BQ ~B-spot Explorer~

全国の名所から、変わった観光スポット、おもしろいお店、珍しいお祭り、レトロな街並み、懐かしい商店街、公園遊具、文化遺産など、おもしろおかしいスポットめぐり。

カテゴリ: ドイツ

ドイツはネッカー川沿いにたたずむ学生の街、チュービンゲンにやってきました。美しいネッカー川の中州にはプラタナスの並木道。公園になっていて人々の憩いの場に。ステキ。ネッカー川沿いにはカラフルな木組みの建物たちが並んでてかわいい。堤防沿いには等間隔にカップル ... 続きを読む
P5146344

ドイツはネッカー川沿いにたたずむ学生の街、チュービンゲンにやってきました。

P5145994
P5146010

美しいネッカー川の中州にはプラタナスの並木道。
公園になっていて人々の憩いの場に。
ステキ。

P5146044

ネッカー川沿いにはカラフルな木組みの建物たちが並んでてかわいい。

P5146044 - コピー

堤防沿いには等間隔にカップルが座っていて
ここはまさにドイツの鴨川といえよう。

P5146025
P5146032

中州からの景色。

P5146017

川には船着場もあって、ここでは夏限定
学生が船頭となってネッカー川を周遊できるようになってるんだとか。

P5146019

黄色いとんがり帽子の丸い家はヘルダーリンの塔。
ドイツで有名な詩人、ヘルダーリンが36年間この塔の中で暮らしていたんだとか。
ドイツ人ならば誰もが歓喜するポイントなんでしょうか。

P5146112
P5146123
P5146124
P5146134

石畳の坂の上にあるのが、ホーエンチュービンゲン城。

P5146152

お城は現在、一部を民族歴史博物館に
そのほかは大学として利用。
お城を再利用した大学なんて、行ってみたかったな~

P5146149

展望台から街を一望。
赤い屋根がみっちり。

P5146165
P5146065
P5146080
P5146071

赤い壁が印象的な木組みの建物は、ヘッケンハウアーという古書店。
「車輪の下」という長編小説を書いた作家・詩人のヘルマン・ヘッセが
1895年から4~5年間、見習いとして働いていたことで、現在はヘッセに関する資料館となってるんだけど。
ちょっとわたくし、学がないので存知なくてすみません。

P5146056
P5146058
P5146057

途中、市場にも遭遇。
カラフルな野菜や果物に出会えるとうれしい。

P5146175

こちらが街の中心地、マルクト広場。

P5146093
P5146105P5146305

広場で一番目立っているのがこの市庁舎。
壁の絵や装飾がかっこいい。

P5146266
P5146291
P5146280
P5146182

広場から延びる路地沿いには、堂々とした佇まいの木組みの建物群が立ち並び
ショップやレストランが軒を連ねるいい風景。

P5146191
P5146188P5146195
P5146199
P5146200
P5146215P5146197
P5146216
P5146219
P5146221

歩くだけで楽しい街並み。
人もお店もほどよく多くて住みやすそう。
実際チュービンゲンは、ドイツ人が最も住みたいという街の1つなんだって。
日本人が住みたい街といわれている東京の街並みとはどえらい違いますな~

P5146061

街の教会、シュティフト教会。

P5146316P5146319

こんなスバラシイ教会にやってくると
日頃の薄汚い心が浄化されますね。
東京にもオリンピックなんてやってないで、こうゆうの1つくらい建てたほうがいいでしょう。

P5156380

ホテルのあるシュトゥットガルトに戻ってきました。
ここは新宿御苑かな??ってくらい広大で美しい公園では人びとがのんびりくつろいでいます。

P5156395

わあ!すごい!!
公園の脇に、普通に王宮がある風景。

P5156398

イカつい建物の上にはシネマって書いてある。

P5156399P5156403

遺跡みたいな外観だけど、中はショッピングモールになっている。

P5156417
P5156433

わ~!!すごい!!
イオンみたい!

P5156487
P5156466

夜ごはんはビアレストランへ。

P5156468
P5156473

ドイツのカツレツ、名物のシュニッツェル。
結構大きいけど、やわらかくておいしくて、あっという間に完食。

P5156479

デザートはアイスクリーム3種。
もちろんうまい。

P5156532
P5166542

帰りはフランクフルトから日本まで11時間の空の旅。
これがなんとも疲れるよね。
でも楽しかった!!!また行きたい!!!
また行くぞ!!ゼッタイ!!


チュービンゲン
Tübingen




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

シンデレラ城のモデルとも言われているドイツといえば必ず誰もが訪れるノイシュヴァンシュタイン城。さまざまな様式の城館が立ち並び、歴史の舞台に登場、多くの芸術家がモチーフにした美しい城、ハイデルベルク城。と並んで、ドイツ三大名城の1つに数えられる城、ホーエン ... 続きを読む
P5145699

シンデレラ城のモデルとも言われているドイツといえば必ず誰もが訪れるノイシュヴァンシュタイン城。
さまざまな様式の城館が立ち並び、歴史の舞台に登場、多くの芸術家がモチーフにした美しい城、ハイデルベルク城。
と並んで、ドイツ三大名城の1つに数えられる城、ホーエンツォレルン城が見えてきたぞ~!

P5145704

ヨーロッパのお城って山の上に建っててめちゃくちゃ目立つしかっこよろしいな~
近づくにつれはっきりとそのフォルムが見えてきてテンションあがる~!!

P5145727P5145901
P5145738

お城のそばまではシャトルバスが出ていて、山の上にあっても楽々到着。
入り口からはぐるぐると敵を疲れさせるようならせん状の坂道を登ること数分。

P5145892

きたきたきた~!!
ラスボスでもいそうな風格!!
城を目の前にすると勇者になった気分だよね~

P5145799

お城の中は撮影禁止なのでここからは絵はがきでご紹介。

P5236612

まず最初の部屋は、壁中に家系図が描かれている部屋。
この城は個人所有の城で、初代から現在まで木の枝に見立てて記されていてかわいい。

P5236614

この部屋はパーティーにも使われる広間。
床から天井まで豪華絢爛でお姫様気分。

P5236617

ほかにも右上にある青で統一されたブルーサロンや
歴史ありそうな絵や調度品で埋め尽くされた部屋ばかりでウットリ。

P5236619

入城チケットもいろんな写真のパターンがあって
特にこの城は雲海に浮かぶ光景が有名なんだとか。

P5145800
P5145775

見学が終わったら礼拝堂へ。
ここにはカトリックとプロテスタント、両方の礼拝堂がある珍しいお城。
城の持ち主の宗派がカトリックとプロテスタントで分かれているから両方あるんだって。

P5145832
P5145831
P5145883

ホーエンツォレルン城に残る伝説で、
戦いで敵に包囲されて出入りができなかった時に、
白い服の女の幽霊がどこかから現れて、
医薬品や食糧を置いていってくれた

というものがあったんだけど
今世紀に入ってから工事の最中に地下通路が発見された!ことで
伝説は本当だったのでは!という一大ニュース。

P5145837

その地下通路がここから。
最近になって出てきたなんてびっくりだよね。

P5145842
P5145845

中はキレイに整備されていたり、ところどころ崩れたままになっていたり。

P5145848P5145850P5145874

通路を抜けると城壁の外に出られて
こうゆうのワクワクするね~!!

P5145858

城からの眺め。
果てしない。

P5145912P5145961

お昼ごはんはふもとのレストランへ

P5145940
P5145947
P5145949

これはこのあたりの名物、マウルタッシェン。
小麦粉の生地の中に肉と野菜が詰まっていて
いわゆるギョウザみたいな感じでおいしかった~。
宗教的に肉を食べられない日に肉を食べるためにパスタの中に隠したのが始まりだそうで、
目に見えなければ食べてもOKなんですね。

P5145954

デザートはバニラのプリン。
安定的なおいしさ。


ホーエンツォレルン城
Burg Hohenzollern




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

ドイツ南西部に広がるシュヴァルツヴァルト地方は、密集して生えるトウヒの木によって黒く見えることから、黒い森地方とも呼ばれているそうで車中その黒い森を探すもののどれですか??あれですか??どれのことなのかいまいちピンと来ないまま次の街に到着してしまいました ... 続きを読む
P5135262

ドイツ南西部に広がるシュヴァルツヴァルト地方は、
密集して生えるトウヒの木によって黒く見えることから、黒い森地方とも呼ばれているそうで

P5135598

車中その黒い森を探すもののどれですか??
あれですか??

P5135278

どれのことなのかいまいちピンと来ないまま次の街に到着してしまいました。

P5135280

刈り方が印象的な植木

P5135463

ドイツはゲンゲンバッハという街に到着。
毎度同じように木組みの建物が密集する小さな街であります。

P5135312
P5135301
P5135323P5135342

素朴ながらも立派な木組みの家が建ち並び、
風情のある石畳が迷路のように入り組むゲンゲンバッハは
ロマンチックな宝石のような街だとか、バーデン地方のニース
などとちやほやされる人気の街。

P5135465

街の中心、マルクト広場に建つ市庁舎の窓は
クリスマス時期にはアドベントカレンダーとしても利用。

P5135442P5135443P5135334
P5135560

遠くからも塔が見えるマリエン教会。

P5135487
P5135564

中に入ると外の光が差し込み
今まで見た教会の中でも明るい印象。

P5135494
P5135492
P5135489

壁や天井にみっちり描かれたありがたそうな絵。

P5135505
P5135520
P5135510
P5135523

すみずみまで隙間なく、豪華で厳か。

P5135381P5135390P5135391
P5135445P5135471

街の入り口にあるキンツィヒの塔は古くから町の防衛に重要な役割を果たし、
かつては24時間の警備にあたっていたそうで、中は現在博物館になっているとのこと。

P5135450

こちらの塔はオーバー塔といって、1577年にとんがり屋根が後付けされ「門」から「塔」に。

P5135406

メインストリートから細い路地に入ると
ステキな長屋風の民家が立ち並びめちゃくちゃいい雰囲気。

P5135418

この町の建物は半地下になっている建て方の家が多く、昔の一階が現在は半地下室になっているようす。
道路が1.5メートル以上かさ上げされているためで、通りには斜めになった入り口があって、半地下室に続くんだけど、ほとんど使われなくなっていまは施錠されたまま。(階段の横に斜めになった入り口が見えるのわかりますか?)
現在は数段の階段をあがって家の中に入るんだって。

P5135428

この路地ほんとステキで、うまく写真で伝わらないのが悔しい~

P5135425
P5135430

壁に貼りついた路上園芸がすばらしい。

P5135437

富山のブリ小僧の親戚かな?
ドイツのイワシ小僧を発見。

6669941_2228673626_137large
※富山のブリ小僧がこちら。

P5135583
P5135581P5135399P5135402
P5135440

このあたりは現代的な作りだけど、牧歌的でかわいい~

P5135354
P5135360

お昼ごはんはドイツの郷土料理
麩みたいなのが入ったコンソメスープ
フレーデルズッペ

P5135364

ドイツといえばやっぱこれっしょ~!!
ド太いウインナー2本!

P5135369
P5135373

デザートは黒い森にちなんだ黒い森ケーキ。
ココア生地を黒い森に
洋酒漬けのさくらんぼは赤い屋根のおうち
クリームは森に積もる雪をイメージという、よくできた逸品。

P5135591

絶対にくぐらせない踏切と電車。
ドイツの踏切は電車が来るかなり前から遮断機が下りるため
あいてるときは一旦停止しないでじゃんじゃん渡れる。

P5145643

夜ごはんには4月中旬から6月24日までの期間限定でしか味わうことができない
ドイツ人だれもが熱狂する白アスパラガス、シュパーゲル。
日本だと缶詰の状態でしか食べられないからこれは貴重!

P5145652
P5145653

デザートにはアイスクリームとドーナツ。
確実に太るなこれは。


ゲンゲンバッハ
Gengenbach




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

ドイツはフライブルクという街にやってきました。ここは世界的にも環境都市として有名らしく、街をあげてエコにちからを入れているのだそう。いわゆる、#ていねいな暮らし ってやつですか??街中にはわりと幅の広い側溝があって、キレイな水が流れてるんだけどこの溝に落ち ... 続きを読む
P5134998

ドイツはフライブルクという街にやってきました。
ここは世界的にも環境都市として有名らしく、街をあげてエコにちからを入れているのだそう。
いわゆる、#ていねいな暮らし ってやつですか??

P5135072

街中にはわりと幅の広い側溝があって、キレイな水が流れてるんだけど
この溝に落ちると未婚女性はフライブルクの男性と結婚できるっていう伝説が!
なんですって!!

P5135078
P5135084P5135096

右側の赤い建物は旧市庁舎で、現在は観光案内所。
左の白い建物が現在の市庁舎。

P5135110P5135112

街のスーパーマーケットでお買い物。

P5135119
P5135121

見たことない野菜や果物がたくさんあって楽しい~!
買ってホテルで食べたりするのも旅の醍醐味。

P5135129
P5135124
P5135125

おみやげはスーパーマーケットでそろえるのもオススメ。
ただ内容がわからないのでイラストからイメージを膨らませるしか。

P5135007
P5135030

旧市街にそびえたつ圧倒的な迫力!
フライブルク大聖堂は、キリスト教世界で最も美しい塔を持つ大聖堂といわれてるんですって。

P5135244

大聖堂がある広場では市場も開催されていて
ありとあらゆるものが売られてて、見てるだけで楽しい!

P5135027
P5135068
P5135013
P5135069
P5135235
P5135233
P5135243

大量に並んだめちゃくちゃおいしそうなイチゴを購入。
500gで3.5ユーロ。
日本円でおよそ430円。
このあとホテルで食べたけど日本のものと変わらないくらいおいしかった!

P5135041

それではいよいよ大聖堂の中へ。
の前に待って。
入り口の彫刻がすごすぎて足止め。

P5135043
P5135052
P5135054
P5135049

なんなのもうこれ圧巻すぎる。
いちいち見どころが出てきて全然前に進めない。

P5135153

いざ中に入ると
ヒィーーー!!!
参りましたの荘厳っぷり。

P5135163
P5135165
P5135172
P5135173

美しいステンドグラスは当然すべての絵柄が違う。
こんなに大きなステンドグラスの窓を一度に見れる場所って日本にはないよね。

P5135203
P5135217
P5135220
P5135222

こりゃ、キリスト教世界で最も美しい塔を持つ大聖堂
じゃなく、すみずみまですべてが美しい大聖堂でしょうよ~!!

P5135181P5135192
P5135168
P5135200P5135231
P5135216
P5135177
P5135213

すばらしすぎる。
インスタにあげたら100万イイネくらいつくのでは。


フライブルク
Freiburger




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

続いてこちらもモーゼル河畔の小さな街、コッヘム。人口5千人ほどの小さな街で、とにかくこの川沿いの景色が美しいのなんの。川沿いに停泊していためちゃくちゃ長い船。丘の上にはライヒスブルク城というお城も見えてすこぶるカッコイイ。お城がよく見える場所へ。その手前 ... 続きを読む
P5103005

続いてこちらもモーゼル河畔の小さな街、コッヘム。

P5103007

人口5千人ほどの小さな街で、とにかくこの川沿いの景色が美しいのなんの。

P5103000

川沿いに停泊していためちゃくちゃ長い船。

P5102978
P5102970

丘の上にはライヒスブルク城というお城も見えてすこぶるカッコイイ。

P5102831

お城がよく見える場所へ。

P5102830
P5102827

その手前にはお墓。

P5102814
P5102813
P5102817

街中ではフリーマーケットを開催中。
うわ~めちゃくちゃ物色したい!

P5102818

海外に来てもやっぱりこうゆうのに目がいっちゃう。

P5102821

左側が1332年に建てられたエンデルテ門。

P5102843
P5102862P5102867

狭い道の両側にビッシリ並ぶお店。
観光客も多く、結構なにぎわい。

P5102876
P5102877
P5102881
P5102882
P5102894P5102891P5102873
P5102888
P5102892

見てよこのおいしそうなケーキ!!
この街に2泊くらいしたい!!ヒヒーン!!!

P5102911
P5102914
P5102915
P5102924
P5102922

かわいいお店においしそうなものがいっぱい。
ここは楽園という街ですか??

P5102908
P5102941

背の高い塔は、聖マーティン教会の塔。
左のオレンジの建物が市庁舎。

P5102917
P5102919

市庁舎の前はおなじみ、街の中心となるマルクト広場。

P5102953P5102951
P5102868P5102961
P5102963

街歩きをしたらホテルのあるマンハイムへ。

P5103044

果てしない森。

P5113057
P5113056

途中のドライブインでトイレ休憩。
トイレはだいたいどこでも有料。
ここでは0.7ユーロを支払うと

P5113055

0.5ユーロのお買い物券がもらえるというサービス。

P5113063
P5113066

日本でも有名なHARIBOはドイツのお菓子なんだって。

P5113054
P5113052

トイレで水を流すと、おわかりいただけるだろうか。
青い部分が出てきて、便座を回しながら洗っているのを。
このタイプの便座に座るともれなくお尻が濡れるので要注意。

P5113109

マンハイムの街で気になったあの塔はルイゼンパークの通信塔。
高さ212.8mある塔の125m部分には回転式レストランと展望デッキがあるんだって。

P5113113
P5113123

夕ごはんでは、豪快な骨付き肉にナイフがぶっ刺さって出てきた。
調べによるとこれはシュバイネハクセという、豚すね肉のロースト。
ナイフやフォークが刺さった状態で出てくるのはドイツ料理でわりとあるあるだとか。
完全にインスタ映えでイイネ!

P5113127

外はカリカリ、中はジューシーでおいしいんだけど
とにかく量が多すぎて。

P5113134

デザートはひたすらに甘いクリーム。
こちらは完食。
ごちそうさまでした。


コッヘム
Cochem




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

働きはじめてからというもの、年がら年中2連休以上休めなかったがためにあきらめていた海外旅行。次行けるとしたら新婚旅行かな?えへへなんて思ってたら、いつまで経っても誰も連れてってくれねーじゃねーかバカヤロウ!!旅行行く前に死ぬ方が先だなこれは!!と婚期を待 ... 続きを読む
働きはじめてからというもの、年がら年中2連休以上休めなかったがためにあきらめていた海外旅行。
次行けるとしたら新婚旅行かな?えへへなんて思ってたら、
いつまで経っても誰も連れてってくれねーじゃねーかバカヤロウ!!
旅行行く前に死ぬ方が先だなこれは!!と婚期を待ちきれず
旅行に行きたいがために仕事辞めてやりましたわ!わはは!!

P5156526

というわけで待ってました!!
毎日がスペッシャル記念!!
ドイツとフランスの小さな街特集です!!


P5102308

ドイツはフランクフルト空港からマンハイムという街へ
学生時代ぶりのヨーロッパ
浮かれ気分がおさまらず、街歩くだけで楽しい~

P5102360

マンハイムからベルンカステル=クースへ。
果てしなく広がる平野に、ドデカイ風力発電がそびえる光景。

P5102389P5102407

果てしない。

P5102438

到着しました。
ここがベルンカステル=クースという街です。
右側に見える川がモーゼル川で
モーゼル川中流にあるワイン醸造で有名な街とのこと。
山の上に見えるのがランツフート城というお城です。

P5102454P5102465

まずはワイナリーで、モーゼルワインの試飲へ。

P5102466
P5102469

ここにあるワイン全部試飲できるんだけど
あいにくわたしは未成年なので(ウソ)

P5102473
P5102475

ブドウジュースでガマン。
赤ブドウは濃厚でめちゃくちゃおいしい~!
白ブドウは甘みが強くてブドウっぽくなかったな~

P5102486

ワイナリーの隣は修道院。

P5102497P5102477

どこを撮っても絵になるよね~

P5102509

建物の裏に広がる広大な山肌はすべてブドウ畑。
結構な勾配の斜面に作られてて、当然収穫は手作業だよね?
めちゃくちゃ大変だな~

P5102520
P5102521P5102525
P5102524

街でよく見かけた変わった形の木。
おもしろいな~

P5102535P5102553
P5102589P5102575

おわかりいただけるだろうか。
壁が傾いていることを。
木組みで作られた街並みでは、こうした建物がよく見られるのが特徴。

P5102557
P5102569

左のオレンジ色の建物は市庁舎。

P5102564
P5102578
P5102559
P5102555

市庁舎の前は広場になっていて
右の建物の窓はアドベントカレンダーにもなる。
アドベントカレンダーとは、クリスマスまでの日数をカウントダウンするためのもので、
12月1日からはじまり、窓を毎日1つずつ開けていくというもの。
ヨーロッパではたびたび見かけるので覚えておこう。

P5102590
P5102630
P5102614
P5102638

海外に行っても路地に遭遇するとうれしい。
いちいち興奮できて、日ごろから街歩きしててよかった~!

P5102620
P5102637
P5102592
P5102641
P5102642

とにかくお店に並ぶケーキのおいしそうなこと!!
たらふく食べ歩きしたい。

P5102676
P5102677
P5102678

かつて、文字が読めない人向けに示された、
絵だけで何屋かわかりやすい看板。
どれもこれもかわいくて最高。

P5102683
P5102684
P5102694

キャラ立ちするおもちゃや、いわゆる“いやげもの”についつい反応。
海外のおみやげでありがちな栓抜きは、今でも不動の人気です。

P5102649
P5102654

街の壁を伝うブドウがおしゃれすぎて感動!!
日本でもできないのかなあ??

P5102661
P5102669
P5102712
P5102709
P5102724
P5102726

壁の色もかわいいくてキレイだよね~

P5102727
P5102731

お昼ごはんでは
あれ?この緑の輪っかってネギじゃない??
ドイツでネギ食べれるなんて思わなかった~!
ネギの味はあまりしなくて、食感だけかな?

P5102736

ココアのパウンドケーキにチェリーの蒸留酒漬け。
甘すぎず瞬時にペロリ。

P5102796

続いてはコッヘムへ。


ベルンカステル=クース
Bernkastel-Kues




ブログのFacebookページができました!
更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explore


読んでくださってありがとうございます!!
よろしければ「いいね」感覚で下のバナーを押していただけると
今日の運勢が3ポイントUP!!シェアしていただけると厄、払えます!!
ついでに街の珍スポットを見つけるアンテナも敏感になる!!いいこと尽くし!!
お手数ですがクリックよろしくお願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村