年々、珍スポット、B級スポットとささやかれている迷店が
ひとつ、またひとつと減っていく中で、2015年6月
珍スポット界に吉報が、ツイッターに転がり込みました。

「岩下の新生姜ミュージアムがオープン!」

ざわつくユーザー
ときめくわたしたち

そんなわけでミーハーなわたしは
栃木県栃木市にひょっこりやってきちゃいました。

PB275757.jpg

新生姜ミュージアムはもちろんあの
♪岩下の~新生姜 による
♪岩下の~新生姜 を使った
♪岩下の~新生姜 の楽しさや驚きを教えてくれるミュージアム。

なんだけどもその
♪岩下の~新生姜 への愛がとにかくスゴイ!!

PB275767.jpg

まず手始めに、新生姜色のグランドピアノが
置かれたエントランスでは不定期で、新生姜を
愛してやまないアーティストたちのライブイベントが開催。

PB275769.jpg

その横では、岩下の新生姜のパッケージに入って
記念写真が撮れるスペース。
こんなのまだ、序の口。

PB275776.jpg PB275775.jpg

はじめは岩下の新生姜の歴史や
岩下の新生姜を使ったレシピのご紹介。
特に岩下の新生姜はツイッターを使って
ユーザーからのアイデアレシピをどんどん紹介したり
岩下の新生姜・・・なんてつぶやいたら即座にエゴサーチで
ふぁぼ&リツイートされるという、お客様とのコミュニケーションを
特に大切にする、すんばらしい会社。

PB275784.jpg PB275939.jpg

そんな、すんばらしい会社にお勤めのみなさまの
自由な発想で生まれたアイデア商品の数々も
目を見張るものばかり。
「生姜」というひとつの野菜からこれだけ
アイデアを生産できるって、ものすごい想像力。

PB275806.jpg

岩下の新生姜に使われている生姜は
台湾でしかできない「本島姜(ペンタオジャン)」という生姜。
日本の一般的な生姜に比べてやわらかく
辛みが少ないのが特徴。

PB275937.jpg

ざっと岩下の新生姜について触れたらいよいよ後半。
次のステージへと続く廊下の脇には
♪岩下の~新生姜 の音色が奏でられるハンドベルが登場。
これはヤバイ・・・と狂気的な空気が漂う。


※館内にはエンドレスでこの曲が流れています。

PB275935_20151207190839adf.jpg

こちらは頭にかぶって写真を撮ろう!
新生姜ヘッド

PB275819.jpg PB275820.jpg

記念撮影をして岩下食品の1万ヘッドプロジェクトへ送ると
ウェブサイトに載るぞ!

PB275815.jpg

こちらは高さ5メートルもある
「世界一巨大な新生姜ヘッド」

PB275823.jpg
▲土の中の新生姜をわかりやすく再現。

PB275864.jpg

こちらは淡い新生姜カラーがかわいい
新生姜の部屋

PB275850.jpg PB275838.jpg

中では擬人化された新生姜と恋人気分が味わえる!と
発想が斬新すぎて置いてきぼりを食らっていると
居合わせたサラリーマンたちが
「なんだよこれ・・・」と心の声を漏えい。
わたしもだよ・・・。


※館内にはエンドレスでこの曲が流れています。

PB275853.jpg

もちろん箸休めには岩下食品の歴史から
時間と手間のかかる生姜作り
フレッシュな味と食感の加工方法
安全安心を徹底する品質管理などの商品情報も紹介。

PB275913.jpg

そして最後には、新生姜の健康効果をご利益とした
新生姜への愛の具現化
ジンジャー神社

PB275933.jpg
▲御神体である生姜の神様

PB275917.jpg
▲絵馬は岩下の新生姜のパッケージ型

PB275929.jpg PB275928.jpg
▲お守りはガチャガチャで。

PB275920.jpg

おみくじを引いてみると
大大新生姜が出たーーー!!
これってどれくらい良いの!?

PB275923.jpg

内容は、神頼みならぬ生姜頼みなものばかり。
とにかく生姜食べてりゃしあわせになれそうです。

PB275924.jpg

ラッキーアイテムならぬハッピー食べ方。
なにからなにまでぬかりなし。

PB275952.jpg

見学のあとは岩下の新生姜入りメニューが楽しめるカフェへ。

PB275953.jpg

岩下の新生姜ユーザーから届いたまったく新しいメニューは
味蕾でハーモニーを奏でる大人のテイスト

PB275960.jpg

おみやげコーナーでは
自由な発想で生まれた岩下の新生姜オリジナルグッズがてんこ盛り。

PB275963.jpg

中でもネットを騒がせた
アレに似ているペンライト。
バズッたおかげで大好評!!
人気商品のためおひとりさま10本までの限定です。
こりゃすごいや!

新生姜栽培の努力
誰もマネできない発想
ユーザーとのコミュニケーション
なにより新生姜への愛がすごい。
これだけ存分に楽しめて入場料無料だかんね!!
岩下の新生姜、これからも目が離せません!


岩下の新生姜ミュージアム

住所:栃木県栃木市本町1-25
TEL:0282-20-5533
営業時間:施設:10:00~18:00
       カフェ:11:00~18:00
休館日:月曜日・火曜日(祝祭日はのぞく)、年末年始
入場料:無料
公式サイト:岩下の新生姜ミュージアム




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村