広島の里山にひっそりと広がる安福寺

1

このお寺は「あやめ寺」として有名で
境内のいたるところにあやめが植えられてるんですよ。

2

今回はあいにく咲きほこってないので
咲いてないバージョンをお楽しみください。

3

ここのお楽しみは本堂の左手に広がるなにやら
胸がわくわくしてくるスポットが、もうチラ見えしてるんだけど

4

そこはグッとガマンして、まずは
こちらの休憩所から味わっていこう!

●ひょうたん和尚のひょうたんグッズ

5

休憩所に入るやいなや
ズラーーーッ!!と垂れ下がるひょうたんひょうたんひょうたんのナイアガラ!!

6

象形文字の成り立ちのような字で描かれた
「ひょうたん民芸」と称する
ひょうたんグッズが、香港の洗濯事情のごとく
隙間という隙間に吊るされているのだ。

7

ふと壁際の扉を見ると

8

な、なにあれーーーーー!!
何者かがいま、すり抜けようとしている最中!!
恐ろしい!!なんだちみは!!

910

奥に進んでいくと、天井にもひょうたん
ガラス越しにもひょうたん
さし色的にいやげもののちょうちんが目を引く

1112

あっちにもこっちにも
ひょうたんひょうたんひょうたんのオンパレード
一生分のひょうたんをココで目撃することとなるでしょう

13

それもそのはず
ここの前住職は「あやめ寺のひょうたん和尚」と呼ばれ
その栽培や加工に心を奪われ人気ものだったよう。

1415

いろんな形のひょうたんを作るだけじゃ飽き足らず
いろんなものに加工してみる欲望が止まらない

1617

こちらは「Hひょうたん」と題した下ネタ展示。
B級スポットの行き着く先。

1819

上からもシャンデリアのように
じゃんじゃん垂れ下がるひょうたんの嵐
そろそろひょうたんにも見飽きてきたころ

●民族資料館

20

突然、おもむきの変わったゾーンへ。

21

その入り口には
スイッチ入れてカネ入れろ
と再三に渡って訴えてくるメッセージ
おとなしくスイッチを入れてカネを入れると
ドンッ!!と電源が入る音とともに電気がついた。

22
▲田植え

23
▲はた織り

2425

ココは古い農機具を展示しながら
昔の農民の農作業風景を再現した資料館なのだ。

2627

女性はおかめ

2829

男性はひょっとこのお面で表現。
マネキンではなく、かかしのような人形に
祭りで売ってるあのお面をはめ込む手法は初めて見た!
実に珍妙でわかりやすい!!

30

最後のお楽しみは
ワーーーーーーーーーオ☆

31

まだまだ続くよ!!

●戦争展示館

32

意味深なナゾのメッセージが書かれた
不穏な空気が漂う方へ進んでみると

33

ガラス越しにたたずむものは

3435

戦争資料館!!
戦慄が走る!!

36

当時、実際に使われていた戦争グッズから

3738

当時の兵士や軍人、ナースに未亡人たちが
リアルに再現されている。

39
▲出征怖くてチアノーゼ

40

ここに来て再び、自慢のひょうたん細工で作られたこどもたちが暮らす部屋には

41

軍服や格言を飾って士気を高めている様子。

42

そして終戦

43

今までの珍妙な空気から一転、急にダウナーな雰囲気に。
そうか、ここはヒロシマだったと思い出させる展開へ。

44

もう少しの辛抱!!

●ナゾのお面人形たち

45

古民家が建っていたので中をのぞいてみると

46

昔ながらの土間の小脇に

47

子を抱えて乳を飲ませる少女!!
座敷わらしだーーーーー!!

48

さて、いよいよ終盤。
田んぼに向かって毎日繰り広げられている

49

なぞのステージ
田園ステージ

50

なにこれ?モテ期??
なにを伝えようとしているの???

51

しかもこのお面、二重になってる!
オペラ座の怪人や!!

52

こちらは白いブランコに座ったメルヘン少女

53

ちびまるこちゃんの隣の子
だれ!?

ゆるさと不気味さを兼ね備えた安福寺
わざわざ行って見る価値アリ!
ぜひ訪れてみてね!!


安福寺

住所: 広島県府中市上下町矢野23
TEL: 0847-62-3523




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村