伊東温泉へ行ったなら
必ず立ち寄って欲しいのがココ!!

東 海 館

6669941_2216001396_237large.jpg

東海館は昭和3年(1928年)に創業、
何度も増改築を行いながら旅館業は続いたのち、
平成9年(1997年)廃館。
その後、伊東市に寄贈されたこの旅館は、その貴重な木造建築を後世に伝えるため、
平成13年7月26日、市を代表する観光施設として改修後、
文化施設「東海館」として誕生。

6669941_2216001429_210large.jpg

建物は純和風の木造3階建て。
狭い路地にたたずむ姿は圧倒的な迫力!!

6669941_2216001426_195large.jpg

昭和初期の温泉情緒ただよう、がっちりとした風格の
唐破風玄関には、旭と鶴の彫刻が彫られている。

もう気づいてるよね?
東海館のなにがすごいって
とにかく意匠デザインがすごい!!!

6669941_2216001425_238large.jpg
▲各地から集められた大石と、鶴亀を表した池庭のある中庭。

6669941_2216001423_154large.jpg 6669941_2216001417_124large.jpg
▲入り口に屋根を葺いた一戸建て風の客室。

6669941_2216001421_89large.jpg 6669941_2216001410_4large.jpg

創業者の稲葉安太郎氏は材木店を営みながら、
国内外の高級な木材や変木とよばれる形の変わった木々を集めに集め、
この旅館ではそれらの、形や木目が美しく、質の良い木材をふんだんに使う豪快っぷり。
なんでもカネかけるといいものができるんざます。

6669941_2216001415_119large.jpg 6669941_2216001412_63large.jpg

さらに、3人の棟梁を各階ごとに競作させて、廊下の飾り窓や階段の手すりの柱、
客間の入り口などなど、館内随所にそれぞれ違った職人の技とこだわった意匠を見ることができる。
豪快で力強い彫刻や障子の組木のデザイン、照明器具などみどころ満載!!

6669941_2216001416_153small.jpg 6669941_2216001413_49small.jpg

展示をたびたび変えることで
リピーターを飽きさせない工夫。

6669941_2216001408_85large.jpg

こちらは3階の、かつて120畳敷きだった大広間
めちゃくちゃ広い!!!
ココで温泉客たちは、芸者さんやコンパニオンと
野球拳とかやりながらキャッキャハシャいだのでしょうか。

6669941_2216001405_44large.jpg 6669941_2216001404_36large.jpg

舞台では、芸者さんと温泉客の宴席を再現。

6669941_2216001402_18large.jpg
▲日本人離れした顔立ちの芸者さん。

6669941_2216001400_162large.jpg
▲めちゃくちゃカッコイイ!グッドルッキングガイを発見!

6669941_2216001401_190large.jpg
▲女性から多くの支持を得る中性的な顔立ち!フゥ~ッ!!

6669941_2216001397_1large.jpg
▲客席に混ざって記念撮影もOK

しかもここには、旅館だった頃の内風呂を
立ち寄り湯として誰でも気軽に入ることができる!
コレはイイネ!押しちゃうでしょ~!

伊東に来たら必ずココへ!!
オススメです!!


東海館

住所: 静岡県伊東市東松原町12-10
TEL: 0557-36-2004
営業時間: 見学 9時~21時(立ち寄り湯 11時~20時(大浴場は男女交代制)
休業日: 第3火曜日 (立ち寄り湯は土日祝・特定日のみ営業)
料金: 見学料 大人200円、子供100円  入浴料 500円(3才~小学生200円)




LINE@はじめました!ブログの更新や告知
ボツネタやココでしか言えない話などお知らせします!
あさみんのLINE@

読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村