IMG_5817

国道212号線沿いにひときわ目立つこちらが今回の目的地、汽車ポッポ食堂と民宿・別邸です。
その名の通りここは、食堂と民宿があるってことなので、食堂と民宿両方楽しませてもらいます!

IMG_5819

まずは一番目立つところから見ていくと、随分歴史のありそうな車両が停車中。
こちら、1975年に廃線になった耶馬渓鉄道で実際に走っていた車両なんだとか。
調べると、中津駅から耶馬渓を通って守実(もりざね)温泉まで走ってたんですね。
まったく知らない土地だけど、渓谷を通って温泉地まで行くなんてさぞ風光明媚な車窓が続いていたんでしょう。

IMG_5922

列車はよく見ると建物と合体してて、完全に一体化。
どうなってんの!?コレ。

IMG_5828

よく見ると気動車・客車・機関車と、いろんなタイプがドッキング。
こりゃ鉄道好きも、そうじゃない人も楽しいな~

IMG_5910

さて、チェックインして早速お食事の時間。
お食事は普段レストランとして営業しているここで食べられるんですね。

IMG_5888

店内には踏切や時刻表があって、鉄道気分を高める装飾にニンマリ。
レストランのクチコミも高評価で、宿泊なしで食事だけでもかなり楽しめる様子。

IMG_5902

こちらは機関車を目の前にして、存分に眺めながら食事ができる特別席。

IMG_5907

おお~!!すごい!!
これ、外からも見えてた客車が、壁ぶち抜いて屋内に!!

IMG_5840

客車内はこんな感じで食堂車みたいになってて、ここでお食事ができるってわけ。

IMG_5877

おいしいと評判のお食事がこちら。
このあとまだまだおかずが追加され、どれ食べてもうまい!!
宿泊される方はお食事つきをおすすめします。

IMG_5869

そしてこちらが建物と完全に一体化していた車両。

IMG_5854

こちらももちろん実際に走っていた本物の車両。
気分を高める看板や行先表示がレトロでイイ。
これがあるだけで旅情を感じるじゃないですか。

IMG_5884

建物から突き出た車両がドア越しに見える!
ぶち抜いてるのがよくわかるな~

IMG_5848

こちらの客車内はこんな感じの個室仕様。
意外と和風な作りに、客車にいることを忘れてしまいそう。

IMG_5831

列車がぶち抜いている建物の2階3階が宿泊施設になってるんだけど、それがここ。
急にめちゃくちゃビジネスホテルっぽい。

IMG_5830

鉄道らしさがあるのは別館の部屋の名前くらいで、宿泊エリアは特に鉄道色ゼロ。

IMG_5833

部屋はこんな感じ。

IMG_5894

部屋の窓から見えるこちらが、2020年に新たに誕生した別邸。
これがすごいのよ。

IMG_5914

こちら、耶馬渓鉄道を実際に走っていた車両を、地域を代表する三景勝地をテーマに改装し、車両内で寝泊りができる自慢のお部屋。
耶馬渓の洞門がテーマの洗練スタイルのお部屋、国東半島の大自然をテーマとしたモダンなお部屋、寝台列車をイメージした本物志向のエレガントスタイルのお部屋と3パターン。

IMG_5912

大きな窓からも、あ!!車両が見える!!
運転席にも入れたり、ハンドルやボタンもガチャガチャ触れるようなので、鉄道好きはぜひ泊まってみては。


汽車ポッポ食堂と民宿・別邸

住所: 大分県中津市万田500-1
TEL: 0979-22-0275




★★★お知らせ★★★
商店街好きの私が今まで巡りに巡ってきた300カ所以上の商店街から、選りすぐりの50をまとめた本「商店街さんぽ ビンテージなまち並み50」(学芸出版社)が発売中です!
商店街とその周りの見どころや、楽しみ方を紹介しています。
路地好き、レトロ好きに大好評!!
詳しくはこちらから↓



★ブログのFacebookページができました!更新情報をお届けします!↓
BQ B-spot explorer