BQ ~B-spot Explorer~

全国のベタな観光地から、珍スポット、お祭り、レトロな街並み、商店街、公園遊具、文化遺産など、おもしろおかしいスポットめぐり

カテゴリ: 和歌山

捕鯨船と、天に刃を突きあげる勇ましいオトコの像が目を引く 捕鯨発祥の地、太地町にやってきました。 この地でもっとも人気のある定番スポットがこちら くじらのありとあらゆることが知り尽くせる くじらの博物館です。 ●本館でくじらのすべてを学ぼう! ... 続きを読む
6669941_2178113361_241large.jpg

捕鯨船と、天に刃を突きあげる勇ましいオトコの像が目を引く
捕鯨発祥の地、太地町にやってきました。

6669941_2178113291_57large.jpg

この地でもっとも人気のある定番スポットがこちら
くじらのありとあらゆることが知り尽くせる
くじらの博物館です。

●本館でくじらのすべてを学ぼう!

6669941_2178113358_179large.jpg

館内は吹き抜けになっていて、その広い空間を
大きなくじらの骨が悠々と泳いでいる光景を再現。

6669941_2178113351_167small.jpg
▲セミクジラの生殖器。

その中でも、空いているスペースを利用して、くじらの生殖器をディスプレイ。
この部分だけはやはりじっくり見たい
というB級好きの心を掴んで離さない、実に合理的で無駄のない展示。

6669941_2178113354_11small.jpg 6669941_2178113353_71small.jpg
▲もちろんメスの生殖器も。

6669941_2178113357_89small.jpg
▲さっきとは違う角度のセミクジラの生殖器。

6669941_2178113349_156large.jpg

2階にあがってみると、さらにくじらを間近で体感。
捕鯨の様子を臨場感たっぷりに再現。

6669941_2178113342_72large.jpg

2階はくじらの生態についてじっくり学べるフロア。
実際に大量の標本を使って、詳しく説明されているので
こどももおとなも「へぇ~!!」が止まらない。

6669941_2178113343_56large.jpg
▲セミクジラの器官や内臓の標本。その大きさにたまげる。

6669941_2178113344_102large.jpg

鏡餅のように重ねられ、めでたそうに見える睾丸。
直径約80センチ、重さは左右合計で200キロ。
2つあるうちの片側を2つに切断して展示。

6669941_2178113348_70large.jpg

マッコウクジラの生殖器。大きさは213センチ。
生殖器と並んで写真を撮っている酔狂女子がいたほどの、
サイズ感を確かめるには、絶好の撮影スポット。

6669941_2178113347_78small.jpg
▲クジラの脳みそ。

6669941_2178113346_245small.jpg 6669941_2178113339_56small.jpg
▲胎児のからだはツルンとしていて、生レバーのような肌質。

6669941_2178113336_123small.jpg

グロい標本の合間には箸休め的に
ぬいぐるみを使って検温のやり方を説明。

6669941_2178113335_165small.jpg

説明によると、このように
お尻の穴に体温計を挿入して計るそうです。

6669941_2178113334_24large.jpg

骨格ゾーンでは、骨の形や大きさで
くじらの種類や年齢を解説。

6669941_2178113330_103large.jpg 6669941_2178113329_138large.jpg

規格外の標本の多さは人を選ぶので、同行者に注意しよう。
神経が個性的なサブカル好き同士なら、デートスポットとしても最適。

6669941_2178113320_252large.jpg

3階にあがると、捕鯨の様子を海面から見ているような
迫力あるダイナミックな光景。これはスゴイ!

6669941_2178113316_169small.jpg 6669941_2178113309_230small.jpg

3階は捕鯨の歴史をあれこれ学べるフロア。
実際に捕鯨の道具や絵巻を使って、その苦労っぷりを解説。
こどももおとなも「ふむふむ」が止まらない!

●イルカとクジラのショーを見よう!

6669941_2178113328_103large.jpg

本館の外では、イルカとクジラのショーが見れるのでお見逃しなく!

6669941_2178113326_47large.jpg 6669941_2178113324_216large.jpg

イルカショーなんて何回も見たことあるのに、
イルカショーやってるって聞いたら、やっぱり見ちゃうよね~

6669941_2178113306_80large.jpg

クジラショーもあるっていうから見に行ったら
あれ?クジラ?小さくない??ってなったけど
イルカとクジラは同じ仲間で、ざっくりいうと
3メートル以下のものをイルカ、
3メートル以上のものをクジラ

ってことにしてるんだって。

6669941_2178113305_251large.jpg

たしかにイルカにしては大きめなクジラ。
イルカのように、ショーをそつなくこなす。

6669941_2178113302_172large.jpg

クジラがいるエリアでは、クジラにエサをあげたり、触れたりできるイベントも。
これは楽しい!

●マリナリュウムも立ち寄ろう!

6669941_2178113300_93large.jpg

奥には、海洋水族館、マリナリュウムもあるので忘れずに!

6669941_2178113296_190large.jpg 6669941_2178113295_251large.jpg

中はトンネル水槽になっていて、イルカが目の前や頭の上を
ギュンギュン泳ぐ。すごい!水中にいるみたい!

6669941_2178113297_203small.jpg
▲タッチプールでは、サンゴとかヒトデじゃなく、エイが触れる。

●ゴーカート場も見逃せない!

6669941_2178113286_197large.jpg

くじらの博物館を堪能したら、隣にある
くじら浜公園ゴーカート場も見てみよう。

6669941_2178113287_14small.jpg
▲ゴーカートは、5才くらいから乗れる。

6669941_2178113360_191small.jpg
▲パタリロのようなポーズをキメる、ウルトラマンの親戚も。

●くじらを食べてみよう!

6669941_2178113284_38small.jpg

くじらを見て、学んだあとは
くじらを食べてみよう!

6669941_2178113281_5large.jpg
▲テーブルに広がるくじら情報。ここではくじらを食べることができる。

6669941_2178113278_47large.jpg
▲いろんな部位を楽しめるくじらメニュー。

6669941_2178113272_166large.jpg

いろんなクジラの刺身が楽しめる刺身定食。
白い皮の部分と一緒に、ショウガ醤油でいただきましょう。
クセがなく食べやすい、食卓にのぼっていても違和感なし!

6669941_2178113275_30small.jpg
▲サエズリと呼ばれる舌の肉。歯ごたえあって美味!


くじらの博物館

住所:和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
TEL:0735-59-2400
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
料金:おとな 1300円
公式サイト:くじらの博物館



くじら料理 くじら家

住所:和歌山県東牟婁郡太地町常渡2902-115
TEL:0735-59-2173
営業時間:9:00~16:30 (夜は予約のみ)
定休日:木曜日
公式HP:くじら専門店 くじら家




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーやシェアを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

レトロな商店街ファンのみなさま お待たせしました。 和歌山、陸の孤島、新宮市の登場です。 かつて、林業バブルで沸きに沸いた新宮市。 あのころはこの商店街も、ギュウギュウに人が行き交っていたようですが 現在はこのように、とても歩きやすく、落ち着いたシ ... 続きを読む
レトロな商店街ファンのみなさま
お待たせしました。
和歌山、陸の孤島、新宮市の登場です。

6669941_2178077525_200large.jpg

かつて、林業バブルで沸きに沸いた新宮市。
あのころはこの商店街も、ギュウギュウに人が行き交っていたようですが
現在はこのように、とても歩きやすく、落ち着いたショッピングロードに。

6669941_2178077495_147large.jpg

並ぶ商店はどれも魅力的で
平成の時代を生きながらも、昭和の時代を垣間見える
絶好のタイムスリップスポット。

6669941_2178077524_230large.jpg
▲リスちゃんの絵がかわいい、ブルーチップセンター

6669941_2178077523_214large.jpg
▲文字が傾くことでコミカルさを演出。洋品、雑貨の浜浦。

6669941_2178077496_167large.jpg 6669941_2178077497_22large.jpg
▲貸し付け、分割払いが可能!新鋭的なクレジットデパート!

6669941_2178077520_61large.jpg
▲窓からお姫様が顔を出しそうなリビングショップ美濃屋。

6669941_2178089902_232large.jpg
▲その美濃屋では、すこぶる良品の昭和グッズを豊富に取り揃えているので要チェック!

6669941_2178077516_19large.jpg
▲モーレツにかっちょいいパチ屋。

6669941_2178077513_90large.jpg
▲横文字と大衆食堂の不協和音、ベール。

6669941_2178077515_212large.jpg
▲ママさんコーラスのごとく整然とこっち向いて服が並ぶミネヤ。

6669941_2178077512_64large.jpg

そんな商店街の中でひときわ輝いている看板がコチラ。
純喫茶バンビ
このつぶらな瞳と大きな耳、愛くるしい~!!

6669941_2178077509_60small.jpg

COFFEEの残像が、一服したくなる欲望を刺激。
ちょっと寄ってってみよ~

6669941_2178077508_254large.jpg

かわいいバンビちゃんがさすハートの矢の先には
狭い路地の奥に光る看板が見える。

6669941_2178077500_212large.jpg

ココが純喫茶バンビ。
まったく中の様子がうかがえない、小さな扉を開くと

6669941_2178077503_60large.jpg 6669941_2178077505_4large.jpg

カウンターにわずか6席の
スナックのような空間。

「コーヒーをください。」
自慢のコーヒーを入れてもらっている間に
ママと常連さんに混ざってフリートーク。

6669941_2178077507_69small.jpg

新宮の話、孫の話、お客さんの話。
いろんな話をだらりとしながら、あーでもないこーでもないと
話してる時間がなんとも楽しい。

「最近のAKBとかいう女の子いっぱい集まったグループは嫌いやわ~
 でもエグザイルはええけどな。3代目、好きやわ~」

6669941_2178077504_143large.jpg
▲各種コーヒーからドリンクまでいろいろ楽しめるメニュー

6669941_2178077501_226large.jpg

生花が飾られたステキな空間で
ママや常連さんたちといつまでも話していたくなる
アットホームな雰囲気を満喫。
「気を付けて帰ってよ~また来てね~」と
すぐに打ち解けてしまう一体感は、小さな喫茶店ならでは。

6669941_2178077499_126large.jpg

新宮の散策で疲れたら、バンビでのんびりくつろごう!

6669941_2178077518_253large.jpg


純喫茶バンビ

住所:和歌山県新宮市大橋通2丁目4−2
TEL:0735-21-2041




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

安産・子授け・万病平癒 女性の味方!淡嶋神社へとやってまいりました。 鳥居をくぐると境内には 先田商店、満幸商店、魚市商店と色めきたつ商店が 新鮮な魚介類を売っているのでおみやげに買っていこう。 奥へ進むとこちらが本殿 ここのなにが珍しい ... 続きを読む
6669941_2148129048_163large.jpg

安産・子授け・万病平癒
女性の味方!淡嶋神社へとやってまいりました。

6669941_2148129425_164large.jpg

鳥居をくぐると境内には
先田商店、満幸商店、魚市商店と色めきたつ商店が
新鮮な魚介類を売っているのでおみやげに買っていこう。

6669941_2148129045_235large.jpg

奥へ進むとこちらが本殿
ここのなにが珍しいって、よーく近づいて見てみよう。

6669941_2148129041_82large.jpg

わわわ!!!
成人式か!?ってくらいひな人形がひしめいてる!!
ココ、淡嶋神社は人形供養でおなじみで
本殿だけでなく境内中に人形があふれかえっているのだ。

●人形がいっぱいいる!!

6669941_2148129042_69small.jpg
▲市松人形の列。誰かが動きそうで妙に怖い。

6669941_2148129040_239small.jpg
▲日本人形の列。こっちは全然怖くない。

6669941_2148129025_188small.jpg
▲女子校のごとく女の子の置物がいっぱい!!

6669941_2148129037_217small.jpg
▲大杯を持つ武士人形“黒田節”ゾーン

と、こんな具合に
人形はジャンルごとにまとめられていて
整理整頓が行き届いている。
これなら見やすい、わかりやすい。

●人型じゃない置物もOK

6669941_2148129047_240small.jpg
▲鮭をくわえたクマゾーン

6669941_2148129046_118small.jpg
▲信楽焼きのたぬきゾーン

6669941_2148129044_50small.jpg
▲庭によくいるカエルゾーン

6669941_2148129039_92small.jpg
▲あらゆるものを招くまねきねこゾーン

6669941_2148142214_170small.jpg
▲異国感のあるお面も並んでいる。許容範囲広いな。

6669941_2148129038_5small.jpg
▲この人形、こんなに需要があったのが驚き。翁(おきな)と媼(おうな)ゾーン

6669941_2148129034_83small.jpg
▲出雲大社のごとく八百万(やおよろず)の神様が集まっている神様ゾーン

6669941_2148129032_29large.jpg
▲本殿の周りには干支の置物が取り囲み、ごった返している。

●安産!子授け!万病平癒!

6669941_2148129033_233large.jpg

人形供養だけじゃない
ココは安産・子授け・万病平癒で有名な神社だったんだった!
本殿より奥へ進むとこちらが末社。
女性のありとあらゆるお願い事を聞いてくれると
ものすごく女性びいき。

6669941_2148129027_101small.jpg

こちらでは祈願のため、かつては絵馬と一緒に男根形や自身の髪の毛などが
奉納されていたようなんだけど、現在はそれらに代わって
自身の履いていた下着(パンツ)を奉納する女性が多いんだとか。

6669941_2148129031_121large.jpg

社の中を隙間から覗いてみると
そこには無数の奉納品が・・・!!

6669941_2148129030_55large.jpg

手前には乱雑に重なる下着の入った袋。
殺伐としてて背徳感ある!!週刊誌見てるみたい!!

●恋愛系パワースポット

6669941_2148129028_109large.jpg

本殿の裏手にあたる遷使殿前から本殿に向かって手を合わせると
恋愛が成就すると書いてあったんだけど、ココがその現場です。

6669941_2148129029_66small.jpg

なんだか簡易的でたよりないんだけど
さっきあれだけ無数の神様拝んだんだから
きっとだいじょーぶ!

●姿社も忘れずに

6669941_2148129024_96small.jpg

まねきねこゾーンの奥にある姿社
ひっそりすぎて見逃しがちだけど、社の中には

6669941_2148129026_133small.jpg

大きな珍石もまつってあるので忘れずにね!

カメラ女子なら必ず訪れたい友ヶ島への乗船場のすぐ近くなので
抱き合わせスポットとして最適!!


淡嶋神社

住所:和歌山県和歌山市加太118
TEL:073-459-0043
拝観時間:9:00~17:00
人形供養:仏滅の平日、12/21~1/3 、2/21~3/3をのぞく9~16時
       ダンボール1箱につき500円の供養料
       郵送不可




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!
シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

和歌山市の中心地 繁華街として有名なぶらくり丁 ココにある橋のたもとには レコードの形をした、ぶらくりブルースの歌碑とともに ボタンを押すとブルースが流れる粋な仕掛け!! そんな小粋な街、ぶらくり丁のほとりには このようなステキな物件がズラリ ... 続きを読む
和歌山市の中心地
繁華街として有名なぶらくり丁

6669941_2058485039_136large.jpg

ココにある橋のたもとには
レコードの形をした、ぶらくりブルースの歌碑とともに
ボタンを押すとブルースが流れる粋な仕掛け!!

そんな小粋な街、ぶらくり丁のほとりには
このようなステキな物件がズラリ

6669941_2058485038_50large.jpg

レトロ!!アンティーク!!
古式ゆかしい!!


6669941_2058485021_118large.jpg

美しいらせん階段の上にある看板をよく見ると

6669941_2058501010_34small.jpg

“ 徳 川 ” の下に
明らかに見える “ ト ル コ ”

6669941_2058485036_218small.jpg

こちらのビル群の上には

6669941_2058485035_90small.jpg

まさかの “ 病 院 ” 
という名前の隣にうっすら見える “ ト ル コ ” 

ココは廃墟ですか?
いいえ、ソープです。


6669941_2058485024_186small.jpg 6669941_2058485023_168small.jpg

表側に回ると一目瞭然
ソープの外観はとにかく城が多い。

6669941_2058485034_109large.jpg

そんなソープ街に囲まれた場所に
珍スポットが一軒。

6669941_2058485028_254large.jpg

わわわわわ!!!!!たぬきだらけ!!!
ココは信楽ですか?
いいえ、和歌山です。

6669941_2058485033_81small.jpg

MJ(マイケルジャクソン)のような決めポーズのたぬきや

6669941_2058485031_199small.jpg 6669941_2058485030_67small.jpg

大小さまざまなたぬきが、上から下から出迎えているぞ!!

6669941_2058485026_235small.jpg

向かいには別館も建っている人気の店
地元では有名な高級焼肉店なんだそう。

6669941_2058485025_219small.jpg

白目をむいたたぬきが時刻を教えてくれている。
カウンター席あり、座敷あり、カラオケあり
デートに、コンパに、新年会
宴会するならまんぷくへ!!

6669941_2058486070_163small.jpg

店内は、たぬきの女将から

6669941_2058486069_70large.jpg

ココにもそこにもあそこにも
あやゆる隙間にたぬきがいるよ!!
ぜひ行ってみてね!!

6669941_2058485032_45large.jpg


まんぷく

住所:和歌山県和歌山市新雑賀町12
TEL:073-423-3328
営業時間:11:00~23:00
定休日;月曜日(但し月曜祭日の場合火曜日は休み)




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

国道沿いにある料理組合 ココが和歌山にある新地 天王新地 目の前には大きな道があり、ガンガン車が行き交う傍ら ひっそりDEEPな世界へと続く道が、すぐそこに。 人通りは皆無 ふらりふらりと吸い込まれる老人を見た。   しかし廓の中からは人の声が聞こえた。 入 ... 続きを読む
国道沿いにある料理組合

6669941_2058485058_232small.jpg

ココが和歌山にある新地
天王新地

目の前には大きな道があり、ガンガン車が行き交う傍ら
ひっそりDEEPな世界へと続く道が、すぐそこに。

6669941_2058485042_115large.jpg

人通りは皆無
ふらりふらりと吸い込まれる老人を見た。

6669941_2058485053_34small.jpg 6669941_2058485051_167small.jpg

しかし廓の中からは人の声が聞こえた。
入り口の前を素通りすると、大きな窓越しに中が見える。
中には女性の姿があった。

風貌は、スーパーで見かけるようなごく一般的な主婦
はたまたスナックで見かけるようなママ
街角の占い屋で座っている幸薄そうな女といった感じ。
イスに座って受付越しにこっちを見てたり机でなにやら作業してたり
女性同士で話してたり、食事中の場面も見かけた。

6669941_2058485052_244large.jpg

かつては50軒以上あった料亭も今では5軒ほど。
ほとんどは廃墟だったり普通の民家も多い。

6669941_2058485048_22small.jpg 6669941_2058485047_144small.jpg

女性は若くてぽっちゃり系から高齢の妖怪系まで
美女や若者を抱きすぎて一周した方にオススメ

6669941_2058485050_250large.jpg

情報によると30分一万円
子孫繁栄しうる体勢で挑むことができるのだそう。

6669941_2058485044_71large.jpg

裏手に回ると駐車場があって、次から次へと車が入ってきていた。
裏手側にある玄関から、客は入っていくようだ。

6669941_2058485045_81large.jpg

ぐるぐる歩いていると
ちらほら男とすれ違う。
天王新地はまだまだなくなりそうもない。


天王料理組合

住所:和歌山県和歌山市中之島




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

1950年「新日本観光地百選」の海岸の部にて1位を獲得した和歌浦 その美しさが全国的に知られるようになり、加えて縁結び信仰が強かった 和歌浦にある玉津島神社の存在意義も相まって、全国随一の新婚旅行スポットとなり、観光客は劇的に増加。 さらにその後、瀬戸内 ... 続きを読む
1950年「新日本観光地百選」の海岸の部にて1位を獲得した和歌浦

6669941_2058451717_143large.jpg

その美しさが全国的に知られるようになり、加えて縁結び信仰が強かった
和歌浦にある玉津島神社の存在意義も相まって、全国随一の新婚旅行スポットとなり、観光客は劇的に増加。
さらにその後、瀬戸内海国立公園への編入も決定したことで、年間宿泊者350万人を数える一大観光地に成長。
和歌浦一帯のホテル、旅館数は40以上を数え、連日のように賑わっていた。

ゆえにこのあたりを走っていると、右も左も旅館やホテルが連なり
かつての賑わいをにおわせる。

6669941_2058456489_92small.jpg 6669941_2058456490_149small.jpg

しかし、その大半はどれも廃墟。

6669941_2058451695_160large.jpg

解体の日を待つもぬけの殻

6669941_2058451697_235large.jpg

どこから見ても見事なオーシャンビュー
遠くに見える近代的な建物はポルトヨーロッパというテーマパーク

6669941_2058451696_23large.jpg

中でもこの和歌浦で有名だった巨大なホテル
宇宙回転温泉
廃墟になってからもそのスバラシさに訪れるものは後を絶たなかったそうで。
しかし今はすでに解体され、この↓の部分にあったそうだよ。

6669941_2058451699_137large.jpg

そのホテルの名残が唯一残ってるのが
この階段

6669941_2058451698_247large.jpg

●七洋園

6669941_2058468937_7small.jpg

八画文化会館vol.1でも紹介されていた
七洋園

6669941_2058451707_163large.jpg

ココのクチコミがとにかくすごくて
※以下、トリップアドバイザーより抜粋

“宿ですらない!!”

GW前に旅行を思い立ち空いている宿がここだけだったので予約。
他の方も記載されておりますが、外観が古いのではなく中が廃墟です。
ロビーは湿気臭いし、廊下・階段・部屋にいたるまで全く掃除されている感じがせず
埃臭いしくしゃみが出っ放し、部屋の鍵は壊れているし布団はなんだかねっとりした感じで
気持ちが悪いのでパンフレットを引いて寝ました。
予約したHPの口コミを記載しても掲載されないのでこちらに記載させていただきました。

宿のおじさんにお願いです。
・掃除してください
・ちゃんと現状の写真で掲載してください
・部屋の鍵を直してください
・3階の旧宴会場と思われるふすまを張り替えてください
・騙して客を取るようなマネは止めてください

おかげで最悪中の最悪の旅行になってしまいました。

“ゴールデンウィーク前日に空きがあることで気がつけば良かった・・”

皆さんも同様に書かれていますが、汚すぎて無料施設かと思わせる雰囲気でした。
部屋はゴキブリが2匹畳の隙間から出てくるし、ゲジゲジもいるし、
大浴場の脱衣所には大きなホコリの玉があちこちに散らばっているし・・・
ハウスダスト持ちの自分は常時咳き込みが治まらず、妻が
「その場でキャンセルしてでも車で寝よう」と言われていたのにケチな性分が仇になりました。
無理してでも深夜高速乗って家路に帰ればよかった。宿泊して逆に疲れが蓄積しました。
目的地の前に到着しても廃墟!?かと悩みました。
観光客が詐欺にあっているのに営業許可が下りている事に和歌山市として、対処しないのもどうか??
ここのコメントで旅館のおじさんがコメントに返事を書かれていますが、
まずは掲載している写真を現在の物に差し替えて、更に通路や脱衣所、各部屋など何枚も載せてほしいです。

生活がかかっているのは分かりますが、これだけの廃墟に有料で数千円請求する事自体詐欺です。
折角遠方から和歌山を堪能しようと少ないながらもお金を貯めて旅行に来ているんですから、
インターネットに載せるのは辞めて頂けないでしょうか?

人の思い出を台無しにしてでも、騙してやりくりしているこの旅館・・・
一生忘れなれない、日本一最悪な旅館でした。
公園の公共トイレにダンボールを敷いて無料で泊まるか、
千円もらってもう一度この旅館に泊まるかと言われたら
トイレに泊まります。

“昭和30年代の旅館”

和歌山へ急な用事があり、宿泊3日前にインターネットで偶然見つけて予約。
インターネットでの予約情況がすべて空いていたのが気がかりでしたが、
「シーズンオフだからだろう」と思い、当日、宿に到着。
ところが、旅館に入るなり、下の娘(小学生)は恐怖のあまり、
「家の帰る」と泣き出し、家内は「車で泊まろう」と言い出す始末。
何とか二人をなだめて、部屋に入ると、旅館のおじさんに
「部屋の風呂は使えません。大浴場を使って下さい」と言われ、
さらに「大浴場は一つしか使えないから男女一緒に使って下さい」
と言うので、家内が「他の人が入ってくると困るので、ロックできますか?」
と尋ねると、おじさんは「出来ません」とあっさり答えました。
大浴場は薄暗く、とても疲れが癒されるような風呂ではありませんでした。
宿に到着した時間が遅かったので、運良く(?)食事を外で済ませていたので、良かったが、
もし食事を頼んでいたら、インターネットで見たような魚の活造りが出てきたのか大きな疑問です。
(宿の入り口の生簀も水槽も、もう何年も水さえ入っていないように見えました。)
今から思うと、昭和30年代の映画の舞台に使えるような、タイムスリップしたような、
ただ保存状態は良くない旅館でした。

“最悪の最悪の最悪”

この旅館は私がいままで泊ってきた旅館の中で最悪のものでした。
昭和の負の遺産とはこのことを言うのだと思います。
一生行きたくありません。和歌山にも行きたくありません。

まず畳が穴だらけでタバコの痕や虫食いの跡がひどい。かなりひどい。
そして畳が黒くて本当に汚い。そして、ごみ箱もティッシュもありません。
窓も閉まりません。完全に虫が入り放題です。ゴールデンウィークなのに蚊にさされました。
浴衣の紐は何十年前から使っているのかというほどボロボロで、
短パンをもっていなかった我々は急いで買いにいくほどでした。

風呂について
まずバスタオルもドライヤーもありません。風呂の中も汚く、蛇口はまともなのは1つだけ。
リンス、コンディショナーはありません。市販のメリットが1本と、虫の死骸がついたり、
髪の毛がまとわりついたりした石鹸が2,3個あるだけでした。 
風呂はあきらかにお湯がはってあるだけで冷めてました。
そして写真のような景色はまるでみられません。
写真のような明るさも全くありません。真っ暗で汚いです。

トイレについて
下水臭くて汚いです。和式しかありません。残念にもほどがあります。

布団について
安全ピンでとめられた布団はとても小さく身長が178cmある私の膝下くらいまでしかありませんでした。
そのせいもあって蚊にさされまくりました。

水道について
顔を洗おうと蛇口をひねるとかなり白濁した水が。。。。。
洗う気が失せました。

その他もろもろ・・・・
1泊1000円の価値もありません。
この口コミを参考にしていただけたら、おそらく和歌山でいい旅行が出来ると思います。


※YAHOOトラベルより抜粋

●GWの旅行をギリギリで思い立ったため空いている宿がここしかなかったので予約したのですが、
今まで生きてきて、本当に最悪の最悪の最悪の最悪の宿でした。
(今までのサービスが悪いと不満に思った宿など可愛いものです)
外観はともかく、中も壁や天井がボロボロ、ロビーは湿気臭い、
階段・廊下・部屋は掃除をした形跡がなく埃臭いし汚い、施設が古いとかいうレベルではありません。
正直この宿を掲載していること自体が問題だと思います。

●せっかくの年に一度の旅が台なしでした!!!
ギリギリの予約だったのですが、今までもヤフ-トラベルで、
安くてそこそこの宿が取れていたので、信用していました。
しかし!あれはひどすぎる!!
掲載されていた写真とはまったく違い、建物は何十年も取り壊されなかった廃虚そのものでした!!
壁にさわるのも布団ももちろん水回りも気持ち悪かったし。
子ども達に出されたお茶にも、きっちり虫が浮かんでました。
ネット予約の恐ろしさを知りました。宿のお婆ちゃんには悪いけど、
ヤフーのネットにあんな宿を載せて欲しくない!!!


と、こんな調子でケッチョンケチョンのコテンパン!!!
ぐうの音も出ない七洋園

6669941_2058451706_29large.jpg

入り口はコチラ
なんの変哲もない極普通の旅館に見える。

6669941_2058451705_125large.jpg

入り口から中を覗くとこんな感じ
ひたすらにピンポンピンポンとチャイムを鳴らすも誰も出てこない。
近くには「電話番号に電話してください。」とのメモ書きがあったものの音信不通。

6669941_2058451700_2large.jpg

裏へ回るとこんな感じで、窓の向こうは崖になっていた。

6669941_2058451703_89large.jpg

向かい側にある駐車場からは

6669941_2058451702_127large.jpg

和歌浦の美しい景色が見える。
レトロと自然が大好きな勇者よ!!
一度出向いてみてほしい!!

●ホテル太公望

6669941_2058468936_218small.jpg

八画文化会館vol.2にも載っている
ホテル太公望

6669941_2058451711_46large.jpg

こちらには、風呂に浸かるだけで月面着陸した気分になれる
「月世界大温泉」というものがある!!

6669941_2058451716_206large.jpg

が、しかし!!
すでに廃業してたー!!!
その前には、日本では狂犬病防止のため街で見かけないはずの
ノラ犬まで徘徊してたー!!

日に日になくなっていく和歌浦の景色
なくなってからではもう遅い!!
さあ!!いますぐ和歌山へ泊まりに行こう!!

6669941_2058468937_7small.jpg6669941_2058468936_218small.jpg6669941_2058469949_111small.jpg

詳しくは八画文化会館を買って読むべし!!
一家に2~3冊!!八画文化会館!!
カバンの中に、枕元に、玄関先に、
読む用、見せる用、保存用!!
スマホ代わりの情報量!!八画文化会館!!


七洋園
住所:和歌山県和歌山市雑賀崎416
TEL:073-444-1181




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

和歌山の白浜をドライブしていると 海上に現れた城!! なにあれーーーーー!!?? ヨーロッパの古城のような建物 城?ホテル?マンション??なにあれ?? バブルのニオイがプンプンするぞ!! 近づいてみると圧倒的な違和感!! クオリティーすごくない?? ... 続きを読む
和歌山の白浜をドライブしていると
海上に現れた城!!

6669941_2040664457_210large.jpg

なにあれーーーーー!!??
ヨーロッパの古城のような建物
城?ホテル?マンション??なにあれ??
バブルのニオイがプンプンするぞ!!

6669941_2040664456_79small.jpg

近づいてみると圧倒的な違和感!!
クオリティーすごくない??

6669941_2040664454_199small.jpg

入り口まで近づくとわかりました。
こちらの名前は「ホテル川久」
外観100%洋風なのに、名前はいたって純和風
ええーーー??なんで??
絶対「シャトー」とか「レジデンス」とか付けるっしょ?

6669941_2040664435_62large.jpg

門の中に入るとさらにスゴイ!!
ココはテーマパークか?欧米か?
城じゃん!!これ、城じゃん!!

6669941_2040664451_120small.jpg

空中に飛んでいるのは
手足の長いウサギのブロンズ像
和歌山のピーターラビットかな?

6669941_2040664449_110small.jpg

奥を覗くとこれまたスゴイ!!
最上階にはクッパとピーチ姫おるわ。

ウハウハキョロキョロ見ていると
ホテルの従業員の方が出てきて
館内も見せてもらえることになりました。
とてもやさしくて親切な方でした。
不審者だと思われたのでしょう。

6669941_2040664444_38small.jpg

入り口にはヨロイ!!
王様に会いに行く気分でロビーに通されると

6669941_2040664447_115large.jpg

うああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!
ゴーーーーールド!!!!!


このロビーはホテル川久の贅を尽くし
天井はフランスの職人金箔を貼り付け
柱は「シュトックマルモ」と呼ばれる
かつてヨーロッパで発達した擬大理石技法で制作され、
現在ではほとんど絶えてしまっている技法なんだそうで
1本なんと1億円!!!

6669941_2040664439_67small.jpg

ピアノはめちゃくちゃ高級で有名なスタインウェイ&サンズ社(リンク先Wikipedia)
ハンブルグ製特注グランドピアノ。

6669941_2040664436_116large.jpg

床は大理石のローマンモザイク
ヨーロッパや中近東などのモザイク修復を主とする
イタリアのモザイク学校とその集団が製作施工にあたりました。

6669941_2040664440_15small.jpg

シャンデリアが並ぶスペースの壁には
2世紀に制作されたとされるビザンチンモザイクも。

6669941_2040703693_33small.jpg

ホテル外壁に使われているレンガイギリス製
屋根瓦は中国北京の紫禁城(リンク先Wikipedia)と同じものを。

とまああれもこれもどれもそれもすべてが一級品!!!
当初建設予算は150億円のところ
大幅に増えて300億円!!!

こちらはホテルの模型
複雑な設計であることがよくわかる。
夢と、こだわりと、カネが織りなした、バブルの遺産である。

6669941_2040664442_74small.jpg 6669941_2040664441_60small.jpg

ココ、ホテル川久はもともと「旅館川久」として、1949年に創業
昭和天皇も宿泊した白浜では屈指の木造純和風旅館でした。
しかし1989年、2代目社長とその妹がバブルの勢いにのって
「世界の数奇屋ホテル」を目指し、全面建て替え!!
(数奇屋とは、金持ちや権力者が茶の湯を楽しむための空間を、
高価な材料と最高の職人を使ってさりげなく贅沢な仕事をさせ
それがわかる客を驚かし楽しむ建物のこと。)

そして1991年、「人々が集う夢の空間を目指して」いまの形に!!!

6669941_2040664443_98small.jpg

完成当初は会員制のセレブ御用達のホテルだったんだけど
1995年に倒産。
1998年に北海道のカラカミ観光に30億円で買収され
庶民も泊まれるホテルになりましたとさ。

6669941_2040664437_156small.jpg

ちなみにお部屋は全室スイート!!!
1泊2食付きで1万5千円~と案内されました。

白浜に行くときはぜひとも!!!
ホテル川久へ!!!


ホテル川久

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3745
TEL:0739-42-3322
HP:ホテル川久HP
じゃらん予約サイト:ホテル川久




読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーやシェアを押していただけると
あなたの金運、健康運、恋愛運が3ポイントUP!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナが敏感になります!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

和歌山の山奥に恐竜がいる!! とのことで、山を飛び、谷を越え、 恐竜ランドへやってきた!!! うあーーーーー!!!!! すごい!!!恐竜がいるーーー!!! デカイ!!この距離でこのサイズ!!デカイ!! でもアレ?アレアレ??この入り口、 ジュ○シックパークっぽくない?? たまたま ... 続きを読む
和歌山の山奥に恐竜がいる!!
とのことで、山を飛び、谷を越え、
恐竜ランドへやってきた!!!

6669941_2029428024_85large.jpg

うあーーーーー!!!!!
すごい!!!恐竜がいるーーー!!!
デカイ!!この距離でこのサイズ!!デカイ!!


でもアレ?アレアレ??この入り口、
ジュ○シックパークっぽくない??
たまたまかな??たまたま似ちゃったのかな??

とにもかくにも、とりあえず恐竜ランド&極楽洞へ

6669941_2029428021_224large

洞窟の入り口に入ると
いるわいるわ!!恐竜たち!!

6669941_2029428017_105large
6669941_2029428016_192large

作りがやたらリアル!!!
今にも動きそうー!!!

6669941_2029428015_231large

番犬が見張っている洞窟の入り口へ
ヘルメットをかぶっていざ突入!!

6669941_2029428014_104large

わわわ!!!洞窟内にはイルミネーション!!
チッカチッカ光る電球のチープ感サイコー!!
コレ!!コレが珍スポットだよー!!!


6669941_2029428012_117large

洞窟内は夏涼しく、冬暖かい、快適空間。
この非日常にワクワクドキドキしながら進んでいくと

6669941_2029428011_208large

わわ!!!なんか奥にある!!
なになに???

6669941_2029428010_80large

タマゴがある!!
その奥に、なんかいる!!!

6669941_2029428009_162large

ギャオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーー!!!
近づくと恐竜っぽいウナリ声と連動して
恐竜が動いた!!!しかしこの動きが
超 微 動 !!!

6669941_2029428007_107large

ちなみにさっきあったタマゴはスタンプ台になっていて
スタンプラリーをしながら恐竜に遭遇していく仕組み。

6669941_2029428006_170large

洞窟を進んでいると・・・

6669941_2029428005_195large

わあああ!!!こんなところにもーーー!!!
上から下からいっろんなところからこんにちわ

6669941_2029428003_103large

洞窟内には滝も流れていて

6669941_2029428004_207large

ライトアップされて美しくなった
まるでバスクリンのような勾玉池

6669941_2029428001_206large

の中にもよく見たら恐竜が!!

6669941_2029427992_232large

どの恐竜も近づくと、ギャオオオオオオオオとうなり声とともに
連動して動く動く!!ちょっとだけ動く!!

6669941_2029427991_88large.jpg

洞窟内は結構広くて入り組んでいて迷路みたい
湿った足元も低い頭上も気にしながらそろそろ歩いていると
いるわいるわまだまだいる!!
誰もいないのに恐竜が早く来てー!!って待ってる!!

6669941_2029427989_234large.jpg

見よ!!この迫力!!リアルでしょ!?
3頭も集まって圧巻の光景!!


6669941_2029427987_188large

ココももちろん人が近づくと
ギャオオオオオオオオオと鳴き始めちょっとだけ動く!!
こんなにたくさんいると、アレ?どこが動いてる??って探さなきゃいけないくらい。
ココまで来るともう感動!!

6669941_2029427985_133large

すると突然、テイストが変わった。

6669941_2029427983_84large
6669941_2029427981_116large

紫外線を当てると光る、蛍光鉱物の展示。
急にどうした??

6669941_2029427997_162large

さらに恐竜がパネルになった。

6669941_2029427994_76large

ニヤケ顔の恐竜が見つめる先には

6669941_2029427996_197large

「ふれると勇気と力が授かる鬼の金棒」
え?急にどうした??

6669941_2029427995_10large

扉の向こうは地下へと進む道
なに?なに?なに??なにが起こるの??

6669941_2029427980_133large

チッカチカ光るチープな豆電球でイルミってる
濡れた坂道をそろりそろりと進むとそこには

6669941_2029427971_157large.jpg

えええええーーーーー!!!!!
地獄出たーーーーー!!!


さっきまであんなにしつこく現れた恐竜どこ行った??
恐竜と地獄の関係性ってなに??
ココからはなぜかわからないけど地獄のはじまりはじまり

6669941_2029427978_62large

歩きながら画面を見ると

6669941_2029427972_31large

コレが

6669941_2029427977_119large

こうなる。
と、こんな感じで、地獄絵を見ながら地獄の説明。

6669941_2029427979_100large

鏡の前に立つと鬼に変わるおもしろミラー

6669941_2029427970_148large.jpg

こちらは焦熱(しょうねつ)地獄
ウソをついたうえ、人を陥れ、ねたんだ人が行く地獄。
ゴゴゴゴゴと轟音を鳴らしながら動く赤オニに
火の海で骨までブクブクと焼きつくされているのだ!!

6669941_2029427967_101large
6669941_2029427966_123large

キャアアアアアアアアアア!!!!!
こわいよぉぉぉおおおおおおおおお!!!!!!


6669941_2029427964_131large

そして最後
なにが出るかな??
鬼かなー?菩薩かなー?
どーーーっちだ!!!

6669941_2029427962_84large

テッテレェ~!!!
ぼ さ つ ー !!!


6669941_2029427961_102large

見よ!!コレがこの世の極楽!!!
蛍光灯がチッカチカ光っておる!!!

地獄あんだけ見て極楽こんだけかよ~
まさに人生そのもの!!!

恐竜に地獄に
トラウマになること必至な恐竜ランド!!
かなり遠いけど、行ってよかったー!!!
そんな場所。超絶オススメ!!!

6669941_2029427959_249large.jpg


小原洞窟恐竜ランド&極楽洞

住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町花園梁瀬1020
TEL:0737-26-0836
営業時間:9:00~17:00
定休日:10月~2月の木曜日 3月~9月は無休
小原洞窟恐竜ランド&極楽洞HP




ブログのFacebookページができました!
いいね!お願いします!!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村