チ !?
あの、渋谷駅前でご主人を待ち続けていた

HA CHI !?
が、剥製になってるぅぅぅーーーーー!!!!!

リチャードギア、これ見てまた泣くんちゃう!?

その上には

6669941_2003831461_174small.jpg

“カラフト犬(ジロ)”

あの、南極に連れて行かれたタロとジロのジロ
が、こんなところに剥製になってる!!

こんな2大有名犬をこんな場所でお目にかかれるなんて!!

さらに!!
日本館イチの名物

6669941_2003831452_54small.jpg

ミ イ ラ 

江戸時代の女性のミイラが、壺の中に膝を抱えた状態でいます!
います!
写真撮影禁止なので、ぜひ一度見に行ってみて!!


と、とにかくありとあらゆる地球生命体が見れて
一日つぶれる!まじで!!
ほんとに全部見るのに6時間かかった!
ので、くれぐれも待ち合わせまでの暇つぶしなんかに使わないで!
休みの日に気合入れて見に行ってみてね!


国立科学博物館

住所:東京都台東区上野公園7-20
TEL:03-5777-8600
入館料:おとな600円
休館日:月曜日(日・月曜日が祝日の場合は火曜日)年末年始
開館時間:9時~17時(金曜日は9時~20時)
HP:国立科学博物館HP




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーやシェアを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村