誰もがご存知、徳川さんとこの家康さんが生まれた
江戸のふるさとと呼ばれている岡崎へ
行ったらぜひとも訪れてほしい名店がコチラ

6669941_2172254040_226large.jpg

蛍光カラーに手書きのフォント
ビニールで覆われた入り口の前には
でっかい庭石と松に灯篭で
格式のありそうな和風テイストを従える
喫茶「丘」です。

6669941_2172254012_68large.jpg

店内に入ると壁から天井まで覆いつくす
ギンギラギンのスペイシー空間!!

6669941_2172254033_50large.jpg 6669941_2172260165_44large.jpg
 
天井や壁には色紙で作られた幾何学模様が
ミステリーサークルを思わせる。

6669941_2172254516_66large.jpg

ビニールで囲まれた喫煙席。
店内の景観を崩さない、かつ利用者のニーズにもこたえる
デザイン性と機能性を兼ね備えたアイデア

6669941_2172254037_83small.jpg

働く男たちを飽きさせない少年漫画がズラリ。
午後からの仕事もこれ読んで、モチベーションを高めよう。

6669941_2172254032_254small.jpg 6669941_2172254031_242small.jpg

クリームソーダ色のイスとギンガムチェック柄のテーブルで
SFになりすぎないファンシーさをプラス。
中には懐かしのテーブル型ゲーム機も置くことで
おとなからこどもまで楽しめる空間に。

6669941_2172254022_117small.jpg
▲食卓塩にまでアルミ箔!
細部までこだわりを見せる几帳面っぷり。

6669941_2172255890_213large.jpg

メニューは宇宙食を微塵も感じることがない
とってもオーソドックスなラインナップ。
初めての方は名物、カレーを注文しよう。

6669941_2172254023_89small.jpg

フォンドヴォー仕立てをうたう本格派。
まろやかなコクと、ほどよい甘さは
飽きの来ない庶民的な味わい
これなら毎食カレーでもイケる!

6669941_2172254021_214small.jpg

オープンは1970年。
もともとはこんなシンプルな店構えだったんだそう。
しかし年数が経つとたばこのヤニや汚れなどで店内が暗くなり
明るくしよう!と改装に改装を続けた結果

6669941_2172254020_117small.jpg

こうなり

6669941_2172254041_61large.jpg

やがて今の状態に。
そしてまだまだ進化は続く。

6669941_2172254014_116small.jpg

▲かつての店内の様子。
茶色を基調にした落ち着いた空間。

6669941_2172254018_5large.jpg
▲かつてのマッチ箱。
ハイセンスな喫茶室!まったくその通り!

6669941_2172254026_173large.jpg

こんなにギラギラしているのに不思議と
めちゃくちゃ居心地がよくなってくる喫茶「丘」
散策の休憩に、仕事の合間にぜひ立ち寄ってみてね!


喫茶「丘」

住所:愛知県岡崎市唐沢町1-29
TEL:0564-23-3937
営業時間: 7:30~19:30 
定休日:日曜日




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村