BQ ~B-spot Explorer~

全国のベタな観光地から、珍スポット、お祭り、レトロな街並み、商店街、公園遊具、文化遺産など、おもしろおかしいスポットめぐり

カテゴリ: 滋賀

広大な敷地を有する希望ヶ丘文化公園 ココではフライングディスクやウォークラリー オリエンテーリングなどひとりでも楽しめるスポーツができる。 そんな希望ヶ丘文化公園の中にある宿泊、研修施設 青年の城をご紹介しましょう。 それがこちら。 完成は19 ... 続きを読む
6669941_2150229102_233small.jpg

広大な敷地を有する希望ヶ丘文化公園
ココではフライングディスクやウォークラリー
オリエンテーリングなどひとりでも楽しめるスポーツができる。
そんな希望ヶ丘文化公園の中にある宿泊、研修施設
青年の城をご紹介しましょう。

6669941_2150230856_100small.jpg

それがこちら。
完成は1972年。
ココは知る人ぞ知るめちゃくちゃカッコイイモダン建築!
ちょっと覗いて見てってよー。

6669941_2150229126_188large.jpg

まずは入り口。
まるでジェットエンジンのような見たこともない丸いドア!

6669941_2150230854_113small.jpg 6669941_2150230852_180small.jpg
▲当時見ても、今見ても、まったく新しい斬新なデザイン!

6669941_2150229160_193large.jpg

施設内に入ると広いアトリウム。
ガラス張りの天井から光が降り注ぐ、とても明るい空間。

6669941_2150229131_97large.jpg
▲中には大きなダビデ像が、青年の成長を見守っているぞ。

6669941_2150229128_239large.jpg
▲丸いライトがブドウのようでかわいい。

6669941_2150229124_225large.jpg
▲こちらは食堂棟。本館と食堂棟は地下でつながっている。

6669941_2150229118_214large.jpg
▲壁に飛ぶ鳥の群れ。市民会館の壁とかによくいるよね。

6669941_2150229119_81large.jpg
▲美しい螺旋階段。

6669941_2150229113_61large.jpg
▲青年の城は、20人部屋に1人でも宿泊可能。

6669941_2150229109_127small.jpg
▲コロッセオをイメージしたのかな?円形の階段。

6669941_2150229107_14large.jpg
▲丸と四角を組み合わせた個性的なデザインは
 見る角度によってまったく違うものに見える。

6669941_2150229111_207large.jpg

斜めに切れた円柱。実はもともともっと高くそびえ
周りにカプセル状の部屋がひっついていたんだって。
当時の写真がこちら

6669941_2150237542_237large.jpg
※写真はイマブチモータープールさんより

カッコイイ!!
これぞ70年代に夢見た未来都市!!
しかし未来をイメージした画期的なデザインは
今見るとレトロを感じてしまうのはなぜだろう?
当時思い描いた未来に現代はたどり着くどころか
まったく違う方向を向いている気がするよね。

この塔は2005年に解体されてしまったものの
まだまだ残る昭和モダン建築
一度、宿泊に行ってみてね!


青年の城

住所:滋賀県蒲生郡竜王町薬師1178
TEL:077‐586‐2160
公式サイト:希望ヶ丘文化公園 青年の城




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

信楽ICを降りてすぐ目に飛び込んできたのがこちら 滋賀サファリ博物館 この合成に次ぐ合成の看板 B級感たっぷりでサイコーな仕上がり!! そのそばには 日本一の珍獣館とどえらい大きく出た看板 そんなにいうなら寄って行くしか!! というわけで、ココ ... 続きを読む
信楽ICを降りてすぐ目に飛び込んできたのがこちら

6669941_2150207379_248small.jpg

滋賀サファリ博物館
この合成に次ぐ合成の看板
B級感たっぷりでサイコーな仕上がり!!

6669941_2150207378_106small.jpg

そのそばには
日本一の珍獣館とどえらい大きく出た看板
そんなにいうなら寄って行くしか!!

6669941_2150207405_144small.jpg

というわけで、ココが例の
SHIGA SAFARI MUSEUM
見た目図書館な建物の中に入ると

6669941_2150207380_158small.jpg

わ。
すごい。
家っぽい。
親戚の家みたいなにおいがする玄関を抜けると

6669941_2150207381_131large.jpg

すっごーーーい!!
野生の王国やー!!

6669941_2150207399_95large.jpg

ココにいる動物はすべて
ハンターである近藤幸彦さん(享年91歳)が捕獲して剥製にしたもの。
展示してあるのは100体だけど
これだけあってもまだほんの一部にすぎないんだって。

6669941_2150207397_45small.jpg
▲こちらがその近藤幸彦さん。
 仕留めた動物と一緒に満面のドヤ顔でツーショット。

6669941_2150207396_135small.jpg 6669941_2150207395_163small.jpg
▲自分よりはるかに大きい動物でもお手のもの。
 どうやって持ち帰ったんだろう。

6669941_2150207403_179large.jpg
▲壁から首を突き出している頭だけのゾーン。これだけ並ぶと圧巻!

6669941_2150207401_246small.jpg 6669941_2150212564_94small.jpg
▲お金持ちの居間にありがちな毛皮が、壁の隙間を埋めるように貼り付けられている。

6669941_2150207386_150large.jpg
▲看板にも描かれていたホッキョクグマ。
 看板にも描きたくなるくらいものすごくデカイ、自慢の一頭。

6669941_2150207383_47large.jpg

ここにいる剥製はどれもこれも、すっごく毛並みがキレイ!
というのもこれらの動物を仕留めたのが1980年代~1990年代のものばかり。
獲れたて、できたてなのだ。

6669941_2150207394_28large.jpg
▲こちらはサファリゾーン

6669941_2150207393_20large.jpg

見よ!この躍動感!!
逃げて~!!と今にもライオンが食らいつく様子をリアルに再現!
これは現場を見ているオトコだからこそできる仕事だよね。

6669941_2150207391_106small.jpg 6669941_2150207392_66small.jpg
▲こっちの壁にも開きの状態になった動物が。タペストリーのような役割に。

6669941_2150207389_159small.jpg
▲毛皮になってもなお、生き生きとした表情。

6669941_2150207400_57small.jpg
▲アフリカゾウの足は、花を飾るテーブルとして。

土日祝日しか営業してない穴場物件。
信楽旅行のついでに立ち寄ってみてね!


滋賀サファリ博物館

住所:滋賀県甲賀市信楽町黄瀬2854-2
TEL:0748-83-0121
営業日:土日祝
営業時間:9:30~16:30
観覧料:500円
公式HP:滋賀サファリ博物館




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

国宝A級スポット彦根城すぐそばにある 有名B級スポット!! 佐和山遊園!!!! 佐和山とは石田三成の佐和山城があった場所らしく その城があった向かい側に石田三成LOVEな 泉巌(いずみがん)というおじいさんが、たったひとりで作り上げた 私設の観光ス ... 続きを読む
国宝A級スポット彦根城すぐそばにある
有名B級スポット!!

佐和山遊園!!!!

6669941_1223835859_162large.jpg

佐和山とは石田三成の佐和山城があった場所らしく
その城があった向かい側に石田三成LOVEな
泉巌(いずみがん)というおじいさんが、たったひとりで作り上げた
私設の観光スポット そ れ が !!

佐 和 山 遊 園 

実はココ、1976年に作り始めてから、今もなお

製 作 中 !!

6669941_1223836702_11small.jpg

ここには手作りの五重塔から佐和山城、金閣寺、佐和山観音、
佐和山美術館、佐和山歴史館などとにかくいろいろあって
ザッと見るだけでも1時間かかった

6669941_1223836745_230small.jpg

▲五重塔

6669941_1223836635_87small.jpg

▲金色おりがみを貼り付けてできたような城、金閣寺

6669941_1223835666_44small.jpg

▲佐和山観音

6669941_1223836735_175large.jpg

▲佐和山美術館

6669941_1223836644_62small.jpg

建築物はどれも精巧にできていてスゴイ!!
石像はどれも表情がゆるくて、B級感たっぷり

6669941_1223836252_68small.jpg 6669941_1223836247_13small.jpg

この山門を守っている仁王像
なにこのクレヨンしんちゃんのような独特な表情!!
しかし筋肉の質感と腰布の躍動感がスゴイ
本気っぷりが伝わるよね。

6669941_1223836596_118small.jpg

泉さんは不動産や飲食店で大儲けした富豪で、その財産をすべてこの
道楽の佐和山遊園建築に注ぎ込んでいるんだって。

6669941_1223836429_226large.jpg

クイズに不正解して椅子が傾いてるのかな?
製作中にも関わらず、すでにあちこちが傷みはじめてるぞ!!
急いで!!!

6669941_1223836182_6small.jpg

敷地はどんどん広がっていて、こちらは別館

6669941_1223836133_121small.jpg 6669941_1321883826_189small.jpg

どう見ても個人宅っぽい庭感がぬぐいきれないので
コソドロ気分で忍び足潜入
明らかに民家である家はやっぱり民家

6669941_1223835999_109small.jpg

こちらの庭にも作品がいっぱい

6669941_1321883820_97small.jpg 6669941_1321883819_107small.jpg

年月が経ちすぎて自然に帰ろうとしているよ。

6669941_1223836197_170small.jpg

メインである佐和山城は当初、入城料が300円だったそうだけど
今では絶賛無料開放中

6669941_1223835952_44small.jpg 6669941_1223835875_244small.jpg

それでは佐和山城を攻めてみよう

6669941_1321883838_121large.jpg

まずは外観。
佐和山城の作りは実に精巧にできていて
あれ?大使館グループかな?
くらいのできばえ。
早速、和風の城の前に、洋風のビーナス
相反するもの同士をコラボさせる技法
いわばシュールレアリズムを具体化させたものであろう。

6669941_1223835837_155small.jpg 

美術館というくらいだから
さぞすばらしい作品がところ狭しと並んでいるのでしょう!!

6669941_1223835815_103small.jpg 

え?
なにここ?

6669941_1223835807_118small.jpg

ありあまる展示スペースには
黄金に輝く像と絵画

6669941_1223835785_157small.jpg 6669941_1223835775_176small.jpg

その表情たるや、城の作者と同じか?マジで。
工作の宿題、お父さんに作ってもらっただろ?みたいな城クオリティを生産したものと
同じ作者とは思えぬ絶妙なへたうま感!!

6669941_1223835751_87small.jpg

こっちには骨組みまで見えてる作りかけ
作りかけさえも作品と認めざるおえないほどの大胆さ。

6669941_1223835713_52large.jpg

天守閣まで来た!!
さすがに一番上にはボス的な作品があるのだろう!!と
期待ムンムンでトビラを開けると

6669941_1223835686_12small.jpg

倉庫やないかーーーい!!

6669941_1223835742_18small.jpg

現在もまだまだ建築途中の佐和山遊園
ぜひ佐和山遊園の“いま”を目に焼き付けに行ってほしい!!


佐和山遊園

住所:滋賀県彦根市古沢町1156
営業時間:日の出から日の入りまで
入場料:無料




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

たぬきの置物で有名な信楽焼き で有名な滋賀県信楽に行ってきました。 信楽の街に入ると道路沿いには、たぬきたぬきたぬきがいっぱい!! みぎ見てもたぬき、ひだり見てもたぬき、 ルームミラーにもたぬき・・・!!!キャーーーッ!!! それくらいたぬきや、たぬき ... 続きを読む
たぬきの置物で有名な信楽焼き

6669941_1223834550_120small.jpg

で有名な滋賀県信楽に行ってきました。

6669941_1223835371_161small.jpg

信楽の街に入ると道路沿いには、たぬきたぬきたぬきがいっぱい!!
みぎ見てもたぬき、ひだり見てもたぬき、
ルームミラーにもたぬき・・・!!!キャーーーッ!!!
それくらいたぬきや、たぬきじゃない焼き物が街中にゴロゴロしている。

6669941_1223835049_224small.jpg

この街に来たら必ず立ち寄って欲しいのが!!
「信楽陶苑たぬき村」

6669941_1223834920_168large.jpg

ココではめちゃくちゃたくさんのたぬきに出会えてめちゃめちゃ楽しい!!!

6669941_1223834912_86small.jpg

6669941_1223835325_139small.jpg

特にアートゾーンには珍しいたぬきもたくさんあって・・・

6669941_1223834712_205small.jpg6669941_1223834706_216small.jpg
6669941_1223834679_70small.jpg6669941_1223834674_106small.jpg
 
キャーーーーーッ!!!
もはやホラー!!!!


最後に絵付け体験
信楽たぬきの絵付けに挑戦♪

6669941_1223834528_85small.jpg

やりはじめると凝るタイプ芸術肌のわたし
モクモクと色をつけること1時間・・・
ついに完成ー!!

6669941_1223834503_23small.jpg 6669941_1223834463_180small.jpg

テーマ「ギャルたぬき ひめ」

ポイントはパパに買ってもらったシャネルのバッグです♪

6669941_1223834449_188small.jpg

おまけにもうひとつ
ココのすぐそばにある珍スポット

建物がまるごとたぬきになっちゃった!!
「狸家分福」

6669941_1223835400_121large.jpg

店内は、信楽焼きの置物やお皿が売ってたり
お食事どころでもあります♪ぜひ立ち寄ってみて!!

街まるごとたぬきづくし!!
ファンタスティック!!!


信楽陶苑たぬき村

住所:滋賀県甲賀市信楽町牧1293-2
TEL:0748-83-0126
定休日:年中無休
営業時間:9時~17時
HP:信楽陶苑たぬき村 




狸家分福

住所:滋賀県甲賀市信楽町西459
TEL:0748-82-2828
定休日:木曜日
営業時間:9:00~18:00 ※食事は11:00~(LO17:30
狸家分福の紹介




ありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村