B級スポットに目覚めたころ
これは絶好のデートスポットだ!と目をらんらんと光らせて行った
愛知が誇る珍妙スポット
蒲郡ファンタジー館

2010年
蒲郡ファンタジー館は惜しまれつつも閉館してしまい
わたしと殿方との関係も終わりを迎えました。

が!しかしそれから4年
2014年の夏
まさか!ウソだろ?とささやかれていたことがついに
現実となってあらわれた!!

6669941_2137882033_167large.jpg

万を持して!!
ファンタジー館 復活!!!!!
ファンタジー館とは世界110か所から集めに集めた大小5500万個の貝で作られた
貝による貝だけのテーマパーク。
どう?ワクワクするっしょ??

6669941_2137882103_233large.jpg

心機一転、気分新たに、
藤岡弘が藤岡弘、になったように
コアラがハッピハッピー。になったように
蒲郡ファンタジー館も竹島ファンタジー館へと改名。
※竹島とは、ココからすぐそばにある島の名前。

6669941_2137882097_32large.jpg

入館料1000円をそつなく払い中に入ると
あのとき見た光景がほぼほぼそのまんまの形で広がっているじゃないの!

6669941_2137882100_153large.jpg
▲お花のように見えるけどこれもすべて貝でできている!

6669941_2137882094_70small.jpg

足元にもホラ!貝がいっぱい!!
まるで海の中を歩いているみたいでしょ?
でも大丈夫!ガラスがあるから落ちないよ!

6669941_2137882087_113large.jpg

ココは撮影スポットととして設けられたスペース
記念に撮影しておこう。
壁に描かれているキャラクターは竹島ファンタジー館のオリジナルキャラクター
ミシェルガマゴー
この2体と一緒に、このあとしばしば登場するミニシアターで
海底冒険をする、という設定らしい。
肝に銘じよう。

6669941_2137882086_191large.jpg

わあああああ!!!
なんと美しい光景でしょう!!
まるで海の中を歩いているみたい!!(2回目)
蒲郡ファンタジー館時代から配置や照明が若干変わったくらいで
ほぼほぼ同じなのがありがたい。

6669941_2137882085_194small.jpg
▲貝でできたギャルも当時とそのまま

6669941_2137882080_37small.jpg

蒲郡ファンタジー館時代にも客を魅了していたセックスシンボル。
以前は裸体であったのに服を着せられてしまった。
羞恥心が芽生えたのだろう。

6669941_2137882082_151large.jpg

どれもこれもすべてが貝!!
奥には大きな貝の中に人魚が横たわっている。
よく集めたよな~っていう感心と
昔と変わってないな~っていう感動で
終始ホウホウ唸っていた。

6669941_2137883983_44large.jpg

これは600種類28万個の貝とサンゴでできた壁画。
宇宙船、バンブーアイランド号だって。
そこは潜水艦とか、海賊船とか、じゃなくてね。

6669941_2137882076_25small.jpg

大きなシャコ貝がクチをあけて待ち構えるスポット
勇気のくち
その隣には説明があって
「勇気ある者は手をいれてみりん」
と、むりやり三河弁を差し込んできていて異国感を演出。
勇気を出して勇気のくちに手を差し込むと

6669941_2137882074_4small.jpg

一面、貝でできた時空のトンネルが輝きだした!!

6669941_2137882072_154small.jpg

ヒョーーー!!!
色がいろんな色に変わってまるでタイムトンネルみたい!!

6669941_2137882070_5large.jpg

トンネルを抜けた先には、なんともサイケなカラーをした貝。
なんだかよくわからないけど、とにかくすごい。

6669941_2137882068_30large.jpg

貝が並ぶ中、ちょっと空いたスペースには
なぜか鍵盤が置いてあって、触ると音も出る。
世界観がまったく理解できないけど、たぶんすごい。

6669941_2137882066_79large.jpg

こっちには巨大なドラゴンが出現
屈指のB級好きであるわたしでさえもまごつく演出。

6669941_2137882062_191small.jpg

どうやらこのドラゴンは龍宮城へと案内してくれるシンボルなんだそう。
そして導かれたのがココ

6669941_2137882059_31small.jpg

龍宮城
ゲートをくぐると

6669941_2137882057_136large.jpg

蒲郡ファンタジー館時代から圧巻!!と称されてきた
大空間に広がる龍宮城!!

6669941_2137882055_27large.jpg

乙姫より極端に小さい浦島太郎も健在!!!

6669941_2137882054_6large.jpg

そんな、絵にも描けない美しさをこの、新しく作られた
幸せを呼ぶ「金虹橋」から眺めるっていう
誰も考え付かなかった発想。
※金虹橋は実際に純金の金箔を施して作られています。

6669941_2137882053_191large.jpg

夢のような世界を抜けると
急に無機質な空間が広がる。
壁にビッシリ敷き詰められた貝の通路。
鏡に映って、倍、気味が悪い。

6669941_2137882049_128large.jpg

頭上にはドラゴンと乙姫様が
わたしたちに目を合わせることなく、
まっすぐ前を向いている。

6669941_2137882047_2small.jpg

最新の技術を駆使したミニシアターでは、
LEDイルミネーションが放つ美しい光と音・映像から作り出す
貝の国ならではのファンタジックな世界を体験できるよ。
テクノロジーよ、進化してくれてありがとう!!

6669941_2137882045_6small.jpg 6669941_2137882043_114small.jpg

最後は貝と石の展示室。
希少価値の高い石、貝を展示する中で

6669941_2137882046_7small.jpg

名前のわからないものも展示。
「知っていたら教えてね」とお客さんも参加型。
わからないことは聞く!と素直な姿勢に好感触。

6669941_2137882040_45small.jpg 6669941_2137882036_10small.jpg

出口では、貝でできたなつかしのいやげものが充実しているので
ぜひとも忘れずに買って帰ろう。

6669941_2137882039_129large.jpg

貝でできたこんな大きなものも。
年数が経つと劣化してボロボロになる、とか
なんでこんなの買ったんだろう?と我に返る、とか
いずれ、良き思い出としてよみがえること必至。
それでいい、それがいいのだ。

さあ、楽しんでいただけたかな?
時代の先を行く竹島ファンタジー館の魅力、充分伝わったかな?
新しいパラダイムは
蒲郡から生まれる!!

※蒲郡ファンタジー館時代のレポート読むならココ↓
 蒲郡ファンタジー館2006年の様子 by八画文化会館


竹島ファンタジー館

住所:愛知県蒲郡市竹島町28-14
TEL:0533-66-3888
営業時間:3月~10月 9:00~17:00
     7月~8月 9:00~17:30
     11月~2月 9:00~16:30
定休日:水曜日
入館料:おとな 1000円
公式サイト:竹島ファンタジー館




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村