土地すべてが花コウ岩(みかげ石)の上にある中津川市蛭川(ひるかわ)で
石材店を経営する親子が、石への熱い思いが高まり
私費1億5千万円を投じて作ったのが

PA245156.jpg

ストーンミュージアム 博石館

なんでもここ、蛭川で採れる「蛭川みかげ石」
全国的にも有名な上、採掘の過程でトパーズや
エメラルドなど47種類もの鉱物が産出され
採掘種類の多さでは、蛭川が日本一なんだって。

PA245151.jpg

入り口の門ももちろん、ここで採れたみかげ石。

PA245184.jpg

7月7日には七夕イベントが行われ、足元に埋め込まれた
紫外線に反射する発光体が光り、天の川を演出したり、
過疎化などにより知り合う機会の少ない独身男女が
お見合いをするパーティーも開催されるんだとか。
七夕にちなんで、ワンチャンの関係にならなきゃいいけど・・・。

PA245185.jpg
▲オール石造りの鉱物展示館

PA245173.jpg PA245202.jpg
▲社長自ら集めに集めた世界の貴重な鉱物が勢ぞろい。

PA245197.jpg
▲長崎や広島で被ばくした石

PA245225.jpg
▲Vサインに見えませんか?サインはV

PA245227.jpg
▲先が紫の帽子をかぶっているよう。おしゃれ水晶

PA245349.jpg
▲かつては月の石を期間限定で展示していたことも。画期的!

PA245235.jpg 

博石館は鉱物の紹介だけじゃなくいろんな体験もできる。
実際それ目当てに、おとなからこどもまで
ファミリーからカップルまで幅広く親しまれていて
年間パスまである超人気スポット。

PA245233.jpg

砂金さがしや化石さがしと
わりとやることは決まってる鉱山体験コーナー

PA245287.jpg
▲おとなもこどもも目の色を変えて探す!宝石さがし体験

PA245292.jpg

これが!博石館のシンボル
800個のみかげ石を積み上げてできた14.6mのピラミッド!
中には「エジプト政府寄贈のピラミッドの石」
「エジプト大使のメッセージ」
「広島の被爆石」「南極の石」「平和のメッセージ」

というヘソの緒クラスのお宝が入っていて
1000年後の2988年に開封予定。
開けられる日は来るのでしょうか。

PA245278.jpg PA245281.jpg

さらに、ピラミッドの下には巨大迷路が作られていて
忍者屋敷級に超むずい。

PA245271.jpg

博石館ではミュージアムでありながら結婚式もできちゃうすぐれもの。
ここで遊び、ここでデートをして、思い出が詰まったカップルなら
迷わずココに決めちゃうよね~!
石のように固い愛を・・・とか絶対言いそう~!

PA245295.jpg
▲ここで実際に式を挙げたカップルたちのウエルカムボード。

PA245305.jpg
▲チャペルの前では石でできた像が並ぶ。

PA245316.jpg
▲入り口にいる石像はなにを意図しているのか?モロ出ししていた。

PA245146.jpg PA245137.jpg 

駐車場には
なんと89,06マッヘ溢れるラドン温泉水が
自由に汲めたはずの給水所(枯渇中)

PA245140.jpg

隣接する、男と女の小宇宙
カフェ ムウ

PA245365.jpg

店内のテーブルやイスももちろんみかげ石でできていて
めちゃくちゃ重たい。

PA245369.jpg

ここでは、博石館のシンボル
ピラミッドをかたどったライスが人気の
ピラミッドカレーが食べられるのでぜひ
立ち寄っておこう。

PA245363.jpg PA245364.jpg

こちらは総石造りのトイレ「オーバル」
紀宮さまのご来館にあわせて作られた
“宇宙”を意味するオーバルは
2階建て、冷暖房、空調換気扇を完備した
使いやすさと快適さを追求したトイレ。

PA245298.jpg

将来は、研究所や宿泊施設も設け
彫刻家や学生に利用してもらう「石の郷」にしたいという
意欲満々の博石館。
おでかけに、各種イベントに利用してみてはいかがでしょう!


ストーンミュージアム 博石館

住所:岐阜県中津川市蛭川5263-7
TEL:0573-45-2110
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休 ※ただし12月29日~1月1日は休館
年間パスポート:おとな 3000円 こども 2000円
公式サイト:ストーンミュージアム 博石館




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーやシェアを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村