札幌市の街中にある異空間への入り口
レトロスペース坂会館はもう、行ってるよね?

6669941_2169285642_183large

どこにでもあるような街の光景に完全に溶け込んでいる
北海道でおなじみの、ビスケットを製造販売しているお菓子メーカー
坂ビスケットがお送りするレトロスペース坂会館

6669941_2169285637_170large
▲この、リサイクルショップのような入り口が異空間へのトビラ。

6669941_2169285530_180large
6669941_2169285546_157large

ここは、坂ビスケットの経営者、坂一敬氏が集めに集め
ときには周りから贈りに贈られたレトロなグッズを
所せましと展示したパラレルワールド

12

展示内容は無差別で
ショーケースに入った人形たちから

3

なつかしのマッチゾーン

4

キッチュでイカした色鉛筆ゾーン

56

生活感あふれる日用品ゾーン

78

戦慄が走る戦争ゾーンなどと、
レトロなグッズがジャンルごとにまとまってて
すごく見やすい!わかりやすい!

9
▲牛乳瓶に箸ケースを差す新しい展示方法

誰がどうやって、どんな気持ちで眺めていても自由。
なんでも名付けられ、分類され、白黒決めたがる
窮屈な現代社会にモノ申してるんだとか。

1011
▲マネキンの首がB級感を増幅させる。

坂会館ができたのは1994年。
坂館長はある日、電車の中でシルバーシートの前で立っていると、席に座っているおばあさんから席を譲られた。
自分自身がどう思っていようと、他人からは老人にしか見えないんだなと、ダウナーな気持ちでいると
ゴミ置き場にマネキンが捨てられているのを発見。
その姿は自分の行く末と重なって見え、マネキンを拾って帰ったのが始まり。
不必要なものは捨てられるし、人間が人間を大事にしなくなってる。
一生懸命頑張ってきたおじいさん、おばあさん、稼ぎの悪い人が捨てられるのが今の日本。
と、坂館長は一石を投じ、しみじみと考えさせられるレトロスペース。

12
▲整然と並ぶ雑誌は圧巻の光景。どれもみな同じ顔。

13

壁一面に飾られたヌード写真の数々。
このあたりから一気に好色が増す。

15
▲秘宝館でよく見るお色気浮世絵をあしらった和食器

16
▲セクシーマッチの数々

17
▲小物展示の奥に散りばめられた裸体

1819
▲とにかく女の裸への情熱がすごい。

2021
▲昭和を代表するSM・アブノーマル雑誌、「裏窓」「SMキング」「風俗草紙」

2223
▲セクシー下着に囲まれたスペース。額に入ったパンティーは高貴な印象。

24

そして中でも一番異彩を放っているのが名物
緊縛リカちゃん
猛烈な数に、38度線の国境のような緊迫感。

2526

阿鼻叫喚!酒池肉林!
あらゆる姿勢で縛りつけられているリカちゃんたち。
なにも知らない愚民たちは「ヘンタイ!低俗!」と否定をし
サブカル好きのわたしたちはそのシュールさに悶絶するでしょう。

27

しかしこれは
捨てられて傷ついたリカちゃん、それを隠すように巻かれた糸と、包帯。
それは自由なバービーに縛られた日本をも表しているのだそう・・・。

28
▲よくごらん、バービーは縛られてないのだよ。

29
▲十字架とセットで並べることで、キリシタンへの弾圧の様を表現しているんだとか。

3031

そんな、社会に対する思いが込められているのだと知るとこの
性癖が高じて表現された緊縛リカちゃんたちも
ひとりひとり意味があるのだなあと思えば、偶像礼拝のようなありがたみまで感じる。

32

レトロスペースを抜けると、今までのことはすべて夢だったかのように
坂ビスケットの売り場につながる。

33

坂ビスケットの看板商品、しおA字フライも絶賛販売中!
おみやげにおやつに買って帰ろう!


レトロスペース坂会館

住所: 北海道札幌市西区二十四軒3条7-3−22
TEL: 011-632-5656
営業時間:
34
定休日: 日曜・祝日
入館料: 無料




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村