ウサギの飼い方

6669941_2045766603_148small.jpg

ウサギのしぐさとキモチ

ウサギは通常おとなしく鳴き声も出しませんが、
良く観察すると分りますがウサギも感情や気持ちを
しぐさ(仕草)や行動で表したりしています。
ウサギのしぐさ(仕草)や行動がどういう意味をもっているのか知る事で、
よりウサギと仲良く過ごせる事とおもいます。

●ウサギは機嫌が良い時、嬉しい時にはジャンプする時があります。
 他にも体をねじったりもします。

●足をダンダンと床を踏み鳴らす行動は「スタンピング」と呼ばれ、
 何か不満があったり、威嚇をしている時に踏み鳴らします。
 興奮状態の時にもスタンピングします。

●なめてきたり、鼻でクンクン突付いて来るときは
 飼い主と遊びたい時、かまって欲しい時に、この仕草をします。
 甘えてくる状態なので分りやすい仕草ですね。
 こんな時は撫でてあげたり、一緒に遊んであげましょう。

ウサギの選び方

ウサギを初めて飼う人はどのように選んだら良いのか迷う所だと思います。
ウサギは種類が多く、体の特徴や性質、性格も固体によって様々です。
ウサギを飼う時にパッと見た目で選んでも良いのですが、飼い主の性格や
生活環境によっては飼い易いウサギだったり、少し手間になる場合もあると思います。

●ウサギのオスとメスでも違いがあります。
 体の作りももちろんですが、性質にも違いがあります。
 オスの方が人懐っこいと言われていますが、個体差があります。

●オスの特徴
 オスは縄張り意識が強いので思春期には「スプレー」という
 尿を撒き散らす習性があります。
 あごを擦り付けて「においつけ」をよくします。

●メスの特徴
 発情または妊娠すると気が荒くなります。
 ウサギは基本的には大人しくてなつき易いのですが、
 品種や固体によって多少の違いはあります。
 そこを理解し飼い始めると良いでしょう。

このようにウサギの種類などによって多少性質や性格が違うので
初めて飼う時には参考にして選びましょう。

●ウサギを選ぶ時はそのウサギが健康かどうかチェックしましょう。
 先ずウサギを見に行く時間ですが夕方が望ましいです。
 ウサギは夜行性なので朝方やお昼は寝ている可能性があります。
 夕方位から活発に活動し始めます。

●初めてウサギを飼う場合は1匹から飼い始める事をオススメします。
 複数よりも1匹の方が面倒がみやすいでしょう。
 飼い主の方もウサギというペットに慣れておく必要があると思います。
 複数飼いはそれからでも遅くはありません。

「ウサギは大人しくて可愛いから飼いやすい」と思っていると大変な目にあうかもしれません。
ウサギは可愛いけど大人しいペットではないのです。

自己主張の強い動物でもあります。もちろん個体差による性格などで一概には言えませんが、
ウサギの性質を知っておかないと後から大変さに気が付くものです。

でも、ウサギの習性などを知っておけばそれほど飼うのが難しいペットでもないのです。
ウサギは様々な表情や仕草で飼い主を癒してくれるのも大きな魅力です。
慣れれば一緒に遊んだり、散歩したり、甘えてくれる可愛いヤツなのです。
そんな愛くるしいウサギに日々癒され楽しんでみてはいかがでしょうか?




擬人化したウサギの飼い方

6669941_2045766605_34small.jpg

ウサギのしぐさとキモチ

ウサギは通常おとなしくて泣き声もあまり出しませんが、
良く観察すると分りますがウサギも感情や気持ちを
しぐさ(仕草)や行動で表したりしています。
ウサギのしぐさ(仕草)や行動がどういう意味をもっているのか知る事で、
よりウサギと仲良く過ごせる事とおもいます。

●ウサギは機嫌が良い時、嬉しい時にはジャンプする時があります。
 他にも体をねじったりもします。

●足をダンダンと床を踏み鳴らす行動は「スタンピング」と呼ばれ、
 何か不満があったり、威嚇をしている時に踏み鳴らします。
 興奮状態の時にもスタンピングします。

●なめてきたり、鼻でクンクン突付いて来るときは
 飼い主と遊びたい時、かまって欲しい時に、この仕草をします。
 甘えてくる状態なので分りやすい仕草ですね。
 こんな時は撫でてあげたり、一緒に遊んであげましょう。

ウサギの選び方

ウサギを初めて飼う人はどのように選んだら良いのか迷う所だと思います。
ウサギは種類が多く、体の特徴や性質、性格も固体によって様々です。
ウサギを飼う時にパッと見た目で選んでも良いのですが、飼い主の性格や
生活環境によっては飼い易いウサギだったり、少し手間になる場合もあると思います。

●ウサギのオスとメスでも違いがあります。
 体の作りももちろんですが、性質にも違いがあります。
 オスの方が人懐っこいと言われていますが、個体差があります。

●オスの特徴
 オスは縄張り意識が強いので思春期には「スプレー」という
 尿を撒き散らす習性があります。
 あごを擦り付けて「においつけ」をよくします。

●メスの特徴
 発情または妊娠すると気が荒くなります。
 ウサギは基本的には大人しくてなつき易いのですが、
 品種や固体によって多少の違いはあります。
 そこを理解し飼い始めると良いでしょう。

このようにウサギの種類などによって多少性質や性格が違うので
初めて飼う時には参考にして選びましょう。

●ウサギを選ぶ時はそのウサギが健康かどうかチェックしましょう。
 先ずウサギを見に行く時間ですが夕方が望ましいです。
 ウサギは夜行性なので朝方やお昼は寝ている可能性があります。
 夕方位から活発に活動し始めます。

●初めてウサギを飼う場合は1匹から飼い始める事をオススメします。
 複数よりも1匹の方が面倒がみやすいでしょう。
 飼い主の方もウサギというペットに慣れておく必要があると思います。
 複数飼いはそれからでも遅くはありません。

「ウサギは大人しくて可愛いから飼いやすい」と思っていると大変な目にあうかもしれません。
ウサギは可愛いけど大人しいペットではないのです。

自己主張の強い動物でもあります。もちろん個体差による性格などで一概には言えませんが、
ウサギの性質を知っておかないと後から大変さに気が付くものです。

でも、ウサギの習性などを知っておけばそれほど飼うのが難しいペットでもないのです。
ウサギは様々な表情や仕草で飼い主を癒してくれるのも大きな魅力です。
慣れれば一緒に遊んだり、散歩したり、甘えてくれる可愛いヤツなのです。
そんな愛くるしいウサギに日々癒され楽しんでみてはいかがでしょうか?


出典:うさぎの飼い方


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村