日本で唯一!
宗教都市、天理に行ってきた!


天理市にある天理教とは
日本で江戸時代末に成立した新宗教の一つ。
中山みきを教祖(おやさま)とする宗教団体です。

天理市が誕生したのは1954年、昭和29年。
天理教ができたのが江戸時代なので

天理市にあるから天理教なのではなく
天理教があるから天理市なのだ!


駅前からまずコレ

6669941_2016278928_218large

天理教では、人間の命の発祥地の中心を「ぢば」(地場)と称し
通常は、丁寧語の「お」をつけて「おぢば」と呼ぶ。
“人がこの地を訪れること”は、“故郷に帰ること”なので、
天理に来ること=「おぢばがえり」と呼ぶ。

そのため天理駅や天理市内のいたるところに
「お帰りなさい」や「ようこそおかえり」という看板が目に付く。

6669941_2016278842_38large

天理駅の改札の奥、
団体待合室の入り口に。

6669941_2016278838_253large

新聞の販売コーナーに。

6669941_2016278927_124large

駅前にある交番に貼ってあったもの
よく見ると信者詰所の電話番号!
こんな街はじめて!!

6669941_2016278909_57large

詰所とは、天理の街を走っているといたるところに見える
「○○詰所」と書かれた大きな建物。
詰所とは全国各地から天理を訪れた信者が宿泊する施設。
一軒家風のものから、マンションのような作りなどさまざま。

6669941_2016278860_195large

ちなみに詰所には、事前に詰所の所属教会に連絡すれば信者以外でも宿泊利用可能
(素泊まり1名1000円、食事一食250円、要身分証明)
詰所って信者以外でも泊まれるの?Yahoo知恵袋

6669941_2016278830_223large

これは「おやさとやかた」と呼ばれる天理を象徴する建築物。

6669941_2016278833_245large

ちなみにこちらは「天理よろづ相談所病院」

6669941_2016278962_121large

こちらは参考館という名の資料館

6669941_2016278891_183large

どれを見ても同じ造り
千鳥破風の屋根に赤い窓枠、橋の欄干のようなバルコニーの手すり、
1階~2階部分は吹き抜けになっていて、簡単に通り抜け可能。

6669941_2016278897_191large

このおやさとやかたは
天理教本部の神殿・教祖殿を中心に周囲約3.5キロに渡って連なり
まるで城塞のように建設されていく予定
オレンジ色の部分が今できている部分。

そしてこのあたり一帯を
教祖(おやさま)のいる場所「親里(おやさと)」と呼ぶ。

6669941_2016278866_27large

郵便局の名前も“天理親里館郵便局”

6669941_2016313149_9large

そばを走る国道25号にまで
「親里大路」と命名。

6669941_2016278857_92large

街を歩く人の多くはこんな感じで
みんな同じハッピを着ている。
普段着のわたしが逆に浮くくらい。

6669941_2016278870_241large

おぢばがえりでお茶が振舞われる場所

6669941_2016278872_167large

とにかくだだっ広い場所なので
道に迷う人、迷子、迷い人はココへ。
私も人生の迷い人なので相談したい。

6669941_2016278893_142large

そしてこちらが天理教本部!
デカイ!!そして広い!!
周りには幼稚園の子どもたちや、中学高校生が
普通に門をくぐりながら下校していた。

6669941_2016278895_229large

天理教本部への立ち入りは自由で、だれでも参拝可能
ココ、人間の命の発祥地の中心とされる「ぢば」
の中心にこの神殿があり、その中心には「かんろだい」(甘露台)
呼ばれるものがあり、そこに天からしずくが落ちているということになっている。

かんろだいを四方から囲むように礼拝する四つの「礼拝場」があり
畳敷きでこれまたものすごく広い。
南礼拝場は24時間開かれていて、24時間年中無休で参拝者を受け入れている。

礼拝場に入ると同じハッピを着た多くの人が参拝していて
天理教独特の言葉を、定められた手振りに合わせて各々祈りを捧げている。
また神殿の外周や、延々と続く回廊にはいつも廊下拭きを行う信者の姿がいる。
コレは、日々健康に生きられる事を親神に感謝し、その感謝の意味を込めて、
親神のために働く自発的行為で「ひのきしん(日の寄進)」と呼ぶ。

この光景、一度ぜひ見てほしい!

6669941_2016278873_25large

こちらは神殿の北側にある教祖殿
教祖が存命のままココで暮らしているとされ、毎日食事が配膳されているとか。
教祖中山みきは90歳で死去しているが、天理教では目に見える存在は隠されたとし、
その魂は今でも現世に生きており、人々の暮らしを見守っているとしている。

6669941_2016278827_82large

こちらはトイレ
床は当然ピッカピカに磨いてあって
個室の前にそれぞれスリッパが置いてある。

6669941_2016278890_128large

神殿の周りを散策

6669941_2016278887_74large
6669941_2016278889_45large

こちら食堂
体育館なみの巨大な建物がズラズラ
第一食堂から第六食堂まで見えた。
キャパシティがすごい!
全国、全世界から集まるのだからこれくらいの規模あるよね。

6669941_2016278885_151large
6669941_2016278881_62large
6669941_2016278877_85large

神殿東側には「別席場」の建物
とにかく広い広い広い!!
階段ではなくスロープで上がれるようになっているやさしさ。

6669941_2016278957_7large

天理駅から天理教本部まで約1キロのびる
天理本通商店街

6669941_2016278922_10large

ココにももちろん「ようこそ おかえり」

6669941_2016278955_176large

ひのきしん と書かれた幕
当たり前のように「ひのきしん」という言葉が街に溶け込んでいる。

6669941_2016278952_12large
6669941_2016278940_197large

商店街の店の多くは神具店や書店、おみやげ屋がズラーッ

6669941_2016278942_157large
6669941_2016278862_152large
6669941_2016278949_251large
6669941_2016278946_14large

天理にもクールビズの波

6669941_2016278908_77large
6669941_2016278905_51large

ココに来れば天理グッズはすべて揃う!

6669941_2016278920_48large
6669941_2016278914_199large
6669941_2016278912_221large

本屋さんに並ぶ本の多くはもちろん宗教関連

6669941_2016278958_191large

見たこともない戦隊ヒーローがいる
「おやさと書店」には

6669941_2016278821_252large

リトルマガジンと称する子供向けの雑誌が
無料で置いてあって

6669941_2016278819_111large

中は一見、よくある小学○年生と同じような感じ

6669941_2016278816_66large

でもよく見ると
「ひのきしん」「おぢばがえり」など
天理用語が散りばめられていた。

6669941_2016278938_236large

天理教のゆるキャラ

6669941_2016278915_19large
6669941_2016278918_139large

天理教は特にこどもの教育に力を入れているようで
こちら、こどもおぢばがえりの様子。
毎年7月26日頃から8月4日頃にかけて行われる、子ども向けの行事。
天理教の信者家庭でなくても参加可能。
信者詰所で(日帰り参加者もいる)宿泊し、天理市内で行われる様々な行事に参加するそうです。

BlogPaint

笑顔で神殿をぞうきんがけする“ひのきしん”
目がものすごくキラキラしている。

6669941_2016278934_149large

神殿そうじにヒザサポーター!
天理ならではの用途!

6669941_2016278854_45large

毎月26日は、「月次祭」(つきなみさい)という礼拝が行われるらしく
人が多く集まるので、そのときだけは自転車はダメ

6669941_2016278864_166large
6669941_2016278846_51large

“おぢば家”に書かれた「あのありがたいお味」とは
毎年1月5日から7日に教会本部で行われるお節会(おせち)という行事で、
教会本部の元旦祭に供えられていた鏡餅を雑煮にした“あのありがたいお味”

6669941_2016278859_94large

店の名前にもなっている“ようき”は
天理教が「陽気ぐらし」という世界の実現を目指していることから。

6669941_2016278852_219large
6669941_2016278849_36large

壁中にいっぱい文字が羅列している
天理袋物株式会社
「天理で一番安く売る店
 毎日感謝の大売出し」
「店はお客様のためにある
 良い品揃えてゆたかな暮らしのお手伝い」


目がチカチカするほど店中カバンだらけ!
「評判の良い店」って自分で言っちゃってるんだから
評判が良いんでしょう。

6669941_2016278919_104large

おぢばがえりには
JTBも全面バックアップ!

6669941_2016278930_85large
6669941_2016278898_240large

いつでも天理教を忘れないように
身近なグッズも天理仕様☆

6669941_2016278901_81large

コレも出てた!
天理限定天理キューピー!!

6669941_2016278931_208large

天理教プロデュース!
ひのきしん+キティのひのキティ!!

大御所とコラボしちゃうパワー!!偉大。


新興宗教といわれると怪しげなイメージだった天理教、そしてそのお膝元天理市。
けどココに来てみてイメージはずいぶん変わった。
祭りでもないのに普段から皆おなじハッピを着ている人たちは
みんなイイ人そうだし、街はキレイだし、いたって普通の街だった。
仏教があり、キリスト教があり、天理教がある。
ただそれだけ。
この広さ、大きさに圧倒される一方、静かで癒されて落ち着くパワースポット。
なにも信じてない無宗教のわたしでも、誰でも、ココへ行くと心洗われるよ。
マジで。

一度天理教本部に行ってみて!


天理教本部

住所:奈良県天理市三島町271
HP:天理教HP




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村