むかしむかし、福井県勝山市に
タクシー会社を設立して大富豪になった、
多田清というひとがおったそうな。
そのひとはタクシー会社で稼ぎに稼ぎ、儲けに儲け
昭和40年代には大阪随一のタクシー会社にまで成長。
じゃぶじゃぶ金が舞い込み、笑いが止まらくなりました。
晩年の昭和62年、その私財で作ったのがココ
清大寺、越前大仏であります。

1

敷地面積は22ヘクタール
総工費は380億円
私の大好きなバブリー物件であります。

2

境内はこんな感じで
山をざっくり削ってバシバシ建設
金がある、だから建てる。
シムシティのような思考回路

34

まず最初に見えてくるのがココ、門前町
あれ?あいにくの休業日?
いいえ、これが通常モード

56

見渡す限りのゴーストタウン
中心市街地の空洞化がココにも。
さては、近くのイオンの仕業?

78

しかしこの広大な土地を利用して
週末にはちょくちょくイベントも開催
ココ、勝山市出身の生きるレジェンド
天龍源一郎も一役買ってるんすよ。

9

唯一シャッターが開いてる休憩所の奥には

10

無人販売のリサイクルショップ
販売者 嶋田清子さんを探して買ってみよう。

11

シャッター街を抜けると、いよいよ清大寺へ。

12

ビー玉のような艶感のある目をした坊主に誘導されるがまま
参拝料500円を払おう。
いまは500円だけど、完成当初は、大人3000円と大きく出たものの
その後2500円、1000円と価格の大暴落
いまでは手頃なお値段になってるので、みんなも気軽に参拝しよう。

13

一歩入るととにかくデカイ!!
なんでもかんでもデカくて、その迫力に圧倒。

1415

こちらは大門の中にいる仁王像
高さ8メートルと巨大

16

そしてこちらが大仏殿
レゴじゃない、本物の鉄筋コンクリート製。
奈良、東大寺の大仏が入ってる大仏殿よりひと回り大きく作り
オトコのロマンを見せつける。

17

大仏殿の中に入ると
待ってました!!!
越 前 大 仏 !!!

18

像の高さは17メートル
これも、ライバル、奈良の大仏の14.7メートルより
ちょっと大きめと、かなり意識してる。

2019

大仏の両脇を固めてる仏も10メートル越えとかなりデカイ
こんな巨大仏が整列してるなんて、ココってマンガの世界?

21

さらに圧巻だったのがこの、壁に開けられた穴に並ぶ仏像
その数、1281体!!

22

ハチの巣にいるハチの子のように
ひとつひとつの穴にビッシリ鎮座
BGMにはお経がエンドレスで流れてて、
かなりのヒーリング効果。

23

大仏殿を出て回廊を進むと、
次は九龍壁というものへ。
これは中国北京にある、中国の国宝第一号になった装飾壁で
中国政府の許可を得て再現したものなんだとか。

24

色鮮やかな8263枚の陶板と瑠璃瓦で
龍を浮き彫りにして作られてるんだって。
夏休みの宿題でもこんなの作れないや。

25

そしてお次は五重塔
高さは75メートル。あの京都駅から近くて有名な、
東寺の五重塔より高い、日本一の高さ。
とにかく一番になりたいんや!

27

死亡遊戯みたく1階1階攻めたいひとはもちろん
ココには文明の利器、エレベーターも設置!
これで誰でも簡単にラスボスに会えるってわけ。

28

てっぺんからの眺めがコレ。
天下獲った気分になるよね~

44

ちなみに、寺の近くに見えるこの勝山城
多田清が作ったものなんだって。
もちろんこれも、レゴじゃない。


清大寺 越前大仏

住所: 福井県勝山市片瀬50字1-1
TEL: 0779-87-3300
営業時間: 夏季:8:00~17:00(入館は16:00まで)
       冬季:平日 9:00~16:00、土日祝 8:0~17:00
拝観料: おとな500円、高校生以下300円
公式サイト: 清大寺 越前大仏




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村