クマ牧場ってご存知?
その名の通り“クマがいる牧場”
ひいては“クマしかいない牧場”
それがクマ牧場ってわけ。

6669941_2174317090_127large

しかもそのクマ牧場の“世界一”を自称ってるのが
北海道は登別温泉にある
のぼりべつクマ牧場

6669941_2174276587_241large.jpg

登別温泉に行く人なら十中八九行くんじゃないかな?ってくらい
登別温泉の名物、名所、定番スポット
だって、ココくらいしか行くとこないから。

6669941_2174276581_196large

クマ牧場へ行くにはこの、山肌に“クマ山”と書かれた山を登る。
そのためにはロープウエイに乗ることに。
入園料はおとな2592円とちゃっかり税込価格。
せっかくの観光客なのだから、財布のひもはゆっるゆるにして行こう。
※登別駅や登別温泉バスターミナルで割引チケットが買えるので要チェック!

6669941_2174276578_60large
6669941_2174276573_134large

山麓駅から早くもクマの剥製をふんだんに置くことでクマ牧場への気分が高まる。
ちょうどいいウォーミングアップだ。

6669941_2174276569_155large

日本経済を動かすAKBにあやかって
ここでは、NKB(N=のぼりべつ K=クマ B=牧場)なる
素人目には違いがわからない人気のクマを選ぶ
総選挙が行われているのでぜひとも参加しよう。

6669941_2174276567_193large.jpg 6669941_2174276595_246large.jpg

ロープウエイを待っている時間も無駄にしない!
大きくてかわいいクマちゃんを置いてモチベーションを高めてくれるよ。
ほら!もうすぐクマちゃんに会えるぞ~!かわいいなあ~!

6669941_2174276537_92large.jpg

着いた!着きました!クマ牧場!
さーて、クマちゃんどこかな!?

6669941_2174276533_62large

いたーーー!!!
思ってた以上にいる!!いすぎ!!!
当然だけど、クマばっか!!!

6669941_2174276529_175large

軽く数えただけでもここだけで10頭以上いる。
さすが、世界一のクマ牧場。

6669941_2174276524_224large

クマは意外と素早く、ウロウロ活発に動くんだけど
ときには2本足で立ったり、手を挙げてエサをおねだりするのが見どころ。

6669941_2174276554_97large

グローブなみのデッカイ熊手を振ったり叩いたりして
コッチ!コッチにエサ飛ばして!とヨダレをたらしながら猛烈アピール。
人間に媚びるさまはまるで、餅まきに参加する人間のようで愛嬌たっぷり。

6669941_2174276550_136large

ガラス越しにクマにエサをあげられるスペースでは
投入パイプの中にエサを入れてバーを押し出すと、クマに届くという仕組み。

6669941_2174276542_167large.jpg

ガラス越しにウロつくクマは、エサ欲しさに立ち上がり
ガラスを巨大な手でドンッ!ドンッ!!と強打。
緊張が高まる中、さっきまでキャッキャしてた子供たちも阿鼻叫喚のごとくギャン泣きの地獄絵図。
これ、襲われたらマジで死ぬ…戦慄の瞬間を体験できるよ!

6669941_2174276561_95large
▲ミニステージではワンワンショーも開催。
 リラックスムードで鑑賞できる。

6669941_2174276514_164large
▲かわいいクマちゃんのスタンプも。記念に押してみよう。

6669941_2174276522_37large

生きたクマを堪能したら、もっとじっくりクマのことを知ろう。
世界で唯一のクマ専門博物館、ヒグマ博物館へ。

6669941_2174276517_62large

館内にもひしめく、盛りだくさんのクマの剥製。
ここではヒグマの生態や習性をあますことなく学習できるよ。

6669941_2174276512_44large

剥製のまわりにはスイッチがある。
押してみると

6669941_2174276505_66large

一番端にいるクマだけが動いた!!!
しかも若干横にガクガク揺れるだけの超微動!!!

6669941_2174276508_230large
▲クマの小さすぎる動きに、立ち尽くし戸惑う少女。

6669941_2174276634_138large
6669941_2174276628_64large
6669941_2174276631_77large
6669941_2174276620_197large

このあとも、豊富な資料とふんだんな剥製で
ヒグマのあれこれを紹介。
施設内は省エネかな?暗めの照明で落ち着いて見学できるよ。
ひともいないので、時間を気にせずじっくりと鑑賞可能。

6669941_2174276623_205large.jpg
▲ヒグマのおっぱいの様子。
 ヒトとどういった点に違いが見られるかな?調べてみよう。

6669941_2174276619_248large

ヒグマの社会では5月~7月、オス同士でヒエラルキーを決める
「ボス争い」が見られるんだそう。
ココではパネルで、クマ牧場の歴代のボスを紹介。

6669941_2174276604_250large
▲3代目ボス、イシマツ。
 兄弟で力を合わせるという、ヒトに劣らぬ賢明さをみせた。

6669941_2174276606_50large
▲4代目ボス コボス。
 小柄ながら陰険さによって政権をものにした。

ときにクマの世界にも、アイドルのような手口で権力を持つものもいるようだ。

6669941_2174276600_145large
▲展示スペースに余裕を持たせることでとても見やすい配置。

6669941_2174276592_174large

今回は残念ながらクマの体調不良で、ツキノワグマのワンマンショーが見れず。
しかしそんな、天候やクマの体調によって、見れるもの見れないものが変わるのも
行くたびに新鮮な気持ちにさせてくれるクマ牧場の特徴。
登別温泉に行ったら必ず行っておこう。


のぼりべつクマ牧場

住所:北海道登別市登別温泉町224
TEL:0143-84-2225
営業時間: 7月1日から9月30日 8:00~17:00
        2月1日から3月31日 8:30~16:00
        4月1日から6月30日・10月1日から1月31日 8:30~16:30
入園料:おとな 2592円 こども 1296円
※登別駅や登別温泉バスターミナルで割引チケットを販売しています。    
公式サイト:のぼりべつクマ牧場




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村