6669941_2217700285_108large.jpg

伊豆の超有名スポット、熱川バナナワニ園にやってきました。
おなじみなので行ったことあるよーって人も多いよね。

6669941_2217700297_30large.jpg

熱川バナナワニ園は、熱川温泉の熱を利用した温室
バナナとかワニとかを飼育、繁殖し続けて58年(1958年開園)。
本園のワニ園と植物園、それと分園があってとにかく広い!
じっくり時間をかけて堪能しよう。
(およそ2~3時間あるといいでしょう。)

≪本園・ワニ園≫

メインのワニは15種類、140頭飼育していて
種類のコレクションは世界一!!

6669941_2217700295_123large.jpg
▲このケージの中にワニがいる。
 逆に言えば、ここにしかワニはいない。

6669941_2217700291_232large.jpg 6669941_2217700288_166large.jpg

いるいる、めちゃくちゃいる!!
ほぼほぼ動かないので、写真がブレず、めちゃくちゃ撮りやすい。

6669941_2217700287_77large.jpg 6669941_2217700286_76large.jpg

ワニの優秀なハンターぶりを、わくわく動物ランドなみに詳しく解説。
ワニとは、普段は微動だにせず、やるときはやる、わたしみたいな性格である。

≪本園・植物園≫

ワニ園の向かいには植物園がある。
植物園にはおよそ9000種の花木や果樹が育てられていて
温室の数も1号から8号まであることからもわかるように、
バナナワニ園の3分の2は、植物園でできている。

6669941_2217700283_125large.jpg
▲温室内はどこも、見たことのない花が咲き、植物が実る鬱蒼とした森。

6669941_2217700282_224small.jpg
▲温室を証明する、南国の代表ハイビスカス

6669941_2217700279_95large.jpg

B級好きならだれもが好きな植物
食虫植物のコーナーも充実。

6669941_2217700277_92large.jpg
▲わたしも育てたことのあるハエトリソウ。
(湿気の多い場所じゃないと育たないことを知り、数日で枯れる)

6669941_2217700275_177large.jpg
▲葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲!モウセンゴケ

6669941_2217700273_27large.jpg
▲茎や葉に捕虫嚢を形成し、微小動物を吸い込み罠式に捕らえるタヌキモ

6669941_2217700267_16large.jpg
▲ご存知!すずなりにぶらさがるウツボカヅラ

6669941_2217700270_125large.jpg
▲その名もズバリ!ムシトリスミレ。葉の表面に粘液を出し、鳥モチ式で捕獲。

6669941_2217700269_140small.jpg
▲こんなかわいい花が咲くそうです。

6669941_2217700280_132large.jpg

そんな中、日本では唯一ココだけ!
世界でも3頭しか展示されてない!!
植物園の脇に、箸休めのように飼育されているアマゾンマナティー
もっと注目してあげてよ~

6669941_2217700263_149large.jpg

極楽浄土をイメージしているかのような
スイレンが咲き乱れる7号温室

6669941_2217700261_94large.jpg

直径3m以上にもなるスイレンの仲間、オオオニバス

6669941_2217700264_231large.jpg

これは珍しい!!
葉っぱが1枚だけ地面から生えてる!!
ストレプトカーパス・ウェンドランディという植物。

6669941_2217700259_235large.jpg 6669941_2217700258_47large.jpg

ほかにもいろいろ見たことのない植物ばかりで
実際、栽培が難しい植物をガンガン成長させたり、
国内で初めて開花したものを人工交配させて増やしたりと
めちゃくちゃすごいな、バナナワニ園。

≪分園≫

6669941_2217700298_115small.jpg

分園へは随時、無料マイクロバスで連れてってくれるので
ここぞとばかりに甘えちゃおう。

6669941_2217700339_221large.jpg
▲入口には植物で作ったワニ。歯を表現している植物が育ちまくっている。

6669941_2217700324_95large.jpg

分園の端っこにやっと出てきた!!
バナナワニ園の冠をあらわすバナナ温室!!
鬱蒼と生い茂り、たわわに実ったバナナ。
バナナワニ園といえど、バナナはここにしかなっていない。

6669941_2217700331_173small.jpg

さてここで問題です!
バナナは芽が出て収穫するまでに何年かかるでしょう?
① 約1年半 ② 約3年半 ③ 約5年半

6669941_2217700328_228small.jpg

正解は、約1年半!!
早い!!!
夏場の暑い日は1日に20センチも伸びるんだそう。
中学生なみの成長!!!
ずっと見てたら育ってるとこ見れそうだよね~

6669941_2217700321_57large.jpg

分園にはワニ放流池ってのもあって
より一層、ワニの自然な生活風景が見られる。

6669941_2217700303_22large.jpg

13時からはワニのお食事タイムがあるよと聞いて駆けつけると
開始のアナウンスもなく、どこからともなく“それっぽい人”が無言で柵に入ってきて
なんの説明もなく、淡々とワニに鶏肉を食べさせる作業が見られます。

6669941_2217700305_13large.jpg

飼育員さんの仕事風景を
まったくの無音の中、じっと見守るわたしたち。

6669941_2217700336_254small.jpg

分園には、バナナワニ園最大のウリ
レッサーパンダがいるから見てって見てって!

6669941_2217700322_159large.jpg

ココにいるレッサーパンダはニシレッサーパンダっていって
なんと日本ではココにしかいない!
さらにその飼育頭数(現在22頭)は世界一!!

6669941_2217700319_227large.jpg

日本にレッサーパンダが初めて来たのは1985年。
ワシントン動物園から「ワニの人工ふ化に成功している
バナナワニ園なら珍しい動物の繁殖ができるのでは」と
送り込まれたのがはじまり。
ワシントン動物園の読み通り、その後レッサーパンダは増えに増え
60頭を超える繁殖に成功したんだそう。
(そのほか2つの動物園にもレッサーパンダは送られたものの、2つとも繁殖できず)

6669941_2217700316_88large.jpg
▲バナナワニ園限定プリクラの背景も
 バナナでもワニでもなく、レッサーパンダ

6669941_2217700308_75large.jpg

併設のパーラーでは、植物園でとれたバナナやパパイヤも食べられて
南国気分を満喫できるよ。

バナナワニ園に行ったら
バナナよりワニより
レッサーパンダとアマゾンマナティーに注目!!


熱川バナナワニ園

住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
TEL: 0557-23-1105
営業時間: 8:30~17:00
定休日: 無休
公式サイト: 熱川バナナワニ園




LINE@はじめました!ブログの更新や告知、
ボツネタやココでしか言えない話などお知らせします。
あさみんのLINE@

ありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村