まずはこちらをご覧ください↓


P3223562

2016年、気の迷いから展示内容をガラッと変えてしまった細倉マインパークへ、再びやってまいりました。
なにがどう変わってしまったのかの確認です。

P3223564

こちらが現在の、やけに空白が目立つ観光坑道マップです。
右側はあまり変わってないようですが、左側のスペース、肝心のタイムトラベルゾーンが消滅してしまったんです。
あれがよかったのに!!
あれがあっての細倉マインパークだったのに!!
なになくしちゃってんだよ~!!バカも~ん!!

P3223569

早速なにがどう変わってしまったのか見ていきましょう。
ちなみにおもしろみが大幅に減ってしまったからか、以前の入場料920円から500円へとプライスダウン。

P3223575

まず入り口でマイン坊やがお出迎え。
このあとも各所でマイン坊やが解説してくれるんだけど

P3223582

なんと、日本語のほかに、英語、中国語、韓国語が喋れるように…。
いつの間にマルチリンガルになったんだよ。

P3223584

前半の鉱山の歴史ゾーンは変わってないとのことですが、正直後半のインパクトが強すぎて、前半の記憶がほとんどないんだよね。
よほどつまんなかったのか前回来たときの写真にも残ってなくて、記憶だけを頼りに思い出す。

P3223586

あ!これは覚えてるぞ、坑内事務所。
スイッチを押すとマネキンが若干動くのが見逃せない。

P3223588
P3223593

前回はドアが閉まってて入れなかった事務所に、現在は少し入れるように。
マネキンをより近くで見られて嬉しい。

P3223590

マネキンを事務所内からも撮影できる。

P3223598

相変わらず奇妙な角度で首がスライドする、顔色の悪いマネキンも健在。

P3223602

久々の再会にじーーーん。

P3223606
P3223609

ここも変わってないね、発破のシーン。
軽く押して下さい 軽く押して下さい
お待ちください 1分間お待ちください
と何度も指示されて緊張が走る。
今回も軽く押し、ゴゴゴゴゴーーー!!と轟音が鳴る様子を、身を固くして鑑賞。

P3223614
P3223616

その後も鉱山の作業風景を、いろんなマネキンが引き続き再現。
こんなのいたのかな~?いたんだろうな~??

P3223644

あ、この人たちも見覚えある。
しかし前回の写真を見ると、右側の人の角度が若干違うことを発見。
あらゆる写真をいっぱい撮っておくべきことを実感。

P3223648

さて、そうそう!ここからよ!
以前はここからタイムトラベルゾーンが始まっていたのよ!
当然現在はその痕跡がまったく残されておらず、かといって代わりになるおもしろいものもなく、なんの展示も装飾もない無味乾燥の単なる通路に。

P3223650

ここは以前、青い照明に照らされ薄暗かった通路。
現在は煌々と照明が光るただの岩盤むき出しの道に。

P3223652

そうそう!この辺に地球とか土星とか惑星が吊り下げられてたんだよな~
現地に行くと次々とよみがえる、楽しかったあのころ…

P3223656

そしてここ!ここがあの!!
ホソキュリアン遺伝子受胎空間!!!
いまちょうど水が染み出てるあたりで、ホソキュリアンの遺伝子を受胎できたのに~!!!
な に も な い !!!

P3223657

ホソキュリアン遺伝子受胎空間は現在、坑道内休憩所跡という退屈な空間へと変化。
ホソキュリアンがおもしろかったのに…ホソキュリアンを返して…!!

P3223667

続きましてここは以前、小川が流れる神々との出会いゾーン。
岩肌には太陽や風、天、火などの神様が描かれてたんですが、これまたすべて消滅。
そんなに無くさなきゃなんなかったものかね?

P3223665

ここには前回気づかなかった、岩盤むき出し大空間が広がっていて、あまりにもなくしたから、せめて非公開だった坑道でも公開したのかな?と邪推。

P3223670

神々が描かれていた空間には代わりに、鉱山系観光地らしくマネキンで作業風景を再び再現。

P3223675
P3223678

思いのほかかっこいいから、これはこれで嬉しいけど、いま見たいのはこれじゃないのよ。

P3223708

続いてこちらの空間には以前、化石とか恐竜とか、エジプトとかモアイ像とか、とにかくミステリーっぽいものをかき集めたごちゃまぜゾーンだったのに、現在はご覧の通り…ここまで無くす必要あったんでしょうか?

P3223701

気休め程度に一部には、子供会に作らせた空き缶のカンテラを吊り下げてごまかす手法。
子供っていう文句を言えない立場を利用するのがあざといよね。

P3223703

鎖で立ち入り禁止にしている奥の方にも、以前はなにかあったはず。
このあたりはなにもかもが変わりすぎてて、なにがあったのかも思い出せない状態に。
お願いだから以前の状態に戻して…!!!

P3223712

最後にここは以前、緑に囲まれた「大自然とともに(森の精)」と書かれていたゾーン。
それが現在はなんと、細倉金属鉱業(株)の紹介コーナー。
どこのどいつがこれ見て喜ぶんだよ~!!!
頼むからわたしたちの笑顔を奪わないでくれ~!!

P3223716

ホソキュリアンの存在で鉱山系観光地として一線を画していたのに、それをなくしてしまったことでまったくおもしろくなくなってしまった細倉マインパーク。
せっかく長い距離のある観光坑道なのに、なにもないただの通路にしておくなんてもったいない!
お願いだから以前の状態に戻してください!!
もしくはまったく別路線でわたしたちを楽しませてください!!
よろしくお願いします!!

P3223729


細倉マインパーク

住所: 宮城県栗橋市鶯沢南郷柳沢2-3
TEL: 0228-55-3215
営業時間: 9:30~17:00
定休日: 火曜日




★★★お知らせ★★★
商店街好きの私が今まで巡りに巡ってきた300カ所以上の商店街から、選りすぐりの50をまとめた本「商店街さんぽ ビンテージなまち並み50」(学芸出版社)が発売中です!
商店街とその周りの見どころや、楽しみ方を紹介しています。
路地好き、レトロ好きに大好評!!
詳しくはこちらから↓



★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer