BQ ~B-spot Explorer~

全国の名所から、変わった観光スポット、おもしろいお店、珍しいお祭り、レトロな街並み、懐かしい商店街、公園遊具、文化遺産など、おもしろおかしいスポットめぐり。

カテゴリ: 新潟

新潟の路線バスから高速バスまで、多くのバスの発着点となるバスの拠点。万代シティバスセンターバスターミナルにある万代そばで食べられるカレーはもう食べた??この、万代そばで食べるカレーがめちゃくちゃウマイと評判で、遠くからわざわざ食べに来たり、新潟のご当地ア ... 続きを読む
P7056780

新潟の路線バスから高速バスまで、多くのバスの発着点となるバスの拠点。
万代シティバスセンター

P7056821

バスターミナルにある万代そばで食べられるカレーはもう食べた??
この、万代そばで食べるカレーがめちゃくちゃウマイと評判で、遠くからわざわざ食べに来たり、新潟のご当地アイドル、Negiccoのライブがある日は売り切れてしまうほどの人気ぶりだとか。
それは1度食べてみたい!!

P7056787

あった!!
あれだ!!
さすが昼時、めちゃくちゃ並んでる!!
とはいえ、回転が速く、次々並んではどんどんはけていくので、迷わず並んじゃおう。

P7056817

もともとカレーは、うどんやそばにトッピングするのが目的だったところ、カレーライスとして売ってもいいんじゃね?と軽い気持ちで始めたのがきっかけ。
いまでは売り上げの半分がカレーという日も。

P7056792

まずは食券を購入しよう。
食券はこちらの機械で買える。
さすが人気のカレーボタンはわかりやすい位置に設置。

P7056794

当然わたしも安定のカレーライス。
ほかにも大盛りやミニサイズもある。

P7056797

食券を買ったら早速列に並ぼう。
地方から来たよそ者だけど、ちゃんとオーダーは通るのか、わたしの前で売り切れですって言われやしないか、進むにつれて不安が募る。

P7056799

みんな流れるように受け取っては食べている。
この流れを止めやしないか、順番を待つ間何度もシミュレーション。
カレーが近づくにつれて緊張が高まる。

P7056802

そしてついに
じゃじゃーーーん!!!
これがウワサの
バスセンターのカレー!!!
大胆に大きく切られた野菜、
やさしい甘さの中に、食べてるとだんだん汗が止まらなくなる辛さ。
なにこれ!?天使のような悪魔の笑顔ってこれのこと!?

P7056806

スプーンにはバスセンターの名入り。
サイズ感もちょうど良くて欲しくなる。

P7056811

サラリーマンはもちろん、女性や学生、マダムに高齢者と客層が幅広く、お客さんがまったく途切れない。
ほとんどの人がカレーを食べていて、逆にうどんそばを食べてる人の方が珍しい。

P7056801

最近はレトルトでも販売されたり、Tシャツやスプーンなどオリジナルグッズも展開していて絶好調の様子。

P7056822

ささっと食べられるので時間がないときも便利!
新潟に来たらバスセンターでカレー食べるのを忘れずに。


万代シティバスセンター 万代そば

住所: 新潟県新潟市中央区万代1丁目6-1 バスセンタービル1階
TEL: 025-246-6432
営業時間: 8:00~19:00
定休日: 1月1日・2日




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



レトロ自販機、あります!との情報をもとにやってきました。新潟の星、ポピーとよさかです。青空に映える赤い屋根黄色のテントミドリの植木がなんともかわいい!まさにポピーのような可憐さが早くもいとおしい。シャッターにもこれってポピー!?かわいい!!レトロなドライ ... 続きを読む
P7022355

レトロ自販機、あります!
との情報をもとにやってきました。
新潟の星、ポピーとよさかです。

P7022168

青空に映える赤い屋根
黄色のテント
ミドリの植木がなんともかわいい!
まさにポピーのような可憐さが早くもいとおしい。

P7022174

シャッターにもこれってポピー!?
かわいい!!

P7022176

レトロなドライブインってたいがい、薄暗くてタバコくさいダークなイメージがあるけど、店の周りは清潔に保たれ、ポップな外観も手伝い、明るく入りやすい雰囲気。

P7022182P7022338

外にまでこぼれてくるゲームの音に誘われてトビラを開けると、ヤニで染まった黄金の空間にチカチカと輝くブラウン管。
こどもは入っちゃダメだったおとなだけの空間に、みずから足を踏み入れる緊張感。
音と光に包まれて、判断力を失う高揚感。
平日の昼間に仕事もせず、遊んでいる背徳感。
これこれこれ~!!興奮する~!!

P7022184
P7022342

レトロなティッシュペーパー自販機は1個40円。
10円しか使えずおつりが出ないシステムにプレッシャーを感じる。

P7022194

ゲーセンエリアの隣が、広々としたイートインコーナー。
壁際に並んだ自販機で買ったものを、ゆったり座ってすぐ食べることができる。
そばにはテレビもあり、清潔が保たれていて居心地バツグン。

P7022199

トーストサンドの自販機は、ポピーとよさかがオープンした1980年ごろから使われているもの。
しかもトーストサンド自販機は、ここより北にはもうない、「北限のトースト」として貴重な存在。

P7022306

トーストサンドはハムとチーズの2択で、1つ200円。

P7022198

みんな大好きうどんそばの自販機は、1975年から1995年までの間に3000台が製造販売された「富士電機めん類自動調理販売機」。
トーストサンドとうどん自販機、2つ同時に楽しめるのは、新潟県内でここだけだとか。

P7022269

最近ではレトロ自販機を求めて、県外からも多くの人が駆けつける人気店。
みんな、古いものの良さがわかってきてるんだなあ~

P7022195

さて、ではどれを食べようかな?と思ったところ、気になる貼り紙が。
ここでは自販機のうどんとは別に
台所でだしの香りの効いたうどんとそばを出してるんだって!!

え!!それは!!食べたい!!

P7022208

PM5時までに注文おねがいしますと書かれた横には、
天卵、天ぷら、月見、かけと、バラエテニに富んだうどんそばのメニュー。
どれにしよ~~~迷う~~~

P7022259

自販機と自販機の間には、奥へとつながる秘密の入り口、台所がチラリ。
自販機のうどんそばもトーストサンドも、隣の台所でおばちゃんがひとつひとつ作ってくれているのだ。

P7022257

「すいませーん。天ぷらうどんください。」
「はーい。」
愛想のいいおばちゃんが背中で応対。

P7022287

注文が来るまでイートインコーナーで待機。
テーブルの上には余計なものは置かない、七味と灰皿と布巾のみ。

P7022291

しばらくすると
「はい、天ぷらうどんね~」
きたきたきたーーー!!!
たしかにこのうどんつゆ、ぐびぐび飲めるくらいダシが効いててめちゃくちゃうまい!!
コシのあるうどんは自販機と違う“店”の味。
せっかくのレトロ自販機を前にしてても、これはおばちゃん手作りの方を食べたくなっちゃうな~

P7022321

おばちゃんがうどんの補充をしにやってくると
「中、見てみる??」と気を利かせて見せてくれることに!!
なんてイイ人!!

P7022325
P7022297

中は冷蔵庫になっていて、らせん状に敷かれたレールを滑って、1杯1杯うどんそばが出てくる仕組み。
お金を入れてボタンを押すと、湯せんをしたのちつゆが入るシステム。

P7022313

さらに、
「トーストサンドも見る??」と、トーストサンドの自販機も開けてくださいました!!
これは見たことない!!うれしい!!

P7022312

中ってこうなってたんだ~!!
自販機内は冷蔵庫になっていて、毎日手作りしているというチーズとハムがおよそ30個ずつ、観覧車のようにセッティング。

レトロ自販機でうどん食べるのもいいけど、親切なおばちゃんに作ってもらった方がやっぱりうれしいな~
レトロ自販機はもちろん、おばちゃんにもいつまでもがんばっててほしいね。
ごちそうさまでーす!!


ポピーとよさか

住所: 新潟県新潟市北区内島見2545-2
TEL: 025-386-1374
営業時間: 8:00~24:00
定休日: なし




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


温泉好き巨大仏好きなにより珍スポット好きなら必ず訪れたいのがココ。遠くからでもひと目でわかる巨大仏親鸞聖人の像!!近くで見てもやっぱりデカイその高さ、40メートルにもなるのだそう。珍と呼ばれる所以はやはりこのゆるんだ表情。いまいちありがたみのないフォルム ... 続きを読む
P7022050

温泉好き
巨大仏好き
なにより珍スポット好きなら必ず訪れたいのがココ。

P7022054

遠くからでもひと目でわかる巨大仏
親鸞聖人の像!!

P7022073

近くで見てもやっぱりデカイ
その高さ、40メートルにもなるのだそう。

P7022076
P7022079

珍と呼ばれる所以はやはりこのゆるんだ表情。
いまいちありがたみのないフォルムが、珍スポット好きの心を掴んで離しません。

P7022107

周りは開けた田園地帯がゆえ、めちゃくちゃ目立つ。

P7022117
P7022121

足元には入り口があり、封鎖されているものの、以前は中に入って上まで登れた様子。
上からの眺めは遠くまで見えて、さぞキレイなんだろうな~

P7022093

さて、ここの見どころは巨大な親鸞聖人像だけじゃない。
隣には力強い文字で書かれた温泉もあるので入ってみよう。

P7022098

ここは秘湯好きの間では有名な温泉、西方(さいほう)の湯。
真っ黒でクサイ、独特でクセのあるお湯がマニアにはたまらないんだそう。
しかし現在はその大クセがやわらいでしまい、入りやすくなった一方、個性を失ったという声も。

P7022142

おとなひとり500円。

P7022137

いざ入浴!と思い、入り口に近づくと
あれ?なんか暗くない??やってるのかな??

P7022100

なななななんと!!!!!
うっかり休館日に来てしまった!!!!!
へたこいた~~~!!!!!

P7022155

入れないんじゃ仕方がない。
館内や温泉の様子は、おのおのググッてください。
また来ます!


越後の里親鸞聖人 西方の湯

住所: 新潟県胎内市中村浜2-29
TEL: 0254-45-2550
営業時間: 10:00~20:00
定休日: 火曜日




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


越後三十三観音霊場の第三十番札所とされる、普談寺にやってきました。山門の中をのぞくと、バスタオルを巻いたかのような仁王像が登場。いかめしい表情、ガチムチの筋肉、チカラ強い乳首がたくましい。山門をくぐり、長い長い階段をのぼると本尊の十一面観音を祀る観音堂。 ... 続きを読む
P7011652

越後三十三観音霊場の第三十番札所とされる、普談寺にやってきました。

P7011660
P7011658

山門の中をのぞくと、バスタオルを巻いたかのような仁王像が登場。
いかめしい表情、ガチムチの筋肉、チカラ強い乳首がたくましい。

P7011667P7011672

山門をくぐり、長い長い階段をのぼると
本尊の十一面観音を祀る観音堂。

P7011673

しかし、今回の目的は山門の手前を右へ

P7011675

こちらが本堂。

P7011677

本堂の向かいにあるこの小さな建物が今回のメイン。

P7011679

特になんの看板も説明もないこのトビラを開けると

P7011681

わあああああ!!!!!
すごい!!!
地獄のジオラマだ!!!

ジオラマは3つのシーンに分かれていて、どれも重要文化財級の超大作!!

P7011682

まず最初は地獄のシーン。

P7011684

エンマさまによるさばきが行われている横には、生前の悪事が映し出される浄玻璃(じょうはり)の鏡も設置。

P7011687

エンマさまの前では、鬼が亡者をメッタメタのボッコボコにしているところ。

P7011689

そのオニの造形がどれも、めちゃくちゃかわいいのなんの。
小さいながらも細かい部分までよくできてる。

P7011690
P7011693

拷問を受け、泣き叫ぶ様子の亡者たち。

P7011692
P7011691

怖いというよりかわいいが全面に出ちゃってるあたり、作者はきっと心優しい人なのでしょう。
これ作ってる時、楽しかっただろうな~

P7011694

生前の悪事の重さを計る業の秤。

P7011686

生前のいい点悪い点を全て話す人頭杖(にんとうじょう)。
赤い顔の頭は男で悪を見通し、白い顔の頭は女で善を見通す。

P7011685

食べようとすると燃える飯。

P7011695

作りきれない地獄シーンはジオラマの壁面に細かく描かれていて、これまた見応え充分。

P7011696
P7011697

血の池地獄や針地獄など、あの手この手を使い、さまざまな方法で亡者を痛めつける地獄。
いろんなところでいろんな刑を受けていて、隅々までじっくり見たいおもしろさ。
恐ろしい場面なのにやさしい筆づかいは、壁紙にしたいくらいにかわいい。

P7011699
P7011698

写真だとわかりにくいけど、岩は立体的になっていて、そこからぶら下がったヒモにしがみつく女。
とことん忠実に再現したい!と、細部までこだわってるのがよくわかる。

P7011688

亡者の衣服を剥ぎ取る老婆の鬼、奪衣婆(だつえば)。
木にひっかけた衣服は布を使ってリアルに再現。
めちゃくちゃチカラ入ってるなあ~作者の強い意志を感じる。

P7011700

2つ目のシーンは極楽。
人が死ぬときは阿弥陀如来が25人の菩薩を引き連れて迎えに来るという名場面。

P7011704

阿弥陀如来と25人の菩薩は雲の上に乗り、立体的に作られていて下界には大きなハスの花が咲く美しい光景も再現。

P7011710P7011708

雲に乗りきれなかった菩薩は、ハスの花に身をひそめてスタンバイ。

P7011705

さらに作りきれなかった菩薩は、壁に絵となって追加。

P7011718

3つ目のシーンは賽の河原。
オニがチビッコたちをイジめる名場面。

P7011722
P7011723

ここにいるオニがまた、どいつもこいつも最高にキュートなんだ~

P7011724
P7011727

仕事が相当楽しいんでしょうか。
バキバキにキマッてる目つきがヤバイ。

P7011730

エーンエーン
泣き叫ぶチビッコたち。

P7011728
P7011729

どう見てもチビッコより造形に手が込んでいるオニ。
オニ作る方が楽しかったんだろうな。

P7011733

上から様子を伺う地蔵菩薩は別注でしょうか。
今までの作風とは異なるプロのワザ。

狭い場所にギッシリ詰まったジオラマは、隅々までじっくり見たくなるほど精巧にできててめちゃくちゃ楽しい!
地獄好きは必ず訪れてみよう!


普談寺

住所: 新潟県新潟市秋葉区朝日2503
TEL: 0250-22-2439




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



信越線、羽越線、磐越線の3本が交差する鉄道の要所、新津の商店街は、「にいつ鉄道商店街」と銘打ち、あらゆるお店で鉄道のまちをアピール。アーケードの色はベージュとエンジで国鉄カラーに塗装。いたる壁面に鉄道の絵を貼り付け、ポイントに踏切も置く徹底ぶり。そんな商 ... 続きを読む
P7011577

信越線、羽越線、磐越線の3本が交差する鉄道の要所、新津の商店街は、「にいつ鉄道商店街」と銘打ち、あらゆるお店で鉄道のまちをアピール。

P7011639
P7011574

アーケードの色はベージュとエンジで国鉄カラーに塗装。
いたる壁面に鉄道の絵を貼り付け、ポイントに踏切も置く徹底ぶり。

P7011588

そんな商店街の並びにあるのが
にいつ駄菓子の駅+昭和のなつかし屋

P7011592

細い路地に一歩入ると
うわ~レトロ好きはたまんない、ホーロー看板がズラリ整列しウエルカム。

P7011598

中に入るとポスターがいろいろ。
昭和のアイドルや女優でも写ってるのかな?ってよく見ると

P7011600

Negicco!!!
新潟だからNegicco!!
こんなにたくさんのNegicco見たのはじめて。

P7011603

お店の中に入ると
おおおおお
入り口からレトログッズが出迎えてくれたよ~!

P7011634

奥行きのある店内には駄菓子がいっぱい!!
これは遠足前のちびっこはもちろん、おとなも手放しで喜ぶ夢のような空間!!

P7011606

この世で一番ウマイ食べ物だったヨーグルから、くちにくわえておとなになりきっていたココアシガレットなど、公園でよく食べてた常備食がズラリ。
近所にこうゆう店があったらいいのにな~

P7011608

店内には昭和の生活を再現したスペースもあって、買った駄菓子はここで食べることも可能。

P7011610P7011613

レトロ好きは目を輝かせて観察したい、昭和の雑貨もいっぱい展示。

P7011615
P7011617

奥には小学校の教室を再現した飲食スペースも。
給食の時間のごとく、机を寄せてテーブル席が作られている。

P7011618
P7011622

懐かしのキャラもんグッズから、自分の好みを表現する道具として使われた文房具などいろいろ。

P7011624

かわいいかき氷器

P7011629

かぶとに興奮する王子。

P7011631

これは珍しい!
浩宮さま(現在の天皇)幼少期の声が収録されたソノシート(ペラペラのレコード)
どんなお言葉が聞けるのでしょうか。

P7011532

ついでに新津の街を散策していると、気になる物件に遭遇。

P7011535

大きなマンションの1階と2階に作られた、新津ショッピングプラザ。
入り口では「いらっしゃいませ」と大文字で歓迎。

P7011537

店内のご案内を見ると、1階2階にはいくつものお店が入居。

P7011543

早速中に入ってみると、昭和を感じるポップなシャッター。
イカす!!
しかし1階の店舗はすべてシャッターが閉まっている様子。
今日は休日なのかな??

P7011545

奥にはかっこいいらせん階段が出現。
ムッシュという喫茶&レストランの看板が出てるということは営業中?

P7011549
P7011559

ステキな階段に誘われてのぼるとそこには
薄暗い吹き抜けを明るく照らすDAYLIGHT!!
こりゃかっこいいぜ!!



にいつ駄菓子の駅+昭和のなつかし屋

住所: 新潟県新潟市秋葉区新津本町3丁目7-38
TEL: 0250-27-3151
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 7日・17日・27日の平日
※土日祝日、春夏冬休み期間中は休まず営業




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



新潟市にある道の駅、新潟ふるさと村にやってきました。ここは道の駅というだけあって、食事処からおみやげまでなんでも揃い、新潟県のあらゆる観光情報を入手でき、ときにはイベントも開催され、駐車場がいつでもいっぱいになる人気スポット。駐車場の北側には、ハコモノ感 ... 続きを読む
P7011329

新潟市にある道の駅、新潟ふるさと村にやってきました。

P7011335

ここは道の駅というだけあって、食事処からおみやげまでなんでも揃い、新潟県のあらゆる観光情報を入手でき、ときにはイベントも開催され、駐車場がいつでもいっぱいになる人気スポット。

P7011334

駐車場の北側には、ハコモノ感のある時の旅人館。
ふるさと村がオープンした1991年からあるものの、テナントの出店と退店が相次ぎ、現在も休館中。

P7011465

ふるさと村の中で注目なのが、新潟の良さを全力でアピールする、アピール館。

P7011341

かなりしっかりした館内なのに入館無料。
ここに来れば新潟のすべてがわかるといってもいいでしょう。

P7011451

アピール館はエレベーターに乗って3階からスタート。
通路は、らせん状のスロープを歩きながら降りていくスタイルで、階段やエスカレーターを使わずに1階まで行けるバリアフリー構造。
すごいオシャレ!表参道ヒルズみたい!

P7011349

3階に降りたつと、ふるさと村のキャラクター、ニーフルとばったり。
でかいリボンとぱっちりおめめをした、無の表情が印象的。

P7011353

まずはじめに、新潟の観光名所を映像で紹介するシアターからスタート。
次から次へと紹介される見知らぬ名所は、遠くまで来たんだなあと旅情を感じる。

P7011378

新潟といえばやっぱり雪でしょう!
というわけでお次は雪国のシーン。
日本一の豪雪地方、新潟県は山間部だと積雪が3mを越えるところも少なくなく、長いスノーシーズンをいかに乗り越えてきたかを、リアルなマネキンを使って紹介。

P7011408

早速ここで登場するのが
アピール館最大の見せどころ
降雪体験!!
写真だとわかりにくいんだけどこれ、
屋内で雪が降ってる!!

P7011374

見上げると、かき氷器のような要領で、プロペラがグルグル回り、氷を削っているのである。
氷を削っているので、雪というよりかはみぞれに近いシャビシャビ感なんだけど、手に取れば氷から水に変わるのだ。
誰もいなくても回り続ける姿を見ると、コストは?メンテナンスは?と無粋なこともつい考えがち。

P7011389

家の中心にはいろりがあり、その周りで料理や作業などしていた風景。

P7011393

七輪でモチを焼きながら、実際に昔ばなしを聞かせてくれるおばあちゃん。

P7011407

正月におこなわれる鳥追いの祭りで、子供たちは「ほんやら洞」と呼ばれる雪洞を作り、その中でモチやみかんを食べながら遊ぶという。

P7011367

スロープの壁には新潟の歴史と文化を、時代を追いながらパネル形式で紹介。

P7011419

2階部分にあたる今度は、大正時代にタイムスリップ。
当時のモダンな建物を、狭いスペースでぎちぎちに再現。

P7011423
P7011446

たくさんの洋風建築や新しい商店が街に建ち、人々がみな高揚感に包まれる光景。
狭いスペースに等身大の街並みが再現され、作り手の本気度がうかがえる。

P7011430

新潟の象徴。
明治7年に創業したホテル&レストラン、イタリア軒も大正時代のカッコイイ姿で登場。

P7011433

現在も姿を変えながら、愛され続けて営業中。
いつの時代もイタリア軒で食事をすることは、新潟市民の憧れなんでしょうか。

P7011434

交差点では、手回し信号で「進む」と「止まる」の信号を出す光景。

P7011437

働きすぎでしょうか。
マネキンの顔は顔面蒼白。

P7011453

昭和時代になると、実際の道具や等身大の街並み、リアルなマネキンも一切なくなり、小さな模型とホログラムで昭和の生活を紹介。
今まであんなにコストをかけていたのに、急に規模が庶民的になったのは、昭和という時代背景も関係しているんでしょうか。

P7011461

外には大量の錦鯉が飼われた池もあり、エサやりもできる。
食事、おみやげ、トイレ休憩にぜひ立ち寄ってみよう。


新潟ふるさと村

住所: 新潟県新潟市西区山田2307
TEL: 025-230-3030
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 無休
入場料: 無料




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


レトロ好きの聖地激渋ホテルの最高峰みんな大好き、公楽園にやってきました。あれ?こんな外観だったっけ??なんか物足りないな~と思ったら、屋上に掲げられていた公楽園の看板が撤去されてしまったんですね。なんてこと~!!ここは宿泊もできるドライブイン。2階は宿泊 ... 続きを読む
P7011272

レトロ好きの聖地
激渋ホテルの最高峰
みんな大好き、公楽園にやってきました。

P7011276

あれ?こんな外観だったっけ??
なんか物足りないな~と思ったら、屋上に掲げられていた公楽園の看板が撤去されてしまったんですね。
なんてこと~!!

P7011278

ここは宿泊もできるドライブイン。
2階は宿泊施設になっていて、泊まりはもちろん、休憩と入浴だけでもOK。
いつから数えて25周年かわからない特別企画も開催中。
1泊2880円とはかなりお値打ち。

P7011317

1階のドライブインに入るとこんな感じ。
面積の大半はゲームコーナーになっていて、トラック野郎たちのストレスはここで発散される。

P7011312

ドライブインの一角にイートインコーナーが併設されていて、その奥に自慢の自販機がズラリ。

P7011311

自販機の上にはなにが買えるのか、メニューの看板が掲げられていてわかりやすい。

P7011307
P7011308

独特の書体も味わい深い。

P7011299
P7011298

シンプルなデザインの中に溢れるセンス。

P7011294

みんなのお目当て、カップヌードルのレトロ自販機。
このオレンジ色がかわいいよね。

P7011301

お湯を注いで3~5分間で食べられる!
カップリーナは愛あるスナック。

P7011281

そしてありました!!
自販機の列に肩を並べる、トーストサンドの自販機も。

P7011283

トーストは、ハムかチーズの2択で
価格は250円。
10円玉と500円玉が使えず、50円玉と100円玉で勝負しなければならないというギャンブル感。

P7011284

ちょうど100円玉と50円玉を持っていたので、ハムサンドを購入。

P7011285

待つこと1分。
中では一生懸命トーストを焼いてくれている。

P7011287

またたく間にゴトン!と出てきた、アルミホイルに包まれたトースト。
これがまあ持てないくらいめっちゃくちゃ熱い!!!

P7011288

なんとか触れるまでようやく冷まし、彼女のブラウスを脱がすような感覚でアルミ箔をやさしく開くと、
出たーーー!!!
こんがりキツネ色に焼かれたトーストサンドだーーー!!!

P7011292

トーストをめくると、ピンクのハムがあらわにお目見え。
ちなみにチーズサンドは、このハムがチーズに変わるだけというわかりやすさ。

P7011296661

ゲームコーナーには休憩中のおじさまがチラホラ。

P7011319

古いタイプのUFOキャッチャーも現存。

P7011322

中身はなんだろう?とのぞくと
カプセルに入ったこれってもしかして
パンティー!?
昭和が息づく公楽園。
新潟の宿泊はここで決まり。


公楽園

住所: 新潟県燕市熊森1286
TEL: 0256-97-1575




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


店内がとにかくすごい!と話題のデイリーヤマザキ新潟大島店にやってきました。パッと見、普通のコンビニとなんら変わらない見た目だけど本当なの??外で花が売ってるのが変わってるくらいでしょうか。コンビニの二重扉、風除室の中に入るとおやおや?なんだか様子がおかし ... 続きを読む
P7011522

店内がとにかくすごい!と話題の
デイリーヤマザキ新潟大島店にやってきました。

P7011521

パッと見、普通のコンビニとなんら変わらない見た目だけど本当なの??
外で花が売ってるのが変わってるくらいでしょうか。

P7011518

コンビニの二重扉、風除室の中に入ると
おやおや?なんだか様子がおかしくなってきたぞ。

P7011515

レトロ看板にちょうちんが並び
ほかのコンビニとの差を見せつける。

P7011501

コンビニのトビラを開けると
ひと目でわかる、ワクワクする雰囲気。
なんだこれ!!楽しそう!!

P7011486
P7011490P7011472P7011471

店内には手作り感バリバリのレトロなポップが踊り、昭和の商店街をイメージ。
ポップ眺めるだけでめちゃくちゃ楽しい!!

P7011468
P7011506

商品棚の頭上には、商品に関連したポップを掲げ、どこになにが売ってるのか一目瞭然。
どのコーナーも遊び心にあふれていて、じっくり観察したくなるおもしろさ。

P7011474
P7011509

お酒売り場には看板を出し、スナックを表現。

P7011489

冷蔵庫のお酒コーナーは焼き鳥屋になって、お酒が飲みたくなるよう視覚的に訴える。

P7011488

冷蔵庫の隙間からは飯島直子のやさしいお声掛けも。
くう~!!こりゃビール買って飲むしかねえっしょ!

P7011495

ペットフードコーナーにはネコの人形を置いて、買い忘れを喚起。

P7011469

生活用品コーナーには昔の広告が並び、店内のレトロ感を盛り上げる。

P7011507

玄関みたいになってるトイレを開けると、普通のトイレにつながっている。

P7011477
P7011480

とにかく空いてるスペースは埋めろとばかりに、自作のポップが飾られ見てるだけでワクワクする。
こんなに仕事を楽しんでるコンビニ、見たことない!!

P7011478

作ってる人も相当レトロ好きなんだろうな。
忠実に再現されたレトロ自販機は、魂が込められた自信作。

P7011484

こっちではレトロなハンバーガー自販機を、オリジナルにハンドメイド。
よくできてるな~

P7011496

商品の横にはちょっとした豆知識もあって勉強になる。
ふむふむ、そうだったんだ~

P7011476

なに作らせてもほんとうまいな~~~
ゆでたまごの場所には手作りのトキがいるよ~~~
トキがこんな風にどんどんたまご産みますようにってか~

P7011473
P7011481P7011494
P7011483

中にはついつい読んじゃう、クスッと笑えるビレヴァンみたいなポップも溢れ、訴求力バツグン。

P7011482
P7011485
P7011487

とにかく買ってほしい!という強い気持ちから、心のこもった自由なディスプレイが乱立。
買う方もそれを感じてついつい買っちゃう。
店ってこうあるべきだよね。

P7011491

そしてここに来たら必ず買っておきたいのがこの、
新潟大島店、自慢の逸品
大島あんぱん

P7011493

パンの宝石と称される大島あんぱんは売れに売れすぎて、今ではこうして箱入りの贈答用にまでなり、さらにオリジナル紙袋もついてくるというもてはやされぶり。

P7011497

イートインコーナーももちろん放っておかない。

P7011503

そんなに??と、わたしも購入して、すぐさまイートインで食べてみると

P7011505

ひ、ひええええええ~~~~~!!!!!
ふわっふわにやわらかい薄皮生地の中に
口に入れた瞬間とろける生クリームと
甘さ控えめのあんこが相まって
目が覚めるくらい、はしゃめちゃにうまい!!!!!
こりゃ何個でもイケちゃいますわ!!!


デイリーヤマザキ新潟大島店。
だーいすき!!


デイリーヤマザキ新潟大島店

住所: 新潟県新潟市中央区大島17-9
TEL: 025-288-0221
営業時間: 24時間





★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



新潟県魚沼市、小出の町に伝わる天下の奇祭しねり弁天たたき地蔵にやってまいりました。「しねる」とは「つねる」という意味で 、男性が女性をつねると、女性が叩いてお返しするというまつり。 それをすることで子孫繁栄、子宝祈願、家内安全、商売繁盛と、ありとあらゆるご ... 続きを読む
P6300202

新潟県魚沼市、小出の町に伝わる天下の奇祭
しねり弁天たたき地蔵にやってまいりました。

P6300207

「しねる」とは「つねる」という意味で 、男性が女性をつねると、女性が叩いてお返しするというまつり。
それをすることで子孫繁栄、子宝祈願、家内安全、商売繁盛と、ありとあらゆるご利益が授かるというわけ。

P6300300

日にちは毎年6月30日という日付指定。
場所は観音堂、弁天堂、本町通り周辺。
何時にどこでなにがあるかっていうチラシまで作られていて、めちゃくちゃわかりやすい。

P6300313
P6300312

おまつりは15時ごろからもう始まっていて、通行止めになった道路や公園では露店が並び、まつりムードを盛り上げる。

P6300371
P6300403

ローカルなまつりって規模も人出もちょうどいいんだよね。
ほとんどの人は地元の人といった感じで、わざわざ泊まりがけで名古屋から来てるなんて私くらいなもん。

P6300385
P6300410

まつりに誘われるかどうかで自分の人気度が計られる、学生にとっては重要なイベント。
学校の友達をこうゆうところで見かけると、いつもと違う一面が見えるんだよね。

P6300426

これは珍しい!
ご神体の形をかたどった、しねり弁天限定ご利益クッキー!!
ひとつひとつ手作りのため、すべて形が違うのだそう。
わたしは恋愛成就と書かれた、形の整ったスタイルのいいものを購入。

P6300308
P6300437

さらにこっちには
ご神体型のコルネ、御神棒だよ~!

P6300439
P6300441

中身はアイスクリームになっていて、ヨーグルト味とカスタード味の2択。
さっぱりした甘さで、普通にウマイ。

P6300316

17時
観音寺に行くと、
わーーー!!!
これだこれだ!!
これがご神体の金精さまだ!!

P6300322
P6300334

金精さまを観音寺から弁天堂まで運び
お祓い、お参りをおこなう開会式の準備。

P6300363

金精さまを前に、粛々とお祓いとお参りがおこなわれる。

P6300365

その会場がスーパーの駐車場というのもほほえましく、心が温まる光景。

P6300367

参加者やお祭りに来ている人はこうして、顔に色を塗って気分を高める。
緊張感の中にも和やかな雰囲気。

P6300419
P6300420

牧歌的な街のエライ人もお立ち台に上がり、おごそかに進む開会式。
ローカルな祭りなのに、重要なポジションから参加している人まで、ほとんどの人が若者っていうのがスバラシイな。

P6300523
P6300507

一方そのころ、まつり会場では地元のおとなやちびっこたちによるダンス大会が開催中。
見に来てる人の中には友達や親戚が踊ってるって人も多いんだろうな~

P6300525

18時ごろになりますと、いよいよまつりのメイン
金精さまが決まったコースをぐるりと練り歩くパレード開始!

P6300526

しかも!しかもですよ!
来ている人だれでも、金精さまにまたがることができる!!
これはうれしい!!!
もちろんわたしも力強く手を挙げ、乗せてもらいました。
やったね!!

P6300527

しかもしかもこのパレードは
人を乗せたまま練り歩くんだって!!
ひゃっはーーー!!!
なにこのアトラクション!
最高に楽しいな!!!
しっかりしめ縄に捕まってないと、振り落とされっぞ~!!

P6300580

みんな乗りたいから入れ代わり立ち代わり、
おとなもこどもも、ここぞとばかりに金精さまにおまたがり。

P6300584

パレードは数メートル進むと数メートル戻り、同じ場所を行ったり来たり。
それほど長くない道だから、何度も往復して噛みしめるように練り歩く。

P6300554

しばらくすると今度は、金精さまを中心に輪になり、音頭に合わせて踊りながらぐるぐる回る。

P6300546

なにこの平和すぎる祭りは。
最高の多幸感を感じて、ジーン。

P6300596
P6300609

そして踊りが終わればまた人びとがまたがり、パレードが再開。
この繰り返し。

P6300617

19時
このまつりのキーパーソンといえる、街の新婚さんが登場。
出会いからこどもの希望人数まで、あらゆる情報を見物客の前でさらされる。

P6300649
P6300626
P6300622

そしてまた人びとが金精さまにまたがり



金精さまを中心に、街の人々が踊り狂う。
なんてイイまつりなんだ。ウットリ。

P6300675

忘れちゃいけない
しねられたら叩き返すというご利益チャンス!
しねってご利益
叩いてご利益

P6300722

19時45分になると今度は、さっき紹介された街の新婚さんが金精さまに乗ることに。



新婚さんを中心にまた、
しねってご利益!
たたいてご利益!
何度も何度も歌って踊るから、気づけば口ずさんでしまうレベルで中毒性あり。

P6300753
P6300758

まつりもいよいよクライマックス!!
新婚さんたちを乗せた金精さまが、弁天堂へ婿入りのシーンへ!!

P6300768

大きな輪っかのしめ縄を女性に見立てて、金精さまがインサート!!

P6300778

しかしまた金精さまは、進んだり戻ったり、先だけ入ってはまたもとに戻ったりと、なかなかフィニッシュに至らない仕組み。
じらすよね~。



そして何度目かの挑戦で、ついに感動のゴーーール!!!
おめでとうございまーーーす!!

P6300802

まつりの最後はみんな大好き!
も ち 投 げ !!

P6300824

わたしもなんとか餅ゲット。
やった!!



しねり弁天たたき地蔵もいよいよフィナーレへ。
最後はやっぱり踊りで〆。
あー楽しかった!!!
みんなも泊りがけで見に行ってみよう!


しねり弁天たたき地蔵

場所: 新潟県魚沼市本町
日時: 毎年 6月30日




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



JR小千谷(おぢや)駅にやってきました。小千谷市は錦鯉の生産で有名な街ということで、駅前にはわあああ!!かわいい!!!錦鯉だーーー!!!すごい!!駅前にオブジェじゃない、実用性のある街のシンボルを作れば、ひと目でこの街はなにで有名かわかるもんな~駅前に作 ... 続きを読む
P7011100

JR小千谷(おぢや)駅にやってきました。

P7011108

小千谷市は錦鯉の生産で有名な街ということで、駅前には

P7011109

わあああ!!かわいい!!!
錦鯉だーーー!!!
すごい!!
駅前にオブジェじゃない、実用性のある街のシンボルを作れば、ひと目でこの街はなにで有名かわかるもんな~
駅前に作るものとして完璧な成功例!!

P7011110

しかも1匹どころじゃない!!
何匹もいるじゃん!!

P7011128

錦鯉の正体は、地下道へと続く出入り口。
鯉のクチや尾びれがうまい具合に出入り口になってるというわけ。
めちゃくちゃイイね!!

P7011137
P7011111

錦鯉の中に入るとこんな感じ。
カラダの一部は窓になっていて、窓ガラスはこんな感じに、ウロコの色にあわせて色がついている。
光にあたるとすごくキレイ~!!

P7011122

タイルには小千谷市の花、すいせんが描かれていて、錦鯉の華麗さと相まってエレガントな雰囲気。

P7011134

自転車置き場の壁はもしかしてこれってウロコじゃない!?!?
これは感激!!すばらしすぎる!!!

P7011143

錦鯉は全部で3匹。
それぞれ色や形が違っていて、オーダーメイドで作られているのがよくわかる。

P7011156

この錦鯉の横にある芝生の部分見てよ~
ウエーブがかってて波をあらわしてるじゃん!!
デザイン性抜群!!

P7011157

こちらもカラフルな窓が非常に美しい。
ここって当然、小千谷市の観光名所なんだよね??

P7011164

地下道はこんな感じで意外とシンプル。
まだまだ手を加える余地充分。
これからに期待したくなりますね。

P7011169
P7011165

壁にはタイルで雪ん子や、小千谷名物の牛の角突きが描かれている。

P7011184

駅から道路を挟んで
3匹目は紅白のツートンカラー。

P7011207
P7011208
P7011210

錦鯉の街の駅前に錦鯉の地下道作っちゃうなんて、理想的な駅前開発。
ほかの街もキレイなロータリーとか、意味不明なオブジェとか作ってないで、小千谷市を見習ってほしいものですね。

P7011197

わざわざでも立ち寄りたくなるフォトジェニック地下道。
近くに行ったら必ず写真におさめよう。


小千谷駅

住所: 新潟県小千谷市東栄1丁目1-1




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



テレビで話題になったパンダの遊具を見にやってきました。川口運動公園です。この広い運動公園の中にある川口きずな館その奥に広がるピクニック広場へなんですか!?この美しい場所は??ゴルフ場ですか??美しすぎる公園の一角、シュッとした木の根元に問題の遊具がありま ... 続きを読む
P7010875

テレビで話題になったパンダの遊具を見にやってきました。
川口運動公園です。

P7011088

この広い運動公園の中にある
川口きずな館

P7010882

その奥に広がるピクニック広場
なんですか!?この美しい場所は??
ゴルフ場ですか??

P7010886

美しすぎる公園の一角、
シュッとした木の根元に問題の遊具がありました。

P7010890
P7010891

メリーゴーラウンドのウマみたいな珍しい形のブランコ。

P7010892

木陰には小さな遊具がチラホラ散らばり
その中に

P7010921

いたーーー!!!
笹に噛みつくパンダいたーーー!!!


P7010926

どんだけ貪欲なんだよ??
笹の葉だけでは飽き足らず、竹そのものにガシガシかじりついているパンダ。
一点を見つめながら根こそぎいってやろう、そんな強い意志が感じられます。
ああ恐ろしい。

P7010927

パンダってこんな、硬いもの食べれそうな歯、あったっけ??
でも見れば見るほど惹きつけられる、不思議な魅力を備えています。

P7010947

隣にはもう少しリアルを求めたパンダも。

P7010934

しかしその目つきは近々豹変し、次はワシがイッてやろうと竹を狙っている様子。

P7011034

ほかにもいろんな動物の遊具が散らばる

P7010949

動物の隙間にポップでかわいい遊具も。

P7010984

あさっての方向を向いてるリス

P7010977

ぬめり感のあるかたつむり

P7011024

サルの集団もいた。

P7010993
P7010995

遠い目をしたサル。
独特の表情が憎めない。

P7011019

こっちはちょっと小さめだから、親子かな??

P7011002

なにかを訴えるような目をした、いい顔のサル。

P7011003

広くてキレイでめちゃくちゃいい公園なので、みんなもパンダに会いに行ってみよう!


川口運動公園ピクニック広場

住所: 新潟県長岡市川口中山1441




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



ずっと行ってみたかったんだよね。佐渡ヶ島なんてったって、佐渡ヶ島にしかないマニアックなスポットがいっぱいあるから!というわけで、今回ご紹介するわたしの佐渡ヶ島めぐりは、普通の旅行はもう飽きた…という旅行上級者のみなさんにおすすめします。まず知っておいてほ ... 続きを読む
ずっと行ってみたかったんだよね。
佐渡ヶ島
なんてったって、佐渡ヶ島にしかないマニアックなスポットがいっぱいあるから!
というわけで、今回ご紹介するわたしの佐渡ヶ島めぐりは、普通の旅行はもう飽きた…という旅行上級者のみなさんにおすすめします。

まず知っておいてほしい大事な事前情報。
佐渡ヶ島、めちゃくちゃ広い!
だって島でしょ?と侮るなかれ、佐渡ヶ島の広さは東京23区より広いんです。

P7055474

次の目的地まで10~30km余裕である。
なので
最低でも2泊3日
レンタカーで回る

のが絶対オススメ!
※バスもあります。
これだけは肝に銘じておこう!

P7022506

レンタカーは両津港のそばで借りれます。

≪佐渡ヶ島へ行こう!≫

P7022512

佐渡ヶ島へ行くには佐渡汽船に乗ろう!


P7022513

船の中はびっくりするくらい豪華で、まるで高級ホテルみたい!

P7055498

佐渡ヶ島までは2時間半の船旅。
でも船の中では楽しいエンタメがいっぱいあるから、2時間半なんてあっという間!
詳しい船旅の様子はこちら↓


≪佐渡ヶ島に到着!≫

P7022880

今回お世話になった宿は金沢屋旅館さん。
ここ、控えめにいって最高でした!!
建物はなんと、明治39年に作られた元遊郭!!
このあたりには昔、遊郭が並び、毎晩お祭りのような賑わいだったんだとか。

P7022886

旅館の中にはお宝がいっぱい!
これらは遊郭時代に使ってたものなどで、どれも貴重なものばかり。
旅館のご主人が丁寧に解説してくださって、めちゃくちゃおもしろかったな~

P7022946

さらにさらに、裏庭からは新潟県最大の湖、加茂湖の絶景!!
しかもそこに来るウミネコを呼んで、エサやりをさせてくれました。
感動~~~!
詳しい記事はこちら↓


≪今回行ったマニアスポット≫

●佐渡歴史伝説館

P7033510

ハイテクロボットが佐渡の歴史を紹介する佐渡歴史伝説館。
なんといっても見どころは、ロボットたちのリアルすぎる表情!

P7033563

シーンごとに佐渡ゆかりの人物が全身を使って語るんだけど、顔や手の動きがリアルすぎて、まるで生身の人間みたい!
すごいすごいと感心しすぎて目が釘付け。
詳しい記事はこちら↓


●うさぎ観音

P7033966

うさぎへの感謝と、うさぎを見守るため、そしてなにより、うさぎ観音を見に佐渡ヶ島を訪れる人が増えるようにと作られたうさぎ観音。
夜には目が赤く光るというギミックを備える、いま注目のスポット。

P7033980

うさぎ観音の周りには、本物のうさぎも放たれていて、めちゃくちゃかわいい。
詳しい記事はこちら↓


●尖閣湾揚島遊園

P7044330

風光明媚な景勝地、尖閣湾を存分に楽しめる尖閣湾揚島遊園。
ここでは雄大な岩肌を、上からはもちろん、船に乗って下から眺めることもできる。

P7044281

特に注目なのが、遊園内にある水族館では、全国でも珍しい
イカの遊泳が見える!!
これは地味にスゴイことなので、ぜひとも生で見てほしい。

P7044348

さらに遊園内の空きスペースには、顔ハメパネルが大集結。
しかもどれも珍しいタイプばかりで、パネル好きはハメずにいられない。
詳しい記事はこちら↓


●旧相川拘置支所

P7044779

佐渡金山が盛んだったころの繁華街、京町通りに、昭和29年から47年まで使用された拘置所。
どこを撮ってもフォトジェニックな素晴らしい空間。
レトロ好きな人は必ず楽しめる穴場的スポットです。
詳しい記事はこちら↓


●パワースポットめぐり

P7033762

歴史ある神社仏閣で、珍しいご神体に出会えるのも佐渡の魅力。
ガイド本ではあまり紹介されない、隠れスポットめぐりも楽しい。

P7033905

こちらのご神体は重さなんと3トン!!
長さ5m、周囲4.7m、エネルギーに満ち溢れているその姿は、触れるだけでパワーもらえます。
詳しい記事はこちら↓


P7045127

台座を含めると高さ17.5m、遠くからでもよく見える
日本一大きなお地蔵さま、幸福地蔵。

P7045207

佐渡の大神楽舞楽、つぶろさしをあらわしたご神体が奉納されている神楽湯神社。
東京の新島と、イタリアのリパリ島の2か所でしかとれないコーガ石という軽石で作られた大変貴重なもの。

P7045246

こちらはヒフを守ってくれる神様が祀られた瘡森(かさもり)社
子宝、安産にご利益があるとされる「おさすりさん」があることでも有名。
これらの詳しい記事はこちら↓


≪必ず押さえたい有名スポット≫

マニアックなスポットばかりじゃございません!!
初めての佐渡ヶ島、もちろん定番ともいえる有名スポットも行ってきました。

●宿根木

P7033242

北前船の寄港地として発展した小木港の近く、迷路のような細い路地に、美しい屋根と板壁の民家が密集する小さな集落、宿根木。

P7033312

船板などを板壁に利用し、船大工の技術を結集した街並みには、民家が100棟以上密集し、その街並みは国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されている、必見のレトロスポット。
詳しい記事はこちら↓


●たらい舟に乗る

P7033370

佐渡ヶ島の名物アクティビティ
たらい舟は必ず体験しておきたいところ。

P7033458

今回は宿根木のそばから乗れるはんぎりさんでたらい舟体験!
一緒に看板犬のアスティまで乗船してくれて、最高に楽しい思い出ができました!
詳しい記事はこちら↓


●トキの森公園

P7033746

佐渡といえばやっぱりトキ!
トキの歴史や繁殖について学べるのが、トキの森公園内にある、トキ資料展示館。

P7033711

さらに、トキふれあいプラザでは実際にトキを間近で見ることもできる!
これは興奮!!
詳しい記事はこちら↓


●佐渡金山

P7044511

佐渡と言ったら、是が非でも行きたい佐渡金山。
佐渡金山跡では実際の坑道を使って、採掘の様子をマネキンで再現。
その姿がリアルで、しかも動くんだからスゴイ!!

P7044666

ほかにも採掘当時に実際に使われていた機械やトンネルなど、レトロ好き、重機好き、産業遺産好きにはたまらない空間。
じっくり時間をかけて散策するのがおすすめ。
詳しい記事はこちら↓


●北沢浮遊選鉱場跡

P7045015

佐渡金山周辺には、金山に関わる多くの遺跡が現存。
その独特の雰囲気と迫力は、廃墟好きはもちろん多くの人を惹きつける魅力があります。
詳しい記事はこちら↓


≪おすすめのお食事処≫

P7034048

食事は日本海側に来たらやっぱり食べたい!はちゃめちゃにうまいお寿司!
佐渡ヶ島でおすすめは、回転寿司のツートップといわれるまるいしさん弁慶さん。

IMG_20190704_171019

これが腰抜かすほどべらぼうにうまい!!
地元で食べるサカナとはまったく味が違う!!
しかも安いんだからたまんないね!! 
遅い時間まで営業してるので、時間にしばられないところも良い。
結果、2日連続で食べに行きました!

佐渡ヶ島、今回は3泊4日(観光は丸2日間)で訪れました。
これだけめぐってもまだまだ行き足りない場所がいっぱいあって心残り。
みんなもぜひこれを参考に、佐渡ヶ島行ってみてね。
楽しいから~!!


すしやまるいし

住所: 新潟県佐渡市泉小又1031-1
TEL: 0259-63-3066
営業時間: 11:00~14:30 16:30~21:00
定休日: 水曜日



弁慶 佐渡本店 

住所: 新潟県佐渡市東大通833 
TEL: 0259-52-3453
営業時間: 10:30~21:00
定休日: 火曜日




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



佐渡といえば佐渡金山。佐渡金山のある相川には、明治から昭和初期に掛けて、佐渡金山の製錬、選鉱を行っていた場所がいまでも産業遺産として残されていて、それらは無料で誰でも見ることができる。というわけでやってきました。こちらが産業遺産のひとつ、北沢浮遊選鉱場跡 ... 続きを読む

P7045085

佐渡といえば佐渡金山。
佐渡金山のある相川には、明治から昭和初期に掛けて、佐渡金山の製錬、選鉱を行っていた場所が
いまでも産業遺産として残されていて、それらは無料で誰でも見ることができる。

P7045015

というわけでやってきました。
こちらが産業遺産のひとつ、北沢浮遊選鉱場跡というところです。

P7045076

昭和10年代に建設・増強されたもので、もともとはこうゆう工場の形をしていたんだけど
現在はコンクリートの骨組みだけ残ってる状態ってことね。

P7045028

奥行は80mもある超巨大施設。
ここでどんなことをやっていたか?は、マニアックすぎてわからないので
とにかくこの見た目よ見た目。
見た目が大事なんだから。

P7045001

男の子ってこうゆうの好きなんでしょ??
コンクリートむき出しのロックな質感に
ヒビ、サビ、ツタが雰囲気を盛り上げる。

P7045029
P7044995

廃墟好き、土木好き、産業遺産好きはたまらないのでは??
こうゆう施設って結構離れた場所からしか見れない場所が多いんだけど、
ここは中には入れないものの、かなり近くまで行けるのも魅力。

P7045024

明治時代に建てられた火力発電所発電機室棟。
レンガ造りでかっこいい作り。

P7045033

川を挟んで選鉱場の対面にも、まだまだ工場遺跡群は広がっていてとにかく広い。
ああ、工場跡地にイオンが建たなくて本当によかったなあ。

P7045042

こちらは鋳造工場跡。
といわれても残ってるのこれだけだし、
なにをどうしていたのかわからないので
ただただ経年劣化したコンクリートの良さを眺める。

P7045062

直径50mのシックナー
泥鉱濃縮装置というものらしい。
詳しいことは各自ググッてください。

P7045070

シックナーのある側の広い敷地には、こんな風に工場が建っていた。

P7045071

選鉱場の方と合わせるとこう。
とにかくべらぼうに広い。
やろうと思えば余裕でショッピングモールと映画館が作れる広さ。
まじ、できなくてよかった。

P7034116

さらに選鉱場跡では、夜になるとライトアップまでしてる!
ということで見に行ってみました。

P7034075

おおおおお!!!すごい!!!
巨大建築に暗さが増すことで、凄味すら感じる~!!

P7034072

赤、青、黄色、緑など
いろんな色に次々変わって幻想的~

P7034090

このだだっ広い空間で巨大建築を目の前に、見ているのはわたしだけ。
いいの??こんなスバラシイ空間、独り占めして本当にいいの??

P7034105

時にビカビカ点滅し、カラフルなレインボーカラーにも変化。
こんなに美しいのになんでみんな来ないの??
カップルで来たら最高にロマンチックじゃない?



それではライトアップの様子を動画でご覧ください。

P7045117

それからついでに見てほしいのがココ。
選鉱場跡のすぐそばにある大間港跡。
佐渡金山の鉱石や資材の搬出入を目的に、明治時代に作られた人工の港なんだって。

P7045098

現在は橋の一部や橋脚しか残ってないんだけど、もともとはこんな感じ。
こうした当時の写真もあわせて見られるのってありがたいよね。

P7045100

見る角度で橋脚や台座の見える位置がどんどん変わる不思議な光景。
自然のトリックアートみたい。

P7045106

廃墟、土木、産業遺産好きは必ず訪れよう!


北沢浮遊選鉱場

住所: 新潟県佐渡市相川北沢町3-2

 

大間港跡  

住所: 新潟県佐渡市相川柴町16




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



鉱山関係者の住居や多くの商店が軒を並べた、鉱山盛期の繁華街、京町通り。細い路地の両側には、歴史のありそうな家々が立ち並びレトロ好きはじっくり味わいたい、雰囲気のある街並み。古民家の中にはおしゃれなカフェや食事処になってるお店もあって、時間をかけてのんびり ... 続きを読む

P7044750

鉱山関係者の住居や多くの商店が軒を並べた、鉱山盛期の繁華街、京町通り。

P7044754

細い路地の両側には、歴史のありそうな家々が立ち並び
レトロ好きはじっくり味わいたい、雰囲気のある街並み。

P7044769

古民家の中にはおしゃれなカフェや食事処になってるお店もあって、時間をかけてのんびりしたいところ。

P7044761
P7044766

こちらは佐渡金山元鉱山長の住宅をリノベした
映画と一緒にカフェが楽しめるお店。
ときめくほどめちゃくちゃおしゃん。

P7044778

そんなおしゃれストリートの途中にあるのが
今回の目的地、旧相川拘置支所。

P7044779

いかにもフォトジェニックに生い茂ったツタが最高にエモい。
廃墟好き、レトロ好きじゃなくてもこれは気になるのでは。

P7044966

この建物は昭和29年に開設されたもので昭和47年まで実際に使用されていたもの。
現存する木造の拘置所としては全国的にも珍しく、外観、内部ともほぼ当時のまま残されている貴重なもの。
それでは早速入ってみよう。

P7044791
P7044792

中は白とグレーを基調としたシンプルな作りで、木造なのにぬくもりを感じない殺風景な雰囲気。

P7044798
P7044806

広々とした部屋は事務所。
中庭は収容者が運動などに使用するため、保安上、中庭に面した窓には鉄格子が設置されていた。
また、中庭には当時小さな池が作られていて、職員が鯉や亀にパンくずを窓越しにあげていたことも。

P7044813

ここは支所長室。
応接セットや金庫が置かれていたり、
鍵や備品を厳重に管理していた部屋。

P7044816

職員や来客の為に使っていた湯沸室。
嫌いな上司のお茶には、ぞうきんの絞り汁とか入れてたんでしょうか。

P7044834

古くてかっこいいスイッチ

P7044841

面会室では亀甲網(ウサギ小屋のような網)を隔てて、1日2回まで、30分以内で面会ができたという。

P7044850

トイレは小便器と和式便所が1つずつ。

P7044855
P7044857

まるで牢屋のような薄暗い無の空間は書庫。
庫内に隠れるのを防ぐため、トビラは表面をブリキで覆い、
簡単に手がかけられないような配慮がされていた。

P7044862
P7044868

炊事は刑務所で刑が確定した受刑者がおこなっていた。
残されているかまどなどは、当時実際に使っていたもの。
通常は質素な食事だったのが、正月三が日だけは餅や白米が出され、誰もがテンションアガッたという。

P7044879

こちらは入浴場。
通常は左側の浴槽に入り、右側の浴槽は上がり湯や洗面に使い、カラダを入れることはできなかったという。
入浴は1週間に2回、時間は15分と決められていた。

P7044876

入浴時における注意事項は当時のまま。

P7044953

そして、拘置所一番の見どころ、
居房棟。
1名定員の独居房が6室、
3名定員の雑居房が3室、
医務室があり、最大で18人が収容可能。
中央部の天井には明かり取り用の窓があり、房内に光を取り入れることができ、ここだけ明るい雰囲気の空間。

P7044928

ひとり用の独居房。
約3畳ほどの広さで1名定員。

P7044935

房内にはほうき、ちりとり、ヤカンや湯飲みなどの備品や、
布団、座布団、座卓が置かれていて、手前は畳敷きであった。

P7044900

こちらは約6畳ほどの広さに3名まで入れる雑居房。
炊事や軽作業をおこなう刑務所の受刑者は、朝早く起床して炊事作業にかかるため、ほかの収容者に配慮して、炊事場に近い雑居房に入っていた。

P7044924
P7044905

扉の上部には、収容者の番号を示す木札が掲示。
在室していない場合は、出廷中や接見中という表示もされ、空室でも収容者がどの状態でいるのかすぐ確認できるようになっていた。

P7044899

足元にある小窓は配膳口。
食事を差し入れる窓口で、現在は腰の高さに変わっているという。

P7044944

トビラの横で飛び出しているのは、報知器。
看守に要件があるときに知らせるもので、中から押しボタンを押すと、出てくる。

P7044968

誰でも無料で自由に見学できて
なによりほかの名所に比べて、観光客が少ない静けさが、ゆっくり見学できて最高に落ち着くんだよね。
穴場的なスポットで、レトロ好きにオススメです。


旧相川拘置支所

住所: 新潟県佐渡市相川新五郎町24
開館時間: 9:00~17:00




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


マネキン好きのみなさん、お待たせしました!!動くマネキンに会える、マネキン好きあこがれの場所!!佐渡金山にやってまいりましたよ!!やったーーー!!!!!まず、佐渡金山に入る前に大切なこと。佐渡金山には2つのコースがあり江戸初期の手掘り坑道跡が見学できる宗 ... 続きを読む

マネキン好きのみなさん、お待たせしました!!
動くマネキンに会える、マネキン好きあこがれの場所!!
佐渡金山にやってまいりましたよ!!
やったーーー!!!!!

P7044360

まず、佐渡金山に入る前に大切なこと。
佐渡金山には2つのコースがあり
江戸初期の手掘り坑道跡が見学できる宗太夫(そうだゆう)坑と
明治に入って近代化された坑道や鉱山設備が展示されている道遊(どうゆう)坑
がある。
動くマネキンがいるのは宗太夫(そうだゆう)坑だけ
なんだけど、せっかく佐渡に来たんだし、両方じっくり見ようじゃないの!
ということで共通券を購入。

P7044363

まず最初に、動くマネキンがいる宗太夫(そうだゆう)坑へ。
佐渡金山もほかの鉱山系スポットと特に変わらない
こういった昔の坑道を使って、左右にマネキンを置き、当時の採掘の様子を再現するスタイル。

P7044366

でもしかし、佐渡金山はその本気度が違う!!
とにかくマネキンの数がすごくて、その数70体!!
しかもそのすべてのマネキンの表情が、めちゃくちゃリアル!!
一体一体じっくり見ながら、作った人の情熱をぜひ感じてもらいたい。

P7044375

マネキンは、ワンシーンに5~6人登場すると
それぞれどこかが動いてたり、動いてなかったり。

P7044376

その動きも、大きいものから、ふり幅の小さいものまでさまざま。
どこが動いてるのか隅々まで探すの楽しい~!!

P7044382

こっちではハンドルを回しながら、水をくみ上げる作業中。

P7044390
P7044387

働きすぎなのかな??
この、遠くを見つめる目、最高じゃない??
お疲れ様って声を掛けたくなるよね。

P7044395P7044406

あっちでもこっちでも一生懸命労働中。
それぞれが違う動きをしてるからめちゃくちゃ見ごたえある。
ひとりひとりの働きぶり、ちゃんと見てあげよ?

P7044414

こっちでは誰が動いてるのかな~??ってよーく見ていると

P7044418

この人の右手が、ほんの数センチ動いてるだけ!!
細かい動きひとつも見逃してはならない。

P7044426

こっちでは風を送ったり、明かりを灯したりしてる人。

P7044437

マネキンの後ろ姿しか見えなかったり
遠くでよく見えなかったりと
展示とは思えないリアルの追求ぶりに脱帽。

P7044445

ここでは休憩をしている場面。

P7044466
P7044463

近づくとウイイイイイーーーンと首を90度動かし
「早く外に出て酒を飲んで、馴染みの女にも会いてえなあ」とつぶやくシーン。
おじさんと目が合い、思わずドキッ!

P7044478

坑道がどんどん深くなると水をくみ上げる大きな道具が使えず、人力で1杯1杯くみ上げるように。

P7044479

このマネキンの表情が悲壮感漂っててめちゃくちゃイイ!!
この人こんなにがんばってるんだから、わたしもがんばらなきゃ!
って元気、もらえます。

P7044511

坑道はアリの巣のように三次元に広がり、坑道をのぞくと奥の奥の方までマネキンが見える。
実際は同じ坑道を別の角度から見てる構造になってるらしいんだけど、角度が変わるともうどれが誰だかわからない。

P7044513
P7044519
P7044525

マネキンをもっと近くで見たいけど、
暗い、遠い、顔が見えない。
それでもいい、だって採掘作業のリアルを伝えたいから。

P7044534

こっちでは誰が動くんだろう??とじっと観察していると、奥の人の腕が動いた!

P7044545

と思ったら、手前のおじさんがこっち見たー!!

P7044577

最後、いよいよクライマックス!!
広いホール状の空間では、鉱物を大量に含んでいる場所=富鉱帯を発見したお祝いをしている場面。

P7044580

棚の上では、にわかせんぺいのお面のようなものをつけた人たちが
「やわらぎ」という、硬い岩盤が少しでもやわらぐようにと祈る神事を催し中。

P7044613
P7044592

マネキンエリアを抜けると、採掘道具や相川の街の生活をジオラマで再現。

P7044584

こうゆうの、それぞれみんな違う動きをしていて、見入っちゃうんだよな~

P7044590
P7044586

やっぱりついつい探しちゃいます、お色気シーン。
平凡な生活に、欠かせないスパイス。

P7044610

小さな窓から取り出すと記念品がもらえるという、純金延べ棒チャレンジコーナーも。
欲深いちびっこたちが、列をなして挑戦する様子。

宗太夫(そうだゆう)坑はここで終わり。
続いては、道遊(どうゆう)坑へと進んでみよう。

P7044622

道遊(どうゆう)坑は、明治に入って近代化された坑道や鉱山設備を展示。
こっちには特にマネキンがおらず、ただただひたすらトンネルが続くだけの空間。

P7044626

トンネル内には線路跡が残り、こっちではフォトジェニックな写真が撮れる。

P7044636
P7044666

おおお
めちゃくちゃいいじゃん。
こっちは宗太夫(そうだゆう)坑に比べて人通りが少なく
時間をかけてじっくり写真が撮れるのもうれしい。

P7044711

外に出ると見えてくるのが、パッカー!と頂上が割れた山。
道遊の割戸と呼ばれていて、佐渡金山の中でも開発初期の採掘地とされる江戸時代の掘り跡。
巨大な金脈を掘り進むうちに山がV字になって、山頂部の割れ目は幅約30m、深さ約74m。
人力であれだけ掘ったってシンプルにすごいな。

P7044715
P7044724

そのほかにも佐渡金山に関連した遺産があたりにはゴロゴロしていて
どこもかしこもフォトジェニック!
佐渡ヶ島に来たらここだけはなんとしてもはずせないっしょ!!


佐渡金山

住所: 新潟県佐渡市下相川1305
TEL: 0259-74-2389
営業時間: 4月~10月 8:00~17:30
       11月~3月 8:30~17:00
定休日: 無休




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


佐渡ヶ島の北西あたりにある尖閣湾は、風光明媚な景勝地として国定公園にもなっている有名観光スポット。尖閣湾をじっくり楽しむのにオススメなのが、尖閣湾揚島遊園。バスツアーや修学旅行などで必ず予定に入ってくるほど有名な観光地であるここは、入り口出口をおみやげコ ... 続きを読む

P7044149

佐渡ヶ島の北西あたりにある尖閣湾は、風光明媚な景勝地として国定公園にもなっている有名観光スポット。
尖閣湾をじっくり楽しむのにオススメなのが、尖閣湾揚島遊園。

P7044152

バスツアーや修学旅行などで必ず予定に入ってくるほど有名な観光地であるここは、
入り口出口をおみやげコーナーで完全包囲。
買い逃したとは言わせないシステムを抜けると

P7044245

おおおおお!!
スゴイ!!なんだこの景色は!!
このゴツゴツした岩肌は大昔の火山活動でできた岩石が、雨や風、波によって浸食されてできたもの。
周りの観光客が「福井の東尋坊みたい。」って言ってたけどまさにそんな感じ。

P7044231

でも福井の東尋坊は岩の上からしか確か見えず、
こうして対岸から眺めることはできなかった気がするので
こっちの方が見応えはあるのでは。

P7044235
P7044242

すごい、視界めいっぱいに広がる大自然。
こんなところが日本にあったなんて。
人間のチカラでは作れない景勝美を見せつけられ、震えるほど感動。

P7044358

岩の上からでも海の透明度がわかるってすごくない?
めちゃくちゃキレイだな~

P7044154

ここでは尖閣湾の雄大な景色を下から眺めることができる船、海中透視船も15分間隔で運航中。
せっかくなので乗ってみよう。

P7044162

船内は窓からただ眺めるだけじゃなく
船底がガラスになっていて、海の中も見ることができる!!

P7044181

浅瀬のところは結構ハッキリ魚が泳いでるのが見える~!!
おもしろいなこれは。

P7044159

さらに、船に集まるウミネコにエサをあげることもできて
ウミネコのチャオチュールこと、かっぱえびせんも常備。
気が効く~!

P7044179
P7044184

下から眺める岩肌もまた迫力があって美しい。
船の中では懐かしい音声がガイドしてくれているので、見どころもおさえられ存分に満喫。

P7044187
P7044192

景色も見て、時には船底から海も見てと
なにげに忙しいのがまた楽しい、あっという間の15分間。
尖閣湾堪能した~!!

P7044252

さて、続いては尖閣湾揚島遊園内にある水族館を見てみよう。

P7044283
P7044269

館内はコの字型の作りで、壁沿いに水槽が並び、スッキリとした作り。

P7044286
P7044261

水槽の中はサカナ以外なにもない、イケスのようなシンプルな作りで、
余計な装飾や解説に気を取られない、サカナだけを集中して観察することができる。

P7044288

おさわりコーナーでは
定番のヒトデやナマコのほかに、ウニやサカナまで触らせてくれるサービスあり。

P7044278

特にココで一番見てほしいのがコレ。
イ カ !!

P7044297

イカって実は、水族館ではなかなか見られない。
というのもイカを水槽に入れると
●すぐ死ぬ
●死ななくても共食いして死ぬ
●生き延びてもせいぜい1年で死ぬ


P7044281

じゃあなんでここにはこんなにイカがいるのか?というと
釣れたらその都度入れ替えてるから。
近くにイカの漁場があるからこそできるというわけで、
イカが釣れない日が続くと、数も減ってしまうんですね。

P7044276

しかもイカは季節によって種類が変わり、1年中イカが見れるという。
こりゃすごいな!!
1月下旬~4月上旬はヤリイカ
4月上旬~9月下旬はスルメイカ
9月下旬~1月中旬はアオリイカ

がいるそうだよ。

P7044295

ほかのサカナも入れ替わりが激しいんでしょうか。
いつメンバーチェンジしてもいいように、いろんなサカナの解説が片隅でスタンバイ。

P7044316

水族館の2階は民具資料館。

P7044317

それとここ、尖閣湾揚島遊園は、映画「君の名は」のロケ地になった!
というわけで、その当時のロケ写真も展示。
※2016年に大ヒットした「君の名は。」とはまったく関係なし。

「君の名は」は、1952年にはじまったラジオドラマが始まりで
当時の女性たちは誰もが夢中になったという超大人気ヒット作。
次の年には映画化され、そのロケ地がココってわけ。
主人公の「まちこ」がストールを頭に巻く巻き方を「まちこ巻き」って呼ぶのはココからだって。
そうなんだ~!!!

P7044324

全国でもここにしかないのでは??
たらい舟の遊具があるよ!
これは楽しい。

P7044348

さらに遊園内の空きスペースには
怒涛のごとく、顔ハメパネルが整列。

P7044335

シニア層のマダムはもれなく憧れた、まちこになれる顔ハメ。
まちこが頭に巻いてるストールの巻き方が「まちこ巻き」ね。

P7044339

佐渡ヶ島名物、たらい舟の顔ハメなんて珍しいな~

P7044340

佐渡ヶ島でたびたび水揚げされるダイオウイカの顔ハメも。
2014年には4mのダイオウイカが定置網にひっかかったのだそう。

P7044330

珍しいものづくしの尖閣湾揚島遊園、
佐渡ヶ島の旅程に必ず組み込んでおこう。


尖閣湾揚島遊園

住所: 新潟県佐渡市北狄1561
TEL: 0259-75-2311
営業時間: 8:30~17:00 ※季節によって変動
定休日: 無休




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


佐渡ヶ島に、巨大なうさぎの観音像があるんだって!というわけで、うさぎ観音があるという長谷寺(ちょうこくじ)にやってまいりました。まずは重厚感のある山門の中をのぞくと歴史のありそうな仁王像がウエルカム。筋肉隆々、力強いいでたちながらもつぶらな瞳からやさしさ ... 続きを読む

P7033910

佐渡ヶ島に、巨大なうさぎの観音像があるんだって!
というわけで、うさぎ観音があるという長谷寺(ちょうこくじ)にやってまいりました。

P7033917

まずは重厚感のある山門の中をのぞくと
歴史のありそうな仁王像がウエルカム。

P7033923

筋肉隆々、力強いいでたちながらも
つぶらな瞳からやさしさがにじみ出ていますね。
こうゆう男性が理想的でしょう。

P7033929

山門をくぐると、じぇじぇじぇ!!!
見上げるほど高い位置までのびる階段。
まじかよ、もしかしてこれ登るの??

P7033930

長谷寺境内は結構広く
あれ?うさぎは?どこ??

P7033939

とりあえず階段をのぼっていると、途中で早くも
うさぎ観音を示す、めちゃくちゃわかりやすい表示に遭遇。

P7033937

どうやら階段の途中から枝分かれする、この門の奥にある様子。

P7033942

門をくぐるとそこは、長谷寺の本堂でした。
右側、赤い屋根のほうは、お寺の台所や居住スペースである庫裏(くり)。
本堂も庫裏も1700年代に作られた重要文化財。

P7033944

本堂の前を通って、奥へ奥へ進む。

P7033947

長谷寺ではさまざまな体験ができるのもウリのようで
座禅や瞑想、写経に鐘つきなどが人気。
その中で第7位、ダブルパワースポットとは一体?

P7033948

本堂と庫裏の前を抜けると
いたーーー!!!
うさぎ観音だーーー!!!


P7033957

いましたよ、うさぎ観音。
広い第3駐車場の端っこに鎮座されておられます!!

P7033958

大型バスでの見学もOK!!
バス3台も余裕で停まれるスペースを完備。
準備万端、いつでもいらっしゃい!!

P7033950

片隅にはうさぎ茶屋という茶飲みスペースも。
ゆったりくつろぎながら、うさぎ観音を眺めることも可能。

P7033959

さらに、さらによ。
うさぎ観音の周りには、本物のうさぎちゃんも放し飼いにされてる!!!
きゃわいいーーー!!!

P7033960

というのもこのうさぎちゃんたちは、境内の雑草を食べるために放たれている草取りうさぎちゃん。
逃げていかないのかな?と思いきや、しっかり訓練されているエリートしか野に放たれないんだとか。

P7033963

ウサギが飼われ始めたのは2006年ごろから。
除草剤を使わずに雑草を刈りたい

でも人手が足りない

じゃあうさぎに食べてもらおう!というのが
草取りうさぎの始まり。

P7033961

雑草だけを食べるように日々訓練されているウサギ。
エサ代が大変なので、近所の小学校などにも預かってもらっているものも含め
現在140羽ほどいるらしい。

P7033971

ウサギ(うさぎ)の説明までしてある親切ぶり。
さすが道徳心を養う場、お寺ですね。

P7033964

そしてこちらが長谷寺名物、うさぎ観音。
うさぎ観音は2018年11月に完成。
うさぎの高さは4.5メートル、台座を含めると高さ6メートル。

P7033973

パカッと開いた胸元には、本尊の十一面観音の顔を彫り込んだつくりで
夜にはLEDの目が光り、「迫力がある」「神秘的」と注目のマト。

P7033966

うさぎ観音は、草取りうさぎたちへの感謝と、うさぎたちを見守るため、
それとなにより、うさぎ観音目当てに、佐渡ヶ島へ来てくれる人を呼び込むため。

P7033970

というのも、長谷寺には国登録有形文化財が15件もありながら
国から修理などの補助金はビタ一文出ない。
しかも檀家は40件と少なく、とにかくお金がない。
だからみなさん、うさぎ観音見に長谷寺へ来て、お金を使ってくださいということ。
なるほど、ストレートで実にわかりやすい。

P7033967
P7033968

LEDが埋め込まれた目は太陽光発電で蓄電し、暗くなると赤く光るのだそう。
本当は目からレーザービームを出したかったんだけど、
法律的な問題からそれはできなかったんだって。
レーザービーム出てたら相当かっこいいのになあ。

P7033980

人に慣れていて、積極的に近づいてくるうさぎ。
しかし手を触れようものなら、スッと逃げていく姿はまるで
キャバ嬢のようだ。

P7033985

うさぎとうさぎ観音に会いに
佐渡ヶ島に来て~~~はやく~~~!!!

P7034124

というわけで、夜の長谷寺に来てみました。
暗闇の中をヘッドライトで照らすと
昼よりうさぎがいっぱいいる!!
うさぎって夜行性なんですね。

P7034128

そして肝心のうさぎ観音がこちら。
フラッシュを焚いているのであまり光ってる感がわかりませんね。

P7034134

それでは目が光るうさぎ観音、
フラッシュ焚かずにご覧いただきましょう!!
どうぞ!!

P7034136

現場からは以上です!!


長谷寺(ちょうこくじ)

住所: 新潟県佐渡市長谷13
TEL: 0259-66-2052




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer


佐渡ヶ島といえばやっぱりトキでしょう。トキが確実に見られるのがココ、トキの森公園。トキの森公園とは、トキの繁殖や保護をおこなっているトキ保護センターを中心にトキ資料展示館と、トキふれあいプラザから成り立っている。入り口で環境保全協力費として400円払うと ... 続きを読む
P7033746

佐渡ヶ島といえばやっぱりトキでしょう。
トキが確実に見られるのがココ、トキの森公園。

P7033621

トキの森公園とは、トキの繁殖や保護をおこなっているトキ保護センターを中心に
トキ資料展示館と、トキふれあいプラザから成り立っている。
入り口で環境保全協力費として400円払うと
トキ保護センターには入れないものの、トキ資料展示館と、トキふれあいプラザの2か所に入れるよ。

P7033628

まずはトキのことを学ぶために
トキ資料展示館へ。

P7033629

現在、トキ保護センターのおかげで、野生に放たれた放鳥トキは
佐渡ヶ島内で340羽以上にまで増加!!
ということは、もしかしたら佐渡ヶ島でトキが飛んでる姿が見れるってこと!!
スゴイな~!!

P7033637

トキのことみなさんご存知でしょうか。
ここではトキの生態や歴史、繁殖までの道のりなど
トキに関するありとあらゆる情報がギッシリ。

P7033631

若い読者の方に、なぜトキってだけでそんなにテンションがあがるか説明すると
トキはかつて日本に普通にいたんだけど、狩猟や環境の変化でだんだん数が減ってしまったんですね。

P7033632

日本産のトキを捕獲しては繁殖を続けていたんだけど
1981年、日本産のトキ5羽を捕獲したのを最後に、日本産の野生のトキはいなくなったわけ。
5羽のうちの唯一のオスがこのミドリ。
しかし繁殖は成功せず、1995年に死亡。

P7033727

そして日本産最後のトキがこの、メスのキン。
しかしこのトキも2003年に死亡し、ついに日本産のトキが絶滅。

P7033657

というわけで現在トキ保護センターや放鳥されたトキはすべて
中国からやってきたトキから繁殖したもの
1999年に日本で初めて繁殖に成功してから、毎年順調に増加。
現在トキ保護センターには100羽以上のトキが飼育されているんだって。
※ちなみに日本産と中国産のトキの差は、個体差ほどの差しか見られず、同一の種とされています。

日本産のトキが死亡したときや
人工繁殖に成功したときのニュースではめちゃくちゃ話題になり、トキブームまで到来。
というわけで、佐渡ヶ島に来たらとりあえず、トキは見ておきたくなるっしょ。

P7033642

佐渡ヶ島のキャラクターはもちろん、トキがモチーフのサドッキー

P7033643

よく見ると、糸がほつれてたり、手あかがついてたりで
多くの人に愛されている証拠。

P7033649

トキの大きさと重さを体感できる人形も。
持ってみると結構ズッシリとした重量感がある。

P7033730

展示館の窓からは
トキ保護センターの繁殖ケージが見える!!

P7033734

わ~~~いるいる~~!!!
めちゃくちゃいるじゃんトキ!!
増えたな~~~
しかし窓越しでかなり遠いな。

P7033669
P7033625

トキはペリカンの仲間で、
一般的なトキ以外にも、羽の色が違うタイプのトキもいる。

P7033677

トキ資料展示館の次は
トキふれあいプラザへ。

P7033685

こっちでは広いケージ内で飼育されているトキを
もうちょっと近くで観ることができるスポット。

P7033688

さあさあどこにいるかな~??
いたーーーーー!!!
結構遠いけど、いたいたいたーーー!!!

P7033698

遠くでよく見えないよ~とあきらめないで!
ご自由にお使いくださいの双眼鏡で、拡大したトキが見れるよ!

P7033712

1階からも観察できるそうなので覗いてみると

P7033711

あ!!ここからならもうちょっと近くで見える!!
こりゃスゴイや~!!
もっといっぱい個体数が増えて、もっと気軽に見られるようになるといいね~

P7033676
P7033748

公園内にはいろんなものがトキをモチーフに変身。

P7033722

あれ!?!?
待って!!
あれ、もしかして
トキじゃない!?!?

P7033720

と思ったら
模型かーーーい!!!
※デコイとは、狩猟でおとりに使う鳥の模型のこと。


トキの森公園

住所: 新潟県佐渡市新穂長畝383-2
TEL: 0259-22-4123
開館時間: 8:30~17:00
定休日: 3月~11月 無休、12月~2月 月曜日(祝日の場合開園し、翌日休)




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer



佐渡の歴史を体感できるという佐渡歴史伝説館にやってまいりました。ここの名物はなんといってもコレ!!動く!光る!語る!舞う!!800年の昔にタイムスリップできるハイテクロボットがいざなう夢の旅!!なんちゅうスペクタクル感のある謳い文句に、早く!早く会いたい ... 続きを読む
P7033480

佐渡の歴史を体感できるという
佐渡歴史伝説館にやってまいりました。

P7033487

ここの名物はなんといってもコレ!!
動く!光る!語る!舞う!!
800年の昔にタイムスリップできる
ハイテクロボットがいざなう夢の旅!!

なんちゅうスペクタクル感のある謳い文句に、早く!早く会いたい!!と気が焦る。

P7033497

こちらが佐渡歴史伝説館。
中ではハイテクロボットが歴史と伝説を再現中とのことなので
早速入ってみよう~!!

P7033510

まず入り口には慶子女王という姫君がお出迎え。
慶子女王とは、順徳天皇の長女ね。
順徳天皇とは、後鳥羽上皇の三男ね。

P7033514

等身大はある大きな慶子女王は
ウイーーーン、ウイーーーンと腕や頭を動かして
来場者をウエルカム。

P7033515

仲間由紀恵のような色白でのっぺりした顔は
ロボットと思えないくらい細かくなめらかに動き、
結局この人なにしゃべってたんだっけ?っと
一言も思い出せないくらいに見とれてしまう。

P7033522

仲間由紀恵がしゃべり終わると、瞬く間に次のシーンがスタートするシステム。
じっくり堪能するヒマもなく、次々進んでしまうので要注意。
続いてこちらは、さっきの慶子女王のパパ
順徳天皇。
順徳天皇のパパ、後鳥羽上皇が始めた承久の乱に参加するものの
敗れてしまい、そのまま佐渡へ流されることに。

P7033525

その隣には再び慶子女王。
順徳天皇は右往左往うろついたり
慶子女王は頭を上げ下げしたりして、歴史を再現。

P7033541

歴史に詳しくないわたしは
これは一体誰のなんのシーンなんだ??と考えるヒマすら与えてくれない
次々始まるめくるめく歴史の名場面。
続いてこちら、中央に座っているのは日蓮聖人の登場だ。
日蓮聖人はもちろん、周りの武士たちも細かく動くので、どれも目が離せない。

P7033543

日蓮聖人が処刑されようとしている真っ最中
周りの武士がなんだかんだしゃべっていると
日蓮聖人のくちもとがモゴモゴ動いてるところに注目。
ひたすら南無妙法蓮華経と唱えていると

P7033545

ビカビカビカーーー!!!
稲妻が光り、刀に命中!!
結果的に処刑されず、佐渡に流されることとなりましたとさ。
4人全員が動くし、しゃべったり光ったり、とにかく演出がすごい。
あっちこっち見ないといけないから、まったく気が休まらない。

P7033560

続いてこのロボットも日蓮聖人。
佐渡に流されてきた日蓮聖人のもとに、各地からいろんな宗派の僧侶が数百人集まり
法論を挑んできたものの、日蓮聖人はそれらをことごとく論破するシーン。

P7033563

この日蓮聖人も、目元口元がリアルに動く表情筋を持っていてスゴイ!!

P7033564
P7033567
P7033569

頭や腕も動かしながら、なめらかに、且つ力強くガシガシ動く。
さすがハイテクロボット!!感動して見とれちゃう!!

P7033571

休むヒマもなく次々行くよ。
こちらは佐渡に能を広めたとされる世阿弥。
観阿弥・世阿弥コンビとして教科書にも出てきたよね。
※ちなみに観阿弥は世阿弥のパパ。親子で能楽の基礎を作ったんだって。

P7033575

これまたよくできたロボットだこと!
あれ?うちのばあちゃんじゃない?と見間違えるほど
血が通ってそうな表情にドキッ!

P7033583
P7033584

ロボットが動き出すと舞台が暗くなり
世阿弥、渾身の雨乞いの舞。
この仕掛けに7000万円もかけたという大がかりなワンシーンは
ぜひとも実際に自分の目でお楽しみください。

P7033588

雨乞いの舞を踊ると、大粒の雨が降り
ひび割れた大地がみるみる潤うと
満足げに元いた場所へと戻っていく世阿弥。
あざす!!

P7033589

最後は佐渡のじいちゃんばあちゃんが
佐渡弁で語りかけるシーン。

P7033590

奥のじいちゃんは酔っ払い、
手前のばあちゃんはウトウト居眠りをしているという細かい動きに加え
膝の上にいるネコもちゃんと動いてるのが見逃せない。

P7033601

その前で熱心に聞き入るチビッコの姿。

P7033617

よく見るとこの子
人形になっちまってるよ!!

P7033505

ひとしきり楽しんだ後は、おみやげコーナーも充実。

P7033501

かつてここには、時の人
ロバートジェンキンスさんが働いていたんだけど
2017年にお亡くなりになってしまいました。
会ってみたかったな~

P7033503

お食事処も完備されててありがたい。
今回は、しゃきしゃきの新潟産めかぶうどんを注文。
笑っちゃうほどおいしいなこりゃ。


佐渡歴史伝説館

住所: 新潟県佐渡市真野655
TEL: 0259-55-2525
営業時間: 4月~11月 8:30~17:00
        12月~3月 9:00~16:30
定休日: 無休
入館料金: おとな 800円




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer




宿根木の前に広がる宿根木海岸。美しい海の景色に見とれていると「はんぎりやらない??はんぎり」とおじさんがお声掛け。はんぎりとは見ての通り、佐渡ヶ島名物アクティビティたらい舟に乗る体験のこと。大きな樽を半分に切ったからはんぎりといって、今でも貝や海藻を獲る ... 続きを読む
P7033353

宿根木の前に広がる宿根木海岸。
美しい海の景色に見とれていると

P7033367

「はんぎりやらない??はんぎり」とおじさんがお声掛け。

P7033370

はんぎりとは見ての通り、佐渡ヶ島名物アクティビティ
たらい舟に乗る体験のこと。
大きな樽を半分に切ったからはんぎりといって、
今でも貝や海藻を獲る漁の際に使われているんだとか。
船だと見つけた瞬間止まれないから、これだと小回りが利いて使いやすいってわけ。

P7033385

「たらい舟体験はここ以外にも2か所あるんだけど
ここ以外は女性の船頭、観光用だからFRP製の小さなたらいなの。
でもココだけは男がやるから、たらいは大きくて木造の本物だよ!」と、いいこと聞いちゃった!
これは!!ここで乗らなきゃ!!

P7033387

コースはいろいろあって
15分で800円から、35分で2000円。
絶景の夕凪夕陽コースなんてのもあって選び放題。
今回はとりあえず、15分コースでお願いします!

P7033397

先に乗ってた女子旅グループが帰ってくると
舟にワンちゃんが乗ってる~!!!

P7033402

はんぎりの看板犬、警察犬のアスティ。
日によっていたりいなかったりするみたいだけど、今日はたまたまいてくれてラッキー!!
わたしもアスティと一緒に乗りたいです!!

P7033405

というわけで早速わたしもはんぎりに乗船。
舟の真ん中あたりに乗り込んでイスに座ると
案外安定していて乗りやすい。

P7033449

アスティも乗り込んできてくれたよ~~~
かわいい~~~
さすが警察犬、めちゃくちゃおとなしくてお利口だな~

P7033413

船頭さんはこのはんぎりをひとつひとつ手作りで仕上げた職人さん。
宿根木の話や佐渡ヶ島の見どころを、丁寧に解説してくれてわかりやすい!

P7033436

このあたりは大昔に、海底火山の噴火や繰り返し起こった地震により、海底が隆起してできたんだとか。
そのため見て見て、岩が真っ黒なのは溶岩が冷えて固まったから。
自然を感じる~!!

P7033439

浅瀬では箱めがねで覗いて岩影を見てみよう!
海がキレイだから、小さな魚や貝がよく見える!!
感動!!

P7033417

「はい、アスティにエサをあげてください」とエサやり体験も。
かわいすぎる~!!チュッチュッチュ~

P7033453

ほかではできない、エコでスローなクルージング。
佐渡ヶ島に行ったらぜひ体験してみて。

P7033458


宿根木たらい舟はんぎり

住所: 新潟県佐渡市宿根木393
TEL: 0259-86-2077




★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer