温泉に入る野性のニホンザルが見れる!と知り
長野の山の奥の奥
山道を登りに登って着いたのがココ
地獄谷野猿公苑の駐車場

6669941_2101754687_230large

サルに出会うまでにはココからさらに
片道1.6キロ先の先

6669941_2101754685_184large

ああ、ここが入り口だ。
間違いない!と迷うことなくスタート地点

6669941_2101754684_31large

看板の通りに歩けば、青い鳥にでも遭遇しない限り
迷わずたどり着けるので安心です。

6669941_2101754683_36large

チョウチョに誘われるがまま山道を登ります。

6669941_2101754681_29large

帰り道が心配な方は道しるべに
パンくずやドロップを落としながら歩くと安心。

6669941_2101754679_190large

すれ違う外国人観光客には
ハイタッチであいさつを交わすのも旅の醍醐味。

6669941_2101754677_93large

少し開けたところにつくと
風に乗って香ってくるのは硫黄のにおい。
轟音を鳴らしながら流れているこの川はまぎれもない温泉!

6669941_2101754675_179large

ブシャーーーーーッッ!!!!!と天高く噴き出しているのが
渋の地獄噴泉という天然記念物
地獄らしくなってきたぞ!!

6669941_2101754652_160large.jpg

冒険を続けていると突如
ジャパニーズモンキーがあらわれた!!!

≪戦闘コマンド≫
 たたかう
▼にげる
 じゅもん
 どうぐ


霊長類の先祖であるサル先輩の前は
チャーッスと頭を下げてにげるを選択。
のモザイクは地雷(サルの糞)です。

6669941_2101754673_39large

歩くことおよそ20分

6669941_2101754672_67large

ついたー!!!
しかしここで、入る前にいくつか注意!!

6669941_2101754671_241large.jpg

触ったりおどかしたりしない。
犬、猫など連れて入れない。
食べ物を見せない、与えない。
カメラ・ビデオの撮影は可能です!!


6669941_2101754670_129large.jpg

さらに!!サルを見るときの注意。
なるべく離れて見る。
眼をじっと見つめない。
手を出したりさわらない。
食べ物を見せない与えない。


相手は野性のサルだからね。
動物園のサルや猿軍団とは一味違うってわけ。

6669941_2101754669_17large.jpg

園内に入ってからも再三に渡る注意の看板。
なれなれしくしない。
眼をじっと見つめない。
エサを見せない与えない。
サルに話しかけない。


つまりフレンドリーなナンパ行為禁止!
常にサル見知りであれ!ということ。

6669941_2101754654_150large

広い園内を見渡してもあれ?
声も聞こえないし姿も見えない。
ウォーリーのように探さなきゃ見つからないのかな?
なんてのそのそ歩いていると

6669941_2101754668_217large

いたーーーーー!!!!!
第1ニホンザルいたーーーーー!!!!!


6669941_2101754667_143large

ふと河原の方を見ると
サルサルサル!!!!!
むしろサルしかいない!!!

6669941_2101754662_12large

ココは猿の惑星や!!
本当に実在したんや!!!

6669941_2101754657_115large.jpg
▲歩くときは足元の地雷(サルの糞)に注意!
 ※のモザイクは地雷(サルの糞)です。

6669941_2101754664_167large

そしてここの一番奥にあるのが
サル専用の露天風呂!!!

6669941_2101754659_143large

雌雄混浴の露天風呂に入るサルを
柵なし檻なしで、こんな間近で見ることができちゃう!!

6669941_2101754663_244large

スーパー銭湯でも見かける光景
他人が湯船に入ってきたときの気まずさ
なんてのも見ることができるよ。

6669941_2101754660_43large
▲押すなよ!絶対に押すなよ!

6669941_2101754658_176large

こんなに近づいてもサルは
人間を見るどころかまったく無視!!
温泉に入る野性のサルが見られるのは日本でもココだけ!!
温泉やスキー旅行と抱き合わせて、ぜひ行ってみてね


地獄谷野猿公苑

住所: 長野県山ノ内町平穏6845
TEL: 0269-33-4379
営業時間: 8:30~17:00 ※冬季は9:00~16:00
定休日: 年中無休
入園料: 500円
公式サイト: 地獄谷野猿公苑




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村