6669941_2209642001_234large.jpg

UFOふれあい館に行ったら
ついでに寄ってほしいのがココ
小手神社

まず最初の見どころは
入り口の門の両脇にいる

6669941_2209641990_119large.jpg

風神!
こちら、左手で作ったようなゆるい雰囲気の神さまは
市指定の文化財にもなっている貴重なもの。
この風の神さまなら、嵐はムリでも、
そよかぜくらいは起こせそうです。

6669941_2209641989_125small.jpg

その足元を見てみると

6669941_2209641986_214small.jpg

なんかいる~!!
かわいい~!!!
え?え?この赤いのが風神を支えてるの??
超かわいいんだけど~!!!

6669941_2209641999_192large.jpg

そして向かいにいるのが風神の相方、雷神。
背中に背負ってるのはでんでん太鼓でしょうか。
風神と同様、乳首が花柄になっています。

6669941_2209641995_201small.jpg

そしてその足元にも

6669941_2209641992_214small.jpg

やっぱりいる~!!!
かわいいのいる~!!!
がんばってえ~!!って応援しちゃう~!!

6669941_2209641984_24small.jpg

先に進むとしっかりした本殿。
由緒正しい格式のある神社なのでしょう。

6669941_2209641983_188small.jpg

本殿のレフトサイドにもなにかあります。

6669941_2209641982_225small.jpg

御神馬堂と書かれています。

6669941_2209641979_165small.jpg

中をのぞくと馬がいました。
さっきの風神雷神と作者は同じでしょうか。

6669941_2209641977_54small.jpg

本殿のライトサイドにも、無視できない存在感を放つなにかがあります。

6669941_2209641976_204large.jpg

誘宝と書いてユーホーとふりがながふってある
誘宝道祖神!!!
マジメで見過ごしがちな神聖な神社で
なんともうれしいハプニング。
これは高まる!!!

由緒書きには次のように記されていて
「昭和60年 千貫森に茶店が初めて開店しました。
 その年から茶店に道祖神が納められるようになり
 その数ざっと15体ほど。このままだと粗末になって
 しまうかもしれないと、関係者一同心配になり
 相談の結果、道祖神社を建立することになりました。」


と、増えた道祖神の置き場所に困ってココにまとめたってわけ。
誰しもがふるさとを思い出し、わたしたちのルーツを具現化させ、
心のよりどころにする、それが道祖神。

中をのぞくと

6669941_2209641975_178large.jpg 

さっきまでとは違う
説得力のあるクオリティで
偶像礼拝のように並ぶ大量の道祖神!!

6669941_2209641969_97large.jpg

道祖神は別名「木マラ」とも呼ばれ、大昔から家内安全、子孫繁栄祈願の神さまとして
新築家屋の棟木(ムナギ:屋根の一番高い位置にある部材)へ祀られてきたのだそう。

6669941_2209641972_98large.jpg

中央には、ひときわイイできばえの道祖神が奉納されていて
いちもく置かれる存在に。

6669941_2209641970_155large.jpg

特にこちらの道祖神には由緒書までついてるしろもの。
なんでも、江戸時代末期のものと推定される非常に珍しく貴重なもののよう。
ふぐりやコックリングまで作られている再現度に、先人の本気度が伝わる。

6669941_2209642005_1large.jpg
▲低俗な思想をかき消すように
 美しく咲き誇るの参道のサクラ


小手神社

住所: 福島市飯野町青木字小手森神179
UFOふれあい館のすぐ隣です。




LINE@はじめました!ブログの更新や告知などお知らせします
あさみんのLINE@

ありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村