最近のパンはどこもかしこも、1個300円だとか、1斤1000円だとか、必要以上に気取ってて値段ばかり高いわりに、腹も膨れないようなものばかりじゃないですか。
そんな現代社会にも、あるところにはあるんですね。
コスパ最高のパン屋さんが。

P4187287

甲府の中心街にほど近い住宅街の細い路地に、次から次へとお客さんが訪れる有名店があるんですよ。
それがこちら、ずんちゃんパン。

P4187298

ずんちゃんとは店主の修業時代の愛称で、理由は「ずん胴だったから」とか。
創業は昭和38年。
昔から変わらないスタイルが今もめちゃくちゃ大人気で、次から次へとお客さんがやってくる大繁盛店。
営業時間は7時からというわけで、早速早朝に訪れてみました。

P4187290

開店してまもないのにショーケースにはパンがぎっしり。
一体何時から作ってるんだ?

P4187315

あんぱんやクリームパンという定番から、メンタイパンやチーズタルタルなどあまり見かけない創作パン、生クリームやコロネ系の甘いパンまでめちゃくちゃ種類が豊富。
しかもよく見てよ??
どれもこれも100円台なの!!
どれにしようかな~??いっぱいありすぎて悩む~!
とりあえず今回はカレーパンと焼きそばパンを買うことに。

P4187292

見慣れない商品名もチラホラ。
「シャイン君ってなんですか?」
「シャインマスカット風なんだけど、あんまりオススメしない・・・」
新商品開発で次々生まれるチャレンジ商品も並び、お客さんを飽きさせない様子。

P4187296
P4187293
▲パン以外にも飲み物やアイスクリーム、お菓子なども並ぶ。

P4187305

まだまだ余裕のあるショーケース。
「まだパンは出てくるんですか?」
「まだまだこれからよ。8時半くらいかな?」

いつもの詰めの甘さでわたしは、ずんちゃんパンの人気商品をチェックし忘れていたんだけど、ずんちゃんパンで絶対食べてほしいのは「惣菜パン」!
惣菜パンが出てくるのが8時半くらいとのことなので、いったんホテルに戻り、再び出直してくることに。

P4187288

「どこから来たの?」
「名古屋から。」
「電車で?くるま?」
「車で来ました。」
「よく来たね~おまけしとくね。」
と、ゆでたまごをくれました。
こうゆう、対面でしゃべりながらの買い物って楽しいなあ。
パンはもちろん、店の雰囲気も、お店の人もいいなんて、最高じゃないすか。

P4187299

ホテルに戻って買ったばかりのカレーパンと焼きそばパンを食べる。
素朴な味で普通にうまい。
これよこれ、これでいいのよ。

P4187314

1時間後
再びずんちゃんパンを訪れると、
やった!!惣菜パン出てる!!
やわらかいコッペパンに、調理場で作ってる揚げ物やサラダが挟んであるのが惣菜パン。
その種類もまたたくさんあるもんだから、どれにしようか再び悩みに悩む。

P4187731

たくさん食べたいけどさすがにそんなに食べれないので今回は、コロッケサラダと、たくあんが入ったパン、その名も「たくあん」を購入。

「たくあん」は、中に千切りしたたくあんに白ごまとかつおぶしを混ぜて、パンの上にはマヨネーズをトッピング。
中から溢れてくるくらいギチギチにたくあんが詰まってて、ほぼほぼたくあん食べてる感覚。
ごはんに合うものはパンにも合うのでね、これは間違いない。

「…うまっ…!」
そしてこれは、コロッケサラダを食べたとき、ひとくち目で思わずこぼれた心の声なんだけど、これはテレビを見ながらとか、誰かとしゃべりながらじゃなく、ちゃんとパンと向き合って、丁寧に味わわないとダメだなと感じましたね。
それくらい大切にしたい、尊いものだなと。

これよ、これなのよ、パン屋さんに求めてるものは~!!

もう一度、やっぱり食べたい。
その後観光地を回ったあと、帰りにもう一度惣菜パンが食べたいと思い、15時過ぎ再び訪れることに。
すると

P4188046

えええええ!!!
閉まってる…!!!

営業時間は18時と書いてあったけど、売り切れたら閉まってしまうんでしょうか。
訪れるなら午前中がよさそうですね。

P4188049

このパンダが見れてラッキー…くらい思わないと自我が保てないほどショック。
泊まりがけでぜひ、甲府のずんちゃんパンへ!!

P4188056


ずんちゃんパン

住所: 山梨県甲府市上石田2-9-7
TEL: 055-228-0745
営業時間: 7:00~18:00
定休日: 月曜・金曜




★ブログのFacebookページができました!
 更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer