※細倉マインパークは2016年8月より内容をリニューアルしたため
 実際とは大きく異なります。


珍スポット・B級スポット好きなら誰もが憧れる
東北を代表する珍名所、細倉マインパークへとたどり着きました。

PA074484.jpg

雄大な土地を利用した大駐車場
幸運なことにガラッガラに空いていて
どこにでも停め放題。ラッキー!

PA074485.jpg

こちらが、誰もが一生に一度は行ってみたい憧れの地
細倉マインパークですよ。
感動でしょ?

PA074490.jpg

そしてメインパーソナリティーがこの
瞳孔が開ききったキメ顔小僧の、マイン坊や。
この日も大駐車場を見据え、お決まりのトゥースポーズ。

PA074499.jpg

ただいま、震災復興特別料金でなんと入場料半額!
これは今すぐ行くっきゃない!

PA074795.jpg

坑道の長さは777m。
前半はここ、細倉鉱山の作業風景を再現した鉱山の歴史ゾーン。
そして後半は細倉マインパークのメインといってもいい
タイムトラベルゾーンに分かれているよ。

PA074508.jpg

細倉マインパークは1987年に閉山した細倉鉱山を利用して
1990年にオープンしたテーマパーク。
前半は細倉鉱山当時の作業風景や展示物などを
リアルに再現しながらマイン坊やが解説してくれる。
「ぼくが解説するよ~!」と意気揚々のマイン坊や。

PA074638.jpg

各シーンの前にはスイッチがあるので押してみる。
てっきりマイン坊やの声が~と思いきや
全っ然違う女性の声。赤の他人。
マイン坊や、どこ行ったの~??

PA074555.jpg

ここは坑内事務所。ここで勤務の出欠をとりながら
作業内容の説明をしてるんだけど、スイッチを押すと同時に
マネキンが若干動くのでお見逃しなく。

PA074595.jpg

めちゃくちゃリアルにできていて、今にも動き出しそう。
っていうか本当に動く。怖いくらいに。若干。

PA074542.jpg PA074538.jpg

ウイーン、ウイーンと機械音を鳴らしながら
尋常じゃない角度で首がスライドする。

PA074609.jpg

こちらは発破作業の様子。
ここもスイッチを押すと奥の方でチカッチカと光ったのち
ゴゴゴゴゴーーーーー!!!と轟音が鳴り響く、岩盤を爆破する雰囲気を再現。
こうゆうの、ひとりでやってると結構コワイんだよ~
誰かそばにいてよ~

PA074682.jpg

アリの巣のように掘られた坑道の様子。
スイッチを押すとエレベーターが上下したり
ベルトコンベアーが動いたりして実にわかりやすい!

PA074685.jpg
▲真顔で見つめる働くおとこ。

PA074704.jpg

鉱山の歴史ゾーンが終わるとそこには
狂信的な目つきをしたマイン坊やが待っていた。

PA074697.jpg

ここからがマインパークのメイン、タイムトラベルゾーン。
タイムトラベルゾーンとは
宇宙や過去・現在・未来の地球をタイムトラベルすることで
地球や自然と私たち人間の関係に大きな法則があり、
大自然との関わりについて目覚めてもらうべく創造した世界です。


そしてここからもっとも重要なワードが「ホソキュリアン」
「ホソキュリアン」とは、ここ細倉マインパークに生まれ、
人類と自然とのより良い関係を模索する新しい生命体です。
「ホソキュリアン」は私たちの「愛」を象徴したものであるのです。
そして今、誕生シーンに出会うのです。


PA074702.jpg
▲不安しかよぎらない歓迎っぷりに身を固くする。

PA074708.jpg

ほぼほぼ真っ暗な宇宙ゾーンをそろりそろりと歩いていく。
ここ、わたしひとりで行ったんだよ~褒めて~!

PA074717.jpg

解説もなければ、マイン坊やさえもほったらかし。
完全無視され迫害されているような気分に。

PA074720.jpg

ようやく明るい場所に出た!と思ったらここが
ホソキュリアン遺伝子受胎空間
なんと、ココでわたしたちはホソキュリアンになれるんだって!

PA074727.jpg

鉱山のエネルギーが母胎を駆け巡り
スペイシーな音とともにドクン・・・ドクン・・・と心臓の音。
いろんな色に光りながら、ドクンドクンと音が大きく早くなり、ついには
ドッカーーーーーーーーーン!!!!!!!!

PA074510.jpg

なんなんだよ・・・とひとりごとが漏れるほど
なにものかに犯(ヤ)られたような感覚に襲われ
ダウナーな気分のまま次のゾーンへ。

PA074741.jpg

続いては、神々との出会いゾーン
足元には小川が流れ、岩肌には
太陽や風、天、火などの神様が描かれている。

PA074746.jpg PA074751.jpg

「わたしたち人間が生きる上で必要なものすべてが
自然の中にあるのです。慌ただしい日常を忘れて
もう一度、小川のせせらぎに耳を傾けながら
穏やかなやさしい光の世界を感じてください。」
とのこと。

こうなったらもう、首を縦に振るしかない。

PA074752.jpg

ここまで堪能して
えええーーーっ!!!まだこれで中間地点なの!?
もう、おなかパンッパン・・・

PA074761.jpg

こちらは、鉱石を使って音色を奏でてみようのコーナー
チュウリップはともかく、日の丸を選曲する渋さ。
戦時中かよ。

PA074764.jpg
▲モアイ像に誘われて階段を登る。
 忘れがちだけどココは鉱山だよ~

PA074772.jpg

そして「人知の及ばぬ地球のパワー」ゾーン。
地球上には人類以外にも多くの生命が生きています。
私たち人類が開発した物質文明偏重の文化で生命を
そして地球を傷つけてはいけません。自然のバランスが
崩れると天災が起こりやすくなります。
ここで見る大地殻変動は、ホソキュリアン=地球からの
人類への警鐘なのです。


あれ?ホソキュリアンは私たちの「愛」で
さっき、私たちはホソキュリアンになったんじゃなかったっけ・・・?

PA074776.jpg
▲大地殻変動で警鐘を鳴らす火山の様子。

PA074779.jpg
▲垂らした布に光を当ててオーロラを表現。
 これも、大地殻変動・・・??

PA074780.jpg

そしていよいよ終盤、「大自然とともに(森の精)」
太陽、大気、水、大地、多くの生命は心地よい安らぎと恵を与えてくれます。
ホソキュリアンからのメッセージを胸に、一人一人が自然の法則と
生命体の法則に意識を向け、より良い環境を創造することによって、
私たちの未来に平和で幸福な理想社会が構築できるのです。


PA074782.jpg

結局ホソキュリアンってなんだったの・・・と
B級スポット特有の軸のブレにモヤモヤしながら
浄土のような空間を通り抜けてようやくゴール。

PA074793.jpg

おみやげコーナーでは、マイン坊やのオリジナルグッズも販売中!
これは絶対買って帰ろう!

PA074791.jpg
▲中には、細倉鉱山のちょうちんまで!

PA074792.jpg
▲ちゃんと、ホソキュリアンも描かれていた。


★★★ おまけ ★★★

PA074465.jpg

細倉マインパークの手前には
廃線になった、くりはら田園鉄道の
細倉マインパーク前駅が残されているので立ち寄ってみよう。

PA074473.jpg
▲今でもホームと線路も残っているよ。


細倉マインパーク

住所:宮城県栗原市鶯沢南郷柳沢2-3
TEL:0228-55-3215
営業時間:3月1日~11月30日 9:30~17:00
      12月1日~2月末日 9:30~16:00
休園日:毎週火曜日・年末年始
  ※ただし火曜日が祝日の場合は翌日が休園日。
   ゴールデンウィーク・夏休み期間中は休まず営業。
入園料:観光坑道 おとな920円(現在震災復興特別料金につき半額)

※展示内容の改装のため、細倉マインパークを下記のとおり全館休館いたします。
 休館期間:平成27年11月1日(日曜日)から平成28年6月30日(木曜日)
 リニューアルオープンは、平成28年7月頃予定。





読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーやシェアを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村