おしゃれな街として取り上げられがちな横浜にある
新横浜駅から最寄りの名物スポット
新横浜ラーメン博物館にやってきましたよ。

6669941_2212394779_149large

珍スポット、B級スポット好きなら
こんな定番スポットには目もくれないと思うんだけど
実はラーメン博物館の、ラーメン以外のところが
スゴイということで立ち寄ってみたってわけ。

6669941_2212394750_219large

ラーメン博物館へは1日入場券のほかに
3か月フリーパスや年間フリーパスもある。
定番のデートスポットに、会社帰りの夕食にと
何度も通うヘビーユーザーも多そうだよね。

6669941_2212394749_220large
▲入り口からなるとの模様で、ラーメン気分を高める。

6669941_2212394748_240large

館内には、名物ラーメン店が9店入っていて
入り口にはいまの待ち時間なんかが書いてある。
せっかくだしハシゴしたい!ってなよくばりな人には
ミニラーメンもご用意。
おなかペッコペコにして、全店舗制覇しよう。

6669941_2212394747_54large

ラーメン博物館のメインは地下にある。
エイジング加工でレトロな雰囲気の階段を下りると

6669941_2212394784_67large

わあああああ!!!
スゴイ!!地下に昭和の街があるー!!!


6669941_2212394785_88large

ラーメン博物館の内装は、チキンラーメンが発売された
昭和33年の町並みを再現。
にしてもリアル!!
隅から隅までレトロで埋め尽くされていて迫力満点!

6669941_2212394741_184large6669941_2212394745_168large

街に紛れるようにして名物ラーメン店が軒を連ねる。
みんなはどこのラーメン食べようか夢中だけど
そんなことよりわたしはこの、町並みに夢中!!

6669941_2212394737_91large

とりあえず落ち着くためにラーメンを注文。
スープの味とか麺のこしとかもはや二の次。

6669941_2212394782_66large

中央のメイン広場ではときおり
紙芝居や大道芸などイベントを開催。
この日は駅員と警官のコスプレをした人による
ビンゴ大会がおこなわれていました。

6669941_2212394739_111large6669941_2212394708_114large

看板、窓、ベランダの隅から隅まで
こだわりにこだわったレトロ仕様。
吹き抜けの天井までいっぱいの街並みは
ずっと見とれてしまうほどの迫力。

6669941_2212394735_210large6669941_2212394734_247large

不動産屋さんのトビラには手書き物件が並ぶ。
細かいところまで再現度がスゴイ。

6669941_2212394743_114large6669941_2212394732_149large

パチ屋のネオンもしっかりピカピカ稼働中。
こうゆう古いタイプのネオンって最近じゃめっきり見ないから貴重だよね~

6669941_2212394709_81large

ラーメン屋以外のお店はすべて見せかけで
扉の向こうには厨房が見える。

6669941_2212394707_76large6669941_2212394706_209large
▲映画館

6669941_2212394731_15large6669941_2212394730_165large6669941_2212394733_75large6669941_2212394710_160large

地下鉄の薄暗い雰囲気がカッコイイ!!
エレベーターや従業員用の出入り口まで
雰囲気に溶け込むようにしっかり加工。

6669941_2212394724_206large6669941_2212394746_56large

最初のエイジング加工された階段を下りて
行きつく先、なると橋駅。

6669941_2212394781_105large
▲たばこ屋さん

6669941_2212394729_149large
▲交番

6669941_2212394727_100large
▲電話ボックス

6669941_2212394711_22large
▲何周でも歩きたくなる飲み屋街

6669941_2212394717_146large6669941_2212394725_78large

並ぶお店はどれも見せかけだから
トビラが開かないのが残念。
入ってみたいな~

6669941_2212394716_128large

タイルやネオン、広告、看板の隅から隅まで
こだわりぬいた演出がスゴイ。

6669941_2212394714_91large6669941_2212394713_154large

6669941_2212394723_2large6669941_2212394718_211large

住宅街の路地みたいな通路。

6669941_2212394722_68large6669941_2212394721_107large

洗濯物やポスターなど
通るたびにいろんな演出を発見。
立ち止まりながらじっくり観察しよう。

6669941_2212394705_51large6669941_2212394703_1large

階段スペースも、銭湯や映画館を再現していて
1ミリたりともぬかりなし!

本気のレトロな内装といえば
ウェアハウス川崎店もオススメ!
横浜に行ったらぜひとも寄ってみてね!!


新横浜ラーメン博物館

住所: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
TEL: 045-471-0503
営業時間: 11:00~22:00(日曜祝日は10:30~)
休館日: 無休
入場料: おとな 310円
 3か月フリーパス 500円 年間フリーパス 800円
公式サイト: 新横浜ラーメン博物館




LINE@はじめました!ブログの更新や告知
ボツネタや、ココでしか言えない話などお知らせします!
あさみんのLINE@

ありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村