群馬県の有名な立ち寄り所

6669e.jpg

ジャパンスネークセンター

6669941_2079505797_113small.jpg

ココ、ジャパンスネークセンターの隣には
木枯らし紋次郎をモチーフとした三日月村というテーマパークがあるので
ヘビにまたがった木枯らし紋次郎に誘われながら駐車場へどうぞどうぞ

6669941_2079505796_102small.jpg

▲ココがジャパンスネークセンター 
 結構混んでる人気スポット

6669941_2079505795_38small.jpg

▲ひとのために天に召された
 蛇たちを供養する白蛇観音

ココ、ジャパンスネークセンターは世界中のいろいろなヘビを見ることができるヘビだけの動物園
また、文部科学省管轄の財団法人で、正式名称を「日本蛇族学術研究所」とする
研究所でもある結構マジメなタイプなんだ

6669941_2079505793_196small.jpg

▲精子の面影が残るヘビが導く方向へ

6669941_2079505792_31small.jpg 6669941_2079505791_3small.jpg

ハブの採毒実演では、ガラス越しに人が動くことで
ハブがシャーッ!!と勝俣ばりに威嚇
その瞬間、毒がブシャッ!!と噴射されるのを見学できるよ。

6669941_2079505785_245small.jpg

熱帯蛇類温室

6669941_2079505784_79small.jpg 6669941_2079505783_97small.jpg

ココでは世界中のあらゆるヘビが見学できたり

6669941_2079505782_71small.jpg

幸運を呼ぶ白ヘビさまか
宮崎駿監督かのどっちかと一緒に
記念撮影もできるぞ。

2階に進むと

6669941_2079505780_54small.jpg 6669941_2079505778_21small.jpg

急にどうした?

6669941_2079505779_16small.jpg

なんの説明もないまま
ラブストーリーは突然に!!ってくらいの勢いで
なにから伝えればいいのかわからないまま時は流れたんだよね。

6669941_2079505775_119small.jpg

続いては資料館
文化祭でもっとも忌み嫌われる展示ブースのような
シンプルな壁と羅列した文字

6669941_2079505777_42small.jpg

骨の標本やヘビのホルマリン漬けの中には

666small.jpg

セックスが長いことで有名なヘビの生殖器!!
ご覧ください。ヘビの生殖器は2本あるんですよ。
この生殖器を使ってヘビは24時間以上絡み合うんですね。

そのほかにも世界中のありとあらゆるヘビが飼育&繁殖

6669941_2079505756_146small.jpg 

▲毒蛇温室

6669941_2081354689_76small[1]

▲大蛇温室

6669941_2079505757_222small.jpg 6669941_2079505754_166small.jpg

▲屋外でも

6669941_2079505789_54small.jpg

さて、胃もたれするほどヘビを堪能したあとは
併設の食堂でヘビ料理を食べてみよう!!

6669941_2079505769_25small.jpg

店内にももちろんヘビが展示

6669941_2079505770_44small.jpg

その下には今度は怪獣がいるぞ!!

6669941_2079505788_34small.jpg

ヘビのセックスは長い!!ということはそれだけエネルギーがあるってこと
ゆえにマムシドリンクは滋養強壮、血行不良、胃腸虚弱はモチロン
精力増強、みなぎる活力、あふれる自信、蘇る青春、あの日の思い出

6669941_2079505786_118small.jpg

ファイトォォオオオオオオオ!!!!!!!イッパァァアアアアアアアツ!!!!!!!


6669941_2079505772_68small.jpg

さて、そんなヘビ料理

6669941_2079505766_248small.jpg 6669941_2079505768_178small.jpg

シマヘビ、マムシ、ハブ、スッポンとよりどりみどり

6669941_2079505762_139large.jpg

私たちはシマヘビを注文すると店主は
チャチャッとOLの手料理のごとく手際よくシメていった。

6669941_2079505764_112small.jpg

▲ヘビをマフラーっぽく小粋なアクセントに

6669941_2079505765_190small.jpg

▲自家製ハブ酒もついてくる

6669941_2079505761_169small.jpg

▲シマヘビを塩コショウだけでさっぱり仕上げてみました。

6669941_2079505760_183small.jpg

▲骨をカリッとあぶってみました。

6669941_2079505758_36small.jpg

▲食べられるのは肛門から上の胴の部分
 切ったあとも下半身が動いている。

6669941_2079505763_189small.jpg

8月になると、まだ孵化していないヘビのタマゴを使った料理が
9月になると、新鮮な子ヘビの踊り食いが
期間限定で食べられるんだって!!


6669941_2079505751_7small.jpg

ヘビを視覚と味覚で堪能したあとは
ちょっと隣の三日月村に寄ってかない??
大丈夫?まだ時間ある??

6669941_2079505750_158large.jpg

こっちは、木枯らし紋次郎という
結構なじみのない題材をモチーフにしたテーマパークで

6669941_2079506256_107small.jpg

江戸時代さながらの古い建物が点在していてタイムスリップしたかのよう!!
時代劇の撮影なんかにも使われていてかなりリアルな再現力

6669941_2079505748_100small.jpg

その中にはアトラクションもあるのでぜひ楽しんでいこうよ。

●カラクリ屋敷

6669941_2079506264_248small.jpg

一部屋ごとに仕掛けがあって、どこが次の部屋への扉になってるのか??
まさにココは忍者屋敷!こどももおとなも存分に楽しめるぞ

●不可思議土蔵

6669941_2079506260_155small.jpg 6669941_2079506258_216small.jpg

なぜか平衡感覚が狂ってしまう部屋。
気分悪くなりそうなくらいミステリーなトリックを体験しよう!!

●怪異現洞

6669941_2079507924_124small.jpg

暗黒の洞窟を地底に向かって進んでいく探検施設。
洞窟系は外せないよね~

6669941_2079506263_53small.jpg

▲お金の代わりにコレ
 雰囲気ある~!!

ほかにも語りつくせない楽しさが満載!!
ジャパンスネークセンターと抱き合わせで
三日月村にも行ってみよう!!


ジャパンスネークセンター

住所:群馬県太田市藪塚町3318
TEL:0277-78-5193
開園時間: 3~11月 9:00~17:00
        12~2月 9:00~16:30
定休日:なし
公式サイト:ジャパンスネークセンター




三日月村

住所:群馬県太田市藪塚町3320
TEL:0277-78-5321
営業時間:9時半~16時
定休日:金曜日
公式サイト:三日月村公式サイト
参考サイト:群馬B級スポット




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村