BQ ~B-spot Explorer~

全国の名所から、変わった観光スポット、おもしろいお店、珍しいお祭り、レトロな街並み、懐かしい商店街、公園遊具、文化遺産など、おもしろおかしいスポットめぐり。

カテゴリ: おすすめ度★★★

18世紀、当時のナポリの王様、カルロ7世が作らせたカゼルタ宮殿にやってきました。ここは、フランスのヴェルサイユ宮殿をお手本にして作られたそうで、当時の宮殿建築ではヨーロッパ最大。宮殿の中には部屋が1200!もあって、そのうち一般公開されているのは36部屋 ... 続きを読む
P3026498

18世紀、当時のナポリの王様、カルロ7世が作らせたカゼルタ宮殿にやってきました。
ここは、フランスのヴェルサイユ宮殿をお手本にして作られたそうで、当時の宮殿建築ではヨーロッパ最大。

P3027076

宮殿の中には部屋が1200!もあって、そのうち一般公開されているのは36部屋。
そのほかの部屋は国政を行う庁舎だったり、劇場、博物館、図書館などにも利用。
にしても持て余す広さ。

P3026510
P3026511

宮殿前の庭はこんな風に模様になっていて、花の咲く季節にはさぞ美しいのでしょう。

P3026531

まずこちら、宮殿の入り口から大理石のおお階段が登場。

P3026545

正面にはライオンを従えるカルロ7世。

P3026548

この入り口の階段はスターウォーズにも登場する有名な場所らしくて、知ってる人は興奮するポイント。
ちくしょ~映画まったく見ないから全然わかりゃしね~
わたしも共感したいな~

P3026568

まだまだ序盤だというのにお次はこの豪華なパラティーナ礼拝堂。
規模が想像を軽く越えてきますな。

P3026604

ではいよいよお部屋を見ていきましょう。
まず最初は控えの間。
控えでこのサイズ感。

P3026606

その隣は似たような衛兵の間。
随分低い位置に巨大なシャンデリアがぶらさがってて、手が届きそう。

P3026607

シャンデリアは19世紀にナポリで作られた最近のもの。

P3026611

RPGだったらこうゆう像の後ろにボタンがあって、次のトビラが開く仕掛けなんだけどな。

P3026623

こちらはまたひと味違った雰囲気の、アレキサンダーの広間。
ちなみに床はどの部屋も大理石でできていて、壁も天井も足元も、どこもかしこも見逃せない。

P3026638
P3026641

やたら装飾が多い、当時使われていた家具もそのままに。

P3026635

24時間で1周する時計も。

P3026662

代議士、貴族などを迎える間。

P3026661

こっちは大使など特権を持った人の控えの間。
早くも違いがわかりません。

P3026681

そしてババーン!
ここがこの宮殿一番の見せ所、王の謁見の間です。

P3026694
P3026708

これが王様が座るイス。
隅々までキンキラキン。

P3026683

壁と天井には隙間なく、大理石の浮き彫りに金粉を乗せたという贅沢な装飾。

P3026710

こちらは会議の間。
真ん中のゴテゴテに装飾された黄金のテーブルは、国民から国王に贈られたものなんだって。

P3026787
P3026713

今まではお客さんに見せるための部屋だったので豪華な作りだったけど、謁見の間を過ぎると家族などが生活に使うプライベートな部屋のため、部屋の広さもコンパクトになり、壁や装飾も落ち着いた雰囲気に。

P3026717

それでも見上げると、あれ!?天井がぶち抜かれてて空が見える!
みたいなトリックアートが施されていておもしろい!

P3026757
P3026756

プライベートな部屋の壁や天井は、彫刻ではなく、彫刻風の絵が描かれていて経費削減。
ひと様に見せる場所だけはよく見せたいっていう見栄の張り方は、今も昔も世界共通なんですね。

P3026771
P3026719
P3026720

こうゆう天蓋付きのベッドは女の子憧れるよね~!!
女の子は誰でも、お姫さまなんだから~!!

P3026740
P3026734

こちらは大変お高い、色つき大理石のバスタブ。
バスタブにはちゃんとお湯と水、2つの蛇口がついてるんですね。

P3026843

延々と続く部屋。
こりゃ36部屋公開するだけで充分だと納得。

P3026833

こちら、謁見の為に使われた春の間。

P3026840

ぶら下がる大きなシャンデリアは、最高級のヴェネチアングラス。
見えにくいけどシャンデリアには季節の花もあしらわれていてかわいい。

P3026856

隣は客間として使われた夏の間。
それぞれの季節は、天井画や壁の絵で表現。

P3026868

続いてこちらは秋の間。
食堂として使われていたそう。

P3026873

最後、冬の間は喫煙所に。

P3026874

冬の間の天井では、風を吹いたり雪を降らしたりしている天使が描かれていて寒さを表現。

P3026896
P3026914

どれもこれもみんな同じに見えてきたな~
もうおなかいっぱいです。

P3026944

後半は図書館になっていて、まだまだ豪華でいちいちおしゃれ。

P3026953

最後は世界最大というプレゼーピオでフィニッシュ。
プレゼーピオとは、キリストの誕生シーンをあらわしたジオラマ風の人形のことで、イタリアのクリスマスではおなじみの飾りつけ。

P3026961P3026955

ここにあるそれはかなり大きくて、360度いろんな場所にいろんな人がいろんなことをしていて見るのが楽しい。
肝心のキリスト誕生シーンもほら!生まれたてだよ~

P3026992

宮殿を出ると、最初に入ってきた庭の反対側に、とんでもなく広大な庭園があるのでお忘れなく。
果てしなく続くこの1本道は、つきあたりまで3キロあるのだそう。

P3027040

突き当りには、小高い丘の中腹から流れる高さ80mの人工の滝。

P3026995

庭園ではこうした観光用の馬車やバス、レンタサイクルもあって、端から端まで散策可能。
ここの庭園は当時から一般の人々も通行が許されてたんだって。
めちゃくちゃ開放感があって気持ちいいので、天気のいい日はぜひ奥の方まで歩いてみよう。

P3027030

庭園を1キロほど歩くと現れるのが大養魚場。

P3027048

その端にあるのが、この大養魚場に水を流しているイルカの滝。
イルカ?サンリオのはんきょどんにしか見えないな~

P3027014P3027020

馬に乗ってる人たちは警察。
こうゆう城の警備は、景観を守るためでしょうか、馬に乗ってるんですね。
警官だけに。ははっ。


カゼルタ宮殿




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

シチリア南部にあるアグリジェントという街にやってきました。この街は紀元前4世紀~5世紀に古代ギリシャの植民地として栄え、そんなころ人口が30万人もいたそうな。この街の観光スポットってのがほら!もうなんか見えてるよ!丘の上にそびえるあれこそが神殿の谷と呼ば ... 続きを読む
P3015462

シチリア南部にあるアグリジェントという街にやってきました。
この街は紀元前4世紀~5世紀に古代ギリシャの植民地として栄え、そんなころ人口が30万人もいたそうな。

P3015446

この街の観光スポットってのがほら!もうなんか見えてるよ!
丘の上にそびえるあれこそが神殿の谷と呼ばれる世界遺産。

P3015487

神殿の谷には古代ギリシャ時代である紀元前4~5世紀に建てられた神殿や遺跡が集中していて、特にこういった巨大な神殿が見どころ。
戦争や災害、風化などでかなり崩れてはいるんだけど、紀元前のものがこれだけ残ってるってめちゃくちゃすごいよね。

P3015505

こちらはヘラ神殿という遺跡。
かつてはこの神殿の前で結婚式が行われていたそうな。
現在は34本のうち25本の柱が残っていて、白く漆喰で塗られていた跡も見える。
もともとどんな形の神殿だったのか、ヒントとなるものが結構残ってて想像しやすいよね。

P3015509

近くでよく見ると、柱に装飾がほどこしてあるのがわかる。

P3015499

神殿の前にあるこのステージは祭壇。
祭壇は神殿に捧げものをするときに使われる。

P3015503

神殿群は遠くまで見渡せるよう高台に建っていて、これはかつて外敵に対する要塞としても機能していたため。
遠くに見えるのは地中海、そして地中海の向こうはもうアフリカ大陸だ!

P3015525

こちらがかつて街を取り囲んでいた城壁の跡。

P3015534
P3015524

壁に開いている穴は、5~6世紀のビザンチン時代に墓地として使用していた跡なんだって。

P3015513

神殿の谷周辺にはアーモンドの木がめちゃくちゃ植えられていて、シチリアのあちこちでよく見かける。

P3015520

一見サクラみたいに見える~!

P3015516

これがアーモンドの実。

P3015559

続いてこちらがコンコルディア神殿。
神殿から教会、教会から神殿へと何度か改装されたようで、教会へ改築される際に円柱と円柱の間を壁にしたおかげで、結果補強され、地震に強くなり崩壊を免れたそうな。

P3015579

ご覧ください!
横6本、奥行き13本の柱。
ほぼ完全な状態で残ってるじゃありませんか!!
こりゃすごい~!!
かつては色とりどりの漆喰で塗られて、結構派手な神殿だったんだって。

P3015590

神殿の前には現代アートのイカロス像がズドン。
太陽に近づいたら羽根が溶けちゃった~っていうギリシャ神話に出てくるあのイカロスね。

P3015603

こちら、ツノがらせん状の形をしている生物は、アグリジェント固有種のヤギ。
こんな珍しいヤギが気軽に放牧されているのが世界遺産のすごさ。

P3015610

こちらは3~4世紀に使われた初期キリスト教徒の共同墓地。
表に見える穴だけでなく、地下に隠れている部分もあるそうな。

P3015626

こちらは8本の柱が並んだヘラクレス神殿。
アグリジェントで最も古い神殿とされています。
現在ある8本の柱は1921年に考古学者が復元したものだそうな。
やっぱり遺跡は形があってこそ見応えがあるってもんだよね。
復元してくれてありがとうございます!

P3015667

こちら、ガレキの山はオリンピコ神殿。
もともとはこれら神殿群の中で一番大きかったらしく、幅は56m、奥行きは116mもあったとか。

P3015657

ガレキの片隅にはかつて神殿を支えていたとされる巨大な8mのテラモーネ(人像柱)がレプリカの状態で、仰向けに横たわっている。

P3015664

矢印のコレがその人像柱、テラモーネ。
テラモーネのオリジナルは州立考古学博物館にあるってよ。

P3015658

遺跡の向こう側には、アグリジェントの街が見えて、新旧のコントラストが最高。
紀元前のこれだけの規模の遺跡が目の前でゴロゴロ見られるなんて日本じゃ考えられないよね~
遺跡好きは必ず訪れよう。


アグリジェント神殿の谷




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

むかーしむかし、西暦でいうところの3~4世紀。シチリア島の中央あたりにローマ時代の貴族の別荘が建てられたそうな。その別荘はしばらくの間土砂に埋まっていた状態で、19世紀になって発見・発掘。別荘には数えると63もの部屋がありめちゃくちゃ広く、その床すべてに ... 続きを読む
P2294804

むかーしむかし、西暦でいうところの3~4世紀。
シチリア島の中央あたりにローマ時代の貴族の別荘が建てられたそうな。
その別荘はしばらくの間土砂に埋まっていた状態で、19世紀になって発見・発掘。

P2294805

別荘には数えると63もの部屋がありめちゃくちゃ広く、その床すべてには大変見事なモザイク画が描かれていました。
というわけで今では世界遺産にもなっているヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ、カサーレの別荘にある、とんでもなく大量のモザイク画を見ていきましょう。

P2294855

まず遺跡の入り口を入るとここは浴場。
温水はもちろん、冷水やサウナ、マッサージ室まで完備。

P2294857

ご覧ください!
床には見事なモザイク画がびっしり。
一番手前に見える絵は海の精ネイレス。
モザイクは21種類の石と16色の色ガラスでできていて、これらの色は石に色を塗ったのではなく、それぞれの色の石をはめ込んだ、つまり自然の色。

P2294844

こちらはマッサージ室。
マッサージは奴隷がする仕事で、手にはオイルを入れたバケツを持っている様子。

P2294884

浴場に入る前にはこの運動場でひと汗かいてから入る流れ。

P2294909

続いてこちらは正門。

P2294910

ここはたぶんこんなだったのでは?という予想図。
右側の赤いのが正門。
左の白い入り口を入ると玄関です。

P2294915

こちらは玄関の間。
床には燭台を持って客を迎える主人の絵。

P2294922

玄関の奥には広い中庭と、
中庭をぐるっと囲む回廊。

P2294933

回廊の床もまたすごい!!

P2294940

ひとつひとつ動物の絵が描かれてて、その表情がまたかわいい~!

P2294946

ひとマスひとマスシンボルマークみたいになってて、グッズ化しやすいなこれは。

P2294958

こちらは浴場の更衣室。

P2294958

中央が奥さま、その両脇が子供、さらにその左右に侍従を引き連れて浴場へ行く様子。

P2294973

人や動物の絵じゃない、こうゆう幾何学模様のモザイク画は使用人の部屋。
使用人とはいえ10畳くらいありそうでかなり広い。
ここでもいいです!!住まわせてください!!

P2294995

こちらは四季の間。
上の丸から順に春、夏、秋、冬をあらわしている。
こんな風に63の部屋、全部違うモザイク画が描かれていて、とんでもない規模。

P2295005P2295005

こちらは釣りをする天使たち。
当時贅沢品だったサカナを神の使いである天使が釣るという、富裕独特のユーモアセンス。

P2295015

こちら、かなり広い小狩猟の間。
お客さんをもてなすための食堂だったそうな。

P2295020

食料を調達するための大切な仕事であり、また娯楽でもあった狩猟をテーマに、あっちこっちで道具や罠を使って動物を捕まえたり、調理をする様子が見えますね。
いろんな人や動物がいろんな動きをしていて、じっくり見たくなる作品。

P2295175

小狩猟の間を抜けると、カサーレの別荘で一番の見どころでもあるこの廊下!
大狩猟の廊下といって幅3m、長さは60m以上あるんだって!
子どもだったら全力疾走したくなるなあ!

P2295047

大狩猟の廊下というだけあって、この広い廊下には壮大な狩猟シーンが描かれている。
いろんなところでいろんな動物が描かれていて、何日かかけてじっくり見たい。

P2295081

ここでは仕事としての狩猟のほかに、円形劇場でのショーのために猛獣を生け捕りしている場面が描かれているのがポイント。
そのため鹿やイノシシに代わり、今までにいない動物たちがいるぞ。

P2295053

ヒトより大きな鳥はダチョウかな?

P2295055

動物たちが船に乗って運ばれる様子。

P2295072

こっちにはバッファロー級の牛や、上にはトラがいるぞ。

P2295066

こっちにはゾウやラクダも。
これらの動物はアフリカやインドから連れてきてたらしい。

P2295075

こっちにはサイもいるね。

P2295080P2295078

よく見るとひとつひとつ石をはめ込んで描かれたモザイクってのがわかる。
これだけの大作、よく作ったな~

P2295132

こちら、大きなトラの右には
上半身が鷲、下半身がライオンでできた伝説の生物、グリフォンがいる!
え?もしかして本当にいたのかな??

P2295095

続きまして、カサーレの別荘でもっとも有名な間とされているのがココ。
ビキニの少女の間。
紀元3~4世紀の時代に、すでにビキニがあった!と話題の場所。

P2295097

彼女たちはアスリートということで、様々な競技をしている様子。
こちらはボール競技かな?

P2295118

左の人はダンベルを持っている。

P2295116

右の人は優勝したんでしょうか。
冠をかぶってますね。

P2295145

こちら中庭にも見事なモザイク。
ここのモザイクの床は普通に歩いてもOKなエリア。
逆に気ぃ遣うわ。

P2295139

ライオン

P2295155

クマ

P2295172

こちらはこども部屋。
狩猟の練習をするのに、馬の代わりに鳥がくるまを引いている様子。

P2295197

こちらもこども部屋。
こどもがウサギを追いかけたり、クジャクが描かれてたりしててとにかくかわいい。

P2295202

こちら吹き抜けのあるアトリウム。
床に描かれたモザイクはもちろん、壁に描かれていたフレスコ画もうっすら残ってるんですね。

P2295184

床にはここにも釣りをする天使の絵。
このモチーフ、気に入ってんな~

P2295187

こちらはこども部屋の前室、エロスとパンの前室という名前。

P2295193

悪魔のような左がパンで本能をあらわし
天使のような右がエロスで理性をあらわしている。

周りでは両者を見守る審判が描かれていて、理性と本能のコントロールが必要であることをあらわしてるんだとか。
なるほど~!!
人生ってその繰り返しだもんな~!!

P2295206

こちらはアリオンの居間。

P2295207

中央にいる人が主役のアリオンで、神話に登場する竪琴の名手。
竪琴を奏でるアリオンの周りで、天使や海の生物が演奏を聞き入っているというシーン。

P2295243

こちらはご主人と奥さまの寝室の前室、ポリュペモスの前室。
ポリュペモスとは、ギリシャ神話に登場する英雄オデュッセウスが、故郷に帰る際に出会ったひとつ目の巨人。
オデュッセウスは巨人に仲間を何人も食べられてしまうと、オデュッセウスは巨人にワインを勧めて泥酔させ、巨人のひとつ目を仲間と協力して棒で潰し、羊の腹に隠れて逃げ出すという話。

P2295247

この絵はそのオデュッセウスが、ひとつ目の巨人ポリュペモスにワインを振る舞っているシーンなんだけど、ひとつ目のはずの巨人は3つ目があるし、その左手には内臓むきだしの羊がいて、聞いてる話と違う。

P2295238

そしてこちらがご主人と奥さまの寝室、愛の寝室。
夫婦の絵であろう中央の丸を囲むように、周りにはいろんな女性の絵が描かれていて、オレさまは多くの女を囲ってるんだということをあらわしているんだとか。

P2295240

いつの時代も、どこの国でも権力者のやることは同じですね。

P2295257

こちらは裁判や商取引などが行われた集会所、バジリカ。
ここの床は大理石でできていたんだけど、長い年月と地震によって大きく歪んでしまったもよう。

P2294803

いかがでしたか。
めちゃくちゃ見ごたえのあるカサーレの別荘。
モザイク好きは見逃せないスポットでしょう。

P2294782

カサーレの別荘があるピアッツァ・アルメリーナの街もステキなので、食事や散策におすすめです。

P2294694
P2294736
P2294695


カサーレの別荘 ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

シチリア島にある小さな街、カルタジローネにやってきました。ここはマヨルカ焼きという陶器が有名らしく、街のあちこちに陶器でできたタイルや皿、壺などが溢れてておみやげもいっぱい。ちなみにカルタジローネを含む周辺の街は、後期バロック様式で統一された建物群が美し ... 続きを読む
P2294347

シチリア島にある小さな街、カルタジローネにやってきました。
ここはマヨルカ焼きという陶器が有名らしく、街のあちこちに陶器でできたタイルや皿、壺などが溢れてておみやげもいっぱい。

P2294374
P2294375
P2294376

ちなみにカルタジローネを含む周辺の街は、後期バロック様式で統一された建物群が美しい!ということで、「後期バロック様式の街々ヴァルディノート」として世界遺産にもなっている観光地。

P2294385
P2294623

橋の両側がマヨルカ焼きの陶器で装飾された、サン・フランチェスコ橋を通り

P2294606
P2294621

旧市街地に入ると広場ではおじさんたちが集まってて、なにをするわけでもなく立ち話に夢中。

P2294642

街のいたるところに貼ってあったサーカスのチラシ、
これ見るだけでワクワクするな~!!

P2294408

大きすぎて全然写真におさまりきらない大聖堂。

P2294399

1782年、監獄として建てられたもので、現在は博物館&美術館。
カルタジローネ周辺で発掘された考古学品や陶器、絵画が展示。

P2294599

1484年に造られた上院議員の建物が1693年の地震で被害を受けた後、1823年に劇場へと改築。
1950年代には内部が取り壊され市民のための広々としたスペースになり、中にはバールが1軒ある。

P2294421

さて、この街の一番の見どころは旧市街に入ってすぐ。
うわ・・・なにあれ・・・!!

P2294429

ぴえーーー!!!めちゃくちゃ長い!!大階段!!!
ここはイタリアのこんぴらさんかよ!?

P2294446

こちらの階段は、スカーラ・サンタ・マリア・デル・モンテという名前で通称スカーラ。
全部で142段あるんだって。

P2294450

ご覧のとおり階段の一段一段にはマヨルカ焼きの陶器がはめ込まれてて実に美しい!
段ごとにすべて違う絵柄になってて、どんな絵か見ながらのぼるのがめちゃくちゃ楽しい。
日本にも陶器の街あるんだから、こうゆうのできると楽しいのにね。

P2294436

階段の両側にはマヨルカ焼きの工房やおみやげ屋さんが並び、タイルの写真も撮らなきゃだし、おみやげも見なきゃだし、階段も登らなきゃで、はぁはぁいいながらめちゃくちゃ忙しい。

P2294461
P2294462

大階段自体が作られたのは1606年。
タイルで装飾されたのは1956年。
10世紀から20世紀までにシチリアで作られたもので、下の段からのぼるにつれてタイルの時代順が新しくなっていってるんだって。

P2294468
P2294470P2294497

タイルの絵は模様タイプと人や動物を描いた絵画タイプが交互に並んでるんだけど、その人や動物の顔が絶妙にへたうまですごくかわいい!!

P2294487
P2294495
P2294489

142段分全部撮りたいくらい段々いとおしくなる。
おみやげ屋さんではこのタイルがそのまま小さくなった、同じ絵柄のマグネットも売ってるのでオススメ。

P2294472
P2294480

階段の横から奥に伸びる路地もステキで見逃せない。

P2294574
P2294577

めちゃくちゃ大きなタイルの入り口を発見!
中をのぞくとコケに覆われたエモ空間。

P2294508
P2294509P2294513

タイルも撮りたいし路地も撮りたいし、シャッター押す手が止まんねぇなあ!

P2294514

さあ、ようやく142段登り終えると広場になっていて、振り返ると

P2294505

おおお

P2294507

おおおおお

P2294520

これは絶景~!!
こりゃ142段のぼってきた甲斐があるわい。
この大階段を使って、花を飾るお祭りやイルミネーションなどことあるごとにイベントがあるみたいだから、訪れる方は要チェック。


カルタジローネ




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界遺産にも登録され、愛知県にある1日で世界を旅できるリトルワールドではイタリア部門を代表する建築として建てられているアルベロベッロの街にやってきました。うひょ~!!なにこれ!!とんがり屋根の家がいっぱい並んでるよ~これらの建物はトゥルッリ(複数形はトゥ ... 続きを読む
P2272641

世界遺産にも登録され、愛知県にある1日で世界を旅できるリトルワールドではイタリア部門を代表する建築として建てられているアルベロベッロの街にやってきました。

P2272646

うひょ~!!なにこれ!!
とんがり屋根の家がいっぱい並んでるよ~

P2272656

これらの建物はトゥルッリ(複数形はトゥルッロ)と呼ばれていて、アルベロベッロの街の中でもこのあたりはギュッと密集している、観光客向けの見どころエリア。

P2272742

Q、なんでこんな変わった形の屋根をしているの??
15世紀、この土地を治めていたアクアヴィーヴァ伯爵は、ナポリ王国に支払う住民税を免れようと、税金の取り立てを行う査察使が来たときすぐに家を取り壊せるよう、接着剤を使わず石灰岩を積み上げて漆喰を塗っただけという、簡単に解体できる家を造るよう農民たちに命じたのが始まり。

P2272746

当時は屋根の数で税金が決められていたため、石を重ねただけの屋根を崩してしまえば税金がかからないという仕組み。
屋根にはいろんな白い紋様が描かれ、てっぺんには様々な形の飾り石が乗っかっているんだけど、飾り石はその屋根を組み立てた石工の印らしく、白い模様はなぜ描かれているのかいまだにわかってないんだって。

P2262439

しかし模様そのものの意味はわかっていて、それぞれキリスト教や秘術的な意味があるらしい。

P2272758

ハートがちりばめられている演出は2月に訪れたためバレンタインの仕様。

P2272749P2272739

どの路地を切り取ってもかわいいなあ!ちくしょう!!

P2272697P2272664
P2272667

インスタ映えを意識しているようなフォトスポットがあちこちで見られ、どこもやることは世界共通。
さあ!ハッシュタグをつけて世界に発信しよう!!
#Alberobello
#かわいい
#旅の思い出
#旅したくなるフォト
#旅をしながら稼ぐ方法

P2272684
P2272736

観光客向けのメインストリートには、両側におみやげ屋さんやレストランなどが並ぶ。

P2262443

その中の1軒には、日本人の女性が嫁入りして開いたおみやげ屋さんもあって、日本人観光客の受け入れポイント。

P2262406

中ではトゥルッリの解説をしてくれたのち、おみやげを紹介するという無駄のない一連の流れ。

P2262410

アルベロベッロで取材したい!という日本のメディアには大変重宝されているようで、テレビにもよく出演しているのだそう。
たしかに日本人いてくれたらめちゃくちゃありがたいよな~

P2272719

ポストカードなどにも登場するアルベロベッロ定番のフォトスポット。

P2272701
P2272698

小さなトゥルッリが横一列に並ぶ長屋スタイルに屋根の模様もしっかり刻まれていて、アルベロベッロの良さがここに集結。

P2272704

さらにその奥にはトゥルッリでできた教会、聖アントニオ教会。
こりゃ珍しい!

P2272709

中はとてもシンプルな作りに、この地方出身の芸術家が描いたフレスコ画。

P2272623

こちらは聖メディチ・コズマエダミアーノ教会

P2272550P2272559

中には3世紀の双子の医者の殉職者、コズマとダミアーノが聖人として祭られています。

P2272613
P2272592

その教会の裏手にあるのが、珍しい2階建てのトゥルッロ・ソヴラーノ。
1000以上あるトゥルッリの中で唯一の2階建てで、とんがり屋根は12もある大豪邸。
現在は博物館として開放中。

P2262292

さて、夜のアルベロベッロではライトアップがされている!ということで、夜のトゥルッリを見に行くと

P2262296
P2262307

うおおおおおお!!!
街が赤く染まってるぞ~!!
早く見に行こう!!

P2262332P2262360

2月はバレンタインにちなんでハートの飾りに加え、夜は街中を赤いライトで照らしているのだそう!
月によってライトアップする色が変わるらしく、ほかの月も見てみたい~

P2262348
P2262450

さらに屋根に描かれているあのマークをプロジェクションマッピングで投影。
壁が真っ白だから色が映えてわかりやすいね。
こりゃかわいい~!!

P2262465
P2262469

夜の街並みはまた昼間と違って幻想的!
ぜひ泊まって、夜のアルベロベッロも見てほしい~!


アルベロベッロ




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

マテーラというオシャレな街にやってきました。イタリアだったらよく見かけるような街並みですが、マテーラの見どころはここじゃござーせん。こっちの街並みは新市街と呼ばれる地域で、奥の方へ続く旧市街へと進むとうひょおおおおお!!!え!?なに!?これ!?なに!?ス ... 続きを読む
P2261776

マテーラというオシャレな街にやってきました。
イタリアだったらよく見かけるような街並みですが、マテーラの見どころはここじゃござーせん。
こっちの街並みは新市街と呼ばれる地域で、奥の方へ続く旧市街へと進むと

P2261786

うひょおおおおお!!!
え!?なに!?これ!?なに!?スゴイ!!
独特の雰囲気!!!

P2261793

こちら、洞窟住居“サッシ”と呼ばれるもので、石灰岩をくりぬいて作られたもの。
すべてが同じ岩でできているからこんな不思議な光景に見えるんですね。
この街は8世紀から13世紀に作られたもので、もともと自然にできた洞窟に孤独生活を送る修道士たちが住みついたのがはじまりだとか。

P2261789

その後、迫害から逃れてきた人々や一般の農民が住むようになると、どんどん洞窟を掘り進めたり、建て増ししたり、道路や階段ができたりと街が拡大。
しかし19世紀、近代化が進むにつれ、裕福な人は新市街に移り住み、貧しい人が旧市街に残るようになると、衛生状態や治安の悪化で旧市街がスラム化。
1950年代には国が、旧市街に住む人全員を強制的に新市街へと移住させました。

P2261810

誰も住まなくなり、リアルゴーストタウンとなったマテーラですが、審美眼のある人が「なにここ!まじすごいじゃん!!」と絶賛し、1993年に世界文化遺産に登録。
するとまたたく間に観光客が押し寄せ、現在はこの洞窟住居の5分の1ほどが、ホテルやレストランなどに再利用。
こうゆう、気づかれてないだけですばらしい街ってまだまだ世界中にいっぱいあるんだろうな~。

P2261817
P2261818

増築増築の連続で、迷路のような路地ばかり。
エッシャーのだまし絵みたいだな。

P2261897

岩でできた旧市街の奥に、近代的なアパート群が立ち並ぶコントラストはこの街でしか見られない。

P2261969

マテーラの街は石灰岩でできた丘の上にある。
つまり街の横はすぐ崖。

P2261993

崖の先はグラヴィーナ川に浸食された深い渓谷、グラヴィーナ渓谷。

P2261907
P2261964

渓谷を挟んだ街の反対側には、旧市街ができるもっと前、洞窟に住み始めた当時のシンプルな洞窟の集落跡も現存。
これは興奮するなあ!

P2261780

こちらは13世紀に作られたマテーラの大聖堂。

P2261781
P2261783

中はこんな感じで、隅々まできらびやか。

P2261955

洞窟住居を改装してできたホテル。

P2261704
P2261711

こちらは洞窟住居をリノベしたレストラン。

P2261934

じっと見ているとなにかが立体的に見えてくる3D画像のようなこのマテーラの街並みの中に、教会が2つあるのが見えるでしょうか。

P2261940

ひとつ目がこちら、崖っぷちに建てられている、サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会

P2261929

そしてもうひとつがこのほぼ岩のかたまりにしか見えない、サンタ・マリア・デ・イドリス教会。
見つけられたかな?

P2261998

マテーラで一番の観光名所がこちら、カーサ・グロッタ。
リアルに住んでた時代の生活ぶりを再現した住居跡です。

P2262047

昔の洞窟住居はワンルームで、開口部は入り口と、入り口の上や近くに窓があるだけ。

そのため換気を考えて、キッチンは入り口のすぐそば。
洞窟の奥を掘り下げて部屋を増築し、ワインの貯蔵庫などに使っていたそう。
見ての通り案外広くて、20人~30人くらい余裕で入れる。

P2262036

ここがキッチン。
岩を掘って棚が作られ、足元には地下に続く貯水槽があり、そこから水を汲み上げる方式。

P2262040

機織り機など仕事道具から家庭用品まで、ひと通りなんでも揃っている。

P2262044

高さのあるベッドは湿気を避けるためだとか。

P2262030

ベッドの横にはトイレ(おまる)が備え付けられ、夜中におしっこしたくてもこれなら便利。

P2262028

家畜も洞窟住居の中で一緒に暮らしていて、家畜の体温で住居を暖める役割もあったとか。


P2262052
P2262060
P2262083

旧市街の街並み。
どこ切り取ってもステキやん。

P2262134

こちらは大きすぎて全然写真におさまらない、プルガトリオ教会。

P2262130
P2262128

ここの入り口には、かわいいガイコツの彫刻がいっぱいいるー!
調べによるとこの教会は煉獄(れんごく)教会という部類らしくて、煉獄とは小さな罪を犯した死者が罪を清めるための、天国でも地獄でもない場所。
その煉獄に留まっている霊魂のために祈りを捧げるための教会には、こうしたガイコツがあしらわれてるって書いてました。

P2262092

セピア色の石造りが密集した美しいマテーラの街並み。
夜はまた幻想的な夜景が見れるとか。
次は泊まってウロウロ路地で迷子になりたいな~


マテーラ




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアの道路を走っていると、大自然の中にポツンと、そこだけギュッとまとまった集落をよく見かけるんだけど、イタリアには「イタリアの最も美しい村」クラブという民間団体があって、“歴史的な遺産やイイ景観を有する村”を選抜してるんだって。大きな価値を持つにもか ... 続きを読む
P2261630

イタリアの道路を走っていると、大自然の中にポツンと、そこだけギュッとまとまった集落をよく見かけるんだけど、イタリアには「イタリアの最も美しい村」クラブという民間団体があって、“歴史的な遺産やイイ景観を有する村”を選抜してるんだって。
大きな価値を持つにもかかわらず、主要な観光ルートから外れているために忘れられ、結果として劣化・過疎化・廃村化の危険性に晒されている小規模な村の保全・整備・再活性化を図るのが目的ってんだから、これってまさに穴場好きが求めてるものじゃない??

P2261573

そんな、旅の王道はもう行き尽くした。
もっと重箱の隅をつつくような旅がしたい!
という旅のプロたちにオススメな「イタリアの最も美しい村」のひとつに選ばれている
カステルメッツァーノにやってきました。

P2261457

いきなり村のメインが訪れてしまうという出オチ的な村なんですが、どうですか??
岩場に棲むヤギですらためらいたくなる急角度の岩肌に、張り付くようにして立ち並ぶ家々。
なんでこんなところにわざわざ住んでるの??
平家の落人なの??

P2261463

集落の周りは仙人が修行でもしてそうな険しい山々が連なり、どこまで買い物に行くのか?ばかりが気になる風景。

P2261446

家の色や形が日本と違って揃ってるのが、美しい街並みを形成している要因のひとつ。
斜面に建ってるからどの家も日当たりバツグン。

P2261530

それでは小さくて美しい村の様子をご紹介。

P2261469
P2261470

バルやレストラン、ホテルなどひと通り揃っている。

P2261430

ドアや格子がいちいちかわいい

P2261561

個性的でかっこいいドアノッカー

P2261517

イタリアのイヌクソ看板。

P2261520P2261521P2261474P2261473

ウロウロ探検したくなる小路があちこちに伸びている。

P2261564

あの横尾忠則がいつか描いてみたいと思うかもしれないカステルメッツァーノのY字路。

P2261531

13世紀に地元の石を使って造られた、サンタマリア・デルオルモ教会

P2261490

中はこじんまりとしたシンプルな作り。

P2261481
P2261495
P2261503

作風がバラバラなキリストや聖母子像が並ぶ。

P2261499

左足、どうしたの??
めちゃくちゃ傷ついてんじゃん!
アロエ塗っときな!

P2261493

キャンドルに火をつける代わりに、ボタンを押すと明かりが点くシステム。
これならいちいちキャンドルを消費せずに済むもんね。
エコ~!


カステルメッツァーノ




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界遺産にもなっているというバチクソキレイなリアス式海岸、アマルフィ海岸では、ドライブしながら街めぐりをするってのがセレブたちの楽しみ方。その海岸線の道はぐねぐね曲がりくねっていて、細い上に交通量も、路上駐車も多いといういわゆる酷道。アマルフィ海岸沿いの ... 続きを読む
P2250871

世界遺産にもなっているというバチクソキレイなリアス式海岸、アマルフィ海岸では、ドライブしながら街めぐりをするってのがセレブたちの楽しみ方。
その海岸線の道はぐねぐね曲がりくねっていて、細い上に交通量も、路上駐車も多いといういわゆる酷道。

P2250956

アマルフィ海岸沿いの街並みは、切り立った断崖に張り付くようにしてカラフルな家が建っているのが特徴。
酷道をぐねぐね揺られてもこの美しい景色は見逃せない!

P2251242

すごいな~なんでこんな場所に住んでるの??って驚きの連続。
徳島の落合集落みたいだな。

P2250932

海岸沿いのフォトスポットのひとつ、ポジターノという街を見下ろす。
青い海を目の前に、斜面に並ぶカラフルな街並み。
わあ!キレイ!熱海みたい!!

P2250915
P2250922

途中でザクロの生搾りジュースを購入。
ちょっと酸っぱいけどおいしかった!

P2251206
P2251203

こちらがアマルフィ海岸の中心都市、アマルフィ。
バカンスの季節ともなるとこのあたりはパリピたちでごった返すのだそう。

P2251197

青い空、青い海、白い壁とイタリアのおじさん。
すべてが絵になる美しい街。

P2250997
P2251162

街の中に入ると早速広場が広がり、その周りで一番目立っているのがアマルフィ大聖堂。
この日は外観の一部が工事中だったんだけど、見える範囲からもわかるように、ヨーロッパ様式のほかに、交易のあったイスラムっぽい建築様式も混ざってるのが特徴。

P2251017

入り口にあるこの青銅の扉は11世紀に作られたものということで要チェック。

P2251057

中はこんな感じで豪華な作り。
美しすぎてため息出ちゃうわね。

P2251003

アマルフィのメインストリート、商人通りには、両側にカフェやレストラン、マーケットやおみやげ屋さんがズラリ。
街並みもステキだから路地好きは興奮間違いなし。

P2251078P2251148
P2251085
P2251089
P2251112

途中の広場では小さな噴水にミニチュアがビッシリ飾られていて、これはキリストの降誕をあらわしてるんだって。

P2251115
P2251114
P2251117

いろんな人がいろんなことをしているよ。
ずっと眺めていたい~かわいい~

P2251134
P2251107
P2251128
P2251158P2251161

アマルフィに来たらオススメされるのが、広場のそばにあるカフェ、ANDREA PANSA。

P2251165
P2251167
P2251171

めちゃくちゃおしゃれな店内にはいろんな種類のスイーツが売っててウハウハ!

P2251183
P2251169

その中で絶対食べるべき!とガイド本などでも絶賛されているのが
デリツィア・デル・リモーネ(Delizia del limone)
通称「おっぱいケーキ」

P2251177

理想的なお椀型のおっぱいは、レモンクリームをスポンジで包み、さらにそれをレモンクリームでコーティングした、つまりレモンケーキ。
クリームのかたまりは見た目めちゃくちゃ甘そうだけど、あっさり、そしてふわっふわなので、案外ペロッとイケちゃいました。
イタリアのスイーツってやっぱり最高よね。

P2251188P2251192

おっぱいケーキを堪能して外に出ると、広場にあった噴水にも
あれ?おっぱいから水が噴き出してる!

P2251190

最初にも通ったのにおっぱいに気付かなかったな~
おっぱいケーキを食べたことで、おっぱいを見つける能力があがったんですね。


Pasticceria Andrea Pansa




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜の山間にある郡上八幡では、城下町一帯で大きなひなまつりがあるんですよ。ひなまつりといってもただ単にお雛さまを飾るのではなく、福よせ雛と呼ばれ、各地で不要となり処分されようとするひな人形を有効に活用するため、活躍の場を作り、地域の活性化を図る一大イベン ... 続きを読む
P2135167

岐阜の山間にある郡上八幡では、城下町一帯で大きなひなまつりがあるんですよ。
ひなまつりといってもただ単にお雛さまを飾るのではなく、福よせ雛と呼ばれ、各地で不要となり処分されようとするひな人形を有効に活用するため、活躍の場を作り、地域の活性化を図る一大イベントなんです。

P2135152

福よせ雛では、郡上八幡の城下町にある商店や施設で、 ひな壇から飛び出してきたドエライ大量のお雛さまたちが、街のあちこちに散らかってるってんだからスゴイ。

P2135124

まずはこちら、郡上八幡城。

P2135135

城内には郡上八幡城にまつわる歴史や甲冑が展示してあって

32

その合間、合間でお雛さんたちがいろんなことしてる!!

1
4

武具を掃除してたり、洗濯してたり、プロレスしてたり、麻雀してたり・・・・・いろんなシチュエーションがお雛さんで作ってあっておもしろい!!

P2135129

福よせ雛をもっと楽しんでもらおうと、お雛さんたちに紛れ込んだ忍者を探そうゲームも開催。
忍者を写真に撮って報告すると、粗品がもらえるって!
これは探さなきゃ~!

P2135138

こうゆうイベントは時事ネタがつきもの。
2020年は岐阜が舞台になったNHK大河ドラマも登場。

P2135144

あー!!忍者いた!!

P2135166

続いて郡上八幡のすべてがわかる観光スポット、郡上八幡博覧館。

P2135179

ここでは郡上八幡の歴史や風土、名産品などすべてがわかる。

P2135225

緑豊かな森林に囲まれた郡上八幡では田畑が少なく、山仕事や養蚕を副業に生活する人も多い。
わら細工や竿、びくなど昔からの技法を受け継ぐ職人たちが今でも活躍中。

P2135213

職人の様子をリアルに再現したろう人形も。

P2135221

ひぃぃぃぃぃぃ!!!

P2135246
P2135254

さらにご存知でしょうか。
郡上八幡は食品サンプルの街でもあるんですね。
郡上八幡で生まれ育った岩崎瀧三という人が、1932年に大阪で食品サンプルの事業化に成功。
その後故郷である郡上八幡にも食品サンプルの事業を持ち帰り、現在もその技術を受け継いだ職人たちが食品サンプル業に携わっているのだそうな。

P2135311

毎年徹夜で踊り狂う、郡上おどりの実演も毎日やってるのでお見逃しなく。

P2135228

2階では福よせ雛のメイン会場ともいえるほど大量のお雛さんが集合。
こちらは2019年の時事ネタ、ラグビーワールドカップの様子。

P2135232
P2135234

臨場感あるお雛さんたちの動き!
自宅のひな人形でこんなことしたら怒られるよね。

P2135261
P2135276

こっちではお雛さんたちが麻雀してたりカルタしてたり、みんな楽しそう~

P2135187

普段十二単着てるから気づかなかったけど、足はみんなあぐら掻いてるんだな~

P2135271
P2135270

大勢で引っ張ってる宝船には
いた!!忍者だ!!

P2135281

2020年といえばやっぱり欠かせないオリンピック!

P2135283

かわいい~!!
ウエイトリフティング

P2135292

躍動感あふれる、体操のあん馬。

P2135305

うひょ~!!
かっこいいぜ!!
スケートボード!!

P2135330

最後に忘れちゃいけない、忍者探しの粗品をもらいにいくと、まじでどれにしようか悩むものばかりの中から1点プレゼント。
みんなもチャレンジしてみよう!

P2135354
P2135373

いよいよ城下町に繰り出してみよう!
たっくさんあるお店ひとつひとつのショーウインドーにお雛さんがいっぱいいるぞ!!

P213536656
7
8
9
12

いろんなお店でいろんなことさせられているお雛さんたち。
よく見るとひとつひとつ芸が細かくておもしろい!!
こうなったら全部のお雛さん見てみたくなるな~

11

ここでは人形界のプリンスと夢のコラボが実現!!
こうゆうのやってみたかったよね~!!

10

銀行まで参加するノリの良さ。
お雛さんを探してるうちに郡上八幡の街をぐるっと巡れて街歩きにちょうどいい~!
ほかの街にもどんどん福よせ雛が広がるといいよね。

郡上八幡福よせ雛
住所: 岐阜県郡上市八幡町、郡上八幡博覧館、城下町一帯

郡上八幡博覧館
TEL: 0575-65-3215
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 期間中無休
料金: 大人500円、小人300円
公式サイト: 郡上八幡博覧館




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

淡路島観光の中心、洲本にも見事なアーケード商店街があるので見逃さないで寄っておこう~!まずこちら、コモード56商店街は昭和36年にアーケードが設けられ、昭和60年にアーケードと路面のカラー舗装を全面改装。全体的にキレイで新しい雰囲気の商店街。ここの商店街 ... 続きを読む
P2115045

淡路島観光の中心、洲本にも見事なアーケード商店街があるので見逃さないで寄っておこう~!

P2115012

まずこちら、コモード56商店街は昭和36年にアーケードが設けられ、昭和60年にアーケードと路面のカラー舗装を全面改装。
全体的にキレイで新しい雰囲気の商店街。

P2115027

ここの商店街のキャラクターかな?
淡路島の名産、たまねぎがまんま擬人化されていてわかりやすい。

P2115041
P2115093

昔から続いてそうな老舗から、最近入居したようなおしゃれなお店まで新旧入り混じり、いい新陳代謝が行われている様子。

P2115018
P2115021

ひとつひとつ個性の出る、店の看板も見逃せない。

P2115003

途中から今度は、本町7丁目センター街という名前に変わって雰囲気もガラリ。

P2114863

コモードに比べるとやや歴史を感じるムードだけど、街歩き好きはどちらかというとこっちの方が好みなのでは?

P2114987

掲げられたキャッチーフレーズは思わず声に出して読みたい日本語。

P2114968

ビックリマークが踊る画期的な技術は試して誰かに自慢したい。

P2114976
P2114877

昔から変わらない店先の看板はそのうちガチャガチャの商品になるのでは。
並べて飾りたいもんね。

P2114870
P2114873

見てよこのまりもの文字。
“ま”がこんなにも伸びるなんて思ってもいなかったよね。

P2114903
P2114894

渋い店が立ち並ぶ中、一番目が離せないのがここ。

P2114944

ウソでしょ??ってくらい完璧な状態で営業しているお店。
感動と興奮でレトロ好きはもううれし泣き。

P2114893

105円ってもしかして消費税5%のこと?
ここはわたしたちと違う時間軸で生きてるのでしょうか。

P2114943

贈答用に神戸名物、風月堂のお菓子もズラリ。
兵庫県に来たことをひしひしと実感。

P2114882
P2114930

さらに進むと今度は8丁目商店街。
より一層歴史が古そうなアーケードになってテンションブチあげ!

P2114927

信用金庫提供のカラフルな看板も登場。
コレコレ~!商店街はこうでなくっちゃ!!

P2114919
P2114911

さあて、こっち側のウエルカムゲートはどうなってんのかな~??と振り返ると
うっひょ~!!!M A J I !?

P2114923
P2114924

色抜かれてもナニかがハッキリわかるインパクト!!!
歴史上重要なこの痕跡は、この場所にずっと残されたまま将来まで伝えられなければならない大切な文化財。

P2115075P2115048

商店街の近くにある厳島神社の参道も、雰囲気あるお店が並び魅力的。

P2115065P2115063

参道から脇道に入ると、吸い込まれるような激渋飲み屋街に遭遇。
みんなこうゆうとこ好きでしょ??

P2115109

洲本市民公園には、ドラクエ世代には感慨深いロトのつるぎと盾、スライムの銅像が。

P2115111

これはドラクエの原作者、堀井雄二氏がここ、洲本市出身ということで、ドラクエ30周年で作られた記念碑。
堀井氏のメッセージ、「人生はロールプレイング」を地でいくわたしにも突き刺さります。
わたしの旅、終わらんな~


コモード56商店街

住所: 兵庫県洲本市本町6丁目




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の国生み神話で、イザナギとイザナミの二神が最初に作った島「オノコロ」その島とみなされる場所が、淡路島と周辺にゴロゴロあるってご存知?そのオノコロから名づけられた遊園地がこちらONOKORO淡路ワールドパークざっくり説明するとここは、縮尺して再現した世界の有名 ... 続きを読む
P2113920

日本の国生み神話で、イザナギとイザナミの二神が最初に作った島「オノコロ」
その島とみなされる場所が、淡路島と周辺にゴロゴロあるってご存知?
そのオノコロから名づけられた遊園地がこちら
ONOKORO淡路ワールドパーク

P2113922

ざっくり説明するとここは、縮尺して再現した世界の有名な建造物や遺跡が展示されていて、うろつくだけでまるで世界旅行を味わえちゃうっていうお得感満載のテーマパーク。

P2113924

園内に入ると早速、海外気分を味わえる撮影スポットが大集合。
西洋風の馬車に乗ってお姫様気分を味わえたり

P2113967

わーい!エジプトのピラミッドだ~!

P2113968

その隣にはドえらいペラペラのスフィンクスもいる~!

P2113965

中国に行かなくてもパンダと写真が撮れたり

P2113960

ワールドつながりかな?
ラグビーワールドカップからは、2020年でもまだしがめば味がする五郎丸選手だ~

P2113972

もはや子供がよろこびすりゃなんだってええ!
恐竜も置いとけ置いとけ!

P2113990

さてここからがONOKOROのメイン
世界各国の代表的な建築物を、25分の1のサイズで再現したミニチュアワールド
有名物件どれだけ知ってるかな??

P2113992

こちらはおなじみ、イタリアはピサの斜塔。
地盤が弱かったため、建設当時から傾き始め、現在も年間0.2ミリずつ傾斜してるんだって。

P2114033

こちらはニュージーランド、クライストチャーチ大聖堂
実物を見たことがないから、いつかのためにここで予習しておこう。

P2114019

誰もが一度は聞いたことがある、イギリスはバッキンガム宮殿。

P2114021

時間が来ると動いたりするんでしょうか?
衛兵の下にレールのようなものが見えるぞ。

P2114027

建物だけじゃなく街の人々やハトまで作られていて、ひとつひとつじっくり見てるとおもしろいな~
まるで栃木の東武ワールドスクエアみたい!↓


P2114051

こちらもおなじみ万里の長城

P2114057

その一部にはなぜか賽銭が投げ込まれていた。

P2114126

こちらはあの、シンデレラ城のモデルになった、ドイツのノイシュバンシュタイン城。
これにいたっては日本にもほぼ実物大みたいなレプリカがあるのは知ってるよね?↓


P2114150

と、こんな調子で世界の有名建築物を巡りながら、クラシックカーに乗ってドライブできるアトラクションもある。
こりゃ楽しいな。

P2114580
P2114585

ミニチュアの隣には古代文明で築かれた彫刻や遺跡も並び、とにかくSNS映えには事欠かない。

P2114159

こちら童話の森は、世界の童話のワンシーンを立体再現したエリア。

P2114209

めちゃくちゃ気合が入った作りで迫力のあるジャックと豆の木

P2114175

連れ去られた挙句、動物との結婚を迫られる誘拐婚の話、おやゆび姫

P2114162
P2114167

なにかを企んでいるのはこっちなのでは?
おばあさんを前に目がキマッている赤ずきん。

P2114548

ウォーターライドで巡る世界の海岸と銘打たれたアトラクション、ワールドクルーズ

P2114566

プカプカ浮かびながら世界旅行できるなんて楽しそう~
なのに次々流れてくるライドはどれもカラの状態。
今なら並ばずに乗れますよ~

P2114246

さて、ONOKOROへわざわざ来た目的はコレよコレ。
兼高かおる旅の資料館
ここがなんと、2020年2月末で閉館することになったんだって!

P2114249

兼高かおるさんとは、1959年から1990年まで放映された「兼高かおる世界の旅」という番組で、取材をしながら世界中を旅したジャーナリスト。
海外旅行が今ほど容易ではなかった時代から世界にあこがれを持たせてくれた、旅好きなら知らない人はいない元祖“旅女”
なるほど・ザ・ワールドでひょうきん由美ちゃんを見て育ち、世界ふしぎ発見で竹内海南江にあこがれた私ならそりゃ見に行くっしょ~!!

P2114253
P2114257
P2114270

館内には、31年間に渡り世界150か国以上で収集した多数のコレクションがずらり。

P2114293
P2114294
P2114423

世界中の人々の生活やお祭りの様子などが、パネルと映像で紹介。
南極点と北極点にも到達していて地球を全クリアした様子も。
かっこいい~!!

P2114273
P2114274
P2114275

中でも多かったのが各国の人形。
各地で売っている人形を見れば、その地方特有の衣装を見ることができる。

P2114296P2114308

人形からその国の文化や風習も読み取れておもしろいし、それぞれ特徴があって集めたくなるな~。

P2114307
P2114298

かわいい~!
こんな小さな人形ならわたしも買って帰りたい!

P2114320

金持ちの家にありそうなゾウの足でできたテーブル。

P2114317

これは珍品!
ぞうの耳で作られたハンドバッグ

P2114344

医学的には効果がないといわれるかつてのトンデモ医療
薬用に切り取られたサイのツノ。

P2114345

玄関に飾っておきたい、おしゃれなアヘンの吸飲器

P2114346

ブドウを踏んでジュースにするための靴は、底の部分にクギのようなものが並んでいる。

P2114351

イタリアで買ったという、竹でできたマージャンパイ

P2114388

人の骨でできた人骨ナイフ

P2114365

カメの油の石鹸、ピラルクの舌、仔ワニのミイラなどなど、三種の神器のような珍品ばかりが勢ぞろい。
せっかく貴重なものなのに、もう見れなくなるなんてもったいないな~

P2114413

こちらはブラウン管で見る、当時の旅のハイライトコーナー

P2114425

見たい国の番号を押すと、それぞれの国の紹介映像が流れる仕組み。

P2114432

長い間愛され続けたことで、最初の選択肢の文字が、画面に焼き付いてしまっている。

P2114522

世界の旅をテーマにしつつも、ちゃんと楽しい遊園地ゾーンも充実しているので、お子様連れも安心。

P2114530

うっひょ~!!
奇妙なショッキングピンクのメロディペットあんじゃん!!
家まで乗って帰りたい!!

P2114531

遊園地の定番、おばけ屋敷や氷点下の世界を味わえるアトラクションも完備。

P2114538

イベントができる広場には、幕末当時最大級の北前船「辰悦丸」を実物大で再現して、日本の渋さも見せつける。

P2114604

それではせっかく来たことだし、最後はみんな大好き、観覧車に乗って帰ろう!

P2114634

上から見るミニチュアワールド
めちゃくちゃキレイに植木が剪定されててキレイ~!

P2114625

道路からでは気づかなかったソーラーパネルの大海原も、上からならハッキリ見える!

P2114639

海の向こうには紀伊半島も見えて絶景!
旅好きはぜひ訪れてみよう!


ONOKORO淡路ワールドパーク

住所: 兵庫県淡路市塩田新島8-5
TEL: 0799-62-1192
営業時間: 3月~9月 9:30(平日10:00)~17:30
       10月~2月 9:30(平日10:00)~17:00
※夏休み期間は9:30~18:00
休園日: 年中無休
入園料: おとな1400円




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

イオン鳥羽店と40余りの専門店が入店する国際観光文化都市、三重県鳥羽市にあるショッピングセンターと、キャッチーな宣伝で惹きつける鳥羽ショッピングプラザハロー。ここには、レトロ好きなら訪れておきたいファストフード店が入居していました。それがこちら、デイリー ... 続きを読む
P1133758

イオン鳥羽店と40余りの専門店が入店する国際観光文化都市、三重県鳥羽市にあるショッピングセンターと、キャッチーな宣伝で惹きつける鳥羽ショッピングプラザハロー。
ここには、レトロ好きなら訪れておきたいファストフード店が入居していました。

P1133811

それがこちら、デイリーキング。
ミーハー心でやってきたわたしにはまったくピンと来てなかったんですが、調べによると
もともと1976年、アメリカ発祥のファストフード、デイリークイーンという店が日本にあり、2004年までの28年間存在していたとのこと。
その撤退してしまったデイリークイーンの味を唯一受け継いでいたのがここ、デイリーキングだったんだって。

P1133803

しかしそんな国内唯一の元祖デイリークイーンが、2020年1月15日をもって閉店!!
ということで、思い出も記憶もないいちげんさんですが、鳥羽まですっとんできました。

P1133774

きっと誰かの琴線に触れることを願いながらじっくりと観察。
もともとここもデイリークイーンだった店舗で、名前だけデイリーキングと改名して営業していたということだから、当時を知ってる人にとってはめちゃくちゃ懐かしいだろうな~

P1133776

メニューはファストフード店でよくありがちな、ハンバーガーやポテトが並ぶ。

P1133781

デイリークイーンはもともとソフトクリームの店。
というわけで、ここに来たらとりあえずソフトクリームは押さえておくべき一品。
だってほら、この腹出し小僧だって右手にソフトクリーム持ってらあ。

P1133801

デイリーキングのソフトクリームで、誰もが感動するというのがこのトッピング。
バニラ味のソフトクリームに、甘い粉やソースがぶっかけられているのが特徴。
これは珍しい!

P1133777

近年はバーガーやポテトのほかにも、タピオカやチーズハットグなど海外の風も取り入れていた様子。
この自由な風潮がチェーン店ではできないおもしろさ。

P1133785

店内はどことなく時代を感じるレトロな雰囲気。

P1133796

デイリーキングと書かれたポスターも実はデイリークイーン時代からあるもので、名前が変えてあるだけなんだとか。
こんな形でいまだに生き延びているシーラカンス的店舗、ほかでは見たことない!

P1133787

このすこぶるかわいいキャラクターには名前があるのでしょうか。
グッズ化してたらよかったのに。

P1133789

さあさあお待たせいたしました。
こちらがデイリーキング名物のソフトクリームでございます。
特徴はなんといってもチョコレートソースにディップしてできるチョコレートコーティング。
こんなメニュー出てくるファストフード、ほかにはございません。

P1133792

いよいよ食べてみると、ソフトクリームは大変濃厚な味で、例えるならミニストップのソフトクリームみたいな、つまりめちゃくちゃおいしいやつ。
チョコのコーティングは薄いわりにちゃんとパリッとしてるタイプ。
ということはめちゃくちゃおいしいソフトクリームを、チョコのコーティングソースにドボンすればこれができるってわけ。
このフチに溝があるコーンも珍しいらしく、ウエハースみたいなサクサク軽くて非常に食べやすいもの。
ありそうでなかったこのタイプ、どこか再現して受け継いでくれないかなあ?

デイリークイーン自体はアメリカはじめ、海外でいまでも人気の店なので、見つけ次第食べてみよう!!


鳥羽ショッピングプラザハロー

住所: 三重県鳥羽市大明西町1-1
TEL: 0599-26-3309




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回もめちゃくちゃ天気がいいですね。やってきました、真珠のネックレスをイメージした鳥羽マリンターミナルです。鳥羽マリンターミナルといえば、奇天烈な船に乗れる鳥羽湾めぐりとイルカ島で有名ですが、今回は前回乗れなかったフラワーマーメイドにどうしても乗りたい! ... 続きを読む
P1133504

今回もめちゃくちゃ天気がいいですね。
やってきました、真珠のネックレスをイメージした鳥羽マリンターミナルです。
鳥羽マリンターミナルといえば、奇天烈な船に乗れる鳥羽湾めぐりとイルカ島で有名ですが、今回は前回乗れなかったフラワーマーメイドにどうしても乗りたい!!


まずは前回のもようをご覧ください↑

P1133509

時間の都合上イルカ島までは、黄金に輝く浦島太郎が目印の、前回と同じ龍宮城に乗ることに。
やたらよくできててすこぶるいい。



龍宮城の内装は同じく前回の記事をご覧ください↑
乗ったことがないよって方は必見です!

P1133626

龍宮城でわずか15分
イルカ島に到着。

P1133547

今回は、前回見れなかったイルカショーが見れる!というナイスなタイミングに遭遇!!
これはうれしい!!

P1133557

15分という短い時間なものの、間近でイルカが見られてまんまん満足。

P1133593

今回はフラワーマーメイドに乗るのが最大の目的なので、イルカ島での滞在時間はわずか30分。
船着場で待っていると、フラワーマーメイドが来た来た来た~!!
船全面に大きく描かれたフラワー(詳しくは、左舷には鳥羽市の花「はまなでしこ」、右舷には伊勢志摩の代表的な花「はまゆう」が描かれている)と、オープンデッキにはマーメイドが乗ってるぞ!

P1133597P1133720

待ってました!!と一番最初に乗り込むわたし。
誰よりもテンションあげていこ~!!

P1133685

まず入り口を入ると、早速金色に輝くマーメイドがお出迎え。

P1133697

その奥にはラウンジのような上品で高級なスペースと、中央にたたずむドレス姿の女性。

P1133608

グランドピアノを後ろに熱唱するこの方は!
まさしく!
マリリンモンロー!!

P1133707

こちら2階の客室には

P1133643

ディカプリオを思わせるイケメンボーイの姿が。
船内は豪華客船をイメージしているのでしょうか。

P1133604
P1133682

ほかの客室も同様に高級感ただよう内装で統一。

P1133639

天井に描かれた絵は伊勢湾でしょうか
キマッた目つきでエサを探すイルカの泳ぐ姿。

P1133609

廊下にはこれまた高級な雰囲気を高める絵や花が飾られていてムードを盛り上げる。

P1133615

お待たせしました。
期待のオープンデッキにやってくると、
美しい!!マーメイドじゃん!!

P1133616
P1133617

自慢の肉体美を見せつけているマーメイドは、近くでよく見ると四白眼!?

P1133654

デッキの中央には大きなカモメがひっついててかわいい~!!

P1133646

デッキの前方にはもうひとりマーメイドが。

P1133652
P1133662

こっちのマーメイドはウインクしてる!!
ウインクしてるマーメイド、初めて見たけどイメージないよな~

P1133669

よく見るとウロコにはラメが入ってて、なかなかの細かい作り。
龍宮城とフラワーマーメイドは交互にやってくるので、ぜひとも両方乗ってみよう!


鳥羽マリンターミナル

住所: 三重県鳥羽市鳥羽1丁目2383-51
 TEL: 0599-25-3145
鳥羽湾めぐりとイルカ島料金: おとな 1900円 こども 1000円
公式サイト: 鳥羽湾めぐりとイルカ島




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初!!真珠の養殖で成功したミキモト真珠島 ココを中心に、一大養殖真珠フィーバーが巻き起こった鳥羽 鳥羽駅前にある、家電量販店のような 鳥羽一番館という建物 店内には伊勢行かずして伊勢エビ、伊勢うどん、赤福が買えたり もちろん真珠真珠真珠の大売出 ... 続きを読む
世界初!!真珠の養殖で成功したミキモト真珠島

33

ココを中心に、一大養殖真珠フィーバーが巻き起こった鳥羽

8

鳥羽駅前にある、家電量販店のような
鳥羽一番館という建物

2

店内には伊勢行かずして伊勢エビ、伊勢うどん、赤福が買えたり

3

もちろん真珠真珠真珠の大売出し

4

地元のヤングも集う鳥羽一番館では

5

鳥羽のご当地グルメ「とばーがー」が食べられるよ。

67

鳥羽で採れたものを使ったハンバーガーであれば
とばーがーとして認定されるので
街のいたるところでいろんなとばーがーが食べられるんだって。

1
▲鳥羽の星はいま、鳥羽一郎ではなく
 「鳥羽の旅」を歌う水森かおり

9

鳥羽駅前から伸びる商店の数々
おみやげ、お食事、休憩処が並び、観光地さながら

10

そんな超観光地のド真ん中に
元祖国際秘宝館鳥羽SF未来館の跡があるよ。

12

鳥羽駅から2km
商工会議所、図書館の隣にある市民の森公園には
日本唯一の滑り台があるから見に行ってみよう。

29

ジャジャーン!!
日本唯一!!ガリバーの滑り台!!!

誰がなんと言おうと性別は雄!!!

24

高さ6m・幅12mの大きさ
手が滑り台になっているのだ。

13

このガリバー、かつては日本とブラジルを行き来する移民船
「ぶらじる丸」の甲板にひっついてたんだそう。

1516

素材は木なのかな?叩くととても軽そうだ。

14

手は労働者のごとくガビガビ

17

階段は前と後ろの二方向
後ろから登った場合は左脇の下をくぐって右腕から滑る

26

髪の毛の部分は傷みが激しく
かなり補強してあるんだなあ。

1819202122

パッチリとした異人さんらしい青い目
この目は昔、穴が開いていて、顔ハメになっていたんだって。

25

塗装もかなりハゲハゲ

外観を存分に吟味したら
みんなも勇んですべってみよう。

27

コンクリート製だとおとなは加速度がついてツルッツル滑るんだけど
ガリバーはほどよくブレーキが利いて、大きなお友達でも
滑りやすい安全仕様

28

手のひらに着地するとまるで小人になった気分!!
「お疲れさま」っていいたくなるよ。

30

道路からもチラッと見えるので
なにあれ!!と気づく人も多いガリバー

31

ぜひ行って見て、滑ってみてねー!!

32

そして最近、例のガリバーの滑り台がお色直しされました!!

P1133766

おおお!!!
めちゃくちゃキレイに塗りなおされてる!!!
だからでしょうか、以前に比べてちびっこたちがいっぱい!!

P1133769

こうして多くの市民に愛され続けてくれれば、ガリバーも長く大切にされるでしょう。
めでたしめでたし。


市民の森公園

住所: 三重県鳥羽市大明東町1
営業時間: いつでも
入園料: 無料




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

田川伊田駅前の商店街と合わせて行ってほしいのが田川伊田駅前の商店街から3キロ、田川伊田駅の次の駅、後藤寺駅。後藤寺駅前周辺には商店街が拡がっていて、現役で営業中の激渋店がゴロゴロ。ひと目でイイ街ということがわかりますね。その中にあるアーケード商店街、田川 ... 続きを読む
PC161819

田川伊田駅前の商店街と合わせて行ってほしいのが
田川伊田駅前の商店街から3キロ、田川伊田駅の次の駅、後藤寺駅。

PC161841
PC161996

後藤寺駅前周辺には商店街が拡がっていて、現役で営業中の激渋店がゴロゴロ。
ひと目でイイ街ということがわかりますね。

PC161844

その中にあるアーケード商店街、田川ごとうじ銀天街。
控えめにプロムナードと書かれているところがとてもお上品。

PC161847

中に入ってみると、入り口には浅草の雷門ばりにドデカイ提灯がぶら下がり街の威厳をアピール。
思わず厳かな気持ちで歩きたくなりますね。

PC161850

しょっぱなから歴史を感じるお店が軒を連ねていていい感じ。
大きめの店名の看板もズラリと並び、商店街好きが喜ぶ感動の絶景。
これよこれ~

PC161861
PC161863

店の名前なんかより商品名を掲げたい!という強い気持ちがあらわれた薬局。
コーワのケロちゃんやサトウ製薬のサトちゃんが店番を担当。
商品で溢れかえったレトロな店内がとてもステキ。

PC161865

ベルばら調のフォントがエレガントを演出するレストラン。
営業してたら入りたかったな~

PC161873
PC161875

商店街は結構長めの400メートル。
開いてるお店も多く、歩くのが楽しい。

PC161881

祝祭日には必ず国旗掲揚を推奨するうどん屋さん。

PC161879

時計屋と食料品店が並ぶ建物には奥行きがあって

PC162290

奥には肉屋や魚屋などの商店が並び、市場のようなスタイルになっていた様子。

PC161876

さらに店の脇から奥へ通ずる小路には、居酒屋の看板が並んでいるぞ

PC161949
PC161948

奥にもまだまだスナックが並び、2階には社交ダンスの文字が。
外から見ただけではわからない隠れ家感がドキドキする~!

PC161926
PC161930

商店街を進むにつれ空いてる店舗が目立ってきた商店街。
そろそろ移住してきた若夫婦が空き店舗をリフォームして、おしゃれなカフェとか開かないかな~

PC161887

途中からアーケードや看板の作りが変わり、名前も上本町と変化。

PC161891

ご覧よこの美しいシャンデリア!!
どちゃくそシビれる~!!!

PC161911
PC161908

上本町商店街はあっという間に終了。
入り口に残る“なにかを剥がした跡”には、かつて丸い電球が並んでいたことがストリートビューで確認済み。
チカチカ光ってた時代を見たかったよね~

PC161966

最後に、後藤寺の文化遺産、後藤寺バスセンターを見ておきましょう。
ここ、後藤寺バスセンターにはその昔、2階に「ターミナル会館」という映画館があったそうな。
いろんな路線が乗り入れ、多くの人々が行き来するターミナルに映画館があるなんて、いい時代ですね。

PC161968

中には入れないものの、フェンス越しに当時の様子を見ることが可能。
かつては1階部分にもいろんなお店が並び、今でいう駅ビルのような役割だったのでしょう。

PC161970
PC161982

カラフルなイスが並び、今にもバスが入ってきそうな雰囲気。
閉鎖される2016年に最後の現役の姿をとらえた貴重な写真を、わたくしの福岡の師、Y氏が残してくれているので、こちらもご覧ください↓



田川ごとうじ銀天街

住所: 福岡県田川市本町13-30




★ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


このエントリーをはてなブックマークに追加

炭鉱で栄えた街に昭和6年から今でも現役で使われている芝居小屋嘉穂劇場にやってきました。どうですか?この貫禄。めちゃくちゃかっこいいなあ!しかも今でも現役で使われてるってんだから、シビれるよね!歴史ある劇場ながら、公演や貸切がない日は見学可能!これは入って ... 続きを読む
PC161345

炭鉱で栄えた街に昭和6年から今でも現役で使われている芝居小屋
嘉穂劇場にやってきました。
どうですか?この貫禄。めちゃくちゃかっこいいなあ!
しかも今でも現役で使われてるってんだから、シビれるよね!

PC161348

歴史ある劇場ながら、公演や貸切がない日は見学可能!
これは入って見るっきゃないっしょ~!!

PC161077

早速足を踏み入れると、
おおお~!!めちゃくちゃ立派だな~!!

PC161216

今では地方都市のひとつにすぎない小さな街に、これだけ大規模な劇場があるってすごくない??
ここでお芝居見るってなったらめちゃくちゃワクワクするよな~

PC161208

座席は升席と呼ばれる木組みで仕切った場所に座布団を敷いて座る、オールドタイプのボックスシート。
一升6人が座れるようになっていて、後ろの方でも見やすいように舞台に向かってゆるい傾斜がついている。
相撲の客席でよく見るアレね。

PC161081
PC161228

升席より一段高く設けられた桟敷席。
芝居を見るのに首が痛くなりそうだけど、升席よりこっちの方がイイ席なんだって。

PC161214

一番後ろには臨監席と呼ばれる警察官の監視場所も。
昔は映画や芝居の検閲、統制が厳しく、内容によっては警察官が中止させることもできた。
今でも正義を振りかざした風紀委員みたいなクレーマーが世間を見張ってるよね。

PC161173

舞台の脇には特設ステージ、花道が伸びていて

PC161184

その途中には主に妖怪や幽霊が登場する、スッポンと呼ばれるセリも設置。

PC161089

舞台には、舞台転換を素早く行う回り舞台。
今ではほとんどの劇場で電動化されているところ、ここでは今でも舞台の下で、12本の棒を人力で押して回すんだって。
相当重いんだろうな~

PC161128

役者が舞台に登場するセリ。
これも2本の棒を8人で上げ下げして操作。
めちゃくちゃ人力。

PC161098

舞台の隅には昭和の時代から使われている小道具室。

PC161099

入り口には歴史を感じる文字で「俳優出入りを禁ず」
こうゆう、関係者以外立ち入り禁止な場所に入るのってドキドキして好き~

PC161118

中には時代劇に登場するようなアンティークがいっぱい。
こんな無防備に置かれてて大丈夫ですか??

PC161142

壁には意味深な文字が。
十二月廿五日ってクリスマス??
クリスマスがさかさまに書かれているのなんで??
これは、コナミが開発したゲーム「がんばれゴエモン」のモデルにもなった安土桃山時代の大強盗、石川五右衛門が処刑された12月25日から、盗難除けとして貼られているおふだ。
へえ~へえ~

PC161135

雰囲気バツグンの舞台上では衣装を着てコスプレ撮影もできるサービス。

PC161167

舞台の下の奈落にまで入ることができる!ということで、いっちょ入ってみよ~

PC161146
PC161148

奈落には舞台を回したり、セリを動かしたりする仕掛けがむき出し。
普段見られない裏側が見えるってワクワクするよね。

PC161239PC161295

こちらは2階席。
2階席も座敷のようになっていて、舞台に向かって傾斜がついている。

PC161246

2階からの眺めも最高!
こっちはこっちでいい雰囲気。

PC161250

場内のスズラン灯は開業当時からのものだとか。
美しい~!!

PC161252

昔の劇場といえばこの、非日常の特別感を出す赤い絨毯。
毎日気分アゲるためにも家の廊下これにしたろか。

PC161281

こちらは嘉穂劇場の歴史を今に伝える資料室。

PC161273

預かった下駄や靴をひもでくくって保管する下足札。
裏には市内の商店の広告入り!
こうゆうのいいな~
今でも銭湯のカギとか居酒屋の下駄箱のカギとか、せっかくデカイんだからこうゆう広告つけたらいいのにね。

PC161265

公演は、演劇はもちろん

PC161313

有名歌手のリサイタル

PC161284

松田聖子や近藤真彦、郷ひろみなどのアイドルから、伝説の歌手ピンクレディーのさよなら公演もここで!

PC161286

八代亜紀、千昌夫、水前寺清子といった演歌歌手、
宝塚歌劇から漫才大会までめちゃくちゃ幅広いラインナップ!

PC161256

これは!NHK Eテレで放送されてる教養番組、いないいないばあっ!のステージショー

PC161257

ええ!?ボリショイサーカスまでここでやってたの!?
ここに来ればなんでも観れる、エンタメの殿堂じゃん!

PC161303

さらに、これぞ昭和のお色気
オール特出競艶ヌード大会!
“殿方皆殺し”というキャッチフレーズは、会社休んででも見に行きたい!

PC161290

近年も、演劇やライブツアーの会場になったり

PC161259

あのみちょぱもここに来たの!?
雑誌やCMの撮影場所として使われたりと、時代に合わせて今でも現役バリバリの嘉穂劇場。
レトロ好きはぜひ訪れてみて。


嘉穂劇場

住所: 福岡県飯塚市飯塚5-5
TEL: 0948-22-0266
開館時間: 9:00~17:00
定休日: 水曜日




★ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


このエントリーをはてなブックマークに追加

学問の神様、菅原道真が祀られている由緒正しい神社、盛岡天満宮にやってきました。境内にはさまざまな伝説が集まる、いわば伝説のテーマパークでもある盛岡天満宮。こちらはそのむかし、石の真ん中の亀裂から多くの古銭がザックザック出てきたことから、銭湧石と言われてい ... 続きを読む
PB196033

学問の神様、菅原道真が祀られている由緒正しい神社、盛岡天満宮にやってきました。

PB196051

境内にはさまざまな伝説が集まる、いわば伝説のテーマパークでもある盛岡天満宮。
こちらはそのむかし、石の真ん中の亀裂から多くの古銭がザックザック出てきたことから、銭湧石と言われている石割梅。

PB196118

この牛を撫でた手で体の悪いところを触ると病気が治るといわれる撫で牛。

PB196107

学問の神のそばには商売の神、稲荷神社もセットで。
学を積まないと金儲けなんてできませんからね。

PB196073

いろんな見どころが揃う盛岡天満宮の中でもひときわ目立っているのがこの、向かい合わせに並ぶおなじみの狛犬。
この狛犬の姿が

PB196075

なにこれーーー!!!
めちゃくちゃゆるくてかわいいーーー!!!

こちらは「うん」とクチを閉じているウンギョウ。

PB196098

顔だけじゃなくカラダのフォルムまでかわいいーーー!!!
ジャンルでいうと「ヘタウマ」ってやつですね。

PB196082

そしてもう一方、クチを「あ」と開けているアギョウ。
こっちもまたいい顔してる~~~

PB196104

この狛犬たちは近くに住んでた人が、お参りしてたら病気が治った!という感謝の気持ちで、明治36年に奉納されたもの。
狛犬のモデルである獅子が、どんな姿かよくわからないからとオリジナルの想像力で作られたんだとか。
めちゃくちゃイイセンスしてるよね。

PB196129

ここはあの歴史上の人物、石川啄木もよく来ていたというゆかりの地でもあるため、絵馬には啄木と狛犬のイラスト入り。
この絵馬だけでも買って帰りたい。

PB196052

かわいい狛犬を見に訪れるタビジョやご朱印ガールも多く、最近では狛犬グッズも多数展開。

PB196060
PB196057

狛犬の姿を岩手の名産、南部鉄器でリアルに3D化させた狛犬セットも。
これは欲しい~!!

PB195937

それともう一カ所、B級好きに訪れてほしいのが、盛岡天満宮とよく似た名前の盛岡八幡宮。
いまから300年以上むかしに建てられたという、初詣の参拝者数県内一を誇るトップオブ神社です。

PB195950
PB195946

今回も多くの神様が祀られた清くて正しい神聖な場所に、よこしまな気持ちでやってきたわけですが

PB195972
PB195970
PB195967

盛岡八幡宮には本殿に祀られる神だけでなく、境内に8つの摂社と3つの末社が点在。
その中の「お稲荷さん」と「お伊勢さん」の間の、奥の方を覗いてみると

PB195977

あった・・・!!!

PB195978

こちらがもうみなさんお気づきでしょう。
子授の神様、金勢神社です。

PB195983

小さい祠ながらも奉納されているご神体は、大きいものから小さいものまでギッチギチ。
金勢神社の周りにはほかにも縁結びや安産など、セットでご利益倍増できそうなお社も揃っているので、あわせて参拝してみては。


盛岡天満宮

住所: 岩手県盛岡市新庄町5-43
TEL: 019-622-4023



盛岡八幡宮

住所: 岩手県盛岡市八幡町13-1
TEL: 019-652-5211




★ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


このエントリーをはてなブックマークに追加

盛岡に行ったら絶対押さえておきたいのが、盛岡のソウルフード。それは冷麺でもジャジャ麺でも、かもめのたまごでもないここ、福田パン。この、ひとのよさそうなおじさんが目印の福田パンは、盛岡の人なら知らない人はおらず、最近は遠くからわざわざおじさんが作るパンを求 ... 続きを読む
PB195903

盛岡に行ったら絶対押さえておきたいのが、盛岡のソウルフード。
それは冷麺でもジャジャ麺でも、かもめのたまごでもないここ、福田パン。
この、ひとのよさそうなおじさんが目印の福田パンは、盛岡の人なら知らない人はおらず、最近は遠くからわざわざおじさんが作るパンを求めてやってくる人も後を絶たない人気ぶり。
人びとを夢中にさせて離さないおじさんのパンとは、一体どんな味なんだろう??

PB195906

開店時間は朝7:00
事前情報によると、土日ともなると開店前から行列ができ、何十分も並んでようやく店内に入れる
とか
15時ごろにはほぼすべての商品が売り切れている
という、伝説のようなプレッシャーが書いてあったので、わたしも万全を期して福田パン近くのホテルに泊まり、開店前から勇んで行くと、ラッキーなことに並ばずスッと入れました。
日頃からインスタグラムに「いいね!」を押すという功徳を積んでるからでしょうか。
※ちなみにこの日は平日です。

PB196356

福田パンの特徴はその、人々を虜にするおいしさだけじゃない。
一番のポイントは、コッペパンの中身をオーダーメイドすることができるという点。

PB196358

そのメニューはなんと60種類もあるんだとか!!!
この中から1種類もしくは2種類選ぶことができる。

PB195907

店舗や季節の限定メニュー、新メニューも続々登場。
おじさんのアイデア、止まんねえなあ!!

PB195915

メニューには甘い系と調理系の2パターンあって、甘い系と調理系を組み合わせることはできない。

PB195909

え!え!そんなこといわれても、こんな大量の中から1つ2つだけ選ぶなんてムリ~!!
という初心者の方でもご安心。
まずはお試しということで、組合せ人気ランキングから選んでみては。

PB195911

料金設定の法則なんかは慣れたころに学べばいいので、とりあえずまずは
自分はなにが食べたいか?
この一点だけに集中するべし!!

PB195910

順番を待つ間ギリギリまでなににしようかひたすら悩み、いざ自分の番になるとテンパってしまい、思ってもいないものを発注してしまう危険性も。
なににするか事前によく考えて決めておこう。

PB195912

ほかにもオプションで塗り方を変えたり、コッペパンを食パンに変えたりなど裏ワザ的なローカルルールもあるらしい。
これも熟練してから挑むことにしよう。

PB195917

窓の向こうにはズラリ並んだクリームや餡の数々。
注文するとこれらを手際よくチャチャッと塗ってくれる。

PB195918

イートインスペースも完備。
しかし多くの人は家族の分も大量に買って持ち帰っている。

PB196352

一緒にドリンクや、パンのみを買ったりすることもできる。
パンにはやっぱり牛乳だよね~

PB195925

と、いうわけで無事購入できました。
ホテルに帰ってゆっくり食べてみようと思います。

PB195928

おわかりいただけるだろうか。
手に持ってみるとかなりの大きさ。
意外とデカイなコッペパン。
1個で充分おなかが膨れるのでは。

PB195931

初心者なので今回は、定番で人気のあん+バター。
砂糖とあぶらというデブのためのタッグなのに、あっさりしていてめちゃくちゃ食べやすい!
問題のコッペパンはふっくらやわらかくて、一気にペロリと食べてしまいました。
全然2個イケちゃうわこれ!!
もう1個買って来ればよかった~!!!

PB196365

というわけで買ってきました。
2個目は惣菜系のれんこんしめじです。
れんこんしめじといってもキャベツも入ってる~!
なんと惣菜系は1種類だけでも、ポテトサラダやキャベツなどもともとちょっとしたトッピングがついててお得感アリのものも。

これは片っ端からいろんな味を試してみて、マイベストメニューを見つけたいな~!


福田パン 長田町本店

住所: 岩手県盛岡市長田町12-11
TEL: 019-622-5896
営業時間: 7:00~17:00
定休日: お盆、年末年始




★ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手県屈指の観光名所日本三大鍾乳洞にランクインしている龍泉洞にやってきました。旅のガイド本なら何ページにもわたって紹介されているA級スポットなだけに、管理と運営に多くの予算がつぎ込まれている雰囲気がビンビンに感じます。龍泉洞まだ行ったことないよって方のた ... 続きを読む
PB185056

岩手県屈指の観光名所
日本三大鍾乳洞にランクインしている龍泉洞にやってきました。
旅のガイド本なら何ページにもわたって紹介されているA級スポットなだけに、管理と運営に多くの予算がつぎ込まれている雰囲気がビンビンに感じます。

PB185271

龍泉洞まだ行ったことないよって方のためにどんなところか上澄みだけを説明すると、
龍泉洞といえば地底湖。
地底湖といえば龍泉洞です。
その地底湖はドラゴンブルーと呼ばれ、透明度は世界屈指。
あとにもさきにも地底湖のみ。
龍泉洞には地底湖があるってことだけ覚えといてください。

PB185261

龍泉洞に一歩入るとまずはこちら。
随分高いところまで割れ目が伸びるその名も摩天楼という巨大な空間。
色のついたライトで照らされた洞内はより一層神秘的な雰囲気。
ここで気になる男に近寄られたら首を縦に振るしかないでしょう。

PB185069

続いては百聞廊下(ひゃっけんろうか)と名付けられた長い通路。
さすが観光客が多いだけあって、足元は歩きやすいウッドデッキ、片側には手すりつきの柵も設置。
防犯や安全のためにかなり管理されている様子がうかがえます。

PB185101
PB185193

見どころの地底湖へと続く道は、一貫して青色の照明で統一。
なんてったってドラゴンブルーと呼ばれてますからね。
期待が高まります。

PB185103PB185201

鍾乳洞あるある。
それっぽく見える岩に名前をつけがち。

PB185108

額縁で囲われたところにおっぱいとお尻が見える!!とされる洞穴ビーナス。
修学旅行だったら一番盛り上がるポイントです。

PB185186

いよいよ来ました!!
ここが龍泉洞名物、世界でも有数の透明度、ドラゴンブルー地底湖であります!!

PB185125

龍泉洞の地底湖は8カ所もあり、深いものは水深120mもあるとか。
ただし一般公開されている地底湖は3カ所のみ。

PB185128

地底湖は実際にも青く見えるんだろうけど、わかりやすくするためでしょう、青い照明を沈めてるから青く見えるのでは?と、ついついひねくれてしまうわたし。

PB185133

地底湖を見たあと今度は、ひたすら階段をのぼることになる龍泉洞。
洞内の高低差は180mあり、かなりの急勾配。
まあまあ疲れるので心しておくように。

PB185136
PB185166

しっかり作られた安全な階段と明るい照明で、終始歩きやすい龍泉洞。

PB185150

階段の上からは第一地底湖を高い所から眺められるスポットも。
これだけデキた観光名所、ケチのつけどころがございません。

PB185273

そばには多くの観光客を一手に引き受けられる巨大なおみやげ&食堂も完備。

PB185277
PB185281

有名な観光名所とはいえ、B級好きには物足りないのでは。
そんな方におすすめなのが、ここから18キロほど離れた安家洞(あっかどう)へ行ってみよう!!

ここまで来たらあわせて寄りたいオススメスポット↓



龍泉洞

住所: 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
TEL: 0194-22-2566
営業時間: 8:30~17:00(5月~9月は18時まで)
営業期間: 年中無休
料金: おとな1000円




★ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


このエントリーをはてなブックマークに追加

民話の里と呼ばれる遠野には古くから多くの伝説や昔話が伝わるとされていて、その世界観を感じられるスポットがたくさんあるんだって。実際に舞台となった風景はもちろん、いかにもな物件をギュッと集めた観光地も用意されていて、その中のひとつがこちら、伝承園。敷地の中 ... 続きを読む
PB174742

民話の里と呼ばれる遠野には古くから多くの伝説や昔話が伝わるとされていて、その世界観を感じられるスポットがたくさんあるんだって。

PB174520

実際に舞台となった風景はもちろん、いかにもな物件をギュッと集めた観光地も用意されていて、その中のひとつがこちら、伝承園。

PB174687
PB174688

敷地の中には昔話に出てくるようなオールドスタイルの物件が並び、自由に内見できる住宅展示場といった雰囲気。

PB174506PB174530

建物の中では農家の暮らしぶりや昔話が紹介されているほか、老人クラブで作った民芸品の販売もされていて、ここさえ押さえておけば遠野を攻略したかのような気にさせてくれる、いわば遠野のNEVERまとめ。

PB174527

さらにこちらでは生身の人間を使って農家のライフスタイルを再現!!
なまりが強いネイティブな会話が延々と聞けてめちゃくちゃリアル~
まるで住んでるかのような雰囲気だけど、毎日出勤してるんだよね?
シフト制なのかな?

PB174539
PB174545

ほかにも便所や風呂場、水車小屋なども並び、どれも中に入って見ることができる。

PB174551

ややや!!こっちにはB級好きにはたまらない
金勢様の案内板が!!
これはとんだラッキースポットだ!!

PB174560
PB174572

それがこちら。
布や縄でできたモザイクで一見わかりにくいですが、見る人が見れば一目瞭然、こちらが男女一対型の金勢様です。
わざわざここに金勢様を祀るくらい、遠野の生活にはなくてはならない存在なのでしょう。
遠野を見る目が変わりますね。

PB174599

こちらは国の重要文化財を移築して建てた菊池家。

PB174601

中は想像通り、昔ながらの生活様式を体験できるほか

PB174609

ここのメインはオシラサマ。
オシラサマってご存知??
オシラサマには馬と娘の恋物語が由来していて、このあたりではオシラサマを家の中にまつる風習があるんだとか。

PB174613

オシラサマってなんだろう??
とりあえず見てみましょう。

PB174639

うひょーーー!!!
壁一面に布がビッチリ!!!
布をかぶっている木の棒が例のオシラサマで、ここには1000体も並んでいるとのこと。

PB174636

オシラサマは農業、ウマ、家、カイコの神様として、またいいことも悪いことも夢で知らせてくれる神さまとして信仰されていて、馬と娘の物語から、姿はウマだったり娘だったり。
またときには僧侶や男女パターンもあるんだとか。

PB174652

通常オシラサマには布きれで作った衣を多数重ねて着せるスタイルのところ、ここでは願い事を書いた布をかぶせることができるというアトラクションも。

PB174642

上の方にいるオシラサマはわたしを見おろしているようで少々不気味。

PB174701
PB174696

隣接している食事処では郷土料理も食べることができて、かゆいところに手が届くほどなんでも揃っている。
こちらはひっつみ(右下)、けいらん(右上)、なめこそばがセットになった定食。
あったまる~

PB174706

さて、ここに来たらあわせて訪れるべきスポットがカッパ淵。
カッパ淵へはこの、目と皿が描かれた麦わら帽子と

PB174716

売店で売っているカッパ捕獲許可証を買って臨もう。

PB174739

伝承園からカッパ淵までは徒歩5分ほど。
常堅寺というお寺の隣にある。

PB174762

むかしむかし、カッパが馬をこの川に引きずり込もうとして失敗すると、馬の飼い主に見つかってしまいました。手をあわせて許しをこうカッパを、かわいそうに思った馬の飼い主は「これからは、この淵で絶対悪さすんなよ」と伝えてこれを許しましたとさ。
やさし~!!

PB174803

そんな昔話が残るのがここ、カッパ淵。

PB174791
PB174792

カッパ淵では釣竿にきゅうりをぶらさげるとカッパが釣れる!という月刊ムー並みのエンタメ体験ができると話題で、この日も次から次へと観光客が訪れるほど人気の観光スポット。

PB174821
PB174778

そばにはちゃんと、きゅうりがくくられた釣竿も用意。
なんでもない場所でもこうして人が集まる、れっきとした観光地になるんですね。

PB174796

カッパが祀られたお堂も設置。

PB174785

中にはカッパのご神体とともに、酒、キュウリ、かっぱえびせんが供えられ

PB174789

死ぬまで「ワシはカッパを見た!」と言い続けたという名物カッパじいさんの写真も。
今ではじいさん自身も伝説となって、ここに祀られていましたとさ。

ここまで来たらあわせて行っておきたい!おすすめスポット↓



伝承園

住所: 岩手県遠野市土淵町土淵6-5-1
TEL: 0198-62-8655
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 年中無休





★ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


このエントリーをはてなブックマークに追加