群馬の里山にたたずむ赤城寺
ココはシャクナゲが咲き乱れる寺として有名らしいんだけど
シャクナゲっていつ咲くの?と
ノーマークなオフシーズンに訪れてきたんです。

6669941_2113100590_95large.jpg

駐車場はお寺のそばに広々とスペースがあるので
入り口で“え?まじで?ココ行くの?”とたじろぐこと必至だと思うけど
山道をグイグイ勢いで上り詰めるとたどり着くから勇気出して。

6669941_2113100575_116large.jpg

まずは赤門の前でウエルカムしてるのがこちら。

6669941_2113100573_226large.jpg

大きな招き猫の横で武士のように構えているのが

6669941_2113100589_71large.jpg

えええ!!!なにこれ!!!
見れば見るほど奇態すぎる。
裏筋の通ったブレない精神
ズッシリと構えた玉袋
とってつけたような細い腕
いとおしい困り顔をした
暴れん坊、おしんしん

6669941_2113100577_113small.jpg

そのすぐそばには
奉納 志村けん
え?MAJIなの?
あの、東村山出身の天才、志村けんちゅあんなの??

6669941_2113101470_159small.jpg

さらに奥へと続く坂を上ると
世直しトップ地蔵尊の文字

6669941_2113100570_246large.jpg

祭りで見かける似顔絵師が描くような顔をした
コロンビアトップという漫才師の地蔵尊
住職の友人だったらしいんだけど
この寺にはメデューサがいるのかな?
石になってる。

6669941_2113100569_25small.jpg

こちらはあっちゃん地蔵尊

6669941_2113100568_84large.jpg

ビリケンのような雰囲気で、木に縛りつけられているね。
幸福の神様に違いない。

6669941_2113100587_246large.jpg

さて、メインの本堂はこんな感じで
触れば願いが叶う不動明王の奥に
こじんまりとした本堂

6669941_2113100584_20large.jpg

その横には植木で描かれた
成田山赤城寺の文字
植木で文字を書こうなんて、壮大かつ豪快!

6669941_2113100572_37small.jpg

本堂の向かえにあるのが
観音霊場と書かれた建物で

6669941_2113100583_36small.jpg

お邪魔しまんにゃおわとガラガラ扉を開けると
地面には砂、壁際には観音がずらり

6669941_2113100578_223small.jpg

観音さまを眺めながら
ソロリソロリ歩いていると

カチャッ

なにかが作動する音がした
次の瞬間

6669941_2113100580_153large.jpg

ファァァァァァァァーーーーーーーーー

なにこれーーー!!!
シャボン玉出てきたーーーーー!!!!!

6669941_2113100581_142large.jpg

ウィィィィィィィィィィーーーーーーーーーーーン

見るとそこには
大量にシャボン玉を飛ばす
シャボン玉製造機が!!
ひとを感知すると同時に
自動でシャボン玉を吐き出しているのだ

なんてメルヘン!!!

こんな夢のような世界が広がるお寺、はじめて!
ぜひ一度、訪れてみてね。


赤城寺

住所:群馬県桐生市新里町大久保413-4
TEL:0277-74-1695
※名物シャクナゲシーズンは4月上旬~5月下旬




ありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村