P4086365

全国初でしょうか?
公営ギャンブルのマスコットキャラクターが、市のキャラクターに昇格した街、常滑市にやってきました。

P4086358

常滑の「トコ」と、モンキーターン、3連単の「タン」で「トコタン」だそうです。
競艇色を色濃く残した、いい名前ですね。

P4086537

常滑市は言わずと知れた窯業の街で、全国にある窯業の街の中でも最も古く、最も規模が大きく、招き猫の全国シェアは日本一。

P4086359

そんな常滑市の常滑駅そばには現在でも、多くの作家や職人が住み、古い街並みごと残ってて、しかも散歩コースまで設定されて観光地化しちゃってるので、よそ者がカメラ持ってうろついてても怪しまれずとても歩きやすい。
週末には多くの観光客が訪れ、新しいカフェやギャラリーも増えているという、これって古い街並みを残すのに理想的な街づくりだよね。

P4086369

そのレトロな風景は時折ロケ地にもなっていて、近年では一番左のポスター「泣きたい私は猫をかぶる」というアニメ映画の舞台に。
その隣には、窯業といえば煙突、からの連想でしょうか?
えんとつ町のプペルも便乗。

P4086373

常滑駅を出るとまずはじめに「とこなめ招き猫通り」が登場。

P4086375

その壁沿いには「御利益陶製招き猫」っていう、常滑市の陶芸作家39人が手がけた39体の招き猫が埋め込まれている。
招き猫にはそれぞれご利益が込められていて

P4086378

健康長寿

P4086381

安産

P4086401

旅行安全
といった具合に、その猫のスタイルと願い事が連動してるってわけ。
なるへそ。

P4086419

ツルツルお肌にガラスのような透き通る瞳をした美人祈願

P4086431

なんかやらしいな、夫婦円満

P4086438

めちゃくちゃいい表情してる!家運隆昌

P4086264
P4086452

散歩道に入ると、いたるところに常滑焼でできた古い土管や焼酎瓶(ガラス瓶がまだ普及していなかった時代の醤油、酢、焼酎などを入れていた瓶)がズラリ。
これらは明治時代以降に作られたもので、規格に合わなかったものや損傷したものが埋め込まれ、塀や擁壁(斜面の崩壊を防ぐための壁)、土台に再利用されたもの。

P4086284

中でもここは「土管坂」と名付けられた有名フォトジェニックスポット。
道の両側に土管と焼酎瓶が並び、足元には「ケサワ」という廃材が敷き詰められ、滑り止めの役割に。

P4086440
P4086298

観光客が増えるにつれ、もっとお客さんたちを楽しませたい!の気持ちで、街のいたるところで土管の壁が大量発生。
もはや土管坂にたどり着く前に、土管坂の雰囲気を味わえる。

P4086467
P4086473

こことかすごくない??
やりすぎじゃない?ってくらい大量の焼酎瓶。

P4086475
P4086477

ここまで並ぶと集合体恐怖症じゃなくてもゾッとするよね。

P4086269

この、昔の浴槽みたいな形のものは、太平洋戦争中、ロケット燃料の生産のため耐酸容器が必要だったことから、軍の依頼をうけて生産した特殊容器。
そんな古いものがしれっと大量に並んでる光景、かっこいいなあ。

P4086542

土管の穴を利用して路上園芸の植木鉢に。
デザイン的にもおしゃれでいいね。

P4086276

迷路のような細い路地には招き猫だけじゃなく、本物のネコも散歩中。

P4086447
P4086273

街の至る所にはレンガでできた煙突もたくさん見ることができ、この光景はまさにプペル!
知らんけど。
かつて最盛期には400本以上の煙突があって、街中黒い煙でモクモクだったみたい。
しかし老朽化も激しく現在は使われていないこともあって、だんだんなくなってる様子。

P4086520

現存するものとしては最古で最大級の登窯。
10本の煙突は両隅にいくに従って次第に高くなっている。
これは通気性を利用して窯の隅まで均一に焼けるように考えられたアイデア。

P4086302
P4086307

あたりには常滑焼のギャラリーや工房、実際に陶芸体験もできる場所もゴロゴロある。

P4086311

さて、常滑で一番のフォトジェニックといえば、忘れちゃいけないココですよココ。

P4086313

ご覧ください!
この見事な白いパネル!!

P2191013

の裏!!
うひょ~!!
巨大な招き猫の頭部だ~!!

P2191025

愛称は「とこなめ見守り猫 とこにゃん」
その名の通り、壁の上から街を見下ろし、事件事故、軽犯罪やハラスメントも許すまじ!と真っ黒な目で見守っている。

P2191016

高さ3.8m、幅6.3mもあり、かなりデカイ。

P4086322

そばには比較対象的に置かれた本物っぽい陶製ネコも11体。

P2191092

場所は最初に見た「とこなめ招き猫通り」の真上にいるんだけど、とこにゃんの場所まではぐるっと回り、散歩道ルートからちょっと寄り道しないとたどり着けない場所にいるため、後回しにされ意外と見逃されがち。
常滑焼を体験する前にまずはとこにゃんを目に焼き付けよう。

P4086355


とこなめ見守り猫 とこにゃん

場所: 愛知県常滑市栄町




★ブログのFacebookページができました!
 更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer