PB185830

2019年、うっかり定休日に訪れてしまったマリンローズパーク野田玉川。
このとき、MANGAN☆BOYZなるものを発見し、絶対また来よう!と心に誓って5年が経ってしまいました。

P3202030

再び、マリンローズパーク野田玉川です。
めちゃくちゃ雪降ってる!!そんなつもりじゃなかったのに!!

P3202025

とはいえ安心してください。
雪でも元気に営業中です。

P3201532

5年経ってもまだやってました、マンガンボーイズたち。
これ目当てにわざわざ来る人もいるんだからさ、私みたいに。
これからも続けてほしいですね。

P3201541

マンガンボーイズとは、地下400mからやってきた野田玉川鉱山のアイドルグループで、お客様のお出迎えやメディア対応、地下博物館の案内、採掘風景の再現など博物館スタッフとして活躍。
野田村をPRするため県内外のイベントに参加したり、野田村 MANGAN BOYzというYouTubeチャンネルやSNSを活用して広報活動もしているとのこと。
YouTubeチャンネル見てみるとめちゃくちゃしっかりできてて見ごたえある~!



それはそうと,、このマネキンにアイドルやらせたり、ひとりひとりに名前や性格をあてがったりするの、生野銀山の銀山ボーイズそっくり!!
どうやらマリンローズパークの方は弟分という設定で、生野銀山にも公認されてるそうなんだけど。



P3201576

つべこべいわずに早速坑道内へ。
入ってすぐ待ってました!とMANGAN☆BOYZがお出迎え。

P3201591

なんだよこの色っぺえご尊顔はよ。
キッスしてやろうかってくらい分厚いクチビルに吸い込まれちゃいそう。

P3201593

こちらの女性は東南アジア系の出稼ぎの方でしょうか。
少々エキゾチックな顔立ちに見惚れちゃいますね。

P3201610

坑道内はこんな感じで、煌々と光るライトの下、延々と道が続く。
鉱山系観光地ではよくある光景。

P3201627

坑道内にはあらゆる病に薬効がある鉱泉もジャバジャバ流れている。

P3201639

ところで気になっていたのがこれ。
いたるところに書かれた停電のお願い。
そんなことあるんだ~?と、のんきに歩いていたらまさかの!!
突然停電になり、当然あたりが真っ暗に!!え!!なんで!!雷なんてなかったのに!!
幸いにも懐中電灯を常備していたのでよかったけど、外から光が入らない坑道内で暗闇はまじでやばい。
真っ暗になってわずか数分でライトがついたからよかったけど、懐中電灯は必須アイテム。

P3201642

さて、再び坑道内を散策していると、いた~!!マネキンだ~!!

P3201666

あんまり近づけないけど、かっこいいのだけはわかる!

P3201651

しかし横から見ると、下半身どうなってるん??

P3201663

この人の名前は剛丼と書いてゴードン。
マンガンボーイズ選抜総選挙で1位を獲得するほど人気のよう。
やっぱりね、わかる~

P3201655
P3201660

その周りにも、なんだよこの甘いマスクの連中は!!
こんな人たちに囲まれて仕事してたら、どんなに過酷な労働環境でも耐えられちゃうっしょ~
結局ひとをやる気にさせるのって色恋ですからね。

P3201677

お!なんだこのご陽気な若者は。

P3201678

このマネキンはなんの仕事してるんだろう~?と解説を見るも、書いてあるのはマネキンの個人情報のみ。
いいね!まじめな情報なんかより、お客さまを楽しませたい!そういうスタンス大好きです!!

P3201684P3201711

ここにいるマネキンは端正な顔立ちが多いですね。
前職はアパレル店の店先にいました?

P3201725

アンパンマンみたいに頭だけ取り換えられたんでしょうか。
首がやたら長くなっちゃってる。

P3201826

こちらでは鉱石の選別作業を再現。
ベルトコンベアで流れてくる鉱石を、選鉱婦と呼ばれる女性たちが鉱石の種類ごとに4つに選別。

P3201771
P3201768

ここでもちゃんとひとりひとり、名前や性格などプロフィールを紹介。
これだけの人数分設定するの大変だな~

P3201845

実際の選鉱婦の写真がこちら。
そっくり!めちゃくちゃ再現度高いじゃん!!

P3201884

こちらは休憩所で休むマネキンたち。

P3201871

よく見ると、顔の表面が剥がれていたり、腕はガムテープで補強されてたり、服はビリビリに破れてたりと劣化が激しい様子。
メンテナンスしっかりやってあげてよ~

P3201881

歯を出して微笑んでいるマネキンって結構珍しいのでは。
妙にリアル感あってビクッ!

P3201901

さて、これで終わりかな?と思いきや、坑道はまだまだ続いていて、洞窟でよく見るワインセラーも登場。
一定の温度と湿度を保ち、換気がいい、振動がない、光が入らない、においがないなど理想的な環境でワインを熟成できると、ワイン愛好家に好評なんだって。

P3201968

ワインセラーを通過してもまだまだいました、マネキンたち。
こちらではいろんな方法で採掘している様子を再現。

P3201942

むむむ!遠すぎてお顔が見えないよ~!

P3201949
P3201965

こっちはなんとなくのっぺりした顔のマネキンが多い様子。
今までに比べるとより日本人らしくなってきましたね。

P3201904

続いて、休憩室と貯水槽があったというホール。
ここでは鉱物や宝石の標本を展示。

P3201907

中にはこれ。
ここ、「マリンローズパーク」のマリンローズってのがこの、バラ輝石のことで、野田玉川鉱山では良質なバラ輝石が採れたんだとか。

P3201913

奥に進むと、必見ポイント!と、わざわざおすすめしてくるメッセージを発見。
なんでもここは、日本で唯一!見学できるバラ輝石鉱床帯で、大変貴重とのこと。
これは見ないとダメなやつですね。

P3201926

それがこちら。
ぬおおお~!!
写真ではわかりづらい!!すんません!!
左側の白っぽい岩肌に薄っすらピンクがかってる部分があるの、見えますでしょうか?
それが日本で唯一!見学できるバラ輝石鉱床帯です!!

P3201982

最後は200m続く、地下宝石博物館へ。
それよりこの文字、めっちゃかわいくない??

P3201986

まず始めに、超巨大アクアマリンとトルマリンの原石を展示。
しょっぱなから豪快でいいね!!

P3201993

この宝石(原石)コーナーの文字もかわいい~!
宝石よりこっち見ちゃう。

P3201995

肝心の宝石(原石)はガラスが曇っちゃって見えづらい状態に。

P3202004

途中、キャッツアイに盗まれたんでしょうか?
宝石がなくなってるコーナーも。

P3202006

こちらはおよそ1トンもあるという、超巨大めのう大塊!

P3202009

現在日本にある最大のめのう原石だそう。
日本一がこんなところにしれっと置かれ、触ることもできるなんて!
みんな!来た方がいいよ!!

P3202015

そのあとも化石コーナー

P3202022

鉱物コーナーの文字もかわいかったです。

IMG_4520

ついでに、マリンローズパークへ行く途中、国道45号線を走ってるとき、つい脇見しちゃうのがここ。

IMG_4529

これ、なにかわかる??
植木を植栽して動物の形になってるんだよ~!!
雪がすごくてよくわからん!!

IMG_4532

雪積もってない日に見たときは、すごくよくできてて感動したんだけど、まさかこんなに降るなんて!
みんなは雪降ってないときに訪れよう!

この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます。↓



マリンローズパーク野田玉川

住所: 岩手県九戸郡野田村玉川第5地割104-13
TEL: 0194-66-7200
営業時間: 9:30~16:00
定休日: 火曜日



うえき芸術

住所: 岩手県久慈市宇部町第11地割




★★★お知らせ★★★
商店街好きの私が今まで巡りに巡ってきた300カ所以上の商店街から、選りすぐりの50をまとめた本「商店街さんぽ ビンテージなまち並み50」(学芸出版社)が発売中です!
商店街とその周りの見どころや、楽しみ方を紹介しています。
路地好き、レトロ好きに大好評!!
詳しくはこちらから↓



★ブログのFacebookページができました!
 更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer