信楽ICを降りてすぐ目に飛び込んできたのがこちら

6669941_2150207379_248small.jpg

滋賀サファリ博物館
この合成に次ぐ合成の看板
B級感たっぷりでサイコーな仕上がり!!

6669941_2150207378_106small.jpg

そのそばには
日本一の珍獣館とどえらい大きく出た看板
そんなにいうなら寄って行くしか!!

6669941_2150207405_144small.jpg

というわけで、ココが例の
SHIGA SAFARI MUSEUM
見た目図書館な建物の中に入ると

6669941_2150207380_158small.jpg

わ。
すごい。
家っぽい。
親戚の家みたいなにおいがする玄関を抜けると

6669941_2150207381_131large.jpg

すっごーーーい!!
野生の王国やー!!

6669941_2150207399_95large.jpg

ココにいる動物はすべて
ハンターである近藤幸彦さん(享年91歳)が捕獲して剥製にしたもの。
展示してあるのは100体だけど
これだけあってもまだほんの一部にすぎないんだって。

6669941_2150207397_45small.jpg
▲こちらがその近藤幸彦さん。
 仕留めた動物と一緒に満面のドヤ顔でツーショット。

6669941_2150207396_135small.jpg 6669941_2150207395_163small.jpg
▲自分よりはるかに大きい動物でもお手のもの。
 どうやって持ち帰ったんだろう。

6669941_2150207403_179large.jpg
▲壁から首を突き出している頭だけのゾーン。これだけ並ぶと圧巻!

6669941_2150207401_246small.jpg 6669941_2150212564_94small.jpg
▲お金持ちの居間にありがちな毛皮が、壁の隙間を埋めるように貼り付けられている。

6669941_2150207386_150large.jpg
▲看板にも描かれていたホッキョクグマ。
 看板にも描きたくなるくらいものすごくデカイ、自慢の一頭。

6669941_2150207383_47large.jpg

ここにいる剥製はどれもこれも、すっごく毛並みがキレイ!
というのもこれらの動物を仕留めたのが1980年代~1990年代のものばかり。
獲れたて、できたてなのだ。

6669941_2150207394_28large.jpg
▲こちらはサファリゾーン

6669941_2150207393_20large.jpg

見よ!この躍動感!!
逃げて~!!と今にもライオンが食らいつく様子をリアルに再現!
これは現場を見ているオトコだからこそできる仕事だよね。

6669941_2150207391_106small.jpg 6669941_2150207392_66small.jpg
▲こっちの壁にも開きの状態になった動物が。タペストリーのような役割に。

6669941_2150207389_159small.jpg
▲毛皮になってもなお、生き生きとした表情。

6669941_2150207400_57small.jpg
▲アフリカゾウの足は、花を飾るテーブルとして。

土日祝日しか営業してない穴場物件。
信楽旅行のついでに立ち寄ってみてね!


滋賀サファリ博物館

住所:滋賀県甲賀市信楽町黄瀬2854-2
TEL:0748-83-0121
営業日:土日祝
営業時間:9:30~16:30
観覧料:500円
公式HP:滋賀サファリ博物館




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村